2013年05月

アクイラーニ インタヴュー

アクイラーニ
『代表復帰?
フィレンツェに来ることを選択した結果です。
強く望んでいたので。非常に満足しています。
フィオレンティーナで私達は偉大なチャンピオンでした。リーグで最高の中盤の1つです。
モンテッラ監督とプランデッリ監督?
中盤に質の高い選手をおいて、試合を試合しようという所ほか、幾つか似ているところがあります。
ミスジャッジ?
怒りがある。
フィオレンティーナは確かに影響を受けましたが、私達は前進する必要があります。
逃したことは申し訳ありませんが、来年にもう一度チャレンジします。
イタリアへの復帰?
SDのおかげでフィレンツェに来ることが出来ました。私の誇りの問題でした。私を売った方は私に価値を見いだせなかったのでしょう。
コッパ・イタリアのダービー?
ローマは複雑な街です。外から見るとローマは混乱しているように見えます。ひどい試合でした。
コンフェデレーション・カップ?
ワールド・カップ予選前の準備として非常に重要な争いになる。
将来?
私はフィオレンティーナのままでいる事を願っています。まだ2年契約があるし、此処で非常に良い感じです。
ピサーロ?
彼から話はありませんでしたから、驚いています。
彼のようなユニークな特性を見つける事はほとんど不可能であり、再考する事を願っています。
ホアキン?
良い選手だね。サイドで非常にうまくやっている偉大な選手です。
フィオレンティーナの攻撃陣?
クラブはペナルティ・エリア内で仕事をする9番タイプを求めていると新聞で読みました。
私達の将来の為に、間違いなく大きな手を与えてくれるでしょう。
ヨヴェティッチ?
彼はクラブと約束をしました。
間違いなくクラブを離れるでしょう。
彼は良い人間だから、どこに行ってもうまくやれると思います。
彼とは素晴らしい関係にあるが、彼の将来については知りません。
ヴィオラの来シーズン?
今シーズン私達は 70ポイントを獲得しました。
本当に偉大なチャンピオンです。
これを繰り返そうとします。
73ポイントかもしれないね。
スクテッド?
ユヴェントスが強いからね。
それは非常に困難なことだと思います。
モンテッラ監督?
彼は偉大な監督です。
いなくなると考えたことはありません。フィレンツェに残る事を望んでいるよ。
今シーズンはフィオレンティーナで自信を取り戻しました。
監督とチームメイトに感謝したいと思います。』

ニュース色々

Skyによると、フィオレンティーナはヨヴェティッチが移籍した場合、パリ・サンジェルマンのMFジェレミー・ネメズ獲得に動くだろう、と報じています。

ムヌーア
『フィレンツェにはいろいろ見に行きました。まだサインはしていません。』


gianlucadimarzio.comによると、フィオレンティーナはヨヴェティッチが移籍し場合、ガラタサライのFWユルマズ、セビージャのFWネグレド、バイエルンのFWゴメスの獲得を狙っている、と報じています。

イングランドから興味を持たれている、エル・ハムダウィ
『フィオレンティーナと2015年まで契約を結んでいます。が、イングランドでプレーするのも面白いかもしれません。どうなるかは7月1日以降にわかるでしょう。』

sportske.net il によると、マンチェスター・ユナイテッドに就任するモイーズ監督は、リャイッチの獲得を望んでいる、と報じています。

パレルモの会長
『イリチッチ?ドイツから良い現金でのオファーが来ている。フィオレンティーナ?どうだろうね。選手は私達が選択した後に選択します。セフェロヴィッチ?ミッコリはセリエBにはいかないから、代わりとして興味深いね。ヴィヴィアーノ?狡猾な動きだが、とにかく、本人がヴィオラを望んでいる。しかし、他のオファーもあるが最終的にフィオレンティーナに留まる事になるだろう。彼の為にインテルに300万ユーロを払ったのだがね。ディバラ?モンテッラ監督が望むのなら、私は諦めて喜んで貸すよ。』

tuttonapoli.netによると、バイエルンはFWゴメスの売却を考えており、フィオレンティーナは彼の事を気に入っている、と報じています。

gianlucadimarzio.comによると、ナポリがパレルモのMFイリチッチの獲得を真剣に考えている、と報じています。

ウディネーゼのDFダニーの代理人
『フィオレンティーナ?私の知っている限り接触はありません。噂はメディアが作ったものです。』

haberturkによると、フィオレンティーナはガラタサライのFWユルマズと既に合意している、と報じています。
移籍金1200万ユーロ+ボーナス300万ユーロで年俸350万ユーロ+5ゴール毎に10万ユーロのボーナス。
しかし、この報道に対して年俸に無理があるというのがイタリアでの報道です。
fwユルマズにはアトレティコ・マドリッドが移籍金1800万ユーロ+ボーナス200万ユーロのオファーを出している、との報道もあります。

ガラタサライのFWユルマズの代理人
『フィオレンティーナと合意している?いいえ。彼は4年契約を結んでいます。決してそのような事はありません。ガラタサライに満足しているが、ヨーロッパから良いオファーがあれば耳を傾ける準備は出来ています。』

Daily Express によると、チェルシーに就任濃厚のモウリーニョ監督がヨヴェティッチの獲得を望んでおり、2800万ユーロを用意している、と報じています。

Tuttomercatoweb.com によると、フィオレンティーナはバレンシアのアルゼンチン人FWパブロ・ピアッティ(1989年)に強い関心を示している、と報じています。イタリアのパスポートを持っているようです。

Tuttomercatoweb.com によると、ネットにトリノ、リヴォルノが獲得に興味をしている、と報じています。

Rai Sportによると、ピサーロの移籍は間違いなく、行先としてはゼニト(60%)、ユヴェントス(30%)、インテル(10%)だと報じています。また、代わりの選手としてはロディ(30%)、マッローネ(20%)、その他(50%)だと報じています。

Tuttomercatoweb.com によると、フィオレンティーナはジェノアと共同保有中のDFトモヴィッチの完全移籍を望んでおり、近々話し合いがオこなれるだろうと報じています。買い取り金は250万ユーロだとも報じています。

gianlucadimarzio.comによると、サンプドリアはデ・シルヴェストリを買取る為にフィオレンティーナと話し合いを持つが、買取金額が設定させているが割引を望んでいるので高度な交渉になる、と報じ打ています。

FIFA公認代理人のタヴァーノ氏
『ネグレドがフィオレンティーナ?可能性はあるし、行けば違いを創れるだろう。ソルダト、カルドソもモンテッラ監督のサッカーに合う。ホアキン?興味深い選手です。彼の経歴を見れば、トッププレーヤーだという事が見てわかるでしょう。ヴィオラの飛躍の為に最適の選手になるでしょう。ムヌーア?興味深い選手です。フィレンツェならスペイン語が話せる選手がいるから、上手くやれるでしょう。オスヴァルドはアトレティコ・マドリッド?既にアトレティコ・マドリッドの選手だと言えるでしょう。』

Gazzettaによると、モンテッラ監督はプラデSDにカリアリのベルギー人MFナインゴランの獲得を要求した、と報じています。ナインゴランにはナポリ、ローマ、インテルも興味を示しており、獲得争いは厳しいものになる、と報じています。

Gazzettaによると、ミランのガッリアーニ副会長がチェルチを獲得する為に動いている、と報じています。

Le10Sport によると、サンテティエンヌのFWオーバメイヤンにアンジが2500万ユーロを用意している、と報じています。

Tuttosportによると、フィオレンティーナはユヴェントスの1800万ユーロ+マッローネならチェルシーの2900万ユーロのオファーを選ぶだろう、と報じています。
また、代わりとしてアタランタのFWデニスの獲得の可能性があり、デニスの代理人が昨日クラブとフィオレンティーナについて話したと報じています。

Nazioneによると、プラデSDはFWゴメス獲得の為にバイエルンに電話をし、肯定的な話が出来たと報じています。ヨヴェティッチの問題が片付いたら動くだろうと報じています。

ニュース色々

ユヴェントスのマロッタGM
『ヨヴェティッチ?フィオレンティーナの選手です。どうなるか見てみましょう。』

Gazzettaによると、パレルモのMFイリチッチにレヴァークーゼン、シャルケから1000万ユーロ前後のオファーが来ているが、イリチッチ本人はフィオレンティーナへの移籍を選び4年契約を結んだ、と報じています。また、イリチッチ、ヴィヴィアーノ、ミリアッチョとアコスティ、セフェロヴィッチが絡む大きな交渉になる可能性がある、とも報じています。

パレルモの会長
『イリチッチには2,3クラブが興味を示しています。非常に人気のある選手で99%移籍するでしょう。移籍金は約1500万ユーロです。ヨヴェティッチに3000万ユーロの価値があるようにね。』

パレルモの元コーチ
『イリチッチは今シーズン、常に全力を尽くしてきた選手です。間違いなくパレルモのベストの選手です。イタリアに来てから大きな進歩を遂げました。だけど、まだ改善の余地がある。モンテッラ監督のサッカーに合うか?攻撃時は良いが、そうじゃない時は休む事がある。が、モンテッラ監督のサッカーは攻撃的ですので、彼の役割はうまくいくでしょう。役割?例えばアクイラーニのポジション、攻撃的なMFでサイドから攻撃をする。』

ピッチーニの代理人
『彼は今シーズン、優れた性能と適正を見せました。フィオレンティーナ?既に話し合い、彼の野望と目標について満足させる話が出来ました。トップグループに上がるのはまだ時期尚早なのは明らかです。冷静に将来について考えなければいけません。将来?7月まで待つ必要がある。パレルモからの興味?素晴らしいシーズンを過ごしたので、セリエAを含む複数のクラブから興味をもたれています。パレルモのようなクラブからの関心の報道は嬉しいけど、お世辞じゃないかな。パレルモは直ぐにでも上に戻る為に動くでしょうから。ピッチーニはプ
ロジェクトの一部である事を希望します。将来に関しては数週間後にクラブと話します。』

ヘガジィがエジプト代表に招集されました。

gianlucadimarzio.comによると、ムヌーアは今日メディカル・チェックを受け、日曜の試合の後の月曜にサインするでしょう。と報じています。

TMWによると、カタニアのMFローディにインテル、ミラン、ローマ、フィオレンティーナ、ユヴェントスが興味を示しており、最近ではピサーロの移籍希望によりフィオレンティーナの噂が活発である。と報じています。
Tuttosport によると、移籍金は約1000万ユーロだろうと報じています。

Tmwによると、トニと会長が将来を決める為に会食すると報じています。

RaiSportによると、トリノのDFオグボンナのフィオレンティーナ行きの可能性は20%だと報じています。

futbal.pravda.skによると、フィオレンティーナはブレシアのスロヴァキア人MFリハルト・ラシーク(1992年)に注目しており、昇格プレーオフ戦にスカウトを派遣していた、と報じています。

Tuttosportによると、フィオレンティーナはピサーロが出ていけば、アタランタのMFチガリーニの獲得に向かう、と報じています。

アタランタのSD
『チガリーニ?私達には彼の買い取り権がある。私達は彼を残したい。ボナヴェントゥーラ?彼も残したい。多くの得点に彼が絡んでる。』

レンツィ市長
『スタジアムは古くなっている、フィレンツェでも代える事が出来る事を願っています。』

alo.rsによると、フィオレンティーナはパルチザンのFWアレクサンドル・ミトロヴィッチ(1994年)に興味を示しており、ナポリも興味を示している、と報じています。また、パルチザンは移籍金600万ユーロを求めるだろうとも報じています。

ノヴァーラにレンタル中のFWセフェロヴィッチの全10ゴール

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ