2013年06月

メンクッチ取締役 インタヴュー

メンクッチ取締役
『昨日、プラデSD、マシアTDと話をしました。
とても穏やかな話し合いが出来、私は本当にクラブが良い感じに機能しており、フィオレンティーナがより良くなるために行われている全ての事に満足しています。
彼らが行っている事は、全て重要な交渉なので、少し時間を与えなくてはいけません。
ユヴェントスはテベスを獲得したが、それでヨヴェティッチ獲得から遠ざかるとは思っていません。
ユヴェントスに聞かないとだめだけどね。
ラツィオのロティート会長の言葉を借りれば、お金に臭いはありません。
経済面から言えば、私達は誰に対しても扉を閉ざしてはいません。
オーナーは満足しないだろうけどね。
ラマダニ氏?
誠実ではないね。
少なくとも今のところは有罪だね(笑)
彼は自分の仕事を正しく成していません。
メルカートに時間はかかるだろうけど、ティフォージからの励ましをお願いしたい。
決めた事を守って、粘り強く作業を続けていくために。
ゴメス?
ヨヴェティッチの件と共に、隠すようなことではありません。興味を示している選手の一人です。
フィオレンティーナは、彼が新たにユニフォームを着る可能性があるクラブの一つであるが、私達は急いではいけませんし、それが全てではありません。
会長はリャイッチについて焦点を当てている?
彼の契約は残り1年であり、モントリーヴォのようにフリーで彼を失うリスクは避けたい?
彼には私達と共に落ち着いて腰を据えて、トップ・プレーヤーに成長する事を勧めます。
そうならないのなら、彼を売却する事を真剣に考えなければいけません。』

トニ インタヴュー

トニ
『期待以上の素晴らしいシーズンでした。
ただ、出場に値したはずのCLの出場権を獲れなかった事だけが残念です。
今はまた困難な状態になっているが、ベースは非常に良い。
新たな補強については報道を参照にしてください。
クラブは他選手で行く事を決めましたが、私は失望をしている訳ではありません。
私はクラブが可能な限り、最高の未来になる事を祈っています。
デッラ・ヴァッレオーナーからヴィオラのプリマヴェーラの指導者にならないかと申し出があった事に感謝しているが、私はその役割について準備が出来ているとは感じていません。
まだ、サッカーをプレー出来ると感じています。
ゴメス?
以前、私はバイエルンに行き彼とはチームメイトでした。
彼は本当に偉大なストライカーであり、私がアドバイスして欲しいくらいです。
彼は彼の役割についてはワールド・クラスの選手です。
しかし、彼がイタリアのサッカーに適応できるかを見る必要がある。
彼のような選手の移籍には多くのお金が必要であり、交渉がどうなっているかは分かりません。
将来?
家族と話し合い、数日で私の将来を決定します。
ヨヴェティッチ?
私は、彼が新しい経験の為にチームを変えたい気持ちを理解できます。彼は偉大な選手です。
移籍、残留の可能性があるが、どちらにせよ将来的に彼はカンピオーネになる事が出来る選手であり、その為にも落ち着いてプレーする必要がある。
ピサーロ?
モンテッラ監督が非常に重要視している選手で、チームに残る事を願っています。
リーグ戦の終わり方にに失望し、空気を変える事を考えたのでしょうけど、私は彼に思いとどまってほしい。
彼の役割ではトップクラスの選手ですから、代わりを見つけることはできません。
トップ・プレーヤーのゴメスを獲得できれば、他のチームとの争いは遙かに楽になる。』

ニュース色々

プラデSD
『ガッリアーニ副会長とは偶然レストランであったんだ。ヨヴェティッチとエル・シャーラウィのトレード?両者とも高い同等の評価を得ており、ヨヴェティッチが空気を変える事を望んでいるとしても、それはファンタジーサッカーの考え方だよ。』
Nazione によると、両者はMFエル・ハムダウィ、ヨヴェティッチではなく、リャイッチ、MFエマニエルソンについて話し合ったと報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、来週にもセクリンのキエーヴォ行きが決まるだろう、と報じています。
レンタル移籍で、共同保有のオプション(30万ユーロ?)が付く可能性があるようです。
gazzetta.itによると、来週にも決まるであろうセクリン、アコスティの交渉とFWテレオの交渉は別々の交渉だと報じています。
キエーヴォのSD
『テレオには国内外からオファーがあるが、現時点では考慮に値するオファーはありません。』


Tuttomercatoweb.comによると、フィオレンティーナがここ数日で接触したと報じらているガラタサライのFWユルマズに、トッテナムが1700万ユーロのオファーを出す準備をしている、と報じています。

Corriereによると、フィオレンティーナはカリアリがGKアガッツィ移籍に求める500万ユーロを払う事は出来ないが、引き続き注目していると報じています。
アガッツィの代理人
『交渉がどうなっているかは知りません。その質問はクラブにしてください。言えるのはクラブ間で合意していないという事だけです。』

gianlucadimarzio.comによると、フィオレンティーナはカリアリのGKアガッツィからQPRのGKジュリオ・セーザルの獲得に移行した、と報じています。

firenzeviola.itによると、フィオレンティーナはFWゴメス獲得を成立させる為に、2000万ユーロ以上の現金を求めており、ユヴェントスはヨヴェティッチ獲得でフィオレンティーナを納得せさせる為に2200万ユーロ+MFマッローネの共同保有権+FWガッビアディーニの共同保有権の最新オファーをし、プラデSDはFWゴメスの獲得を決める事が出来、将来性の高い若手2名が含まれている為、このオファーに真剣に悩んでいる、と報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、サンテティエンヌのFWオーバメイヤンにボルシア・ドルトムントが1400万ユーロ+ボーナスのオファーを出している、と報じています。
サンテティエンヌのFWオーバメイヤンの代理人
『ボルシア・ドルトムント?サンテティエンヌの要求する金額に近いオファーを出しきてきます。CLの準チャンピオンの要求にノーと言うのは難しい。イタリア?イタリアのクラブは彼をファースト・チョイスにしていないので難しいだろう。ナポリからの接触?あったが、彼らも他の選手の方が優先順位が高い。』

オリヴェイラの代理人
『ジェノアは彼の買い取りオプションを行使しませんでした。彼はフィオレンティーナに戻ります。アンブロジーニ?ミランとの契約更新はありません。』

アンブロジーニの代理人
『来週、決まります。今朝も私はプラデSDと会いました。』

バーゼルのGKザマーの代理人
『ヴィオラからの強い関心があります。バーゼルは国外への移籍の可能性を阻まないでください。現時点ではヴィオラ行きは困難な作業だと言えます。彼はリーグとヨーロッパ大会で素晴らしいGKだという事を証明しました。確かにフィオレンティーナに行く事は、彼にとって良いチャンスになるが、ヴィオラがバーゼルの要求を満たせるとは思いません。彼はまだ2年の契約が残っている。ヴィオラとの最後の接触は2週間前でした。』

デ・シルヴェストリ
『2クラブ間の関係が良好である事は知っています。その為、買取金額について理解され解決できると思っています。気持ちはサンプドリアでプレーする事で一杯で、多くの時間クラブに残る事を願っています。』

サンプドリアのSD
『どこのクラブでも早急にチームを作りたいのはわかるが、私達はデ・シルヴェストリについて急いではいません。』

TuttoMercatoWeb.com によると、レヴァークーゼンがパレルモのMFイリチッチ獲得に1100万ユーロのオファーを出している、と報じています。
『レヴァークーゼンからオファーがある。が、彼はイタリアに残りたいと思っている。サッカー選手としてのキャリアを終えた後もね。フィオレンティーナ?可能性はある。多くの噂があるのは選手にとって良い事ではありません。移籍は彼のクオリティを考えると、正しい事だと思います。』

サヴィチェヴィッチ氏
『ヨヴェティッチ?ユヴェントスに行っても問題はないだろう。ヴチニッチと共に代表のようにプレー出来る。が、ユヴェントスはテベスを獲得したからユヴェントスのユニフォームを着る可能性はないかもしれません。ユヴェントスはデッラ・ヴァッレオーナーが求める3000万ユーロを払う事は出来ませんから。最終的にプレミアかリーガに行くんじゃないかと思っています。ただ、まだ何処のクラブもヴィオラを満足させるオファーを出していないようですね。あったなら移籍しているでしょうから。バキッチ?彼は良く成長している、非常に興味
深い選手です。だが、フィオレンティーナの中盤を見ると、彼はまだ別のチームでのプレーになるでしょうね。バキッチはモンテネグロの新しい宝石だよ・・・』

sportmediaset.itによると、フィオレンティーナ、ナポリ、リヴァプールがレアル・マドリッドのFWホセ・カジュホン(1987年)に興味を示していたが、ナポリ行でほぼ決まったと報じています。

firenzeviola.itによると、フィオレンティーナ行の可能性が噂になったインテルのMFスタンコヴィッチですが、アメリカ行や引退の可能性もあるようです。

元フィオレンティーナのDFクロルドルップはペスカラとの契約を解除し、フリーで次の移籍先を探しているようです。

mercato365.com によると、サヴィッチ獲得に1000万ユーロのオファーをフィオレンティーナに断られたディナモ・キエフは、1200万ユーロで再度オファーを出していると報じています。
またCorriereによると、ディナモ・キエフとはFWアンドリュー・ヤコモレンコ(評価額1500万ユーロ)(1989年)を絡めた交渉になる可能性があり、プラデSDは代わりのCBを約600万ユーロで探す事になるだろう、と報じています。

Corriereによると、冬に獲得を決めたがEU国籍の問題で加入できなかったMFヴェシーノはまだ国籍を取得で来ていませんが7月末までには問題は解決しチームに合流できるだろう、と報じています。
また、モンテッラ監督はヴェシーノのクオリティはトップグループで出来ると確信しており、既に来シーズンの戦力として計算しているとも報じています。

Nazioneによると、リャイッチについては2週間以内にどうなるか決まるだろう、と報じています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ