2015年07月

ニュース色々

プラデSD
『ベルナルデスキの契約更新を発表できて嬉しいよ。この場で、メルカートについて話はしません。ババカル、ベルナルデスキ、そしてディアカテと契約更新に取り組んでいます。それは一緒に旅を続けていくということです。私たちが育てた選手たちはティフォージに愛され、結びついていきます。それをなぜか理解されません。この3年間、チームは上手くやりました。私たちは強固な基盤を持っているし、更なる上積を考えている。ほんの少しの信頼をお願いします。時間が解決策を見つけてくれるでしょう。ベルナルデスキはフィオレンティーナのこれからの重要な部分です。フィオレンティーナで12年過ごすということは、サッカー選手でも珍しく意味があることです。そして更に5年の契約です。私の契約更新は既に定義されています。』

Skyによると、フィオレンティーナはFWボリエッロの状況について検討していると報じています。

Skyによると、フィオレンティーナはDFアストリと個人合意しました。後はカリアリとの交渉だけだと報じています。
GianlucaDiMarzio.comによると、今日の夜にも話し合いが行われる。フィオレンティーナは既に500万ユーロの買取オプションのレンタルをオファーしていますが、カリアリは700万ユーロを求めているが、両者に歩み寄りの余地はあります。この話し合いが決定的なものに為ってもいいだろうと報じています。

Violanews.comによると、カリアリ側の否定があるが、既にDFアストリの交渉を終えているだろう。
この獲得にソウザ監督も満足しているが、プラデSDはババカルと同じ代理人を持つ、インテルのDFアンドレオッリが引き続きリストにあると報じています。

Mundo Deportivoによると、セルタ・デ・ビゴのDFフォンタスはフィオレンティーナからのオファーを断り、契約更新に向かうだろうと報じています。

TuttoMercatoWeb.comによると、フィオレンティーナはFWサラーのローマ移籍を認める代わりに、500万ユーロかMFリャイッチのレンタルではなく完全移籍を求めている。受け入れられない場合は半年の出場停止を訴えると報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、契約が切れたMFアクイラーニの移籍先はベシクタシュかサンプドリアの一騎打ちになったと報じています。

TMWによると、インテルのDFダンブロージオにはフィオレンティーナだけでなく、国外のクラブからもオファーがあると報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはサヴィッチ、ゴメスと売却したが、イリチッチ(トッテナム、ボローニャ)、アロンソ(ノリッジ)、ホアキン(ベティス)はオファーを拒否し残すことを決めたと報じています。

Nazioneによると、アトレティコ・マドリッドはフィオレンティーナにFWチェルチを提案した。しかし、彼には2016年までミランへのレンタル契約があり、ガッリアーニ副会長のゴー・サインが必要だと報じています。

ベルナルデスキ インタヴュー

ベルナルデスキ
『12年、此処に居り、常にフィオレンティーナがどういうクラブか知っているし、若手に与えることが出来るクラブだということも知っています。
昨年から契約がまだ同意していないときにユヴェントスや他のクラブが背後にあるような報道があり、常に多くの侮辱と噂話をされていました。だが、私はプロとして論争に参加せず、沈黙を守りました。
私はプロジェクトに同意し、フィレンツェに残る事を望んでいたのにね。
私は何時も自分自身を証明したいと考えています。
経済的なことは重要ですが、若い選手は別のことを探します。
昨年、1年のレンタル生活を終え、成長し戻ってきましたが、重要な選手ではありませんでした。
怪我もあり、出場機会を失いました。
今年は、その点を実感し、信頼にこたえたいと思っています。
ババカルと新しいB2?
私もチームメイトも準備は出来ています。
今年は私がフィレンツェのような大舞台でプレーするシーズンであることを願っています。
常にヴィオラのバンディエラを夢見てきましたが、時代と共に多くのことが変わり、それが用意ではないことを知っています。
だけど、そうなれるように努力する必要があります。
ロッシ?
怪我が無ければレアル・マドリッドやバルセロナでプレーしたであろう選手です。
彼のような技術?
最初に私は多くの証明をする必要があります。
ティフォージからの侮辱は好きではありません。
具体的なものは何も無かったのに、皆は噂を信じて色々言いました。
だが、私はそういうものを頭から追いやって、正しいと思うことをなしました。
ソウザ監督?
監督の求めていることは理解は出来ていますが、私が言うことではありません。
モンテッラ監督との違い?
誰であれ、同じ事はありません。
モンテッラ監督の下でも問題ありませんでした。
ソウザ監督の下でも同様です。
背番号10が何を意味するかを知っています。
非常に多くのプレッシャーがあります。
常に多くのカンピオーネが着てきた番号ですから。
だが、それを知って尚、この番号を選びました。
何時もこの誇りを胸に感じ、このユニフォームを纏いたいと思います。
U21代表で、100%の状態ではなかったが、招集してくれた監督に感謝します。
そして、何時も私たちを助けてくれている、デッラ・ヴァッレ・ファミリーに感謝したいと思います。
私は今、若手が結果を出すときだと思っています。
フィオレンティーナは常に若手の分野に多額の投資を行ってきました。
伸びてきている多くのゴールデン・ボーイズがいます。
カペッツィはヴァレーゼで、ファッツィはペルージャでよくやり、準備は出来ています。
偉大なGKになれるレッツェリーニ、ディアカテについては話す必要はないでしょう。
始めてフランキのフィールドに入ったとき、大きな喜びを感じました。
成長させてくれたクロトーネにも感謝をしているが、しかし、同じものではありませんでしたね。
フィレンツェは、多くの喜びと苦痛を与え、暖かく、情熱的です。
ババカルと私は常にこのクラブとティフォージに与えられてきたということを、契約更新前に話しました。
何かを返したいと思っています。』

ゴメス ベシクタシュへ

ベシクタシュは、フィオレンティーナからマリオ・ゴメスを、年俸350万ユーロ、買い取りオプション付きのレンタルで獲得した事を発表しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ