2012年05月

ニュ−ス色々

リャイッチの父親
『息子が国歌を歌わなかったことを謝罪します。試合前に国歌斉唱に関して息子から電話があり、私は周りから見られないように出来るだけ頭を低くするようにと、助言をしました。結果は皆さんも知っているとおりです。しかし、彼が歌わなかった背景には政治的な問題があります。』

calciomercato.comによると、マシアTDとプラデSDは共同保有中のFWディ・カルミネの権利を完全に買い取ることに決めた、と報じています。ディ・カルミネはチッタデッラで37試合8ゴールを上げ成長を感じており、まだ安い内に買い戻すことを決定し、控えもしくはレンタルでの移籍で更なる成長を期待しているようです。

Skyによると、フィオレンティーナはLSBの補強を考えており、ナポリのDFアンドレア・ドッセーナ(1981年)やカタニアのDFジョヴァンニ・マルケーゼ(1984年)に興味を示している、と報じてます。

セビージャのMFティベリオ・グアレンテ(1985年)がイタリアに帰ることを考えており、フィオレンティーナが興味を示している、と報じられています。

calciomercato.comによると、ローマからバーリにレンタル中のルーマニア人MFアドリアン・ストヤン(1991年)にフィオレンティーナ、カタニア、ビジャレアル、アヤックス、ゼニトが興味を示している、と報じています。

新監督の噂があったラニエリ監督はモナコの監督に決定し、ゼーマン監督はローマ行きが濃厚なようです。

Violanews.comによると、ブレシアとキエーヴォが共同保有しているフィンランド人MFペルパリム・ヘテマイにフィオレンティーナが興味を示している、と報じています。
ヘテマイの代理人
『現時点ではニュースはありません。ただ、プラデSDから連絡があったと言えるだけです。何かが起こるとしたら、フィオレンティーナの監督が決まったあとでしょう。』

新監督はモンテッラ監督か?

Nazioneによると、48時間以内にモンテッラ監督がフィオレンティーナの監督になるだろう、と報じています。
モンテッラ監督とカタニアのアントニオ・プルヴィレンティ会長の話し合いが行われた後、フィオレンティーナはモンテッラ監督と契約の細部を詰め、新監督の発表を行うだろうと報じており、既にフィオレンティーナはモンテッラ監督と3年契約でほぼ合意している、と報じています。
カタニアのアントニオ・プルヴィレンティ会長は既に引き止める事が出来ないと感じているようです。

ニュース 色々

SKYによると、ボローニャでの地震により、イタリア代表とルクセンブルク代表との試合はキャンセルになったようです。

calciomercato.comによると、ナポリの会長はFWラベッシに移籍の可能性が高いので、ヨヴェティッチに2500万ユーロでのオファーを出しましたが、フィオレンティーナは断った、と報じています。が、3000万ユーロを超えるオファーなら話し合いに応じるだろう、と報じています。

Nazioneによると、パルマがマルキオンニに興味を示しているようです。

プリマヴェーラにレンタル移籍していたカンパニャーロ
『私はイタリアを離れます。すいません。イタリアのフィレンツェで美しいシーズンを過ごしました。私を支えてくれた人々に感謝します。残念ながら1年という短い間でしたが、この経験に満足しています。』

Tuttosportによると、ナポリのFWロランド・ビアンキとチェルチとのトレードの可能性がある、と報じています。

ミランはリヴァプールからMFアクィラーニを買い取りたいが、買取オプションの800万ユーロではなく、非常に低い金額でのオファーを出すだろう、と報じられています。交渉がこじれた場合、本人もリヴァプールへの残留を望んでおらず、移籍の可能性が高く、フィオレンティーナ等が獲得に動くだろう、と報じられています。

Nazione によると、カッサーニの買い取りは確実で、ラッツァーリは封筒での入札になるが、フィオレンティーナは買取の意思はある、と報じています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ