2010年06月

ニュース 色々

元フィオレンティーナのヨルゲンセンが、デンマーク代表を引退しました。
ヨルゲンセン
『私は後進の為に代表を引退します。代表キャップが99と、あと一試合で大台の100ですが、それは私のエゴであり、それに拘って迷惑をかけたくありません。』

ラジオブルーによると、ユヴェントスがマルティネス、ペペの獲得に拘らず、ヴァルガスの獲得を考えていると報道しています。

獲得の噂がある、ヘルタのMFカチャルの代理人
『彼はまだ契約が残っているので、移籍の決定権はクラブが持っています。彼には多くのクラブが興味を示しています。未来に関しては、クラブを満足させる移籍金を出すチームがあり、話し合いの末に決定するでしょう。今の所、フィオレンティーナと接触はしていません。』

ムトゥが残る場合、10月29日まで年俸が半額の100万ユーロになります。チェルシーへの罰金の支払いがある為、代理人は『年俸400万ユーロを出せるチームに行く。日本やアラブ、アメリカも視野に入れています。』と発言。

フィオレンティーナは、AZにデンベレ獲得に関して48時間以内に返事が無い場合、獲得を諦めると報じられています。

ドナデルのジェノア移籍は濃厚ですが、ザネッティが移籍するのならトレード相手がアッカフレスカからMFサパテルに変わる可能性があると、報じられています。

パレルモのザンパリーニ会長
『ボラッティ?獲得に興味はありません。』

CorSport-Stadioによると、フィオレンティーナはインスーアを400万ユーロでの獲得を考えていますが、リヴァプールは600万ユーロを希望しており、フィオレンティーナは出せても450万ユーロと開きがあります。しかし、リヴァプールはまだオファーを受け付けているようです。また、AZのデンベレに関してもAZの要求する800万ユーロを高いと感じており、デンベレの今夏での移籍は無いのでは無いかと報じています。

ジラルディーノの代理人
『フィオレンティーナにジラルディーノをメルカートに出す意思はない。彼は失意のシーズンを繰り返さない為に、再始動の準備をしています。』
別の代理人
『ジラルディーノはフィオレンティーナに留まります。彼は残ることを望んでおり、欧州カップが無い事は関係ありません。』

コモットの獲得に興味を示しているといわれていたレッチェですが、コモットの年俸が高く、断念したと言われています。
今獲得に近いのは、パナシアイコスだと言われています。

獲得の噂がある、ジェノアのFWアッカフレスカの代理人
『ルカ・トーニの獲得に多くの疑問を持っています。私はクラブと話し合いを持ち、明確にしたい。今の所、どのクラブとも話はしていません。フィオレンティーナ?興味を持っているのは知っています。繰り返して言いますが、何処とも連絡は取っていません。話し合いの後、メルカートについて考えます。』

獲得の噂がある、ジェノアのMFメストの代理人
『フィオレンティーナと話をしていないし、彼の獲得を望んでいないでしょう。しかし、メルカートは何が起こるかわかりません。』

バルセロナはケイリソンのレンタル料を280万ユーロと決めているようで、ブラジルのクラブ行きは、ほぼ無いだろうと言われています。

ユーヴェ・スタビアのSD
『私達はコルヴィーノSDにDFマルケッティを求めました。しかし、フィオレンティーナからはモレッリを提案されました。私達は彼に興味がありません。』

SKYにモントリーヴォの恋人がコメントしています。
『彼の将来?彼は私の為にフィオレンティーナに残ります。』


フィオレンティーナはワールド・カップに出場していたジラルディーノ、モントリーヴォ、クロルドルップは、7月26日からキャンプに合流すると発表しました。

レンツィ市長
『私達は会長からのスタジアム計画を非常に真剣に検討し、都市計画のアイデアとして歓迎する決定をしました。新しいスタジアム、デッラ・ヴァッレ・タウン計画、全てがイエスです。』

マリーノ氏 インタヴュー

元ナポリのSDマリーノ氏
『フィオレンティーナはインスーアとデンベレの獲得に野心的です。
ウェズレイ?
いい選手ですが、フィオレンティーナには合わない。
ネイマール?
特別な評価をしているでしょう。ダゴスティーノは夏の最高の獲得になるでしょう。ジラルディーノの代わりはメルカートで簡単に見つかるでしょう。コルヴィーノSDは、常に代わりとなる誰かを追っていると思います。
縮小?
いいえ、フィオレンティーナは良いメルカートで強化し、予算バランスをとるでしょう。ジラルディーノはフィオレンティーナに留まると思います。ナポリは不満でしょうが、最高レベルの申し込みがあれば移籍の可能性があります。
ヴァルガス?
コラロフの獲得に失敗する4つのビッグクラブがあり、代わりにヴァルガスを考えるでしょう。2500万ユーロ?いいえ、1500〜1800万ユーロ。
ムトゥ?
才能ある選手ですが、いいオファーが無い場合、留まるでしょう。罰金と減俸を受け入れなければいけませんが、メルカートでの引き合いは弱い。
1月で、アメリカ、アジアへ移籍金無しで移籍すると思います。』

コルヴィーノSD インタヴュー

コルヴィーノSD
『ブラジルの若手ネイマール、ウェズレイ、アウロカ、ジェシュレイ等が噂になっているが、フィオレンティーナに一番近いのは?
私はジャーナリストがサッカーはビッグネームでは無い、という事を理解し始めていると思っています。私達が実際に若手の誰を獲るか見てみましょう。それで証明できます。
若手に対する私の仕事?
素材を集める事。まず、種を蒔きます。そして、育てるのに良い指導者が必要です。
コーチ?
はい。しかし、私達はタイトルを獲得し、ババカル、アギエイ、カッラーロ、セクリン等をトップチームに送りました。
私達はここ数年、4つのチームの後ろで苦労しています。しかし、同じモチベーションを持ち、地に足をつけます。
サイクルは終わりではなく、継続です。
私達と同じように、ナポリ、パレルモ、ジェノア、サンプドリア、ラツィオが高い目標を持っており、立ち止まれません。そして、私達はチームを変革する必要があります。
どうやって知ることが出来るか?
コルティーナを去った後に。彼らは勝利欲と、達成感を繰り返し喜びたいという気持ちを、表に出しているでしょう。
目標の為に、最初の獲得はダゴスティーノ?
私達は最初の5年間のモチベーションを取り戻す為に、原点に戻ります。
ダゴスティーノの獲得により、改めて目標が何処かを見、誰を獲得するかの選択を理解する事です。
ダゴスティーノを獲得したが、予算はまだあるか?
ダゴスティーノの獲得は、デッラ・バッレ・ファミリーの気持ちを見せる事と、技術的な目的と、私達の究極の目標のままに予算を使いました。私は良い2つのアイデアを組み合わせました。
ミハイロヴィッチ監督の招聘?
監督を誰にするかは、私達の仕事の文化の中で考えます。
ジラルディーノの移籍について、ナポリの会長と食事をした事実を明らかにします。
普通に逢ったのです。そして、私達は良い夜にしようと思い、ナポリの会長とジラルディーノについて論議するのではなく、一緒に食事をしようと思ったのです。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ