2016年11月

ペレスの叔父のウーゴ・ペレス インタヴュー

トップチームでデヴューしたペレスの伯父で元アメリカ代表MFウーゴ・ペレス
『インテル戦を全部見ていた?
はい。もちろん、私は全部を見ていました。最初の20分はクオリティがなく、大胆なインテルに苦しみました。10人になり、引き分けることが困難になりました。
ソウザ監督が自信をくれた?
監督はサッカーの目利きがあります。あの時点で彼を入れるのは試合を知っている監督からのサインです。そうすることで、彼に強い自信のシグナルを与えています。そのような選択をするのは勇気がいることです。しかし、監督はキャリアの中で他の選手をデヴューさせています。
家族はこのデヴューを期待していた?
いいえ。デヴューが出来るということを期待していませんでした(笑)。テージョは良くはなかったが、問題はありませんでした。家族の運命はイタリアにあります。私は1984年のイタリア戦の0−0の親善試合で代表デヴューしましたから。
プロとしてデヴューした数分間をどう評価する?
良い影響を与えました。この2週間、トップチームに加わり継続的に取り組んでいます。今、彼の目標はそこに永い間残ることです。そうできるという事を監督に示さなければなりません。
どう感じたか?
エンポリ戦に召集された数日前に話をしました。彼に実現したのなら、その時を楽しみ快適に感じられるようにと言いました。
オンとオフ?
永い間、イタリアに住んでいましたし、プロサッカー選手としての資質をDNAに持っています。常にハードワークし、全ての点において成熟しなければなりません。フィールドでは足でボールを巧みに操り、ドリブルをするのを気に入っています。チームの為に犠牲を払うことを知っており、ベルナルデスキをモデルにしています。
彼に何を望む?
幸運と楽しむことを。私は伯父としてだけでなく、アメリカU-14、U-15で彼を指導しました。献身的に練習しており、その結果が見え始めています。』


セリエA第13節 Inter - Fiorentina

Inter 4 - 2 Fiorentina(セリエA第13節)


Fiorentina
4-2-3-1

【メンバー】

GK タタルサヌ
DF サルセド/ロドリゲス/アストリ/ミリッチ(46分トモヴィッチ)
CH バデリ/ヴァレロ
OH テージョ(75分ペレス)/イリチッチ/ベルナルデスキ(65分キエーザ)
FW カリニッチ

【ベンチメンバー】
レッツェリーニ、ドラゴフスキ、ドゥ・マイオ、サンチェス、サラテ、ヴェシーノ、オリヴェイラ、クリストフォロ、キエーザ、ペレス、ババカル、トモヴィッチ

Inter
4-2-3-1

GK ハンダノビッチ
DF ダンブロージオ/ラノッキア/ミランダ/アンサルディ
CH ブロゾビッチ/コンドグビア(46分マリオ)
OH カンドレーヴァ(79分エデル)/バネガ(69分メロ)/ペシリッチ
FW イカルディ

【得点者】
Fiorentina  37分カリニッチ、62分イリチッチ
Inter    3分ブロゾビッチ、9分カンドレーヴァ、19分90+1分イカルディ
 
【警告・退場】
39分コンドグビア、41分サルセド、45+1分(RED)ロドリゲス、55分ブロゾビッチ、58分ミランダ、76分メロ、82分バデリ、83分アンサルディ、83分ヴァレロ

【スタッツ】
Inter -------Fiorentina
28---ファール---15
7 ---コーナー----2
10---枠内シュート---6
5---枠外シュート---4
1---オフサイド---3
48--ボール支配率--52


ソウザ監督
『逆転する為に、クオリティと個性を見せた選手たちを非常に誇りに思っています。
審判?
試合が終わった後に話す事はありません。私達は試合全体を通して良くやりました。チームの姿勢に喜んでいます。
野望?
私達は素晴らしいパフォーマンスをし、最良の結果を得ようと全ての試合を戦っています。逆転する為にゴールを決めました。色々な対戦相手がおり、全てのチームとの試合が困難だと考えています。私達がミスを犯せば、直ぐに失点します。選手たちは勝つ為に一緒に戦ってきます。私が着手した練習方法が上手くいく事を願っています。インテルにおめでとうを言うよ。素晴らしい試合をしました。
ティフォージとの関係?
私達はサッカーの事について話をしました。』

ハイライト


インテル戦 招集メンバー

インテル戦 招集メンバー

GK ドラゴフスキ、レッツェリーニ、タタルサヌ
DF アストリ、ドゥ・マイオ、ミリッチ、オリヴェイラ、ロドリゲス、サルセド、トモヴィッチ
MF バデリ、ベルナルデスキ、キエーザ、クリストフォロ、イリチッチ、サンチェス、テージョ、ヴァレロ、ヴェシーノ
FW カリニッチ、ババカル、ペレス、サラテ

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-2-3-1

GK タタルサヌ
DF トモヴィッチ、ロドリゲス、アストリ、ミリッチ
CH バデリ、ヴァレロ
OH テージョ、イリチッチ、ベルナルデスキ
FW カリニッチ


コルヴィーノGD
『普通、私が監督の前に発言することはありません。そういう特定の状況を避けたいので仕事を分割しているのです。クラブは、ELとリーグで目標を達成する為に従事しています。今、彼らは硬さ、謙虚さ、自信を提供しています。フィオレンティーナが他の監督について考えていると、根拠のない噂が有りまs。ソウザ監督はクラブから尊敬を信頼を得ています。私達はヴィオラのユニフォームに密接になる必要が有ります。私達はサッカーについて話をすべきであり、他の事に気を取られるべきではありません。』


ソウザ監督
『私の仕事はチームに焦点を当ててする仕事です。私は勝つ為に全力を尽くしたいと思います。このような状況を経験したことはありません。
危険を感じている?
私達がプレーする全ての試合で危険を感じています。このような状況が選手たちに影響を与えないことを願っています。
インテル?
ピオリ監督はチームに異なる事をもたらします。インテルを良く見ましたが、選手たちは状況を改善しようと向かってくると確信しています。
昨年の勝利は大きな成果でした。インテルは自らの能力と信念を持って、もっと速さを持ってクオリティ同様の力を見せるでしょう。
明日の試合?
ユヴェントスに勝つ為に管理されたチームは、個人、集団としてのクオリティを持っています。テクニカル面を変更しているので、以前はなかった新機能をもっているでしょう。それは試合を支配することを可能にしています。だが、私達はそれを許可することはできません。ゴールの為にも20回はチャンスを。多くの時間、試合を支配したいので、足元にボールを持って守る必要が有ります。良い連続性を与えたい。
私の将来?
私は自らを制御し、集中していきます。私達はフィオレンティーナを良くしたいのです。
インテルは最も失望させたチーム?
インテルについて話をしたくありません。私達は私達の試合について考えます。
横断幕(ソウザは独善的であり、すぐに辞めるだろう。ソウザ監督は私達を鬱にさせる)?
私は初日から、フィオレンティーナの利益の為に働いてきました。全ての試合で勝つ為に、全てをフィレンツェの誇りの為に全力を尽くす為に。最高の状態で仕事をしたいのです。』

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ