2015年06月

ニュース色々

フィオレンティーナは、7月18日にモエナでカルピと親善試合をすることを発表しました。

firenzeviola.itによると、ユヴェントスはベルナルデスキ獲得の為、サッスオーロを経由させることを考えていると報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、フィオレンティーナはベルナルデスキの代理人と2週間前に接触して以来連絡を取っていない。ユヴェントスはイタリアサッカー界最高の才能の一人だと評価しており、ザザ、ベラルディ同様、サッスオーロを経由しての獲得を考えている。それだけにフィオレンティーナは素早く交渉を再開させるだけでなく、ババカルの契約更新を締結させベルナルデスキの気分を良くする必要があると報じています。

Skyによると、GKミランテはボローニャ行きで合意し、明日にも発表されるだろうと報じています。

Tuttosportによると、GKストラーリにはフロジノーネ、カリアリ、ボローニャ、フィオレンティーナが興味を示しており、GKストラーリはフィオレンティーナを選び、今日にも公式発表の予定だと報じています。

GazzettaTvによると、降格したカリアリからブラジル人FWジエゴ・ファリアス(1990年)、MFエクダルの2名の獲得に800万ユーロのオファーを出したが、カリアリは1100万ユーロを求めました。数日中に新しいオファーを出すだろう。FWファリアスにはウディネーゼ、サンプドリアが興味を示している。MFエクダルにはフェネルバフチェが魅力的なオファーを出しているが、本人はイタリアに残る事を望んでいると報じています。

Skyによると、ローマとモナコはFWデストロの移籍で合意しました。後は本人の決定次第だと報じています。

FIFA公認代理人のマルトレッリ氏
『バセッリ?フィオレンティーナにとって重要な視点を持った偉大な選手だと思います。多分、ベーラミと両方を獲得するだろう。ザッパコスタ?特別なシーズンでした。良いフィジカルを持っており、特に守備面で改善されました。ボナヴェントゥラ?残念ながらフィオレンティーナに行く事になりませんでしたが、私はフィオレンティーナに行くことに賛成でした。デストロ?彼がフィレンツェに来る場合、ミスをする余裕は無いでしょう。エリア内で強い選手ですが、チームの為にプレーする必要がある。それが出来るのならフィオレンティーナでトッププレーヤーになれる。』

Tempoによると、ラツィオとフィオレンティーナがガラタサライのFWユルマズに興味を示していると報じています。

gianlucadimarzio.comによると、シャフタールのMFフェルナンドにサンプドリアは移籍金800万ユーロを2年の分割で最終オファーを出している。選手とは130万ユーロの4年契約で既に合意していると報じています。

firenzeviola.itによると、ピッチーニにはレンタル移籍していたベティス、エンポリ、ボローニャが興味を示していると報じています。

Fonte:fussballinfos.chによると、ソウザ監督はバーゼルのチェコ人GKトマーシュ・ヴァツリーク(1989年)の獲得を望んでいると報じています。

FWインモービレの代理人
『フィオレンティーナとの接触は有りません。』

Gazzettaによると、リバプールのFWボリーニに、フィオレンティーナ、ラツィオが興味を示しており、ラツィオがポール・ポジションに立っている。移籍金は約700万ユーロになるだろうと報じています。

Nazioneによると、リバプールがFWバロテッリの代わりを探しており、ゴメスに興味を示していると報じています。

gazzetta.itによると、ビッタンテにカルピ、キエーヴォが興味を示していると報じています。

Corriereによると、イリチッチについてボローニャと交渉中であり、ボローニャは600万ユーロの買い取りオプション付のレンタルを求めているが、フィオレンティーナは700万ユーロを求めているが、サラー次第では残すことになる。また年俸も現在110万ユーロであるが70万ユーロまでしか出せず、時間をかけてフィオレンティーナ、イリチッチを説得する必要があると報じています。

Nazioneによると、プラデSDはバルセロナと契約が切れるMFアフェライ(1986年)を獲得するアイディアを持っている。フリーでの獲得で低コストになるが、賭けの要素がある獲得になるだろうと報じています。


ロンカリア
『ジェノアでの私の冒険は終わりに近付いている。この素晴らしいシーズンを決して忘れません。ELに出場できないのは楽しめませんが。クラブは私が求めていた継続してのプレーを与えてくれ、代表に選ばれました。監督と仲間たちに感謝します。契約が切れフィレンツェに戻ります。来シーズンの為にソウザ監督を説得する準備は出来ています。休暇明けから起用する事が出来ます。代理人がクラブと会うだろうが、現時点での私の意志はフィオレンティーナのユニフォームを着て先発出場する事です。』

ニュース色々

フィオレンティーナはロベルト・リーパ氏がクラブ・マネージャに就任し、クラブ・マネージャのヴィンセント・グエリーニ氏が広報担当になった事を発表しました。

ペスカラは、フィオレンティーナががベヌーティのレンタル復帰の権利を行使した事を発表しました。

Mediasetによると、明日、サラーの代理人と会談が行われます。最終的にフィオレンティーナからのオファーに『イエス』と答えるだろうと報じています。

サラーの代理人
『彼がどうなるか1週間以内に解ります。フィオレンティーナに残る可能性は80%だと思っており、そうなること願っています。インテル?強いプレッシャーは有りません。』

Gazzettaによると、サラーは3日以内に返事をするだろう。残る選択をした場合、インテルはちぇるしーのMFクアドラードの獲得に向かうだろうと報じています。
また、サラーが残留を決めた場合、フィオレンティーナはチェルシーが求める1800万ユーロを払い完全移籍で獲得すると報じています。

ピサーロ
『サンティアゴ・ワンダラーズへの復帰?コパ・アメリカの後に将来がどうなるか解るでしょう。今は他の事を考える余裕がありません。』

メンクッチ・マネージャー
『クラブの動きは少し遅いかもしれませんが、モンテッラ監督と私達が築き上げたチームについて、ソウザ監督が把握する必要があったし、彼のアイディアや希望の選手の特性を理解する必要がありました。ソウザ監督の指示によってシーズンを楽しくさせる事が出来る選手を探します。まずはババカル、ベルナルデスキと若い選手について集中しようと思います。ベルナルデスキは2017年に契約が切れるが、最終的に私達の元に残る事になると確信しています。ババカルは時間の問題です。彼が戻って来てサインをするだけです。』

Violanews.comによると、レバークーゼンのDFドナーティはイタリアへの復帰を渇望しており、プラデSDと話をしている。また、トリノのDFダルミアンについてはトリノの要求が高すぎ、可能性は無いだろう。その為、安価で獲得できるバーリのDFサベッリに向かうだろう。2019年までの契約だが評価額は150〜200万ユーロであり、若い才能を考えると重要な支出になり、クラブに影響を与える可能性があると報じています。

ドナーティ
『ドイツという大きなリーグでプレーし、更にCLに出場するという素晴らしい経験をしました。セリエに戻る?イタリアに戻れるのなら幸せでしょう。代表?夢です。フィオレンティーナでコンテ監督にアピール?ヴィオラからの関心は光栄です。素晴らしいプロジェクトを持ったクラブです。行くにはいい場所です。だが、私は話をしていません。今は代理人とプラデSDが話をしている段階です。』

Gazzettaによると、フィオレンティーナはハンブルグのMFベーラミの復帰を考えている。ベーラミは喜んで戻ってくるだろうが、年俸の減額を受け入れる必要があると報じています。
また、Repubblica によると、ソウザ監督はMFベーラミをヴァレロの適切なパートナーとして見ている。移籍金は約500〜600万ユーロであり、本人は年俸を減額を受け入れる準備は出来ていると報じています。

カリアリの副会長
『MFエクダルには国内外から多くの提案が来ている。だから私達は4〜500万ユーロを求めます。』

Nazioneによると、アタランタのMFバセッリの移籍についてはミランがリードしている状況なので、フィオレンティーナは直ぐにも交渉をまとめに掛かると報じています。また、レバークーゼンのDFドナーティは本人がイタリアへの復帰を望んでいるので約300万ユーロでレバークーゼンは手放すだろうと報じています。

アタランタのMFバセッリの代理人
『来週、バセッリについてフィオレンティーナと話をします。ミラン?クラブ間の合意があり、事態の進展に期待しています。』

Corriereによると、マティの代理人がイタリアに来ており、近いうちに契約更新の話をするだろう。2018年まで延長し、現在の年俸100万ユーロに僅かの増額とボーナスが付く。だが、交渉は長いものになることはないだろうと報じています。

Gazzettaによると、ペルージャはロサーティに続いてカペッツィの獲得を狙っていると報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはまだキエーヴォのFWパロスキを諦めておらず、ロンカリアを高尚に絡めての獲得を考えている。パロスキの移籍金は約450万ユーロだと報じられています。

Mediasetによると、フィオレンティーナとボローニャは700万ユーロでイリチッチの移籍について合意した。後は選手間合意だけだと報じています。

ニュース色々

ペルージャはフィオレンティーナが、ファッツィのレンタルの呼び戻し権を行使したと発表しました。

グエリーニ・マネージャー
『サラーは私達のチームに大きな衝撃を与えました。彼を失う事は恥でしょう。私は彼を残す事が出来ると思っています。何故なら、クラブは馬鹿みたいなオファーを出したからだ。其れを受け入れない場合、残らないことは良いことだろう。だが、私はサラーがオファーを受け入れると思っています。此処でこれからも愛されていくでしょう。』

ロッシ
『良い感じでモエナ・キャンプに行く準備が出来ていると感じているよ。今年は怪我が無いようにしないとね。ソウザ監督?まだ話をしていません。フィレンツェに戻ってから話をする事になるだろうね。今はプレーする欲望に従います。』

Gazzetta TVによると、フィオレンティーナはジェノアのフランス人DFセバスティアン・ドゥ・マイオ(1987年)に興味を示していると報じています。

Stadioによると、アタランタのMFバセッリがソウザ監督になって最初の補強になる可能性がある。2018年までの契約だが、アタランタは500万ユーロ+ビッタンテを求めるだろうと報じています。

アタランタのDFザッパコスタ
『プレミアでプレーするのは夢でしょうね。しかし、何が本当なのかは分かりません。だから地に足をつける。だが、私は国外での冒険の準備は出来ていると感じてます。主要な国際的な大会でプレーしたい。自らを証明する為、大きなオファーなら受け入れたい。しかし、現時点では何も知りません。フィオレンティーナ?代理人から複数のクラブの話を聞いたが、具体的な話は有りませんでした。』

Tuttomercatowebによると、クロトーネがプリマヴェーラのザノンをレンタルでの獲得を考えていると報じています。

ナポリのGKセペの代理人
『フィオレンティーナ?具体的な話は何もありません。彼はナポリに戻る事ができて幸せを感じている。後はクラブがどう判断し、彼にプレー機会があるかどうかです。ナポリの決定を待ちます。私達はクラブに敬意を持っている。繰り返し言いますが、現時点で何かを言うには時期尚早ですし、何もありません。』

Footafrica365.frによると、ブルサスポルのナイジェリア人DFタイェ・タイウォ(1985年)はイタリアへの復帰を望んでおり、フィオレンティーナ行きの可能性があると報じています。
Calciomercato.itによると、DFタイウォはブルサスポルから放出されフリーの状況だと報じています。

Marcaによると、DFモントーヤについてバルセロナとインテルは合意に近づいていると報じています。

バルセロナのDFモントーヤの代理人
『今、私達はバルセロナにおり、直ぐにもニュースがあるでしょう。バルセロナに残って幸せならいいのですが、残念ながらそうにはならないでしょう。だからバルセロナに残ることは不可能です。』

ウディネーゼのSD
『アラン?昨シーズンは満足いくものではありませんでしたが、彼を残す為に全力を尽くすよ。ナポリ?彼に本当の関心を示した事は有りません。ナポリからの1200万ユーロというオファーは十分ではないからね。』

Tuttomercatoweb.comによると、プリマヴェーラのマドリガルにペルージャとラティーナがレンタルでの獲得に興味を示していると報じています。

レバークーゼンのDFドナーティの代理人
『フィオレンティーナ行き?単なるメディアの噂ではありません。プラデSDと共に移籍の為に動いている。もちろん、まだメルカートの時間は多くあり、色々な事が起こりうる時期ですけどね。彼は謙虚で素晴らしいチームでプレーする準備が出来ているスマートな選手です。熱意?彼は既にそれを明らかにしています。移籍に向かってね。』

Nazioneによると、ソウザ監督は明確なアイディアを持っており、ゴメスは空気を変える事によって復活する可能性がある。だが、1000万ユーロ以上のオファーが来た場合、喜んで移籍させるだろう。その場合はローマのFWデストロが代わりの候補になると報じています。

Stadioによると、サラーの交渉が終わった後、ババカルの契約(既に終わっている)が2020年までのサインが行われるだろう。その後にベルナルデスキの契約延長交渉を再開させると報じています。

Repubblicaによると、フィオレンティーナはサンパウロのDFラファエル・トロイ(1990年)に注目している。イタリアの国籍を持っているようです。また、SBではレバークーゼンのDFドナーティ、バーリのDFサベッリ(1993年)等、イタリア国籍を持つ若手を探してると報じています。

Gazzettaによると、カリアリのブラジル人FWディエゴ・ファリアス(1990年)、アタランタのDFザッパコスタ、バーゼルのDFジャカ、カリアリのMFエクダル、ウディネーゼのDFファラオーニに関心を示していると報じています。また、マドリガルにはペルージャが、ビッタンテにはカルピ、キエーヴォが関心を示してると報じています。

Corriereによると、2016年まで契約があるロサーティですが、出場機械を求めてペルージャ行きに近づいていると報じています。
その為、メルカートの専門家のペドゥラ氏によると、ナポリのGKセペの獲得に近づいているが、パルマのGKミランテにも接触していると報じています。

bild.deによると、ドルトムントはFWインモービレに1500万ユーロのオファーが来れば受け入れる事を許可したと報じています。

ジャーナリストのブッチオーニ氏
『サラー?ヴィオラの幹部同様、私も楽観視しており、そうなる事を願っています。補強?間違いなくフィジカルの強いCH2名、そして恐らくSB2名。FWは動き次第だが、多分、ババカルの控え。そして、ゴメスをはじめとする多くの放出選手がいます。デッラ・ヴァッレオーナーは今年も勝つ為のチームを望んでいる。現時点でサラーの買い取りがあってもいい。ヴェシーノ?ソウザ監督は彼を評価したいのでキャンプに呼ぶと思います。モンテッラ監督は彼を気に入りませんでしたが、今は監督が変わったからね。サラーの最初のよう今日は350万ユーロであり、フィオレンティーナは250万ユーロ+ボーナスでした。クラブは彼を信じており、満足のいく合意を求めています。ヴァルガス?彼は非常に良い選手であり、再度の高いポジションでの選手としてソウザ監督の計画に加わる可能性がある。イリチッチ?ソウザ監督は彼のカウンター時の動きに興味をそそられています。話をして、ひょっとするとスイッチが入り、何か変化が起こる可能性があるかもしれません。タタルサヌ、サヴィッチ、マティ、ヴァレロ、ババカルはアンタッチャブルです。ゴメス、オカンポスのトレード?サラーが残るのなら、複数のウィングは必要ありません。バセッリ?DFの前のポジションで重要な資質を持っている。サラーに費やす金額?恐らく1月の前の年内に予算を組むべきです。デッラ・ヴァッレオーナーは今年、競争力のあるチームを構築します。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ