2016年01月

ジェノア戦 招集メンバー

ジェノア戦 招集メンバー

GK レッツェリーニ、セペ、タタルサヌ
DF アロンソ、アストリ、ジルベルト、パスクァル、ロドリゲス、ロンカリア、トモヴィッチ
MF ベルナルデスキ、ブワシュチコフスキ、ヴァレロ、コスタ、フェルナンデス、イリチッチ、テージョ、ヴェシーノ、ベルドゥ
FW ババカル、カリニッチ、サラテ

バデリが怪我の為、招集されず。

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-4-1-2

GK タタルサヌ
DF ロンカリア、ロドリゲス、アストリ
MF ベルナルデスキ、ヴェシーノ、ヴァレロ、パスクァル
OH イリチッチ
FW カリニッチ、ババカル


ソウザ監督
『DFが来ない事が明日の試合より懸念?
明日の試合の方が心配です。クラブに仕事をしてもらう事を必要としながら、私は自らの考えを持って仕事をします。
マンマナが来ない?
失望も驚きもありません。今、私は今いる選手達について焦点を当てているからです。ジェノア戦全体を考えています。明日の試合は、精神的、フィジカル的に強さが求められる。選手達は多くの強さを見せました。だが非常に厳しい試合になるだろうが、私は3ポイントを持って帰りたいと思っている。
DFの優先順位?
居ないからと言って泣いても何も変わりません。その状況に合わせてステップアップして行かなくてはいけません。再度、状況の説明は私に必要貼りません。私は私の仕事をし、特定のレヴェルで争えると信じて待つ事です。
良いサイン?
良い強度と非常によく練習されている。明日はその両方を持って複雑性を克服し、グループを競争力のあるチームに持って行きたいと思っています。
テージョ?
彼は非常に重要なプロファイルです。非常に速い選手であり、深さを作り相手を困らせ、チームメイトの為にスペースを作れる。
DFが来たら?
私はバランスを見つけることができるが、そうでないのなら、別の選択肢を見つける必要があります。
ババカル?
彼は先週に継続性を見せています。
メルカートの後に変更?
中盤のラインを変更する可能性はあるが、常にフォームの変更を行えるよう複数のバリエーションを試してみます。
その為にも選手達は吸収する必要があります。それからです。
夢を見続ける?
もちろん。此処で依頼されたプロジェクトを私はいつも最大限にプッシュします。
ベルナルデスキとテージョ?
ベルナルデスキはサイドも出来るように取り組んできました。まだ改善する事ができます。テージョは純粋なサイドの選手であり、ベルナルデスキはそうではない。テージョはより直線的であり、ベルナルデスキは中に入る傾向にある。テージョはすでにポルトで守備をしました。それは此処でも必要です。
コスタ?
新規加入者のプロフィールを理解します。数か月、彼はボールに触れていませんでした。今、彼は問題を抱えてはいません。徐々に出場機会を増やしたいと思ってる。
アロンソ?
今週、私達と一緒に練習をしました。プレーする準備は出来ています。
スアレス?
適応に問題がありました。私は彼の力になる事ができませんでした。』

ニュース色々

リバープレートの会長
『DFマンマナの交渉は一度は合意に達しました。フィオレンティーナのような重要なクラブがこの様な茶番を演じるとは。真実を伝えなければいけません。私達は1000万ユーロを求め、フィオレンティーナは900万ユーロまで出して来て合意に達しました。だが、最後の夜に彼らは300万ユーロのオファーを出して来ました。』

DFマンマナの交渉の為にアルゼンチンに向かっていたアンジェローニTDがイタリアに向かったようです。

firenzeviola.itによると、フィオレンティーナはソウザ監督の為にDFを探しており、明日のジェノア戦の時にDFドゥ・マイオ(レンタル料100万ユーロ、400万ユーロの買取オプション)、DFイッツォについて話する。だが、まだ極秘だが新たなミスターXに賭ける準備ができていると報じています。

Corriereによると、DFの補強の優先はジェノアのDFドゥ・マイオだが、逃した場合、バレンシアのポルトガル人DFルーベン・ヴェゾ(1994年)の獲得に全力を尽くすだろうと報じています。

レッツェリーニの代理人
『フィオレンティーナは彼に焦点を当てたプロジェクトをしています。ソウザ監督は彼にセリエAデビューをさせ満足感を与えました。1月に移籍する事は生産的ではなく6月まではフィオレンティーナに残ります。タタルサヌ、セペがいるので、経験を得る為に出て行く事は避けられません。』

Nazioneによると、ジルベルトがフィオレンティーナに残る可能性は低く、ベレネンセスに行く可能性が高いだろうと報じています。

スアレス マトス 移籍

ワトフォードはフィオレンティーナから、2020年までの契約の完全移籍でスアレスを獲得した事を発表しました。

ウディネーゼはフィオレンティーナから、2020年までの契約の完全移籍でマトスを獲得した事を発表しました。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ