2016年02月

ソウザ監督 試合前会見

ソウザ監督
『チームの状態は良い。トッテナム戦の前に問題を抱えていたヴァレロも回復している。
他チームのプレッシャー?
順位の上位に居るチームは義務を持っており、それは正しい事です。
が、私達は絶好のチャンスをものにし、此処にいます。そして、上手くやって行きたい。
トッテナム戦の敗北への反応?
何時も道理の熱意を持って最善を尽くし戦います。私たちのアイデンティティとプレーを続けて上位に留まりたい。
CL?
私達は3位を達成させたい気持ちを隠した事はありません。今週、私達は立場を強化する絶好のチャンスを持っています。
ローマ?
新監督は選手たちに自信と自覚を齎しています。彼らは私たちより休みが長くなり、私たちに対応するための準備の時間が取れます。私達は彼らに対する挑戦について考える時間は少ないね。
トッテナム?
私たちにも後半の開始直後に同点にするチャンスはあったが、2-0の後はね。彼らは非常に強いチームである事を示していますが、トッテナムが2点目を決めるまでは、ファースト・レグでも見せたように私達にも良いところはありました。
ナポリ、ローマの連戦は決定的なもの?
結果が重大なものになりますが、ローマとの試合で終わるわけではありません。私達はリーグ戦を通じて素晴らしいパフォーマンスをフィールドで見せようとしています。それを今までのように、続けていかなければなりません。
2つの重要な試合がありますが、明日の試合は感情的な観点から非常に厳しい試合になるでしょう。私達は最初に比べて多くのチャンスを持っているし、それを最大限に利用できるよう願っているし、それが大きな課題であると思っています。
ナポリ、フィオレンティーナはELで敗退した?
ナポリには多くのプレッシャーがあり、明日の試合で勝つ義務を持っている。私達は幾つかの試合で運に恵まれる事は無かったが、此の順位に居ます。此の順位を得るのにチームが示した野心と勇気を、此の試合でも見てみたい。
明日は同様のスタイルのチームが戦う事になるが、彼らは非常に良い守備をしているので、勝子とは用意では無いでしょう。その為に、私達は多くのチャンスを作る必要があります。
イグアイン?
彼は特別な選手である事を証明しています。あらゆる方法で得点を取ることができ、世界で最高の一人になるでしょう。だが、私達は選手此処に対して守るのではありませんので、彼だけに注目する事張りません。
ナポリ、ローマと連戦だが、間隔が短い?
既に回復の時間が短いと述べている。
サッリ監督?
偉大な監督であり、彼は短時間でチームにアイデンティティを与える事に成功しています。
プレッシャー?
それは正しいもので無ければなりません。私達は最善を尽くし、争うのに絶好のチャンスです。私達は常にそれをもってプレーし、維持する必要があります。
ロナウドとの夕食?
彼は非常に成熟しているように見えました。彼はサッカーのシンボルの一人であり、最大限に表現するためにどうすれば良いかを知っています。彼はサッカー界についてどうすればよいか(学校でのスポーツ指導等のプロジェクト)を話をしてくれました。
バデリ?
最高の状態です。アタランタ、トッテナムに対してよいプレーをしました。バデリが明日の試合で最高を与えると確信しています。』

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-2-3-1

GK タタルサヌ
DF ロンカリア、ロドリゲス、アストリ、アロンソ
CH バデリ、ヴェシーノ
OH テージョ、ヴァレロ、ベルナルデスキ
FW カリニッチ

ニュース色々

Gazzettaによると、2015-2016年度のセリエA放映権の分配金について合意がありました。最終的に18チームが賛成で、パレルモ、キエーヴォが反対票を投じました。
昨シーズンの80900万ユーロから、1.2億ユーロに増え、セリエBに降格するチームへの増額が決まりました。各クラブに平等に40%を分配し、残りの60%を順位と視聴率で分けるようです。
6大クラブ(ユヴェントス、ミラン、インテル、ローマ、ナポリ、フィオレンティーナ)と残り14クラブとの間で妥協点を話し合っていたようです。

ロッシの代理人
『スペインでの彼の冒険はうまくいっている。非常にリーガを知っているし、適応に問題はありませんでした。彼はプレーがしたかったので、スペインに行きました。だが、継続してフィオレンティーナと接点を持っている。彼らは状況を評価する為に派遣したようです。ヨーロッパ?少し少ないと感じ、失望を感じました。リーグでもヨーロッパでも上手くやり結果を出す必要があります。主な彼の目標はレバンテを降格から救う事です。ロッシはフィオレンティーナの選手であり、正しく両方のクラブとリンクしている。私はナポリ、ローマと連戦が続く事を知っています。』


セペの代理人
『ナポリ戦に向けて彼が召集されることは難しいでしょう。私は彼がナポリに戻って、長年にわたってナポリのGKになると思います。』

alfredopedulla.comによると、パリ・サンジェルマンのGKシリグの契約は2018年まで残っているが、夏には出ていくことになるだろう。フィオレンティーナにはタタルサヌがいるが、クラブはGKシリグを高く評価している。セペがナポリに戻るのでGKが1名必要になると報じて居ます。

Gazzetta によると、セペの件もあり、フィオレンティーナは信頼性のあるGKを求めている。次のシーズンの為に既にアタランタのGKスポルティエッロ(1992年)に連絡をとっていると報じています。

Tuttomercatoweb.comによると、チェルシーに就任濃厚なコンテ監督はベルナルデスキを連れていくことを望んでいると報じています。

ウォルスキー
『私はサッカーをプレーする方法を忘れて居ない事を証明したい。国外での私の冒険では、ほとんどをベンチで過ごしていました。私はもっとプレーがしたい。新しい場所でチャンスがある事を願っています。』


コニーニ会長
『勝つ事はサッカーにおいて最も重要な議題である。ELの敗退は、サッカーの現実よりも高い壁に直面していることを認識する必要があります。しかし、私達は全てで戦う事が出来ることを月曜日に示したいと思います。私達は目標の達成の為に努めています。3位は最も近いですが、私達は私達の全力を持って大きな朝鮮の為に、野心を持ってプレーしていきます。上手くやって知識を持ち、全ての試合でプレーできると信じなければなりません。ベルナルデスキ?彼は私達のもとで育った選手であり、遺産です。その為、長期間にわたって彼を頼りにしたい。TV放映権?フィオレンティーナはイタリアのリーグで6大チームを構築するチームです。スタジアム?官僚とフィオレンティーナにはまだ時間があります。土地の所有者であるメルカフィール。私達はこのプロジェクトをあきらめません。全てのフィオレンティーナ・ティフォージの為に出来るだけ早く、新しい家を持つことができるよう、私達は懸命に働きます。』

EL ベスト32第2戦Tottenham Hotspur - Fiorentina

Tottenham Hotspur 3(4-1)0 Fiorentina(ELベスト32第2戦)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK タタルサヌ
DF トモヴィッチ/ロドリゲス/アストリ/アロンソ
CH ヴェシーノ/バデリ(82分フェルナンデス)/ヴァレロ(74分ブラシュチコフスキ)
FW ベルナルデスキ/カリニッチ/イリチッチ(61分サラテ)

【ベンチメンバー】
レッツェリーニ、サタリーノ、サラテ、フェルナンデス、ブワシュチコフスキ、パスクァル、ババカル


Tottenham
4-2-3-1

GK ロリス
DF トリッピアー/アルデルワイレルト/ヴィマー/デイヴィス
CH ダイアー/メイソン(88分ウィンクス)
OH エリクセン/アリ(85分ベンタレブ)/ラメラ(76分オノマー)
FW シャドリ

【得点者】
Fiorentina    
Tottenham  25分メイソン、63分ラメラ、81分O・G
 
【警告・退場】
17分ヴィマー、38分トリッピアー、45分トモヴィッチ、61分アロンソ、78分アリ、90分デイヴィス

【スタッツ】
Tottenham-------Fiorentina
22---ファール---7
8---コーナー----4
6 ---枠内シュート---3
2 ---枠外シュート---5
2 ---オフサイド---0
47--ボール支配率--53

ソウザ監督
『失望?
この大会を進むにつれて相手が強く成っており、トッテナムは非常によくやっているチームです。非常に失望しているが、1失点までは良くやっていけた。2−0の後は相手が非常に優位に立ちました。ラメラのゴールが決まった時間帯は私達はボールを使ってプレーできていません。
次のリーグ戦?
ナポリもELから敗退したことを考えると、このカップ戦は非常に難しい大会だというシグナルです。アタランタに対する勝利により、私達は今後数週間の自信を得ることを可能にしましたが、ELで・・180分の戦いにおいて、私達は特にフィレンツェで多くの事をやる事が出来たと思います。今、私達はリーグ戦でのナポリに対して、素晴らしいパフォーマンスをする為に回復する必要があります。
イリチッチが交代時に怒っていた?
私は何も見ていません。
クオリティの不足?
チームがやっている時間が多いと、多くのクオリティを擁していなければいけません。1−0の後、幾つかの状況で試合のペースを支配する事ができませんでした。ゴール前で良いだけでなく、サイドでもそうする必要がありました。私達の対戦相手は、試合内容も高度で、フィジカルも非常に強かった。
この敗北後の反応?
ここ、ロンドンまで来てくれたティフォージが、誇れるようにしなければいけません。私達がやる全てを信じ、継続性を与えなければいけません。そして、勝利の文化を得る必要があります。
トッテナムはELで最強のチームの一つであり、そのチーム相手に全力を尽くしたので選手たちには満足しています。
3位?
ナポリに対して最高の状態でプレーしたい。偉大な試合を提供したい。プレシーズンでビッグチーム相手に対したように。
選手たちは自らの能力、試合後に試合の意識を持って、より積極的なサッカーを提案し、勝利の文化構築しなければいけません。』

ハイライト

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ