2015年04月

セリエA第33節 Juventus - Fiorentina

Juventus 3 - 2 Fiorentina(セリエA第33節)


Fiorentina
3-5-2

【メンバー】

GK ネット
DF トモヴィッチ/サヴィッチ/バサンタ
CH ホアキン/アクイラーニ/バデリ/フェルナンデス(76分ヴァレロ)/アロンソ
FW ゴメス(72分ジラルディーノ)/サラー(81分イリチッチ)

【ベンチメンバー】
タタルサヌ、リチャーズ、ヴァルガス、ピサーロ、ジラルディーノ、クルティッチ、ディアマンティ、ヴァレロ、パスクァル、ロージ、トモヴィッチ、イリチッチ

Juventus
4-3-1-2

GK ブッフォン
DF リヒトシュタイナー/バルザリ/キエッリーニ/エブラ
CH マルキジオ/ピルロ(56分ヴィダル)/ストラーロ(77分パドイン)
OH ペレイラ(71分オグボンナ)
FW ジョレンテ/テベス

【得点者】
Fiorentina  33分(Pk)ロドリゲス、90分イリチッチ
Juventus   36分ジョレンテ、45+1分70分テベス
  
【警告・退場】
34分ネット、38分ロドリゲス、49分エブラ、76分アクイラーニ、

モンテッラ監督
『幾つかの敗北に値するエピソードは正しくありません。
昨日と比べると、はるかに落ち着いた重要な答えを持ったチームを見ました。
グループとしては満足できたと確信しています。
ヨーロッパ?
まだ開いている。
今日のようなプレーがチームとしての回答だと確信しています。
サラー?
彼は利己的なプレー方法を知っている選手であり、セビージャ戦でどうプレーすればよいかを知っている選手です。
決してビッグゲームで間違えたりはしません。
だた、カリアリやヴェローナ戦のような事がある・・・
私は偉大な事が出来るフィオレンティーナをみました。
多くの目標が有ることが原因?
ユヴェントスに比べるとはるかに少ないよ。
まだ潜在的なものが違うと考えます。
個々のミスがある。』

ユヴェントス戦 招集メンバー

ユヴェントス戦 招集メンバー

GK ネット、タタルサヌ、ロサーティ
DF アロンソ、バサンタ、パスクァル、リチャーズ、ロドリゲス、ロージ、サヴィッチ、トモヴィッチ
MF アクイラーニ、バデリ、フェルナンデス、クルティッチ、ラッツァーリ、ピサーロ、ヴァレロ、ヴァルガス、ディアマンティ、イリチッチ、ホアキン、サラー
FW ベルナルデスキ、ゴメス、ジラルディーノ

ロッシ、レッツェリーニ、ババカルは怪我の為、招集されず。

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ネット
DF サヴィッチ、ロドリゲス、バサンタ
MF ホアキン、アクイラーニ、バデリ、フェルナンデス、アロンソ
FW サラー、ゴメス

モンテッラ監督
『最近の試合?
日曜日の悪い試合に関しては全責任を負います。
私の仕事はバランスとコンデションを整える事、最近では精神的な面もね。
後退?
気にしないでください。
チームが終わりだとは思いません。
チームの状態が良い時でも負ける時は有ります。
評価にもバランスがいると考えています。
26名以上の招集?
撤退させる(笑)
カリアリ戦?
データで見ると、私が見たより多くのコースがあったし、緊張が切れていた。
正しい方法で試合にアプローチ出来ていませんでした。
ロッカールームでの選手の顔も明らかにいつもと違っていた。
最良の方法で準備をしないといけません。
明日?
重要な事を成さないと、アイディンティティを失います。
ユヴェントスも精神面が重要だと示しています。
トリノ戦で負けたりしましたが、CLで素晴らしい結果を出しています。
気持ちの面で期待しています。
コッパ・イタリアでの3-0?
多くの苦みを感じている。
気にしている事?
私は勝ち負け関係なく、あまり自分についての記事は読みません。
試合へのアプローチ?
アプローチの方法は1つではありません。
統計的に私達のプレースタイルを研究し、うまく対処しているチームは常に存在しています。
ディアマンティ?
1人の選手に焦点を当ててはいません。
ロッシの不在?
もちろん、トップチームに彼はいません。
私達はいる選手でチームを引っ張っていきます。』

ニュース色々

プラデSD
『サッカーとはこういうものです。ディナモ・キエフとの信じられないような夜を楽しむ事もあれば、カリアリのような負のパフォーマンスを今日、することもある。本当に申し訳なく思っています。ティフォージの思いを会長、私達も直ぐに共有します。コンパクトで勝ちたいという気持ちを持った健全なグループになる為に、犠牲を払う準備は出来ています。4位の為に。後退している?継続的に後退しているね。3日おきの試合が原因でしょう。何度でも出来るように上手く選手たちを齎したい。このグループはこの3年間、多くのことをしてくれました。だが、まだ忘れてはいけません。今シーズンの重要な目標があるということを。ティフォージからのブーイング?私達はアプローチを間違ったからね。だが、木曜日、このスタジアムは大騒ぎだったし、私たちも其れに手を貸しました。だが、今日は正しいブーイングです。アンドレア・デッラ・ヴァレオーナー?彼はフィオレンティーナを買ってから3億ユーロを投資しました。だから、本当にこの敗戦にはガッカリしています。非常に悲しく思っています。マシア氏?彼は大きな仕事が出来る。ハグして送り出します。ユヴェントスとの試合?非常に複雑な試合になるでしょう。木曜日に私達は大きな仕事をしました。ユヴェントスもモナコと難しい試合をし、精神的に疲れがあったはずです。どうなるか見てみましょう。』


Sport Mediasetによると、ウエスト・ハム、エバートン、ストーク・シティ、サウサンプトンに続いて、アストン・ヴィラがリチャーズに興味を示していると報じています。

Tuttosportによると、フィオレンティーナはシーズン後にアンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーとモンテッラ監督が野望の考えについて同じ意見かどうかを確認するために話し合いをする。来シーズンの刺激と補強の為にプラデSDのリストには、DFダルミアン、DFマリオ・ルイ、DFウルトー、DFズカノヴィッチ、MFヴェルデフィオーリ、MFアラン、MFインレル、MFソリアーノ、MFフェルナンドの名前があり、そして攻撃に関してはロッシに依存すると報じています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ