2015年10月

ニュース色々

フィオレンティーナは、ヴェローナ戦で負傷交代をしたアストリが、検査の結果太腿の筋肉痛で在り、復帰まで数日を要する事を発表しました。
これによりフロジノーネ戦は欠場になるようです。

Radio Brunoによると、アロンソはまだ別メニューで練習をしている。また、クバは問題があったが、グループ練習に参加していると報じています。
gazzetta.itによると、アロンソは少なくともベンチには戻ってくる。アストリはフロジノーネ戦は無理で、クバ、カリニッチも連戦の為、スターティング・メンバーではないだろうと報じています。

ポーランド代表は11月13日、17日の親善試合にクバを招集しました。

ナルデッリ市長
『地に足を付ける必要があるが、決定的な大きな一歩がありました。メルカフィールの開放の認可が下りました。クリスマスまでに手順を開始します。春には全体的な事を提示できると信じています。今、フィレンツェは新スタジアムを提示しているチームの中で、最も先進的である必要があります。私は野菜市場のニーズを理解しており、メルカフィールに対して最大限の敬意を払います。自治体は所有者と直接交渉を開始します。2016年は全てのカードを配置する年になります。メルカフィールとスタジアムの両方はティフォージ以外にも影響を与える公共の作品になります。フランキは好きですが、30年に出来た建物です。私達にとって新しいスタジアムは近代化されている都市への挑戦です。私達の構造は余りにも古く、2017年のスタジアムに向けての準備を開始する年になるでしょう。多くのティフォージの熱意がチームに示されている事に感謝します。』

ASによると、マティと家族はフィレンツェで幸せだが、出場機会の低下の為、契約延長を保留している。現在、ロシアの複数のクラブがオファーの準備をしていると報じています。
Tuttomercatoweb.comによると、メキシコのUNAMがマティに興味を示しているとの噂があるが、合意には至らないだろう。マティはフィレンツェで幸せであり、価値を見せ出場機会を増やす事を望んでいる。マティは監督を説得する為にフィジカルの調子が上がっているのを待っていると報じています。

グエリーニ・マネージャー
『誕生日?
有難う。
今後?
私は監督としては7〜8年前に最終的な選択をしました。が、まだ現在サッカーに成れる事は出来ます。22歳という早期にサッカーをやめる事になったが、サッカー選手の夢、CL、アッズリーニと全ての目標を達成しています。
モンテッラ監督、ソウザ監督?
モンテッラ監督と続けていく事を望んでいたが、ソウザ監督が見つかった事は十分幸運でした。今年からクラブ内での役割を変更しました。フィオレンティーナは幾つかの驚きを与える事が出来ます。ナポリ、ローマとの2戦を良い結果で終える事が出来ていれば、このグループがスクテッドについて言ったとしても、誰も何も言わなかったはずです。
カリニッチ?
信じられないほどの動きですね。これが今シーズンの本当の啓示となります。
ロッシ?
順調に回復させる必要があります。直ぐにフィット感を得るでしょう。彼が帰ってくれば、フィオレンティーナの武器になります。ババカル、ベルナルデスキはヴィオラの若手の成長の一例です。』

ベルナルデスキ
『素晴らしいシーズンで、1位にもなった?
私にとって初めての順位です。私はそれに値すると思います。私達は強いチームであり、例え容易ではないとしても首位の為に戦う事に値します。それは嬉しい事です。
監督との関係?
監督は多くの事を要求します。約束と決意。また、監督はチームメイトの為にも広範囲の動きと犠牲をストライカーにも求めます。全ての試合の全ての状況において、勝利への飢えを要求します。私はそれを良いと感じているし、正しい道だと思います。個人的な視点からゴール前でのプレーと多くのゴールを決めれられる事を願っていますが、私はとても幸せを感じており、良い感じです。
アントニョーニ、バッジョの10番?
私の部屋にはシェフチェンコとトッティのポスターを張っていました。サッカーの歴史に名を残した人々。10番を選択する事は簡単ではありませんでした。フィレンツェでは、また偉大な歴史を持っています。私はその理由の為に選びました。私はこのユニフォームで歴史に名を残したいと考えていますし、そうなるよう願っています。フィオレンティーナのユニフォームを着る事は非常に強い感情で在り、私がやってきた事は私の誇りになります。そして、それが他の人の誇りになるよう何時も願っています。』

ニュース色々

太腿を傷め途中交代したアストリは、明日検査を受けるようです。

パスクァル
『チームの意志が勝つという事に対して上手く行きました。悪い結果の後、非常に良い反応をしました。困難な試合でしたけど。私?問題ありません。チームと私がうまくプレーする事が出来、90分出場できたことに勇気づけられます。ソウザ監督の怒り?監督は私の一定の動きに関して助言を与えるように試みました。それは普通の事です。彼は選手同様、全域を見ています。順位?それを見るべきではありません。私達は今、それについて考えない方がよい。私達は目標を設定せずに楽天的なのが、私達の強さです。上手くやる事を続けていき、偉大なチームである事を示さなければいけません。ナポリ、ローマに負けた事?熱意はその2連敗の後、衰えたかもしれませんが、私達は直ぐに反応を見せました。1-0?ゴールに恵まれました。カリニッチは相手DFを困らせる事が出来、スペースを突くのがうまい。カリニッチは最初から非常にチームに与えました。私達は偉大なグループで在り、誰もがプレーする為に何かを犠牲にします。私がプレーした時のフィオレンティーナが強い?5月に見てみましょう。』

ヴェシーノ
『敗北の後、再び勝つ為に重要な結果でした。私達は良い結果を求め、それを成したが、これを継続していくことが重要です。私の成長?それは私次第です。全てが上手く行っています。信頼し自信を与えてくれた監督に感謝します。私達の目標?今、私達は上位におり、私達は結果に連続性を与える為に素晴らしい日曜日にしなければいけません。』

ロッシ
『3連敗の後、必要にしていた3ポイントは非常に重要でした。私達は戦い、素晴らしいチームであることが判明しました。スクテッドについて話はしませんが、制限は有りません。1試合ごとについて考えます。此処までの道のりに非常に満足しています。私はチームに多くを与える事が出来ます。』

セリエA第10節 Verona - Fiorentina

Verona 0 - 2 Fiorentina(セリエA第10節)


Fiorentina
3-4-2-1

【メンバー】

GK タタルサヌ
DF ロンカリア/ロドリゲス/アストリ(80分トモヴィッチ)
CH ブワシュチコフスキ(52分ベルナルデスキ)/ヴァレロ/ヴェシーノ/パスクァル
OH イリチッチ/カリニッチ
FW ロッシ(60分バデリ)

【ベンチメンバー】
レッツェリーニ、セペ、トモヴィッチ、バデリ、ベルナルデスキ、フェルナンデス、スアレス、ベルドゥ、レビッチ、ババカル

Verona
4-3-3

GK ゴリン
DF ピサーノ/マルケス/モラス/スプレイエン
CH ロニータ(64分シリガルディ)/マツザレム(83分チェッキーニ)/グレコ
FW サーラ(69分ザッカーニ)/ゴメス/ヤンコヴィッチ

【得点者】
Fiorentina   25分O・G、57分カリニッチ
Verona     
 
【警告・退場】
16分ピサーノ、30分グレコ、37分ヴァレロ、39分マツザレム、50分ロッシ、71分ゴメス、90分スプレイエン

ソウザ監督
『今日は非常にうまく試合を管理し、私は嬉しい。
私達の野心は何処が相手でも、自分たちのプレーをし、ボールを持って勝つ為にチャンスを作り、強さとプレーのアイディアを見せる事です。
今日は、それは成功し、私達は勝ち点3を得ました。
気象条件が悪く、タフな試合の中、一貫性を見せました。
ロッシは最初からプレーをし、良い試合をしました。
彼の最高の状態に近づける為に取り組んでいます。』

ハイライト


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ