2015年03月

ニュース色々

Corriere によると、サヴィッチはサンプドリア戦での復帰に楽観視していいが、パスクァルはこの1週間で評価する必要があると報じています。

Corriere によると、アタランタが夏にピサーロの獲得を考えていると報じています。

ピサーロ
『戻る可能性があるのはチリのサンティアゴ・ワンダラーズだけです。だが、私はフィオレンティーナと年契約が延長されると確信しています。少なくとももう一年は。』

Gazzettaによると、トリノはDFダルミアンに1500万ユーロの値札を付けたと報じています。

Tmwによると、アンデルレヒトのセルビア人FWアレクサンダル・ミトロヴィッチ(1994年)に、ニューカッスル、フィオレンティーナ、ベンフィカ、ローマ等が興味を示していると報じています。

アンデルレヒトのFWミトロヴィッチの代理人
『彼に複数のクラブが興味を示しているが、まだ具体的なものは何もありません。彼の父親と冷静に話をするよ。まずは今のレヴェルを考え、それからビッグクラブに移籍するかを考えます。しかし、アンデルレヒトがCLに出場するのなら、もう一年続ける可能性がある。』

Nazioneによると、ウディネーゼ戦の2ゴールで良い状態を見せているゴメスは、ヨーロッパで大きな関心を示されており、バルセロナ等が注目していると報じています。バルセロナは大型FWを求めており、2016年1月で補強が解禁されるのでゴメス、FWジョレンテなどを候補に挙げているようです。

Firenzeviola.itによると、サラーに関しては既に1年のレンタル延長のオプションを行使しており、本人とも年俸200万ユーロで合意している。更に1500〜1800万ユーロで買い取った場合、サラーとは2018年までの契約で合意しているとも報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナは否定したが、1月にガラタサライのMFジュマイリについて交渉していた。3年の契約が残っており、移籍金は約600万ユーロになるだろう。また、エンポリのMFヴァルデフィオーリをピサーロの後継者としてリストアップしている。ユヴェントスのアッレグリ監督は中盤で複数の役割をこなす事が出来るマティに注目しているが、両クラブ間の事を考えると交渉は難しいだろうと報じています。

モンテッラ監督インタヴュー

モンテッラ監督
『トロフィーを持ち上げてはいませんが重要な勝利を挙げ、私達はこの3年間で驚くべきことを成しました。
今、それをまだ追及する意欲はあります。
その為に余分なリソースが必要だが、今ある中で可能な限り全力を尽くせば、さらに多くの満足を得られると理解しなければいけません。
将来については、非常に明確にし、それを成す為に全ての部分を把握する必要があります。
つまり、3つの大会で戦っており、まだそれを手にする事が出来る。
その為に前進しようとしています。
ディナモ・キエフ?
よく構造化されたチームであり、フィジカルに優れています。
また、環境が特別であり、そこで私達は同等のプレーをしなければいけません。
サラー?
彼は既に国際的に認められている選手です。
だが、期待はしていたが、誰がこれほど決定的な影響を与えてくれると思ったでしょう。
気持ちが良い驚きだったね。
彼の潜在能力は既にバーゼルにて素晴らしいモノを見せており、知ってはいましたが。
ミラン行きの噂?
監督になって上手くゴシップに対応する必要がある事を学びました。
上手くやれば、他と比較されるという事です。
今の所は、ただのゴシップです。
4位?
4位から更に何かを得る為にプレーする事を望みます。』

ニュース色々

Nazioneによると、ネットは4年契約、年俸220万ユーロでユヴェントスと合意したことは誰もが知っているが、サンプドリアへのレンタル行きを拒否し、ユヴェントスでブッフォンの控えとしてベンチを温める事を選んだと報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはルーマニアのビートルルに所属しているMFヤニス・ハジ(1998年)を、6月に約100万ユーロで獲得することを考えていると報じています。

メルカートの専門家のペドゥーラ氏によると、ヴェローナのソリアーノSDのヴェローナでのサイクルは終わりに向かっており、フィオレンティーナ、ナポリが調査していると報じています。

Stadio等複数のメディアが、ババカルが2020年まで契約を延長したと報じています。が、Firenzeviola.itによると現在交渉中であり、重要な動きがある可能性はあるが、まだサインはしていないと報じています。

firenzeviola.itによると、フィオレンティーナの優先順位はババカル、ベルナルデスキの契約更新であり、両名はヴィオラの将来のシンボルにする必要があるり、能力以上の価値がある。一方、ゴメスに関してはシーズン後に放出されるという噂が増えてきており、怪我がちなこともあるが年俸400万ユーロが大きな負担になっている。移籍した場合の代わりとしてFWインモービレを候補に挙げているだろう。補強候補として上がっている、MFアラン、MFフェルナンド、DFダルミアンを加え競争力のレヴェルを高める必要がある。そして、この4月がヴィオラの成長を確認するのに良い試金石になるだろうと報じています。

Nazioneによると、プラデSDは夏にネットの代わりを求めており、ウディネーゼのGKスクフィット、ナポリからエンポリにレンタル中のGKセペ、パルマのGKミランテをリストアップしていると報じています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ