2013年12月

アクイラーニ インタヴュー

アクライーニ
『ユヴェントスが抜けている?
ユヴェントスはタイトルホルダーであり、印象的な攻撃力を持っている怖いチームです。
ただ、フィオレンティーナはそのユヴェントスをリーグ戦で唯一負かしたチームです。
私達のプレー内容はコンテ監督が舌戦で使った言葉を思い出していください。
私はELの第二ラウンドでユヴェントスと当たったときに、ヴィダル達にやられないようにできると思います。
インテル戦とナポリ戦で負けましたが、後半戦でリベンジします。
私たちはCLの為にプレーしている。
ELでも目標はあります。スクテッドやコッパ・イタリアでもね。
どうなるか見てみましょう。
私は試合についてだけ考えることの好みます。
万全な体調でなかったときもありますが、言い訳をするのは好きではありません。
でも、いくつか問題があったのも本当です。
今は2014年を素晴らしいスタートで始める事です。
ブラジル・ワールド・カップの為にプランデッリ監督を説得できるか?
今、私が代表で重要なポジションを失っているのは本当です。
それは否定しません。
しかし、最後まで希望は捨てません。
来年にはゴメスも戻ってくる?
確かに彼は違いを作ることができる選手ですが、彼の不在時もフィオレンティーナが多くのゴールを上げてきた事を過小評価されていると思います。
彼無しでもポイントを獲得してきました。
年明け緒戦で復帰出来るかは不安ですが、私達は落ち着く必要があります。
確実に彼は戻ってくるのですから。
そうすれば、フィオレンティーナはさらに強くなります。
モンテッラ監督が私にデ・ロッシの役割を期待している?
子供の頃はその役割でプレーしていました。
そして、私はそれを気にっています。
その後、スパレッティ監督の下、私は役割を変えました。
昔に戻るだけだよ。』

ニュース色々

Daily Mail によると、フィオレンティーナ、ローマが狙っている、エバートンのDFハイティンハにウエスト・ハムが興味を示していると報じています。

TuttoSportによると、トリノのDFダンブロージオはミラン行きに近づいているが、ミランに移籍しなかった場合、フィオレンティーナ、ローマが獲得に動くだろうと報じています。

カリアリの会長
『ナインゴランがローマ?いいえ。ローマと交渉はしていません。私たちは今、いくつかの交渉をしており、10〜15日後には答えが出ているでしょう。』

L'Arena によると、ヴェローナは6月に200万ユーロ弱の金額で、ロムロを共同保有権で獲得するだろうと報じています。

レビッチ
『イタリアのサッカーに慣れるのに最初の2ヶ月は苦労しました。今は言葉も覚えて生活に慣れてきました。レンタルで継続的に出場機会を得る噂があるが、誰もそのような話しはしていません。忍耐強く待つ必要があるのはわかっています。そうすれば私の出番があるのは確信しています。誰がプレーするかを決めるのは監督です。ブラジルに行くために全力を尽くします。』

Gazzettaによると、ボローニャはウォルスキーの他にバキッチの獲得を考えていると報じています。

Il Secolo XIX によると、ジェノアはイリチッチ、マティの獲得を望んでおり、フィオレンティーナはMFローディを望んでいると報じています。

Nazioneによると、ゼニトのDFクリシットがイタリアへの復帰を望んでおり、フィオレンティーナはロンカリアを交渉に絡めて交渉するだろうと報じています。

ニュース色々

FIFA代理人のパリージ氏
『ハイティンハはエバートンで僅かな出場機会しかありません。一月で出ていく準備をしている。ローマ、フィオレンティーナから接触がありましたが、彼は代表のためにも継続して出場機会があるチームを探しています。』

gazzetta.itによると、サンダーランドからアロンソのレンタルのオファーがあり、後は詳細を詰めるだけになっている、と報じています。
また、アロンソの父親、代理人がサンダーランドからのオファーがあった事を認めているようです。

Repubblica.it によると、アロンソのサンダーランドへのレンタルは決定的であり、次はロンカリアでゼニトが400万ユーロのオファーを出すだろうと報じています。

TuttoMercatoWeb.comによると、ヴェローナのMFジョルジーニョにゼニトが興味を示しているが、オファーはまだのようだと報じています。記事によると、ゼニトは具体的な交渉に動くだろうが、本人はイタリアでのプレーを望んでおり、オファーを断るだろうと報じています。また、フィオレンティーナと代理人の接触もまだないようだと報じています。
FIFA代理人のアスカリ氏
『ジョルニーニョ?フィオレンティーナはDFより、ピサーロの問題もあってCHに重点を置いている。その為、フィオレンティーナはピサーロに代わる代表クラスのMFを探している。ジョルジーニョは理想的で、早ければ1月にもオファーがあるだろうが1月で獲得するのはほぼ不可能だと思っています。6月に再度オファーを出すだろうが多くのライバルクラブがあり、99%ミランになるだろう。』
ジョルジーニョ
『セリエAでの初めてのシーズンは上手くいっている。私たちはまだ成長したいと思っている。周りからのサポートもあって冷静に自分の仕事に集中できベストを尽くすことができました。2013年はヴェローナで歴史をつくりました。私にとって非常に重要な場所です。ただ、まだ私は満足していません。まだまだ成長したい。』

gianlucadimarzio.comによると、フィオレンティーナのプラデSDはシエナのFWヴァレリオ・ロッセーティ(1994年)の才能に注目し200万ユーロでオファーを考えている。シエナは放出を望んでいないがロッセーティはステップアップを望むだろうと報じています。また、ユヴェントスも興味を示しているようです。

alfredopedulla.comによると、ボカ・ジュニアーズがフィオレンティーナにMFレアンドロ・パレデス(1994年)の買取オプション付きのレンタルの逆オファーを出していると報じています。

ビジャレアルの会長
『ムサッキオは2018年までの契約がある。彼を望むのなら、それだけの金額のオファーが必要になる。』

firenzeviola.itによると、フィオレンティーナが興味を示していると報じられているカリアリのMFナインゴランは、カリアリの会長が移籍を容認したのでローマが750万ユーロで共同保有のオファーを出し、電撃移籍になるだろうと報じています。

Tuttosport によると、サウサンプトンはMFガストン・ラミレスのレンタルでのイタリアへの復帰を容認しており、ここ数週間フィオレンティーナが接触していると報じています。

Corriereによると、ミランがマシアTDにオファーを出したが、マシアTDは断ったと報じています。

Le Parisien によると、パリ・サンジェルマンがMFの補強を考えており、ナインゴラン、ピャニッチ、デ・ロッシ、ヴァレロをリストアップしていると報じています。

gazzetta.itによると、ヴァレロは年俸約200万ユーロで2018年までの契約延長で合意しており、メルカートが終わる2月にサインにするだろうと報じています。

ウディネーゼのSD
『クアドラード?ほかのクラブからの接触はありません。彼の将来に関してはフィオレンティーナが最優先です。フィオレンティーナと話をせずにほかのクラブと話をすることはありません。最終的にはフィオレンティーナに移籍することになるだろう』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ