2011年12月

ニュース色々

Skyによると、ジラルディーノは明日、ジェノアのメディカルチェックを受けるだろうと報じています。

Tuttosportによると、フィオレンティーナの中盤の補強はラシン・クラブのMFクラウディオ・ヤコブ、ローマのMFダヴィド・ピサロ、トッテナムのMFニコ・クラニチャルが既にコルヴィーノSDのリストにあるが、新たにウディーネーゼからノヴァーラにレンタル中のMFアンドレア・マッツァラーニ(1989年11月6日)がリストアップされていると報じています。
また、MFヤコブにはMFドナデルの代わりとしてナポリが興味を示している、とも報じています。

パレルモのFWピニージャの代理人
『フィオレンティーナ?重要なクラブで噂にあがっている事は嬉しいね。だが、実際の交渉は無い。メディアでしかこの話を聞いた事が無いので、私に言える事は、彼はパレルモの選手だという事だけです。』

ラツィオのFWコザック
『まず、ラツィオと話し合う必要がある。彼らに私の移籍の権利があるからね。レンタルで半年離れて強くなって戻ってきたい。』

ウディネーゼのSD
『フローレスがフィオレンティーナへ?私は移籍させることは考えていません。彼はここで幸せだし、監督の為にも全ての選手を残しておく。少なくとも1月での移籍はない。話を聞くのは6月以降だ』

tasportpressによると、ウルグアイのリベルプール所属のFWエミリアーノ・アルファロ(1988年4月28日)に興味を示している、と報じています。記事によると、リベルプールの会長がイタリアに日曜日にイタリアに来てコルヴィーノSDと会談を持つのではないか?と報じています。EUパスを持っており、移籍金は約500万ユーロだと言われています。

リャイッチの代理人
『数日以内にリャイッチの将来についてフィオレンティーナと話をする予定です。サンプドリア、ボローニャ?以前、私は話をしたが移籍はない。彼はフィレンツェに家を買っており、移籍をする事を考えていないからね。』

Nazioneによると、ムナーリにはボローニャ、サンプドリア、チェゼーナが興味を示しており、その内の一番高値をつけたクラブに移籍するだろう、と報じています。また、ナターリ、デ・シルヴェストリに関してコルヴィーノSDは移籍を考える可能性があり、デ・シルヴェストリにはウディネーゼが注目している。
ババカルにはブレシアからレンタルのオファーがあります。
モントリーヴォにはリヴァプールが700万ユーロのオファーを出す可能性があるが、1月での移籍は低く、6月にミランに行くだろう。ヴァルガスにはインテルが1000万ユーロを超えるオファーの準備をしています。
カンポレーゼはサッスオーロへのレンタル移籍の可能性が高い。

Talksport.co.ukによると、モントリーヴォにマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているとの噂があるようです。

Corriereによると、ロッシ監督はチェルチ、ヨヴェティッチ、ヴァルガスの3トップの4-3-3を考えており、ジラルディーノの移籍金は2枚の中盤を獲得する為に使われるだろう、と報じています。非EU枠の為、1月での獲得は無いが、クラブ・アメリカのMFディエゴ・レジェス(1992年9月19日)、レッジーナのMFシモーネ・ミッシローリ(1986年5月23日)の名前がある、と報じています。

Nazioneによると、シルヴァの代理人とベレスの話し合いが行われたようです。フィオレンティーナは既に売却の意向をもっており、もしベレスへの移籍が実現しなかった場合、6月までレンタルで移籍し、その後に200万ドルでボカ・ジュニアーズへ移籍するだろう、と報じています。

Nazioneによると、アマウリの獲得は65%でマキシ・ロペスは20%だと報じています。またGazzettaではアマウリの獲得の可能性は35%だと報じています。

Corriereによると、フィオレンティーナは1月でのFWの獲得はせず、6月に獲得するだろうと報じています。
候補は3名で、トゥエンテのFWルーク・デ・ヨング(1990年8月27日)移籍金は約1800万ユーロ、ヘーレンフェーンのFWバス・ドスト(1989年5月31日)移籍金は約600万ユーロ、インテルナシオナウのFWレアンドロ・ダミアン(1989年7月22日)移籍金は約1800万ユーロの誰かを獲得し、チーム力を引き上げるとともにティフォージを喜ばすだろう、と報じています。

カタニアのGM
『マキシ・ロペスはオファーがあれば、数日中にもチームを離れる』

Tuttosportによると、コルヴィーノSDはサントスのMFアロウカを獲得を狙っていたが、サントス側が6月まで移籍させないと決めているようで、コルヴィーノSDは1月での獲得を諦めた、と報じています。

roma.comによると、ローマのMFピサロはフィオレンティーナ、パレルモのオファーを断り、ユヴェントスへの移籍を選んだ、と報じています。

ジラルディーノ ジェノア移籍へ

ジラルディーノのジェノアへの移籍がほぼ合意に達したと、ジェノアのプレツィオージ会長が発言しています。
移籍金800万ユーロ、年俸150万ユーロの4年半契約だと報じられています。


プレツィオージ会長
『既にジラルディーノ本人とは合意している。後はフィオレンティーナがサインをするだけです。フィオレンティ−ナは移籍金800万ユーロを要求し、私たちはそれを受け入れました。明日にでも正式に決定する。』

ニュース色々

Nazioneによると、ジェノアはジラルディーノに強い関心を持っており、もし移籍した場合、フィオレンティーナはカタニアのFWマキシ・ロペスをミランから強奪する可能性がある。そして、コルヴィーノSDはラツィオのFWフロッカリの動向にも注意を払っている。また、チェルチは1月にユヴェントスに行く可能性がある、と報じています。

Corriereによると、シルヴァは6月まで残る可能性があるが、EU外枠を開ける必要がありベレスと話をする必要がある。また、チェルチにはマンチェスター・シティの他にエスパニョールが興味を示している、と報じています。

Corriereによると、ジラルディーノが移籍する場合、コルヴィーノSDはユヴェントスのFWアマウリを最有力候補と考えているでしょう。ユヴェントスは移籍を望んでおり、フィオレンティーナは2年の契約を提示する予定。他の候補はカタニアのFWマキシ・ロペス、ユヴェントスのFWイアクィンタ、パレルモのFWピニージャ、ジェノアからシエナにレンタル中のFWデストロ等があがっている、と報じています。

サンプドリアのSD
『パロンボがナポリ?私達は全ての要求に耳を傾けます。そして、それらを考慮し判断を下します。それだけの選手であるという事です。しかし、現在彼はサンプドリアのカピターノであり、どんなニュースであれ適切な時に通知されるでしょう。リャイッチ、ムナーリ?セリエBではリャイッチは違いを創れるでしょう。獲得が先?放出です。』

mediagol.itによると、コルヴィーノSDはパレルモのFWピニージャ獲得交渉にマルキオンニを絡ませる事を提案する可能性がある、と報じています。

マルキオンニの代理人
『パレルモのピニージャとの交渉にマルキオンニが絡む?私は知りません。私に言える事は、何も無ければ彼はシーズン後までフィレンツェに留まる、という事だけです。居場所が無い?いいえ。貴方達は将来的にも場所がないと言うかもしれませんが、何が起こるかわかりません。』

パレルモの会長
『ピニージャがフィオレンティーナへ?私はそうは思いません。彼が残ると思っている。彼は重要な選手になれる。マルキオンニの話は無かった?絶対にない。彼に興味を示していません。それにピニージャはメルカートに出ていません。私は自分のチームを弱くはしません。』

ユヴェントスのFWイアクィンタの代理人
『私はコルヴィーノSDと話はしていません。しかし、現時点では仮の話でも、イアクィンタのキャリアを考えると明確になる事を望みます。』

カタニアのFWマキシ・ロペスの代理人
『私は明確な答えを期待します。カタニアとミランには紳士的な協定があるが、それは12月31日で期限は切れます。それを過ぎた場合はミランに行く事は困難になると思います。そうなれば他の提案について考慮する必要がある。フィオレンティーナからの接触については話す事は出来ません。フィレンツェで彼を望まれているようで可能性はあるでしょう。時間が鍵を握ります。』

Itasportpress によると、フィオレンティーナはスタンダール・リエージュのLSBセバスティアン・ポコニョーリ(1987年8月1日)に注目している、と報じています。ユヴェントス、ミラン、インテル、ラツィオ、パレルモなども興味を示していると報じられています。2014年までの契約を結んでおり、移籍金は約400万ユーロだろうといわれています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ