2014年05月

ニュース色々

Skyのマルケッティ記者
『リバープレートのMFレオネル・バンジョーニは移籍金300万ユーロでイタリアのパスポートを持っている。フィオレンティーナ、リヨンが興味を示している。Bで20ゴールと活躍したババカルにはウディネーゼ(クアドラード)、カリアリ(ロッセンティーニ)が興味を示しているが、ベシクタシュは既に500万ユーロでオファーを出している』

Nazioneによると、ヴェローナのアルゼンチン人FWイトゥルベにはレアル・マドリッド、ローマ、フィオレンティーナが興味を示していると報じています。

Corriereによると、ヴェローナはロムロの買い取りオプションを行使するが、ヴェローナに留まるかは分からないと報じています。

Corriereによると、アンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーは現在中国にいるが、戻り次第ウディネーゼの会長とクアドラードについて話し合いを行うだろうと報じています。

トッテナムのDFキリケシュの代理人
『フィオレンティーナ?私は彼がイングランドに残らないと思っています。トッテナムがフィオレンティーナのサヴィッチに関心を示しており、彼がイタリアに行く可能性がある。彼はイングランドよりイタリアのほうが有っていると思います。直ぐにも適応できると思っています。』

Skyによると、獲得の噂があったDFサムエルはアルゼンチンのラヌースより連絡を受けており、アルゼンチンに戻る可能性があると報じています。

アタランタのGM
『バセッリにはユヴェントスから連絡がありました。ボナヴェントゥーラ?違うトップ・クラブから連絡がありました。』

サンプドリアのDFヴァスコ・レジーニの代理人
『彼は2016年までサンプドリアと契約を結んでいる。ローマ、フィオレンティーナ?幾つかの著名なクラブの噂があるが、彼はサンプドリアの事を考えています。』

FIFA公認代理人コルフェスカ氏
『キリケシュを獲得するのにトッテナムは700万ユーロを費やしました。彼を安く売ることはないと思いますのでフィオレンティーナ行の噂がありますが、ないと思います。タタルサヌ?モンテッラ監督は常に2人のGKを求めており、経験豊富な彼なら問題ないだろう。まだ契約は結んでいないようですが、最大年俸80万ユーロまで上昇する3年契約を結ぶと思っています。』

Goal.comによると、フィオレンティーナはSBの補強を考えており、カタニアのアルゼンチン人DFジーノ・ペルッツィ(カタニアは約450万ユーロを求める)、リバープレートのアルゼンチン人MFレオネル・バンジョーニ(モンテッラ監督は納得しないだろうが・・)、ジェノアのDFルカ・アントニーニを現時点で候補に挙げていると報じています。

獲得の噂があった、ラツィオのMFマウリは1年契約を更新した事を発表しました。

gianlucadimarzio.comによると、1月にもアイディアがあったユヴェントスのFWクアリャレッラの獲得に動く可能性がある、と報じています。
1月の段階ではFWクアリャレッラ本人が移籍を望んでいなかったが、今は状況が変わっており移籍を望んでいる。ユヴェントスは500万ユーロを求めるだろうと報じています。

sportmediasetによると、ニューカッスルのDFサントンにフィオレンティーナ、ミランが興味を示しているが、ニューカッスルは1000万ユーロ以上を求めており、その為、フィオレンティーナは下火に、ミランは500万ユーロ+αでのオファーを考えていると報じています。

獲得の噂のあるニューカッスルのDFサントンの代理人
『フィオレンティーナ?彼がイタリアに戻ることはないと思うよ。ここで素晴らしい経験をしているからね。』

Bildによると、フィオレンティーナは再び、ハンブルガーSVのMFバデリに興味を示していると報じています。


firenzeviola.itによる、ババカルについてのアンケート結果
もう一年レンタルするべき:54%
ゴメスの控えで残すべき:37%
共同保有で放出(共同保有はなくなった):5%
補強の為に犠牲に(完全移籍で):3%

ヴァレロ インタヴュー

ヴァレロ
『クアドラード?
技術もあるが、信じられないほどのスピードを持った選手です。
彼の攻撃的なプレーで多くのゴールを獲得しました。
1対1に非常に強い選手です。
主に右サイドでプレーし、更に成長しました。
サイドで非常にうまく機能するが、汎用性もありそれ以外のポジションでも機能します。
ダニエル・アウベスとの比較?
クアドラードはより攻撃的で古典的な右サイドの選手です。
4バック時、サイドバックでプレーもできるが、より攻撃的なスタイルで今年はプレーしました。
この2年間で多くの成長をし、みんなを驚かせました。
私達に必要不可欠な選手です。
フィオレンティーナのシーズン?
多くの怪我人が出ましたが、EL権を獲得できたことは良かった。』

2013-2014年シーズンの纏めデータ

フィオレンティーナの2013-2014年シーズンの纏め

公式戦55試合:29勝(53%)11分(20%)15負(27%)
最多出場:ゴンサロ・ロドリゲス(48試合)
最多プレー時間:ネット(4410分)
最多招集選手:ロンカリア(53試合)
最多得点選手:ロッシ(17ゴール)
最多アシスト選手:ヴァレロ(9アシスト)
最多警告選手:ゴンサロ・ロドリゲス(15枚)
最多退場選手:ピサーロ(2回)
最多途中出場:マトス(24回)
最多途中交代:ホアキン(17回)
最年少出場選手:カペッツィ(18才7ヶ月)
最年少得点選手:レビッチ(20才3ヶ月)
最多入場者数:トリノ戦(40912名)
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ