2011年10月

セリエA第10節 Fiorentina - Genoa

Fiorentina 1−0 Genoa(セリエA第10節)

Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK ボルツ
DF カッサーニ/ガンベリーニ/ナターリ/パスクァル
CH ハルジャ/モントリーヴォ/ラッツァーリ
FW ロムロ(85分ムナーリ)/ジラルディーノ(70分ヴァルガス)/ヨヴェティッチ(90分シルヴァ)


【ベンチメンバー】
ネット、デ・シルヴェストリ、ナスタシッチ、ムナーリ、チェルチ、シルヴァ、ヴァルガス


Genoa
4-3-3

GK フレイ
DF メスト/ダイネッリ/グランクヴィスト/アントネッリ
CH クツカ(46分ホルケラ)/ヴェローゾ/メルケル
FW ロッシ(78分コンスタン)/パラシオ/ヤンコヴィッチ(58分プラット)

【得点者】
Fiorentina  41分ラッツァーリ   
Genoa      

【警告・退場】
33分クツカ、47分ナターリ

ミハイロヴィッチ監督
『ジェノアとの試合に勝ったことにより、ヨーロッパの大会まで後2ポイントです。
シーズンの最初に幾人かの重要な選手が欠けていたにもかかわらず、ウディネーゼとユヴェントス戦の前半を除いて良いプレーが出来ています。
これまで幾つかの不運があった事でポイントを失ってきたのです。
重要なことは自信を持って上に向かっていくことです。
ジェノアとの試合で最後の方に危険な場面がありました。
60-70分はガンベリーニを中心に守備が出来ていたので、試合を制することが出来ました。
勝利したがブーイングはありました。
まぁ、試合を見に来ているティフォージの権利ですから、仕方が無いでしょう。
ガンベリーニの幻のゴール?
審判の決定についてはコメントはしません。
彼らは彼らの仕事をしています。ミスもあるでしょう。
今日の前半は特に素晴らしい試合をしていました。』

ハイライト

ジェノア戦 召集メンバー

ジェノア戦 召集メンバー

GK ボルツ、ネット
DF カッサーニ、デ・シルヴェストリ、ガンベリーニ、ナスタシッチ、ナターリ、パスクァル、ロムロ
MF チェルチ、ハルジャ、ラッツァーリ、リャイッチ、モントリーヴォ、ムナーリ、ヴァルガス
FW ジラルディーノ、ヨヴェティッチ、シルヴァ

ベーラミが出場停止の為、クロルドルップは怪我の為、召集されず。

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-4-1-1

GK ボルツ
DF カッサーニ、ガンベリーニ、ナターリ、パスクァル
MF ロムロ、ラッツァーリ、モントリーヴォ、ヴァルガス
CH ヨヴェティッチ
FW ジラルディーノ

ミハイロヴィッチ監督
『ジェノアに負けるとは考えていないので、非常に落ち着いています。
私は良く練習する選手すべてが好きです。
間違っていたのなら、誤りを理解することが重要です。そう、繰り返してはいけません。
チームに幻滅している?
サッカーの良さは、一杯のスタジアムで偉大なチーム相手に対戦することなので、ユヴェントス戦では楽しむよう選手たちに伝えました。
だが、失望する試合でした、フィオレンティーナではなかった。
最初の45分は恥ずかしさを感じました。
その時と、ウディネーゼ戦を除くと、常にチームは良くやっていると思います。
より多くのポイントを得なければいけませんが、冷静でなければいけません。
ユヴェントス戦では前半で3失点してもおかしくなかった。その点、私たちはラッキーでした。
私はあのような試合を繰り返すとは思いません。
ジェノア戦?
幾つかアイデアはある。私は常に正常だよ。
ティフォージは自らの意見を言う権利はあるが、やってはいけない馬鹿もある。
だが、今後の試合において彼らがチームをサポートしてくれると信じています。
結果が出ないときは論争になる。
トリノでの試合で私に何か言ったとして、それが私のキャラクターの問題だったとしても、それだけでなく、他に多くの問題があった。
そう、選手に問題はなかったはずです。そうなら選手に対して何らかのアクションがあったはずですから。
私に不信任案はありません。
ベーラミの特性を持った代わりの選手が居ません。
そのため、明日の試合では中盤により多くの選手を持ってくるでしょう。
ロムロ?
彼は良く練習している。
一部の選手について、私たちは良く見なければいけません。
ヴァルガス?
彼はベストの体重をオーバーしている。
他の問題ではないよ。
確かにヴァルガスは試合から外されて、残念に思い怒っていたが、同時に良く練習もしました。
ハルジャがミラノに良く戻っていた?
残念ながら、それは本当です。私はその件で怒りました。
彼も間違ったことをしたと今は理解しています。
それは良い事ではなかったので罰金を彼に与えました。
私たちはジェノアに勝利するだけでなく、その後も負ける事は出来ません。
クラブは何時も私に良くしてくれました。
私はプレッシャーを感じていません。
フレイは偉大なGKでした。最終的には色々あってフィレンツェを離れたが、フィレンツェで歴史を作りました。
彼相手にゴールを決めるのは困難になるのは当然です。』

ニュース色々

フランスでは、ヴァルガスにリヨンが興味を示している、と報じられています。

ミランのガッリアーニ副会長
『ガットゥーゾ、フラミニ、セードルフが居なかったが、昨日の試合は勝った。そして彼らが復帰する後半戦の為、一月で補強はない。』

Corriereによるとジェノア戦で勝てなかった場合、ミハイロヴィッチ監督の解任の可能性があり、 後任にデル・ネリ氏、デリオ・ロッシ氏、アンチェロッティ氏、ベニテス氏の名前が挙がっていると報じています。

Repubblicaによると、オーナーは最近のメルカートでのコルヴィーノSDの手腕に疑問を感じており、この夏のメルカートが最後のチャンスとしたが現状を見ると有罪判決であり、1月での解雇解任はないが、夏での可能性があると報じています。

筋肉疲労で別メニューで調整中だったカッサーニは、グループ練習に復帰しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ