2016年04月

ソウザ監督 試合前会見

ソウザ監督
『明日の試合の危険性?
キエーヴォはリーグで偉大な事をなしています。彼らは実質的に永遠の原則を得ています。第1戦では私達も相手も、なにも譲る事なく素晴らしい試合をしました。これは同様の戦術的発展の試合になるだろう。彼らにはパロスキが欠けているが、試合のアイディアは同じです。
将来?
常に戦術的構造に非常に誠実でした。決して劣化してはいません。既に様々な企業の様々なスポーツモデルについて話をしました。私は自ら評価、分析をして自らのアイディアにしています。
5位?
成熟している事を証明する為のチャンスです。私達は私達の限界を超えていく事が出来ると示す事が出来ます。私達は私達の考え方を改善する為に、試合で成長する必要があります。勝てない場合でも、勝者のメンタリティを創る事は出来ます。常に全ての試合において、勝とうとする必要があります。
プリマヴェーラ、施設?
若い選手たちには、若いゆえに多くの問題は複雑だったと思います。その為にも彼らにはファースト・チームと同様のチームに触れ、多くの事を学ぶ為に施設を必要とします。
順位がこれからのシーズンに影響を与える?
多くの影響を与えます。それは破壊し新鮮さを持って新たなシーズンの良いスタートの為の休息に役立ちます。7月の予備予選があれば、回復の時間が短くなります。
内部文化?
ティフォージは常に歴史の中で自らの愛情を示しています。私はティフォージに、フィールドで見せているものを識別できるようにしたいと思います。だから、選手たちにお願いをします。私達が行うと決めたことから、遠く離れる事ないように継続的に仕事をしなければなりません。任意の外部からの影響は、成長し続ける為に良いものだとみなされるべきです。
浮き沈みのあるシーズンですが、5位が論理的結果であると判断しているか?
私の最初のステップの勝利は、選手たちの個人的な成長と戦術です。その結果がこれです。私達は競争する事が出来るという期待を調達しています。その後、シーズンに影響を与える多くの要因がある事を知っています。明日は、困難な時期の成長に対するチャンスでもあります。私、スタッフ、選手にとってもね。
ユヴェントス、ミランのコッパ・イタリア決勝?
アッレグリ監督は良くやっています。クラブの歴史である、精神的に下落させることなく最終的に文化を教えてきました。ミランは偉大な試合と賭けをするだろうが、ユヴェントスは決して間違ったアプローチをしないでしょう。
グアルディオラ監督、シメオネ監督?
勝つためにはいくつかの方法があります。意図的で魅力的な試合を設定する方法も、選手たちに依存します。攻撃的な中でも守備的でも。シメオネ監督の守備に対するスタイルは、革新的ではなく基本的だが、非常に近代的です。
失われたポイント?
全ては私達がチームを扱っている瞬間に依存します。クラブ内のすべての作業は、正しく状況を創り、シーズンを通して高いレヴェルを維持する必要があります。
レスター?
ティフォージも試合の方法に関しても、大きな文化の違いがあります。錬金術があったとしても、普通にプレミアで勝つには苦労します。導く為に結果に連続性を与える事を続けています。
イリチッチ、ヴェシーノ?
ヴェシーノは、まだプレーする準備は出来ていません。イリチッチは練習に参加できている。』


予想メンバー
3-4-2-1

GK タタルサヌ
DF トモヴィッチ、ロドリゲス、アストリ
CH テージョ、ヴァレロ、バデリ、アロンソ
OH ベルナルデスキ、イリチッチ
FW カリニッチ

ニュース色々

イタリアU-17代表にMFミリターリ、FWゴリが招集されました。

Sport.esによると、フィオレンティーナはテージョの買取を決定したが、800万ユーロの買取金額が問題であり値下げを求める話し合いを数日以内にするだろうと報じています。
また、firenzeviola.itによると、フィオレンティーナはテージョの維持を望んでいるが、夏はDFの補強に移籍金を廻すので、バルセロナにテージョのレンタル延長を求める可能性がある。だが、基本としてソウザ監督の続投が条件になるだろうと報じています。

Corriereによると、デッラ・ヴァッレオーナーの獲得目標として、パリ・サンジェルマンのGKシリグ、ヴェローナのMFヴィヴィアーニ、ウディネーゼからペスカラにレンタル中のMFヴェッレ、サウサンプトンのFWペッレ、サッスオーロのMFミッシローリの5名を挙げています。

amkspor.sozcu.com.tr によると、ベシクタシュにレンタル移籍したゴメスの買取期限は4月22日に設定されていたが、5月9日まで延長されたと報じています。

calciomercato.comによると、フィオレンティーナはここ数か月、サントスのFWガビゴルを追っているが、4500〜5000万ユーロの値札が付いている。可能性のあるのはバルセロナ、レアル・マドリッドであり、両チームともこの2年間、監視を続けている。彼がイタリアに渡るのは夢物語であると報じています。

Stadioによると、延期されていたサラーの問題の最終決定は5月15日に下される。それ以上遅れる事は無い。ゴメスはトルコに残る意思がないので、一旦、フィレンツェに戻ります。だが、彼の優先順位ではないので、フィオレンティーナはユーロの後に1100万ユーロ以上のオファーがあれば移籍させるだろう。ロッシについてはレバンテは残したいと考えているが経済的に困難な話であり、ヴィオラに戻る。フィオレンティーナなフリーでの移籍を避けるために契約更新について話をするだろう。ただ、ビジャレアル等からオファーがなければだが。と報じています。


メンクッチ取締役
『フィオレンティーナ・ウーマン?チャンピオンズ圏内で、先週の結果に感謝しています。2位が目標です。ヴェローナとの最終戦に全てを賭けます。フィオレンティーナの組織への復帰?私はフィオレンティーナで仕事ができる事に満足しています。私がこのクラブの重要な部分を成長させ続ける為にトップと協力します。フルタイムの会長は時々、普通のクラブ事業と比較し、数値を見る事があります。サッカーでは特別な何かをしなければならない。過去数年間で、私達はピッチ内外で強力なチームを創る事が出来ました。私達は敗北に泣き、勝利に喜ぶ必要があります。アンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーは企業家であり、フルタイムでの会長としての活動が難しい。現在のフィオレンティーナ?言われているように、考え方や計画について改善するように指示が出ています。クラブの売却については根拠のない噂です。心配する必要はありません。フィオレンティーナは素晴らしい監督がおり、そのまま継続するべきです。私の意見としては、ソウザ監督は素晴らしい仕事をしており、フィオレンティーナに残ります。何が起こるかわかりませんが、ソウザ監督とオーナーとの会談があります。』

ニュース色々

フィオレンティーナは、プリマヴェーラのGKジャコモ・サタリーノとプロ契約を結んだ事を発表しました。

イタリアU-20代表に、カペッツィ、ベヌーティの2名が召集されました。

Tuttomercatoweb.comによると、フィオレンティーナはソウザ監督の後釜候補として、クロトーネのステッローネ監督をリストアップしている。他にはジャンパオロ監督、マラン監督、ピオッリ監督等もリストにあると報じています。

firenzeviola.itによると、ヴェシーノ、イリチッチは別メニューで練習している。土曜の試合に間に合う可能性はあると報じています。

Repubblicaによると、イリチッチは単純な疲労であり、キエーヴォ戦への出場は問題はない。また、イリチッチには多くのオファーがあり、フィオレンティーナは1500万ユーロ前後で移籍を認めるだろう。現在、ドルトムント、レスターからのオファーについて考えているが、代理人は契約更新を考えていると報じています。

Nazioneによると、ベティスと正式に契約を解除したマシア氏は、ヴィオラとリスペクトしあう関係にあり、正式にフリーになった今、ヴィオラのへの復帰の可能性はあると報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはソウザ監督次第だが、イリチッチとババカルへのオファーについて話を聞く準備は出来ている。GKに関してはタタルサヌは残る可能性が高いが、GKシリグの獲得のうわさはジョークの範囲ではないと報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはレンタル加入している、コスタ、コネ、ベナルアンを返却し、ロンカリア、パスクァルとの契約は延長しないだろう。またトモヴィッチも放出の可能性がある。その為、エンポリとDFトネッリ、DFマリオ・ルイについて話し合っていると報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはバルセロナとテージョの買取について、アンデルレヒトとMFプラーテの移籍について接触している。また、サッスオーロのMFミッシローニに関して数週間前から調査を始めている。間もなく判断が下されるだろうと報じています。

Repubblicaによると、フィオレンティーナは永遠のティーン・エイジャー。美しい物を求めて、組織などを捨てている。その為、成長しなければいけない事はわかっているが、成長しない。興奮し、波に乗ると想像以上のサッカーをするが、ミスを犯すとそれを活用する方法を知らない。ソウザ監督はそのチームに多様性を常に求めてきた。それをクラブに訴えており、一致が見られないので将来の監督がいまだに決定されていないと報じてます。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ