2014年12月

ニュース色々

Gazzettaによると、インテルのマンチーニ監督がババカルを気に入っており、夏での獲得の為に注意深く動向を見守っていると報じています。

Gazzettaの記者が、イリチッチとクルティッチのトリノ行きが加速しているとツィート

イリチッチの代理人
『毎日、色々な報道を不思議に思いながら見ているよ。よくもそんな嘘の報道を流しているとね。まだフィオレンティーナと話をしておらず、何処のクラブからの話を拒否したりもしていません。話は年が明けてからします。』

Repubblicaによると、モンテッラ監督はゴメス、ババカルのパートナーとして、ユヴェントスのFWジョヴィンコを気に入っている。1月での移籍なら移籍金は約300万ユーロ。また、コリンチャンスのFWパトに関しては年俸400万ユーロがネックになり、リストから外れている。トリノのFWクアリャレッラに関しては、トリノ側が放出を望んでいません。ウディネーゼのFWムリエルは移籍金が少なくとも1000万ユーロ以上であり、獲得は不可能だろう。可能性としてはパルマのFWカッサーノ、広州桓大のFWジラルディーノ、FWディアマンティ、FWムトゥなどがいる。と報じています。

Corriereによると、今日、コニーニ会長、プラデSD、マシアTDのトップ会談が行われ、ネットのケースを中心に話があるだろう。ネットの父親が話をするためにフィレンツェに来る。クラブは更なる努力をして残留させようとするが、交渉の期日は1月2日、3日までが限界であり、その後はタタルサヌを正GKで行き、代わりの第2GKとして6月に契約が切れるステアウア・ブカレストのリトアニア人GKアルラウスキスの獲得に動くと報じています。

移籍報道が流れた、バサンタの代理人
『バサンタがメキシコに行くことは不可能です。何処からそのような報道が出たのか分かりません。何処のクラブであろうと、彼に興味があるのならフィオレンティーナと話をする必要があります。彼のクラブに尽くしたいという思いが変わっているとは思いません。それに彼は3年の契約を結んでいます。短期間の調整の後、彼はプレーできている。ヨーロッパは彼のプロとしての生長に良いことです。』

Nazioneによると、FWジラルディーノ獲得の噂があるが、彼はモンテッラ監督が求めているタイプではない。それに2年の契約が残っており、年俸150万ユーロはフィオレンティーナが払うに値するだけの選手ではないと報じています。

Tuttosportによると、モンテッラ監督はピサーロの後釜としてジェノアとローマが共同保有しているMFベルトラッチを求めており、ジェノアには共同保有権を売る意思はあると報じています。

ニュース色々

sportmediaset.mediaset.itによると、獲得の噂があったガラタサライのFWパンデフは、1月にイタリアに戻ってくる可能性があり、アタランタ、ジェノアが既に接触しており、数時間前にトリノが接触していると報じています。

La Stampa によると、トリノの中盤の3名、MFノチェリーノ、MFペレス、MFミニョは1月に移籍の可能性があり、フィオレンティーナのクルティッチ、イリチッチとのトレードの噂があります。

マリンの代理人
『マリンはフィオレンティーナのメンバーの一人であり、冬で戻る可能性が噂されているが、断固としてここに残る。』

Gazzetta、Sky等はマリンが1月でチェルシーに戻ると報じていますが、 Firenzeviola.it によると、数日以内にメルカートについての首脳会議が行われ、そこで決まるだろうと報じています。

メキシコのTelevisa Deportesがバサンタがメキシコに戻る準備をしており、クルス・アズルと話をしていると報じていますが、2016年まで契約が残っているし、フィオレンティーナは手放さないだろうと報じています。

gazzetta.itによると、FW陣にけが人が多く、マリンもチェルシーに戻る可能性があるので、代わりの攻撃陣を補強するまでイリチッチの放出はないだろうし、年俸110万ユーロが移籍の足かせになるだろう。

ババカル
『私の目標はもう少しプレーし、フィオレンティーナに残る事です。CL出場は不可能?まだ回復できます。私のゴールで貢献したい。前半戦の中でユヴェントス、ローマは私達より強かった。ELの次の相手?トッテナム。偉大な相手であり、ロンドンは特別な雰囲気を出しています。だが、私達は先に行くし、トロフィーを掲げたい。ヴィオラのチームメイト?ロッシ、ゴメス?冷静さと狡猾さ。ロッシは常にゴールを狙っている。ゴメスは生きる神話だよ。氷が解ければ彼は止められなくなるよ。私はマスコットのように扱われている。いじめだね(笑)。ホアキン、ヴァレロ、ゴンサロあたりにね。夢?中盤でボールを奪い、5人を抜いて、最後にGKも抜いてゴールを決める事です。そう、ユヴェントス相手にね。』

Nazione によると、最近加熱していた、ムリエルのイリチッチのトレードに関して。ウディネーゼのFWムリエルは、夏にクアドラードが出ていく可能性が高いフィオレンティーナに行く事を望んでおらず、ウディネーゼもイリチッチを望んでおらず、交渉にブレーキがかかっていると報じています。

L'Eco di Bergamo によると、MFエスティカビリア、MFライモンディが怪我をしたアタランタがヴァルガスの獲得を考えていると報じています。

オクタヴィオ
『練習では様々なポジションでプレーしました。そのお蔭で多くの事を学びました。今、私は成長し準備が出来ていると思います。ゴメス、クアドラード、アクイラーニ、ピサーロ等から教えを受けとりました。幾つか練習試合では結果を出しました。ヨーロッパでは常にいつ呼ばれてもいいように準備をしておく必要があります。イタリアの戦術は根本的な役割を果たしているし、偉大な進歩を遂げています。クラブは私のプレー内容を称賛してくれました。私の将来については、既に両クラブ、代理人で話をしています。』


フィレンツェのジャーナリスト、サンドレッリ氏
『ゴメスとローマのFWデストロのトレード?フィオレンティーナとしては非常に良い条件であり考慮に値すると思うね。FWジョヴィンコとサヴィッチのトレード?ジョヴィンコは想像力豊かなFWであり、モンテッラ監督に必要な人材だろう。だが、ユヴェントスからの話を受け入れるだろうか?』

Nazione によると、ネットにユヴェントス、ローマが興味を示しているが、それぞれFWジョヴィンコ、MFフロレンツィが交渉に絡む可能性がある。イリチッチにはサンプドリアが興味を示しているが、フィオレンティーナとしてはトリノ(FWクアリャレッラ)、ウディネーゼ(FWムリエル)の可能性を模索したい。また、パレルモのMFバスケスに関して買い取りオプション付きのレンタルのオファーを考えており、パレルモ側は受け入れる可能性がある。また、キエーヴォにヘガジィ、ヤコヴェンコでFWパト獲得に動いている。他ではアタランタのFWデニス、サンパウロのFWパトなどに注目していると報じています。

2015年 夏 契約切れ選手

firenzeviola.itによる、2015年6月で契約が切れる選手

ネット(年俸65万ユーロ)
最も難しい交渉。デッラ・ヴァッレオーナーの言葉によると、ネット側はフィオレンティーナからの最新のオファーを拒否している。ローマ、ユヴェントス、リバプールが興味を示しており、フィオレンティーナは年俸150万ユーロのオファーを出していました。クラブとしては25歳とまだ若く、もう少しクラブに残る事を望んでいる。合意に至らない場合、クラブは1月で移籍させるだろう。

ルパテッリ(年俸10万ユーロ)
3.4番手のGK。シーズン後に契約は更新されるだろう。ロッカールームのまとめ役。

パスクァル(年俸100万ユーロ)
代理人が何処とも連絡を取っておらず、3月からフィオレンティーナと契約延長交渉が始まると発言。
モンテッラ監督はアロンソを優先しており、空気を換える可能性はあるが、本人はフィレンツェに永遠の愛を誓っている。

ピサーロ(年俸70万ユーロ)
フィオレンティーナに不可欠なコンダクター。35歳という年齢ですが、能力に疑いはない。年俸に関してはほぼ合意に達しており、来シーズンも残る可能性は高い。

アクイラーニ(年俸180万ユーロ)
フィオレンティーナの10番は契約を更新しないことを周りの人々に告げたようです。3年契約を望んだが受け入れられず、2年契約のオファーだったのが原因のようです。夏にフリーで移籍する可能性が非常に高いです。

ラッツァーリ(年俸70万ユーロ)
プラデSD、マシアTDは移籍で動いており、幾つか良い反応があるようです。オプションの自動更新を発動させ、1月で移籍させる可能性がある。

ヴァルガス(年俸80万ユーロ)
自信を持って彼は復活しました。しかし、現時点で契約更新の話はありません。彼の契約更新の可能性は50%。ただし、楽観的です。

エル・ハムダウィ(年俸90万ユーロ)
グループ外での時間が多く体重の増加もありました。その後、マラガにレンタル移籍したが、期待外れの内容で戻ってきました。夏に移籍先を探したが、買い取り手がなくグループ外に。契約解除か移籍について話す。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ