2014年06月

ニュース色々

Corriereによると、フィオレンティーナとパートナー・シップを結ぶトゥット・クオイオの監督に、プリマヴェーラのシンプリシオ監督が就任し、カペッツィ、ペトリッチオーネ、エンペレール、ベヌーティを連れて行くだろうと報じています。

ロムロの代理人
『ヴェローナはロムロをフィオレンティーナから買い取らなかった?買い取りについてフィオレンティーナと合意することは難しいといわれました。買い取り金額は350万ユーロ。確かにヴェローナから買い取りのオファーはあったが、満足には程遠い金額でした。ローマ、ユヴェントス?実際に彼を欲しがっている他のクラブがあります。この2チームについて言えることは、私が気に入っているということです。全ては提案されるプロジェクトに依存します。ベンチではなくプレーを望んでいます。慎重にあらゆる可能性を検討しなければいけません
。』

Il Messaggeroによると、次のイタリア代表に若手が多く選ばれ、その中にベルナルデスキもいるだろうと報じています。

Gazzettaによると、モンテレイのDFバサンタの獲得にフィオレンティーナは移籍金300万ユーロの2年契約を提示していると報じています。
この獲得により、サヴィッチの移籍で資金を作るだろうと報じています。
バサンタがツィッターにて
『フィオレンティーナのティフォージからの挨拶に感謝します。まだ、フィオレンティーナに移籍することは明確にはなっていませんが、ティフォージからのサポートに感謝します。私はモンテレイと2015年まで契約を結んでいるが、ヨーロッパに移籍を望んでおり、フィオレンティーナに加わるという話をしています。』

Nazioneによると、最初に放出されるのはホアキンかヴァルガスで、ホアキンにはマラガ、ヴァルガスにはトルコのクラブが興味を示していると報じています。

TMWによると、ラツィオはカリアリにDFアストリ獲得のオファーを出しているが、移籍金に約200万ユーロの差がある。
この差を埋める為に選手を絡ませることを考えているので、いまだポールポジションはラツィオのままだと報じています。

gazzettaによると、レアル・マドリッドのアンチェロッティ監督は2015年で契約が切れるMFケディラを戦力と考えておらず、移籍リストに載せていると報じています。
フィオレンティーナ、イングランドのビッグ・クラブ、バイエルンが興味を示していると報じています。

クアドラード
『私達が決めた、歴史的なゴールに喜んでいます。神に感謝しています。セリエAはイエペス、スニガもプレーする世界でも過酷なリーグであり、アルメロもいます。ピッチで見ることが出来ます。将来?何度も言いましたが、今は代表とワールド・カップの事を考えます。ワールド・カップが終わってから代理人と話をして正しい判断を下します。』

ニュース色々

フィオレンティーナは取締役会を行い、アンドレア・デッラ・ヴァッレ名誉会長、コニーニ会長(CEO)の体制のままで行く事を発表しました。

クアドラードの母親がフィオレンティーナに手紙を書いたことを否定しています。
『私はフィオレンティーナを含む、誰にも手紙を書いていません。息子の将来については代理人とフィオレンティーナが決めます。私は母親ですが、息子の将来に関して口出しすることなく、どこでプレーしようと満足です。』

クアドラード
『3000万ユーロ以上の評価?満足しているが、信じられない気持ちです。だけど、まだこれからであり、真のクアドラードをまだ見せていません。私と私の家族はフィレンツェで上手く行っていますが、ワールド・カップ後に自分の将来について考えます。おとぎ話のようだね。ゴールとアシスト?ほんの始まりにすぎません。モンテッラ監督は偉大な指導者であり、彼の指導のおかげです。数年前まではゴールを期待されていませんでした。成功?まず神に感謝し、この成功を支えてくれた母に捧げます。私の為に祈ってくれています。このワールド・カップが最後だと思ってプレーします。』

SportItaliaによると、クアドラードの代理人が来週にもアーセナルと話をする為にロンドンに飛ぶと報じています。

Shieldsgazette.comによると、フィオレンティーナとサンダーランドの間で、DFディアキテ+金銭とアロンソの移籍の可能性が高まっていると報じています。
Corriereによると、両者の評価額に差が有る事、モンテッラ監督がモエナ・キャンプでの見ることを望んでいるので少なくともモエナ・キャンプ後になるだろうと報じています。

Corriereによると、アタランタのMFボナヴェントゥーラはヴィオラのユニフォームを着ることになるだろう。
ウォルスキーの買い取りオプション付のレンタル(約400万ユーロ)で、買い取りオプション付レンタル(600万ユーロでの事実上の買い取り義務付)での獲得になり、その資金はフェルナンデスかイリチッチの移籍金で賄う事になるだろうと報じています。

アタランタのMFボナヴェントゥーラの代理人
『デッラ・ヴァッレ氏からの興味は本物です。私は移籍が成立すると思います。』

Nazioneによると、イリチッチは900万ユーロで獲得したが、残るかどうかについては多くの疑問があり、ラツィオがDFラドゥ+金銭でのオファーを出していると報じています。

Tuttosportによると、フィオレンティーナはレガプロのセカンド・ディヴィジョンのトゥット・カルチョとパートナーシップを結ぶだろうと報じています。

Corriereによると、取締役会も終わりモエナ・キャンプも近づいているので、数日中にDFヴルサリコ、MFボナヴェントゥーラの獲得を決めるだろうと報じています。

ジェノアのDFヴルサリコの代理人
『長い間フィオレンティーナからの興味?ニュースはありません。クラブ役員と話をしてもいません。サッスオーロからのオファー?興味を持たれているのは知っていますが、クラブに公式のオファーはないと思います。フィオレンティーナに行けば幸せになれる?間違いなくフィオレンティーナに行く事になれば非常に幸せになれます。素晴らしいチームです。今後数週間以内に何かが起こることを期待しています。』

Repubblicaによると、クラブのゴーサインを貰ったプラデSD、マシアTDはカリアリのDFロッセンティーニの獲得を数時間以内にまとめるだろうと報じています。

Gazzettaによると、エンポリがベルナルデスキに強い興味を示しており、最終的にフィオレンティーナを説得するのではないかと報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、プリマヴェーラのFWファッツィにモデナ、クロトーネ、カルピ、トラパーニ、ヴァレーゼが興味を示していると報じています。

tuttolegapro.comによると、カタンツァーロがプリマヴェーラのエンペレール、ファッツィに興味を示していると報じています。

alfredopedulla.comによると、フィオレンティーナはモンテレイ所属のアルゼンチン人DFホセ・バサンタ(1984年)を320万ユーロ、年俸約80万ユーロでオファーを出しているが、モンテレイは400万ユーロを求めている。バサンタ本人はフィオレンティーナにyesと言っているので、フィオレンティーナは交渉に自信を持っていると報じています。
また、複数のメディアが同様の内容を報じており、2015年で契約が切れることもあり獲得は濃厚とも、獲得は決まったとの報道もあります。

マルセイユのMFヴァルブエナの代理人
『彼は2017年までクラブとの契約を残しています。マルセイユはフランスのビッグ・クラブです。だが、移籍の可能性については否定しません。様々なヨーロッパのクラブからの接触があります。』

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『カリアリはDFアストリの放出を望んでおらず、契約更新の準備をしている。』

firenzeviola.itによると、レンタル中のゾホレをブロンビーは保持したいが、新たなニュースがないところを見ると、7月1日にフィオレンティーナに戻ってくるだろうと報じています。

レバークーゼンのDFドナーティの代理人
『彼は素晴らしいシーズンを過ごしましたので、レバークーゼンは彼の移籍を望んでいません。しかし、メルカートにおいて絶対はありません。』

Corriereによると、サンダーランドのDFディアキテとアロンソのトレード、ロンカリアはビジャレアルかアルゼンチンへの帰国、コンパーはヴェローナへ、ヴァルガスはトルコに、ホアキンはスペインへの帰国の可能性があると報じています。

アンドレア・デッラ・ヴァッレオーナー インタヴュー

アンドレ・デッラ・ヴァッレオーナー
『この2年間のサイクルを継続させる。
新たに望んでいた2名の女性を、クラブ経営に参加してもらいます。
他に新しいものはありません。
私はパトロン、コニーニ氏が会長で上手く機能していたので、変更しないことを選択しました。
チーム・マネージャーに女性がいるのは最初のものになる。
グエリーニ氏がいるが、彼はモンテッラ監督のスタッフであり、困難な時代にいてもらいました。
街とのもめごと?
新スタジアムについては、新たな市長と話をし、7月までに直面したい。
クアドラード?
みんな知っていることだが、私は彼を留める為にあらゆる努力を尽くします。
が、難しいだろう。
彼をフィレンツェに残すのは私の最初の目標です。
移籍金は設定されていません。
誰にも話をしていません。
トップグループを整理する必要が有ります。
ロッシ、ゴメスが戻ってきます。それはモチベーションになります。
新たに2名も獲得すれば、このチームはスーパーなものになる。
アバーテ会長?
重要な人物だが、失敗したのなら責任を示す勇気を持たなくてはいけません。
残るのは私たちのサッカーの為に良いことではないだろう。
ピサーロ?
1年の契約更新を考えており、休暇から戻ってきてからになるだろう。
CL?
フィオレンティーナは新たな補強により、より競争力のあるチームになります。
私達の目標は常にトップ6に入ることです。
失敗するシーズンもあります。
ナポリ・ティフォージの死に関しては非常に悲しい。
バロテッリ?
彼だけがワールド・カップの責任を負うのは大きすぎるだろう。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ