2014年02月

エスビェア戦 招集メンバー

エスビェア戦 招集メンバー

GK ベルトラッチ、ネット、ロサーティ
DF コンパー、パスクァル、ロドリゲス、ロンカリア、サヴィッチ、トモヴィッチ
MF アンブロジーニ、アクイラーニ、バキッチ、クアドラード、フェルナンデス、イリチッチ、ホアキン、ピサーロ、ヴァルガス
FW ゴメス、マトリ、マトス

ロッシ、ヘガジィ、レヴィッチは怪我の為、招集されず。

モンテッラ監督
『調停の決定は受け入れる。
決定に不満はあるが、私は決して不満を公にはしません。
私達は向上させる必要がある。
審判が間違いを受け入れる事、間違いを説明する事を気にしています。
私達も間違いを犯すが、全て説明をします。
説明を求めるし、そうする権利がある。
試合後にフィールドの真ん中で審判に抗議するのは非常に不愉快で間違っている、とチームを叱責しました。
だが、それだけの熱意があります。
彼らは間違いを犯し続けている。
これから何らかの反応があるでしょうが、ミスを認める事が出来る事を期待します。
ゴメスが先発?
練習後にフィジカルの状態を見てからだね。
審判のレポートを読んだと思いますが、それは本当ではありません。
ヴァレロが審判を押していないので、4試合から軽減されるのを期待します。
エスビェアに対して、利点はある。
最高の練習をし、何時ものように。
再度、ゴールを決める必要がある、この考えを伝えます。』


ヴァレロ インタヴュー

ヴァレロ
『パルマ戦で起こった事全てが非常に残念です。このシステムには非常にがっかりしています。
審判のレポートにかかれている事は、選手としても私個人に対しても非常に敬意を欠いている。
審判は選手を引き離すときに私の手を見たはずです。
私は何もしていません。
私の人生の中で、審判に対して何かをしたことはありません。
これは明確にすべきことです。
退場の問題ではありません。これは私個人の人格としての問題だと指摘したい。
自分でも理解出来ていないのに、退場について4歳の息子に説明しました。
スペインで2試合の出場停止は受けた事があるが、今回の4試合の欠場について納得が出来ません。
明日はエスビェウとの大きな試合がある。
審判について話をするのはもうやめましょう。』

ヴァレロ 4試合の出場停止

ヴァレロがパルマ戦で審判を押したとの判断が下り、合計4試合の出場停止になりましたが、フィオレンティーナは軽減を求めるようです。
また、モンテッラ監督も帰りの通路にて副審に主審に対して暴言を吐いたとの事で、次節ベンチに入れないとの事。
累積警告でピサーロ、退場でディアキテも次節出場停止に。

アンドレア・デッラ・ヴァッレオーナー
『ヴァレロが4試合の出場停止になったが、彼はクラブで一番模範となる選手です。
4試合も?彼は物腰の柔らかな人物です。
これまでの数ヶ月、落ち着いて訴えてきたが、私のクラブに対して悪い事を見てきている。
3位を目指して戦っている。昨シーズンはCL出場権を失ったし、どうすればいい?
私達は落ち着きたいが、この数ヶ月の状況を見てほしい。
街は疲れている。
どうしてフィオレンティーナに?誰か説明してくれ。
私達は最後までCLの為に戦います。
ヴァレロが4試合の出場停止を受けて快適を感じるか?起こった事は非常に残念です。
私はパルマ戦で最後まで10人で戦った選手をたたえます。
非常に気を付けなければいけません。
だが、落ち着いていられません。
勿論、私達の選手が間違った事をしたでしょうが、以前のバロテッリの処分より厳しい。
誰か説明してください。』

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ