2014年03月

セリエA第31節 Sampdoria - Fiorentina

Sampdoria 0 - 0 Fiorentina(セリエA第31節)


Fiorentina
4-3-2-1

【メンバー】

GK ネット
DF クアドラード/ディアキテ/サヴィッチ/トモヴィッチ
CH フェルナンデス(78分アンブロジーニ)/アクイラーニ/ヴァレロ
OH ウォルスキー(59分ヴァルガス)/イリチッチ(70分マトス)
FW マトリ

【ベンチメンバー】
ルパテッリ、ロサーティ、ロンカリア、バキッチ、ホアキン、アンブロジーニ、マトス、ベヌーティ、ファッツィ、ヴァルガス


Sampdoria
4-2-3-1

GK ダ・コスタ
DF デ・シルヴェストリ/ムスタファ/ガスタルデッロ(76分フォルナシエール)/ベラルディ
CH パロンボ/クルスティチッチ(81分レナン)
OH ガッビアディーニ/ソリアーノ/エデル
FW ロペス(68分オカカ)

【得点者】
Fiorentina  
Sampdoria
 
【警告・退場】
19分ベラルディ、30分サヴィッチ、33分ウォルスキー、89分オカカ、90分マトス


モンテッラ監督

ハイライト

サンプドリア戦 招集メンバー

サンプドリア戦 招集メンバー

GK ルパテッリ、ネット、ロサーティ
DF ディアキテ、ロンカリア、サヴィッチ、トモヴィッチ、ヴェヌーティ
MF アンブロジーニ、アクライーニ、ヴァレロ、バキッチ、クアドラード、フェルナンデス、イリチッチ、ホアキン、ヴァルガス、ウォルスキー
FW ファッツィ、マトリ、マトス

ゴメス、ロッシ、ヘガジィ、ピサーロ、レビッチ、パスクァル、アンデルソン、コンパーは怪我の為、ロドリゲスは出場停止の為、招集されず。

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-3-2-1

GK ネット
DF クアドラード、サヴィッチ、ディアキテ、トモヴィッチ
CH フェルナンデス、アクイラーニ、ヴァレロ
OH イリチッチ、ウォルスキー
FW マトリ


モンテッラ監督
『守備陣?
今回が初めてではありません。
アイディアでどうにかするよ。
ヴァルガスが回復しない場合、他の選手にチャンスがいきます。
サンプドリア?
ジェノア、それにクラブにも友人が居ます。
だが、それとは別にスポーツとしてのフィオレンティーナの勝利、そして良い日である事を願っています。
良い仕事をし、サンプドリア戦に挑みたい。
チームのステータス?
4位を一番後ろの居場所にしたい。
その目標の為に頑張ります。
しかし、技術的、フィジカル的な問題を含め、選択しなくてはいけません。
3位?
ミラン戦・・・
あれが最後のポイントでした。
まぁ、何が起こるか見てみましょう。
その為にも私達は良くやる必要があります。
ミハイロヴィッチ監督?
選手に自信を与え、上手く管理していると思います。
ピサーロ?
彼を招集する事はありません。
マトリ?
彼は動きとチャンスを創る事について、私とクラブの信頼を得ている。
明日は落ち着いてプレーする必要があります。
ゴール?
ゴールの為のチャンスは創れている。
ただ、FWにけが人が出ている事もあり半減しているね。
主となる選手が怪我をし、難しい。
その為、フォーメーションを色々変更している。
決勝でゴメス、ロッシ?
ワールド・カップの事?(笑)
最終的に80%で起用できることを望みます。
ロッシは60%以上なら違いを生み出す事が出来ます。
ウォルスキー、マトス?
彼らは非常に良くやっている。
特にマトス。
ヴァレロ?
彼は最後のステップを管理する選手です。
その役割で彼はベストを与えています。』

ニュース色々

Skyによると、ピサーロの怪我については楽観視できるようで、サンプドリア戦で先発も可能だと報じています。
また、コンパーが風邪の為、サンプドリア戦への出場はないかもしれないとも報じています。

Nazioneによると、ゴンサロの出場停止、コンパーとパスクァルが怪我等で出場できないのでディフェンスラインはスクランブル状態であり、サヴィッチとディアキテがCB、SBはトモヴィッチ、ロンカリアが務めるだろうと報じています。

アンブロジーニの代理人
『MLS行きの噂?正直、何処からそのような噂が出ているのか、わかりません。アンブロジーニの優先順位はフィオレンティーナです。数日以内にプラデSDと話をするでしょう。』

獲得の噂があるステアウア・ブカレストと6月で契約が切れるGKタタルサヌ
『私は何処ともサインはしていません。ステアウアに残る可能性もあるし、どのような事も可能です。私と家族にとって最適なものを考慮します。』

Tuttomercatoweb.comによると、フィオレンティーナはシーズン後にババカルを呼び戻し、来シーズンの戦力とするかセリエAへのレンタルかを選択するだろうと報じています。
ウディネーゼ、トリノ、ウエスト・ハムが興味を示しているようです。

モデナのオーナー
『ババカル?私達の望みは彼とサリフを残す事です。共同保有でもいい。フィオレンティーナから来シーズンについて話がある事を望みます。』

firenzeviola.itによると、フィオレンティーナはアタランタのMFボナヴェントゥーラ(評価額約900万ユーロ)獲得の為に800万ユーロ+若手選手の保有権半分のオファーを出す準備が出来ていると報じています。

firenzeviola.itによると、トッテナムのDFカブールは契約を更新せずにトッテナムを離れる事を考えており、フィオレンティーナ、セビージャが興味を示していると報じています。

Gazzettaによると、ピサーロの契約更新についてはコッパ・イタリア決勝後に判断する事になるだろうと報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、プラデSDはCBの獲得を優先的に考えており、ビジャレアルのDFムサッキオをまだ狙っているが、セビージャのアルゼンチン人DFフェデリコ・ファシオ(1987年)、リヴァープレートのコロンビア人DFエデル・アルヴァレス(1993年)、トッテナムのDFユネス・カブールをリストアップしていると報じています。


Gazzettaによる、夏での3名の選手の動向
マトリは買取オプションなしのレンタルであり、FWは優先順位も低く、ミスも多いので残留の可能性は5%だろう。
アンブロジーニについてクラブは契約更新について沈黙を選んでいる。それはモンテッラ監督との関係が悪化しているからであり、残留確率は25%だろう。
残らない場合はMLSへ行く事になる。
アンデルソンについては、モンテッラ監督は上位に入る為の戦力になると考えているが、移籍金が800万ユーロと高い事もあり、残留の可能性は50%だろうと報じています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ