2016年12月

ニュース色々

フィオレンティーナは市議会に、新スタジアムのプロジェクトが実現可能かを調査する書類を提出しました。約4万席のスタジアムを中心とした施設のプロジェクトです。

ペッラ市議会議員
『昨日、フィオレンティーナから新スタジアムの設計について書類の提出がありました。2017年の最初の2週間で分析を始めます。その後、プロジェクトを議論する会議が開かれます。会議の期間は120日まであり、その後、公表されるでしょう。2019年にはメルカフィールの移動に伴い建設工事が始まるでしょう。2021年には最初の試合が行わることになるでしょう。』

グレミオのMFワラセの代理人
『5輪があったので夏の移籍は無かったが、私はワラセのグレミオでの時間は終わったと信じています。良いオファーがあれば交渉をします。』

【tuttocagliari.net】フィオレンティーナはドラゴフスキをレンタルに出し、代わりにタタルサヌの控えとしてカリアリのGKストラーリを狙っている。

【Ole】フィオレンティーナで出場機会がないトレドについて、べレスは呼び戻すことを考えている。

ベティスのDFピッチーニの代理人
『フィオレンティーナに戻る?いいえ。彼はベティスに残ります。フィオレンティーナは買い戻すオプションを持っているが、彼は現時点でそれを強制されることを望んでいません。ここ数週間で幾つかのイタリアのクラブから接触がありましたが、少なくとも次の期間まではベティスのままです。』

バデリの代理人
『バデリに興味を持つ複数のクラブについて話しましたが、具体的なものはありません。1月3〜4日まで大きなニュースがないと信じています。現時点でインテルとミランは完全移籍に伴う1200〜1500万ユーロを払う事が出来ないと思います。正式なオファーがあればフィオレンティーナはバデリを必ず売るだろうし、そうでないのなら夏まで残ります。しかし、彼の契約を延長することはほとんど不可能です。』


【Tuttomercatoweb.comの記者】
カリニッチはFWロナウドではありません。金の卵を産むこともない。彼に来ている4000万ユーロのオファーをフィオレンティーナが断ることは間違いです。FFPがあるのでヨーロッパのクラブが彼の獲得にそれだけのオファーを出すことはありません。4000万ユーロあれば、2トップとほかの補強もできる。4000万ユーロの価値がある選手としても、FFPで市場に変化があり、現実は悲しいものです。チームを解決するには4000万ユーロは大きな資金です。

【fiorentina.itの記者】
1月にカリニッチを手放すことはシーズンの終わりを意味します。彼はソウザ監督の本当に重要な選手であり、手放すのなら既に代わりの案件がなければなりません。だが、フィオレンティーナに準備はできていません。同党レヴェルの代わりの選手を獲得するには2500〜3000万ユーロが必要になります。カリニッチはお金に誘惑されるべきではありません。中国は予測不可能な市場です。カリニッチはサッカーの表舞台から消えるにはまだ早い選手です。後、2〜3年後に同等のオファーがあると確信しています。テベスは既に多くを獲得しており、キャリアも下降しているので比べるのは間違っている。

ニュース色々

【Nazione】ゴンサロの代理人とフィオレンティーナの間で現在、話し合いは行われておらず、次回の会談予定も今の処ありません。フィオレンティーナからのオファーは明確であり、現在の年俸から25%の減額での1年延長のオプション付き。代理人は現在、イタリアでのほかのクラブ(ミラン)等の可能性を模索している。

【Repubblica】現在最も可能性の高いシナリオは、カリニッチが中国からのオファーを拒否し、フィオレンティーナに残る事です。となれば、5000万ユーロの収入はなく、補強のアイディアは夏に先送りされる。サラテが移籍するのなら、代わりにサイドの選手を獲得するだろう。ぺスカラのDFザンパーノの可能性がある。また、カリニッチが移籍するのなら、インテルのFWヨヴェティッチ、ナポリのFWガッビアディーニのどちらかが代わりに加入する。また、ウディネーゼのDFウィドマーかトリノのDFザッパコスタのどちらかを獲得する可能性がある。

【Corriere】4000万ユーロでカリニッチが中国に行った場合、コルヴィーノGDはアトレティコ・ナシオナウのコロンビア人FWミゲル・ボルハ(1993年)の獲得に向かうだろう。

【 Foot-sur7】パリ・サンジェルマンが、ベルナルデスキの移籍金について問い合わせをした。

【Nazione】パリ・サンジェルマンから問い合わせがあったベルナルデスキが移籍する場合、移籍金は約6500万ユーロになるだろう。

【Gazzetta】インテルは若返りとイタリア化のために大型投資をする準備をしており、次のインテルのシンボルとしてベルナルデスキ、FWベラルディを狙っている。この交渉は難しいものになるだろうが、インテルのオーナーとデッラ・ヴァッレオーナーは最初の接触は終わらせている。ヴィオラの意思よりも、ベルナルデスキの意思が最大の決定力を持っているだろう。

【Tuttosport 】ベルナルデスキに関して既にチェルシーが動いている。他にはパリ・サンジェルマン、バイエルン、バルセロナ、インテル、ユヴェントス等が興味を示している。

【Corriere】ベルナルデスキは直ぐにもフィレンツェに戻ってきて、コルヴィーノGDと2020年までの契約延長の話し合いをするだろう。年俸は100万ユーロのままで1億ユーロの解約条項が盛り込まれる。難しい話し合いになるだろうが、不可能ではありません。

【Firenze.it 】12月31日の理事会で新スタジアムについての最終案が出され、計画は市に引き渡されるだろう。

【Nazione】カリニッチが5000万ユーロで、バデリが約1200万ユーロで移籍した場合、6200万ユーロという記録的な補強費を手にすることになる。コルヴィーノGDは宝さがしに奔走することになる。

【Nazione】天津からの4000万ユーロのオファーは確認されている。だが、カリニッチにヨーロッパを離れる意思がないので、代理人はウエスト・ハムと接触をした。しかし、代理人はウエスト・ハムとの接触を否定し続けています。

【Gazzetta】バデリにインテルとミランが興味を示しているが、フィオレンティーナが求める1200万ユーロの半分以下の500〜600万ユーロのオファーを出している。その為、取引には至っていません。また、ソウザ監督が戦術の主要な選手と考えているので、シーズン中に失うことを望んでいません。

【 gianlucadimarzio.com】フィオレンティーナとローマは、ジェノアのMFラクサルトを狙っている。

アントニョーニ インタヴュー

アントニョーニ
『レストランに行く時等、路上で家族の様に歓迎されます。私にとって人生の愛を取り戻すようなものです。だが、それまでが容易ではありませんでした。例えば、いつも一緒にいる事が出来ない女性に満たされるだろうか?
ベルナルデスキ?
ナポリ戦での得点は、私の代表でのギリシャ戦を思い出させました。
誰と似ている?
ロッベンのシュートのパワーと正確さを持っています。しかし、彼はより中央でのポジションで司令塔としてもプレーできます。ラツィオ戦でキャプテン・マークを巻いた彼を見る事が出来た事は素晴らしかったです。
フィオレンティーナの歴史の中でもうひとつの大きな10番。キエーザもナポリ戦で素晴らしかった。キエーザは今シーズンの啓示です。
キエーザは私にカウジオを連想させます。パワー、ドリブル、繊細な足。そして非常に若ですね。ソウザは彼にスペースを与え、彼は良くやりました。全ての監督がそのような勇気を持っているわけではありません。この意味で10番に値するもう一人の監督はミハイロヴィッチです。
私はアンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーの情熱を感じました。彼は本当のティフォージです。私達が最初にあった会議以来、私は家族のように感じました。私は助ける準備が出来ていますが、私に奇跡を要求しないでください。
フィオレンティーナがリーグ戦で勝つ為の全てを持っていると思います。新スタジアム、クラブ施設と飛躍を作るチャンスが有るでしょう。私はアンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーとコニーニ会長がそれを出来ると確信しています。
ソウザ監督の判断?
現代的な監督であり、彼は用意し上手くやっています。しかし、監督が結果に対処する必要が有ることは明らかです。それはモウリーニョ監督であろうと、ソウザ監督だろうと適用されます。
コルヴィーノは大きなモチベーションをもってフィレンツェに戻ってきました。
彼は少ない予算でも、面白い選手をもたらします。
カリニッチに5000万ユーロの契約解除金の価値が有るか?
確かに。彼はゴールを作り、チームの為に動きます。全ての監督が好むストライカーです。
ヴァレロ?
ヴィオラの若手にとって完璧な模範です。
フィオレンティーナの目標?
6位?そして、コッパ・イタリアとELで上に行く事が出来ます。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ