2015年12月

ニュース色々

Gazzetta によると、フィオレンティーナの中盤の補強はアタランタのMFアルベルト・グラッシ(1995年)に変わったと報じています。

Gazzettaによると、フィオレンティーナは長い間、ベンフィカのDFリサンドロ・ロペスを求めているが、ベンフィカが負傷中のDFルイゾンの代わりの選手を見つけれておらず、交渉は困難なものになっていると報じています。

Corriereによると、ベンフィカのDFリサンドロ・ロペスに関して本人もフィオレンティーナ行きを望んでおり、まだ獲得可能な候補だと報じています。

Skyによると、フィオレンティーナはウィングの補強としてアンデルレヒト所属のホンジュラス人FWアンディ・ナハル(1993年)に興味を示している。移籍金は約500万ユーロと手ごろであり、アーセナル等も興味を示していると報じて居ます。

ESPNによると、フィオレンティーナはマルセイユのMFオカンポスに再び興味を示している。レンタルでの獲得を考えていると報じています。

violanews.comによると、ナポリからの関心が伝えられているヴェシーノに、アトレティコ・マドリッドも興味を示している。しかし、フィオレンティーナは冬に重要な選手を売ることを望んでいないと報じています。

エンポリの会長
『トネッリ?ローマ、ナポリから接触があったが、1月での移籍は断りました。リーグ戦での彼の活躍に感謝しているよ。偉大なチームでプレーする準備は出来ている?はい。彼は既に人格や性格を備えており、ミスをしたとしても苦しむことは無いでしょう。』

Repubblicaによると、ローマのサラーの代理人はFIFAに1月15日まで判決の延期を求め、其れが了承されたと報じています。

ニュース色々

Repubblicaによると、フィオレンティーナはサイド・アタッカンテを探しており、アタランタのMFアレハンドロ・ゴメスの他に、アトレティコ・マドリッドのベルギーMFフェレイラ・カラスコ(1993年)に注目している。MFカラスコは1500万ユーロで夏に加入したので簡単な交渉にはならないだろうが、将来性も加味してフィオレンティーナは2000万ユーロまでなら交渉可能だと報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはサンプドリアのMFロベルト・ソリアーノ(1991年)をスアレスの代わりとして獲得を考えている。サンプドリアは1000万ユーロと評価しており、ロッシとのレンタル・トレードや、パスクァルを絡めての交渉の可能性がある。また、マティにも興味をもたれており、フィオレンティーナはロッシの代わりとしてFWムリエルを求める可能性もあるが、サンプドリアはババカルを求めるだろうから、ソウザ監督の判断次第だと報じています。

Nazione によると、フィオレンティーナはエンポリのDFトネッリ、チェゼーナのMFセンシに興味を示しており、夏での獲得目標にしていると報じています。

Corriereによると、フィオレンティーナはマティ、トモヴィッチ、アロンソとは契約更新の準備が整っているが、パスクァル、ロンカリアとは更新する気が無いと報じています。

Nazioneによると、ロッシの代わりとしてミランからモナコにレンタル中のFWエル・シャーラウィを考えている。モナコの買い取り金額は1300万ユーロといわれており、代表に復帰したいFWエル・シャーラウィはイタリアに戻ることを考え居る。だが、最大の障害は年俸であると報じています。他にはウディネーゼのDFヴィドマー、FWテレオ等にも興味を示していると報じています。

Nazioneによると、DFの補強候補として、ベンフィカのDFリサンドロ・ロペスの他に、ミランのDFメクセスは依然として残っており、インテルのDFヴィディッチ、DFドドーの名前があると報じています。

SEASON'S GREETINGS FROM VIOLACHANNEL

ウォルスキー インタヴュー

ウォルスキー
『ベルギーでのシーズン?
全てが非常によく、私は満足しています。
監督は私を常スターターとしてプレーさせてくれました。
私はプレーする事が好きですが、それが簡単では無い事も理解しています。
いずれにせよ、私は此処で良い感じです。
此処数カ月、フィオレンティーナから?
全ての試合で非常に慎重に見てください。
フィオレンティーナはトップグループが非常に多く変わっており、新しい監督になりました。
だから、ここまで強くなるとは思っていませんでした。
より多くの困難な時期を過ごすと思っていました。
チームの積極性に驚かされました。
チーム・メイトの為に非常に満足しています。
ヴィオラの幹部と話をした?
いいえ。直接話はしていません。
多分、代理人は話をしたと思います。
フィレンツェでは誰と仲が良かった?
全てではありませんが、主に若手達と。
特にババカル、レッツェリーニとは仲が良かった。
ベルギーで約2年過ごした後はフィオレンティーナに復帰するのが夢?
確かに、そうしたいと思っています。
だが、まだベルギーで残り6ヶ月あります。
フィレンツェに戻り、ヴィオラのユニフォームを着てプレーをしたい。
私は戻って監督を説得したい。
同胞のクバがフィオレンティーナに行きましたが?
正直、期待していませんでした。
だが、彼とティフォージのために驚きがあり、非常に素晴らしいものになりました。
彼は真のカンピオーネです。
彼は良いスタートを切りましたが、最近、悪いことに怪我に悩まされています。
だが、彼は良い状態で戻ってくるでしょう。
一緒にプレー?
もちろん、それは夢です。
ポーランドサッカーにとって肯定的なものになるでしょう。
私はフィレンツェに戻りたいと思っているし、夏にどうなるか見てみましょう。』

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ