2012年10月

モンテッラ監督 試合前会見

モンテッラ監督
『デルネリ監督?
確かに一緒に働いたし、良い思い出を持っている。
彼は監督として熱意を持って戻ってきました。多くを与える事が出来るでしょう。
エル・ハムダウィ?
彼は大きな可能性を秘めています。主要な選手として有用です。
アクイラーニ?
中盤は私達の強みで、彼は重要な選手です。
私達は確かに何かが欠けている。だが、私達はベストを尽くしたい。
そうする事で成長します。
ジェノア?
どんな試合でも落とし穴がある可能性はあります。全ての試合において選手たちは自信を持って試合に臨みます。しかし、そうでなく問題を抱えているチームと対戦するほうが危険な事もあります。
ボリエッロ?
彼はメルカートで私達の獲得候補の一人でした。
だが、私達は違う選択肢をとりました。
ヴァレロ、ピサーロ、アクイラーニの同時起用?
それが出来るというのは贅沢なことです。私は一緒にプレーする事は可能だと思います。
私達はパスサッカーをしているからね。
フィオレンティーナがしてはいけない事?
リスク?確かに私達はメンタル面、神経質な事についてもっと充電する必要があります。
特に明日は重要な試合であり、それが鍵になる。
明日の試合での期待?
重要な試合であり、色々考え過ぎずに90分間のプレーだけを考えます。
全体的に良いパフォーマンスをしているが、時々そうでないときがあるからね。
ベンチ?
確かに明日の試合では誰かがスタンドに行かなくてはならないだろうね。25名の選手がいるから。
だがそれが私達の仕事です。
フィオレンティーナが3位になる可能性がある?
それは今の段階での評価であり、私達がしようとしている事を理解しやすくしているが、まだシーズンは残っています。継続性が違いになります。
ミス判定?
時に試合状況によっては解釈が難しい。試合後に論争しても何も変わりません。
サンプドリア、ジェノアでの過去?
セリエAでプレーするの夢だったし、あまりにも大きかったね。
子供のように夢見たセリエの舞台でプレーできて嬉しかった。
ジャマ?
フィジカル的には問題は無く、プレーは可能でしょう。
次の試合では出場機会があると思います。
パスクァルが疲れている?
私はそうは思いません。
リャイッチ?
彼の技術は宝だよ。まだ精神的に成熟する必要があるけどね。
彼は人間としても一つ殻を破った感じがして嬉しいね。よく練習もしている。
ヨーロッパ?
私達のや棒はそれであり、チームが重要な資質等、時間を掛けて証明してきました。
例え、予想以上の結果だったとしても私は選手達の資質を知っているので驚きはしません。
それぞれポジション争いがあり、よく練習している事が重要です。
どれくらいまで行けるか?
フィオレンティーナは私の物じゃないからね。誰?ティフォージだよ(笑)
だから答えを出す事は出来ません。
まだ改善の余地があるとしても、私はこのチームが好きで直ぐにも理解したいともっています。
何時も全ての試合に勝ちたいと思っています。
バロンドール?
メッシ、ロナウドの両名は偉大な選手です。
どちらかでしょうね。
ヴァルガス?
彼はクオリティーがあるが、今は怪我をしています。
彼は刺激を求めていました。
私は明日の試合に彼が出場できない事を喜んでいます。
明日は間違いなく、難しい試合になります。
私達は、彼らの強さを測るチームなるでしょう。』

ニュース 色々

フィオレンティーナのチーム・ドクターは、カンポレーゼの膝蓋腱障害の具合がよくならず、更に3週間の離脱になると発言しました。

マティアス・フェルナンデスが11月14日の親善試合の為、チリ代表に招集されました。

フィオレンティーナがまだ権利を持っていると思われるMFサヴィオが、タイで偽装誘拐に関与した容疑で逮捕されました。

リャイッチ
『ピッチにいる時は、私は常に全力を尽くします。今日のゴールは私とチームの為に重要なものでした。先発、途中出場とかは関係ありません。重要な事はフィオレンティーナが常に勝つ為に上手くプレーする事です。観客からの拍手に感謝します。』

パスクァルの代理人
『このチームがバルセロナなよう?そうだね。一つだけかけていますが。FW?そうだね。パスクァルは継続して試合に出ルことが出来、さらに攻撃的にプレー出来ているので試合早稲を感じている。この役割においてはヨーロッパでも最高クラスだろう。代表?何故呼ばれないかは、分かりません。まだ次のワールド・カップへの出場は可能だよ。プランデッリ監督はチャンスを与えてくれる監督だから、期待はしています。パスクァルは代表に呼ばれはしていませんが、フィレンツェで家族と共におり、また重要なチームでカピターノとしてプレー機会もあるので、幸せな選手です。彼はフィレンツェでキャリアを終える事を強く望んでいるよ。フィレンツェは彼の街であり、フィオレンティーナは彼の唯一のチームである事を、家を買う事によって示しました。』

itasportpress.itによると、セフェロヴィッチにチェゼーナが興味を示しており、1月にレンタル移籍する可能性がある、と報じています。

ミリアッチョの代理人
『彼はフィオレンティーナという良くなっていく新しいグループにいる事を喜んでいます。彼は何時でも変わらずにチームの為に全力を尽くします。ポジション争い?刺激がある事に彼は感謝しています。』

セリエA第9節 Fiorentina - Lazio

Fiorentina 2 - 0 Lazio(セリエA第9節)

Fiorentina
3-5-2

【メンバー】

GK ヴィヴィアーノ
DF トモヴィッチ/ロドリゲス/サヴィッチ
MF クアドラード(85分アクイラーニ)/フェルナンデス(62分ミリアッチョ)/オリヴェイラ/ヴァレロ/パスクァル
FW リャイッチ(68分トニ)/ヨヴェティッチ

【ベンチメンバー】
ロムロ、エル・ハムダウィ、ヘガジィ、デラ・ロッカ、ネット、トニ、ミリアッチョ、ジャマ、アクイラーニ、ルパテッリ、セフェロヴィッチ、カッサーニ

Lazio
4-5-1

GK ビザーリ
DF コンコ/ビアーヴァ/ジアス/ルリッチ
MF カンドレーヴァ(88分コザック)/ゴンザレス(78分ロッキ)/エルナネス/レデスマ/マウリ(78分ブロッキ)
FW クローゼ

【得点者】
Fiorentina    45+1分リャイッチ、90分トニ
Lazio      

【警告・退場】
12分75分レデスマ、26分コンコ、31分トモヴィッチ、34分ルリッチ、39分ジアス、52分ロドリゲス、57分オリヴェイラ、85分(RED)エルナネス

モンテッラ監督
『判定については話したくありません。
有利不利どちらだったにせよ、今までも私は話をしませんでした。
クアドラードのハンド?
見ていません。
良い試合をしました。ホームでの試合で前半はうまくやれていましたし、結果は正当なものだと思います。
後半にラツィオに主導権を握られる状態になりましたが、結果に満足しています。
チームは勇気を示して経験豊富なチームに勝ちました。偉大な勝利です。
FWの選択?
状況に応じて使い分けます。
最終的にトニも状況に応じて起用しましたが、ラツィオ相手にはテクニックのある速い選手が良いと考えリャイッチを起用しました。
2ゴールとも非常に美しいゴールでした。
私たちにはエル・ハムダウィもいますからFWの解決策に問題はありません。
プラデSDの苦情(先週に審判に対する苦情を言った)?
私に聞いても役に立たないと思います。
幾つか判断する材料になるとしてもね。
ユヴェントスとの口論?
ティフォージに共感するが、私は監督です。
PK?
ファースト・キッカーはヨヴェティッチで次がフェルナンデスです。
ヨヴェティッチが彼に譲ったのであって、問題はありません。』

ハイライト
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ