2016年05月

ニュース色々

フィオレンティーナはコルヴィーノ氏がゼネラル・ディレクターに就任した事を発表しました。
フィオレンティーナ
『ACFフィオレンティーナは、パンタレオ・コルヴィーノ氏がフィレンツェにテクニカル部門のゼネラル・ディレクターとして復帰について合意に達した事を発表します。2005年から2015年までの繋がりに完全に満足しています。2年契約を結び、新たに専門家として強化の先頭に立ちます。技術、経験、コルヴィーノ氏の専門家としてのクオリティを頼りにフィオレンティーナはまず、チームに一定の基準に持っていく事、若手部門の補強をすることは確かです。フィオレンティーナは満足と成功の豊かなシーズンの為に、彼の素晴らしい仕事を希望します。コルヴィーノ氏の復帰を歓迎します。』



Tgr Rai Toscanaによると、フィオレンティーナの夢はルイ・コスタSDですが、事実上不可能です。コルヴィーノGDは復帰後に年俸総額を下げつつ、ヨーロッパ大会に出場できるチームを維持する事になる。攻撃陣ではゴメスは残ることなく、カリニッチは移籍金をねん出する為に放出される可能性がある。その代わりとして南米勢のFWガビゴル、FWカレッリを狙っていると報じています。

Ottopagine.itによると、アヴェッリーノがファッツィのレンタルでの獲得に近付いていると報じています。

Nazioneによると、フィオレンティーナはユーロ前にカリアリからアストリを500万ユーロで完全移籍させ、本人とは2021年まで契約を結ぶだろうと報じています。

Nazioneによると、クリスタル・パレルは、コルヴィーノGDの復帰とともにババカル獲得に動くだろう。フィオレンティーナは1200万ユーロ以上を求めるが、クリスタル・パレスは約1000万ユーロで獲得を考えていると報じています。
また、コルヴィーノGDはボローニャ時代に獲得に動いたイリチッチを売却ではなく、契約更新に動く。アロンソ、ヴェシーノの様に契約解除要綱が盛り込まれるだろう。もし契約延長がされない場合、レスター、リバプール、トッテナム、ドルトムントが獲得に動くだろうと報じています。

Nazioneによると、獲得の噂があるジェノアはFWパヴォレッティのフィオレンティーナ行きの可能性は遠のき、ミラン、ラツィオが興味を示していると報じています。

バデリ
『私の将来?私にもまだ解りません。だた、私個人はフィオレンティーナに残るのが良いです。しかし、サッカーでは何が起こるかわかりません。』

バデリの代理人
『SDが決まっていない時に話をしたので、今の所、彼の将来については何もわかりません。今週末までに話をしたいと思っているが、急いではいません。フィオレンティーナは契約更新を求めているが、それは難しい物になる。移籍か延長か?どちらの可能性もある。私の考え?バデリに見合う話でない場合、ふさわしい物を要求します。それは非常に難しいだろうが、その場合、サインはされるでしょう。ナポリ?何も知りません。ローマ、インテル等、全てはイタリアのメディアが報じたものです。フィオレンティーナが移籍を考えているのなら、この夏に行う必要があります。そうでなくても1、2年の間に出ていく事になると思います。』

Gazzettaによると、ローマのMFリャイッチはコルヴィーノGDの復帰とともにフィレンツェに戻る可能性が高い。2017年までの契約だが、完全移籍での獲得は難しく、レンタルでの獲得になるだろうと報じています。

Tuttosportによると、ソウザ監督がこの一年求めたDFの獲得。DFリサンドロ・ロペスとDFバルトラ。DFバルトラについては1年前まで契約解除要綱が4000万ユーロだったが、今は800万ユーロに設定されている。トッテナム等との獲得争いになると報じています。

Gazzettaによると、ベナルアンがフィオレンティーナから2月、3月、4月分の給料の支払いがないことにより、セリエの仲裁委員会に訴える手続きを開始した。フィオレンティーナは来シーズン、2ポイント・マイナスのペナルティを受ける可能性があると報じています。

ニュース色々

Sport.esによると、バルセロナのDFバルトラは4000万ユーロの契約解除要綱があるが、契約が2017年までなので約800万ユーロで移籍する事が出来るだろう。フィオレンティーナがバルセロナの選手を獲得するには良い時期だと報じています。

アストリの代理人
『彼はヴィオラで一番良い時期を迎えます。更新?形式的なものです。パスクァルの言葉に喜んでいます。また、キャプテンマークを巻く日もあるでしょう。アストリは彼の様なキャリアになる事を願っています。代表?呼ばれる事を望んでいるが、そうでなくても素晴らしいシーズンのままです。ソウザ監督?ピンチをチャンスに変える事が出来る。』

ANSAによると、ラツィオとジェノアの会長が取引について話し合いを行っており、FWパヴォレッティはラツィオ行きに近付いていると報じています。

O Jogoによると、ウディネーゼのMFブルーノ・フェルナンデスは飛躍を望んでおり、クラブを離れることを望んでいる。サンプドリア、サッスオーロ、トリノ、フィオレンティーナが興味を示していると報じています。

gianlucadimarzio.comによると、ナポリとヴェシーノの代理人が接触したと報じています。

Nazioneによると、ナポリはヴェシーノ獲得の為に、交渉にFWガッビアディーニ、MFヴァルデフィオーリを絡めることで話し合いを始めたいと思っていると報じています。

ロッシの代理人
『レバンテが買取をする事はないと思っています。クラブはコルヴィーノSDの戻り等、クラブレヴェルで変化がある。ロッシを再評価する必要があります。契約更新?話はありません。多くは当事者の意思に依存します。彼には何の問題もありません。彼らが彼を残そうとするか。ラツィオ、サンプドリア、国外?現時点では噂でしかありません。だが、扉を閉ざしたりはしません。』

アンデルレヒトのSD
『セビージャは3年間、彼に興味を示していました。その間、40回は話をしました。彼はまだアンデルレヒトと契約があります。選手とセビージャが合意しているが、クラブとの合意を見つける必要があります。それはまだです。セビージャが彼を望むのなら、より多くのお金を払わなければなりません。』

Radio Bluによると、フィオレンティーナはアンデルレヒトのMFプラートの代理人である父親に、将来の保証をしないという悪いアプローチをした。コルヴィーノSDもボローニャで彼に興味を示していたが、彼には十分な資金がありませんでした。MFプラートの移籍金は高いままだと報じています。

Sunによると、フィオレンティーナはセルティックのオーストラリア人MFトム・ロギッチ(1992年)に興味を示しており、オーストラリアとイングランドの親善試合にスカウトを派遣していたと報じています。

Corriereによると、コルヴィーノSDが気に入っている事もあり、ソウザ監督はモエナ・キャンプでベヌーティを評価するだろうと報じています。

Nazioneによると、コルヴィーノSDは就任後にまず、ゴメスという厄介な問題に取り組まなくてはならないと報じています。

Corriereによると、クロトーネで成長したカペッツィはフィオレンティーナからの連絡を待っている。クロトーネは来シーズンも残したいと思っており、買取オプションの行使、レンタルの延長の手段を持っていると報じています。

Gazzettaによると、ローマがGKシチェスニーを残す事が出来た場合、ローマは新たに獲得したGKアリソンをフィオレンティーナにレンタル移籍させる可能性があると報じています。

ロッシ代理人 インタヴュー

ロッシの代理人
『レバンテ?
彼はレバンテで継続性を見つけました。この4カ月は良い物でした。彼はゴールとフィットネスを見つける事が出来ました。振り返ってみるとこれは正しい選択でした。
レバンテは買取る?
私はレバンテがロッシを買い取る事はないと思っています。もし買い取った場合でも、買戻しをするでしょう。
将来?
フィオレンティーナからのニュースはありません。今、何かを考えてもいません。クラブが適当だと感じた時、一緒になって解決策を見つける事になるでしょう。
コルヴィーノSDの復帰?
彼とは良好な関係を持っています。
ソウザ監督の選択で将来は変わる?
監督は関係ありません。前年はあの時期の状態を見ての選択です。そして、私達は1月にチームを変える事を選択しました。私が彼の将来に指示を出す事はありません。私達はフィレンツェに残る為に技術的な保護があるかどうかについて新しいSDと話をする必要があります。
彼の目標?
全ての選手の様に彼はプレーがしたい。私の意見では何のロジックもありません。プレーする条件がそろっているのに半年前の様な状態になるのなら、私達は直ぐにも移動します。
ラツィオ?
何も接触はありません。
プランデッリ監督との関係?
何が起こったかを知っているのは橋の下の水だけです。私達は必要に応じて全ての話を評価します。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ