2010年12月

ニュース 色々

胃腸炎で合流が遅れるといわれていたサンタナは赤痢だったようで、イタリアへの帰国がもう暫く遅れるようです。

ムトゥが練習に合流し、チームメイトに対してクリスマス・パーティーでの事について謝罪をしたと報じられています。

コルヴィーノSD
『サイクルの終了?まだ終わっていません。新たなサイクルは6月まで待ってください。ムトゥ?彼がメルカートに出るかは監督が決めます。ネット、マルケッティ?私は私達の問題を解決する為に、仕事をしなければいけません。』

Corriere紙によると、ボルツの肩の具合は未だ不明で、毎日元セルティックのスタッフがチェックを入れているようです。その為、コルヴィーノSDはパラナエンセのネット、カリアリのマルケッティをチェックしていると報じています。また、セフェロヴィッチにはパルマの他にレッジーナも興味を示していると報じています。
Nazione紙によるとパパ・ワイゴのグロッセート行きの交渉は最終局面を迎えていると報じています。またアサンテをこの交渉に絡めて獲得するだろうと報じています。ボラッティに関してはボカ・ジュニアーズとリヴァープレートのどちらかに行くことになり、ボカならば代わりの選手としてFWルーカス・エセキエル・ヴィアトリ(1987年3月29日)を交渉に絡ませるだろうと報じています。
Gazzetta紙はマンチェスター・ユナイテッドからFWマケダを買い取りオプション付のレンタルで獲得し、ジラルディーノの移籍に備えるだろうと報じています。
ボカのルーカス・ヴィアトリはEUパスポートを持っておらず、彼を獲得するにはEU外枠をあける必要があると報じられており、移籍金は450万ユーロだといわれています。

チェゼーナのパローロの代理人
『彼は一月でチームを去る事がないと思います。彼はシーズン終了までチームに残ることを望んでいます。フィオレンティーナ?行くことになれば良いチャンスになるでしょう。興味をもたれてるのは本当です。しかし、私のところに話は来ていません。』

マラガのSD
『チームの守備を強化することを考えています。』
彼のリストにはガンベリーニの名前があると報じられています。


FutebolFinaceが選ぶ世界で有望な若手30人に、ヨヴェティッチが選ばれています。
1.アレシャンドロ・パト(ミラン)評価額2500〜4000万ユーロ
2.マリオ・バロテッリ(マンチェスター・シティ)評価額2200〜3300万ユーロ
3.トーマス・ミュラー(バイエルン)評価額1850〜2850万ユーロ
4.ステファン・ヨヴェティッチ(フィオレンティーナ)評価額1400〜2100万ユーロ
5.エデル・アザール(リール)評価額1300〜1900万ユーロ
6.ボージャン・クルキッチ(バルセロナ)評価額1200〜1800万ユーロ
7.マルコ・マリン(ブレーメン)評価額1100〜1700万ユーロ
8.ネイマール(サントス)評価額1100〜1700万ユーロ
9.ガリス・ベール(トッテナム)評価額1050〜1650万ユーロ
10.ハビエル・パストーレ(パレルモ)評価額1000〜1500万ユーロ
11.ミラレム・ピャニッチ(リヨン)評価額1000〜1500万ユーロ
12.ムサ・シソコ(トゥールーズ)評価額1000〜1500万ユーロ
13.トニ・クロース(バイエルン)評価額950〜1450万ユーロ
14.シモン・ケアー(ヴォルフスブルグ)評価額950〜1450万ユーロ
15.テオ・ウォルコット(アーセナル)評価額950〜1450万ユーロ
16.ジャック・ロドウェル(エヴァートン)評価額950〜1450万ユーロ
17.デ・ヘア(アトレティコ・マドリッド)評価額950〜1450万ユーロ
18.アラン・ザゴエフ(CSKAモスクワ)評価額950〜1450万ユーロ
19.ホルガー・バートシュトゥーバー(バイエルン)評価額800〜1200万ユーロ
20.アルヴァロ・ドミンゲス(アトレティコ・マドリッド)評価額800〜1200万ユーロ
21.アンデル・エッレーラ(サラゴサ)評価額800〜1200万ユーロ
22.ロメル・ルカク(アンデルレヒト)評価額800〜1200万ユーロ
23.ダヴィド・サントン(インテル)評価額800〜1200万ユーロ
24.ママドゥ・サコ(パリ・サンジェルマン)評価額750〜1150万ユーロ
25.ブレーノ(バイエルン)評価額650〜950万ユーロ
26.セルヒオ・カナレス(レアル・マドリッド)評価額650〜950万ユーロ
27.パウロ・エンリキ・ガンソ(サントン)評価額650〜950万ユーロ
28.ジュリアーノ(インテルナシオナウ)評価額650〜950万ユーロ
29.ヤン・ムヴィラ(レンヌ)評価額650〜950万ユーロ
30.ソティリス・ニニス(パナシアイコス)評価額600〜900万ユーロ

ニュース 色々

今日から練習が再開され、ほとんど選手が戻ってきていますが、サンタナは胃腸炎の為、ボルツが肩の診察の為、まだ戻ってきていません。
また、クロルドルップ、ボラッティ、ムトゥ、ヴァルガスは天候不良で飛行機が遅延し夜に戻ってくるようです。

パパ・ワイゴの代理人
『彼にはアスコリとグロッセートからオファーがあり、どちらかに行くかを悩んでいる所です。』

Tuttosport紙によると、コルヴィーノSDはドナデル、コモット、サンタナと契約更新する準備が出来ていると報じています。
サンタナの代理人
『私達は直ぐにでもイタリアだけでなく外国のクラブにも目を向けることが出来ます。しかし、フィオレンティーナからの連絡を待っているのでほかと話をしていません。』

La Repubblica紙によると、良好な関係を築いているカタニアから1月にDFパブロ・セバスティアン・アルヴァレス(1984年4月17日)を、6月にFWマキシ・ロペス(1984年4月3日)の獲得で交渉しており、両方で約1800万ユーロになるだろうと報じています。

ムトゥにマルセイユが興味を示しているようです。

ボラッティ
『いい年だったよ。夢だったワールド・カップに出られましたからね。フィオレンティーナ?最初は慣れるまでと思っていたけど、上手くいっていません。将来?記事ではボカやリヴァープレートの名前が出ていますが、私はヨーロッパでプレーしたい。だからと言って、それ以外のクラブにノーと言うと言うわけではありません。私は連続してプレーしたいのです。とりあえず今後の様子を見ましょう。』

放出に関しての報道まとめ

放出に関しての報道

FW
ジラルディーノの代理人が、ジラルディーノの年俸を200万ユーロから最低で250万ユーロ(基本額)への変更を求め、オプション込みで350〜400万ユーロを求めていると報じられています。これが元でユヴェントス、ナポリへの移籍の噂が出ていると報じられています。
また、ムトゥに関してはクラブ主宰のパーティーに顔だけ出して帰ったことや、翌日の練習に来なかったことで、クラブ側が彼を信用できないと判断し移籍させる事を考えているといわれています。また、チェルシーの問題など彼が色々な問題を抱えており、その件を不問にする為に安い移籍金でもかまわないとも報じられています。現在、ガラタサライ、マラガ、ディエモ・キエフ等の名前が移籍先として挙がっており、マラガ、ディエモ・キエフ等は250万ユーロでの獲得を考えていると報じられています。
パパ・ワイゴの移籍に関してはグロッセートとクラブ間で合意をしており、後は本人次第になっているようです。

MF
モントリーヴォの契約更新次第になると思いますが、現状でミラン、インテル等が興味を示していると報じられています。
ボラッティは移籍の可能性が高く、ザネッティにも移籍の可能性が示唆されており、一人はCHの獲得があるだろうと報じられています。

DF
フェリペは移籍の可能性が高く、ナポリ、ゼニト、マラガが移籍先として挙がっていますが、ナポリ、ゼニト行きの可能性は低くなっているようです。

GK
フレイが長期離脱、ボルツの状態が不明、アヴラモフは移籍の可能性が高く、セクリンだけが万全の状態で残っていますがまだ若く、代わりのGKの獲得の可能性が示唆されています。ただボルツの状態次第になるようで、1月一杯かけての話になりそうです。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ