2010年05月

ニュース 色々

カナダ・ツアーでの練習中に怪我をしたマージは十字靭帯を傷め、帰国後手術が行われました。手術は無事成功し、復帰まで6ヶ月かかると言われています。

バルセロナからレンタル中のケイリソンに、サントスからレンタル移籍のオファーがあり、フィオレンティーナはオファーを許可したといわれています。

ミハイロヴィッチ監督就任は火曜日に発表されるだろうと言われています。
2年契約で3年目のオプション付きだと言われています。

ヨヴェティッチの契約延長が近く行われ、2013年までの契約が2015年まで延長されるだろうと言われています。

ホッフェンハイムのFWヴェダド・イビセヴィッチ(1984年8月6日)に興味を示しているといわれています。コルヴィーノSDは800万ユーロでの獲得を目指しているといわれています。

パルチザンのMFラドサフ・ペトロヴィッチ(1989年3月8日)に興味を示しているといわれています。

パスクァルの代理人
『彼には6-7チームが興味を示しています。チームを離れる場合、彼にとって一番いいチームを選びます。出来るだけイタリア国内で。しかし、彼は契約を尊重しているし、移籍することを望んではいません。新監督がどう考えるかですが、重要な事は、彼を連れて来たコルヴィーノSDやデッラ・ヴァッラオーナーが残っていることです。』

1860ミュンヘンが興味を示しているといわれている、サヴィオ
『1860ミュンヘンと話をしましたが、何も決まっていません。私は多くの経験を積みました。今、試合に出ることを求めています。』

獲得の噂があった、リヴァプールのMFアクィラーニ
『幾らかのイタリアのクラブからオファーがありましたが、私は此処に残ります。足の怪我も癒え、此処で自分の価値を証明します。』

ジラルディーノの代理人
『ナポリからのオファー?私が思うに、デッラ・ヴァッレ・オーナーは情報を規制しています。その為に、詳しい情報について話をすることが出来ません。』

カタニアのロ・モナコGM
『マルティネスは移籍するでしょうね。フィオレンティーナを含む数チーム興味を示しています。ラツィオへ?正式なオファーはありません。ビアジャンティ?私達は彼の残留の望んでいます。』
ラツィオのターレSD
『マルティネスについてカタニアにオファーは出していません。
コラロフについてビッグチームと交渉中です。交渉は上手く進んでいます。レデスマ?クラブは高く評価しています。契約延長の交渉を望んでいます。』

6月で契約が切れるゴッビの移籍先として、パレルモ、サンプドリアが有力視されていましたが、此処に来てローマがリーセの控えとして興味を示していると報道されています。

フィオレンティーナが興味を示しているポルトのMFメイレレスにセビージャ、マルセイユも興味を示しているといわれていますが、ポルトの会長がフランスからの興味を否定しました。
メイレレスの移籍金は約1000万ユーロだと言われています。

移籍が噂されているヴァルガス
『インテル、ユヴェントス、マンチェスター・シティ、レアル・マドリッドが私に興味を示しているのは本当です。私は浮かれないように、それらの件について意識しないようにしています。オファーについては代理人に任せています。私は11日までペルーでの休みを満喫します。成功の秘訣?いつも謙虚で、ハードワークする事だと信じていますし、理想の現実の為に犠牲を払い、情熱を持って臨む事です。』

ミハイロヴィッチ監督が獲得を望んでいるのでは?と言われている選手
カタニアのFWマルティネス、ボローニャのMFムディンガイ、ポルトのメイレレス、ヘルタ・ベルリンのMFカチャル

ローマはアドリアーノ、シンプリシオの加入により、バプティスタを放出するだろうと言われています。
移籍先として、ムトゥの代わりを求めるフィオレンティーナの名前が挙がっています。

プランデッリ監督 イタリア代表監督就任

イタリアサッカー協会
『チェーザレ・プランデッリ監督は、南アフリカワールド・カップ後にマルチェロ・リッピ監督より代表監督を受け継ぎます。
今朝、アバーテ会長とローマで会談を行い、リッピ監督の辞任が決定後に代表チームの監督として契約しました。
FIGCはチェーザレ・プランデッリ監督と4年の契約を結びました。
詳細は後日に公表されます。また、新監督の公式発表は、ワールド・カップ後になります。』

リャイッチ コメント

リャイッチ
『ミハイロヴィッチ監督の就任を歓迎します。
私は彼と一緒に仕事が出来る可能性を嬉しく思います。
彼は既にカタニアで、監督としての能力を証明しています。
この事実を持って、フィオレンティーナをCLへ向けて戦う野心あるチームだと確認できると思います。
そして、クラブと私達は次のシーズンに向けてよく準備し、目標を達成します。
プランデッリ監督は私にあまり期待していませんでした。しかし、トップで何試合か出場期間を貰った事は感謝しています。彼には代表チームでの幸運を祈っています。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ