2017年03月

ニュース色々

【Radio Bruno Toscana】フィオレンティーナは日曜のボローニャ戦に向けて準備しているが、ベルナルデスキは足首の問題に苦しんでおり、別メニューで練習をしている。


【Corriere】イタリア・サッカー協会はベントゥーラ代表監督からの求めにより、9月2日のスペイン戦に万全の態勢で臨む為に、セリエ開幕を8月13日に前倒しすることを検討している。


サッスオーロの会長
『オーナーの意思に反する決定をすることはありません。監督と一緒に続けることもできます。ディ・フランチェスコ監督が他のクラブと会議?ディ・フランチェスコ監督は誰とでも会う事が出来ます。何も決まっている事はありません。彼はサッスオーロの監督であり、トップチームの練習について考えている。私は彼に残ってほしいと思っているが、彼には残る事とステップアップすることの選択肢が有る。彼が求めるのなら、私達は彼が喜ぶ方を願います。フィオレンティーナと私達の関係は良好であり、行くことになるのなら、それは良い事でしょう。』

バデリの代理人
『契約更新?フィオレンティーナからは何の話もありません。しかし、彼は2018年までの契約を持っており、次のシーズンも留まる事が出来ます。ミラン、ドルトムントからの接触?新しい話は有りません。』

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『優先度は守備?フィオレンティーナは、すぐに次シーズンを始められるよう準備をしている。ヴィオラはブラジルからDFを連れてくるつもりです。リストにあるのは、パラメイラスと2020年までの契約が有り、契約更新を断ったDFヴィトル・ウーゴ(1991年)で、移籍金は約700万ユーロ。そして、最近2021年までサンパオロと契約を延長したDFロドリゴ・カイオ(1993年)。イタリアのパスポートを持っており、少なくともイタリアの2,3クラブが試みている。』
『このクラスのクラブになると普通強力なDFで構築されています。フィオレンティーナはゴンサロ失いますので、強力なDFを求めるべきです。彼がインテルに行く事はありません。インテルはDFデ・フライ、DFマノラス、DFリンデレフのような若い選手を狙っています。DFウーゴ、DFカイオ?DFカイオを獲得するのは難しいです。彼は契約を更新しました。DFウーゴに関してはメルカートに出ています。将来の監督?ピオッリ監督がインテルに残る場合、ディ・フランチェスコ監督にいくでしょう。リストの上位にジャンパオロ監督の名前が有りましたが、サンプドリアと契約を更新しました。スパレッティ監督等の噂に関しては、給与を減らす必要があるので仮説以上の可能性はありません。フィオレンティーナにとってサッリ監督は完ぺきだが、3年契約を結んでおり、会長との状況を明らかにする必要が有ります。ソウザ監督?ドルトムントと接触しています。ドルトムントのリストのトップです。』

【Messaggero】フィオレンティーナは、カリニッチへの1月の中国からのオファーを断ったので、移籍金は約3000万ユーロ前後に下がる事を理解している。カリニッチの優先順位はセリエで続けることであり、ナポリ、ミランが興味を示している。ミランはFWバッカの代わり、ナポリはサッリ監督が望んでいる。だが、デッラ・ヴァッレオーナーは国外への売却を望んでおり、エバートン、ウエスト・ハム等が興味を示している。

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『ディ・フランチェスコ監督?クラブの目的に適した監督です。フィレンツェでは少し論争が有るようですが。だが、チームに値します。次のシーズンの展望?チームが向上されるのなら勝つ事が出来るかもしれません。彼は若く、少し複雑になるかもしれませんが、彼に与えられるチームの種類によって変わるでしょう。実際、フィオレンティーナがナポリ、ローマのレヴェルにしたのなら彼は結果を残すでしょう。コルヴィーノGDはその為の選手を見つける必要がある。だが、良い選手を獲得するためには1000~1300万ユーロの移籍金を払う必要が有ります。サッリ監督がフィオレンティーナへ?ナポリの会長次第でしょう。彼は長い契約を結んでおり、離れていくとは思いません。年齢を考えるとスクテッドを獲得していませんが、全体を評価されるべきです。フィオレンティーナは素晴らしいチームと選手を維持するに値します。ベルナルデスキはおそらく、契約更新前に考える必要が有りました。ベルナルデスキ、カリニッチを維持?私は間違いなく、2人はオークションされないと思います。両名とも維持されるだろう。』

【Nazione】ディ・フランチェスコ監督が就任した場合、フィオレンティーナはどのように形を変えるだろう?ディ・フランチェスコ監督なら4-3-3だが、選手のクオリティの向上、サポナーラがいることを考え4-2-3-1が有力だろう。守備は4バック。アストリとミレンコヴィッチがCBで、サイドにはDFザッパコスタやDFポル・リロラ(ユヴェントスが権利を持っている。)のアイディア。中盤はヴェシーノ、ヴァレロ、マエストロとしてサンプドリアのMFトレイラへの関心。また、他にはMFベナッシ、MFダンカン等。FWでは全てがカリニッチを中心に動きます。移籍の場合はイタリア人ではFWパヴォレッティ、FWデストロ、それ以外ではFWデフレル、FWサパタ。

【Tuttosport】ユヴェントスのターゲット・リストの上位にベルナルデスキの名前が有ります。理由は若いイタリア人、才能、汎用性、監督等の評価、あらゆるシステムに適応できる。ベルナルデスキの代理人とヴィオラは協議を続けているが、クラブは高額の契約解除要綱を盛り込むことを望んでいる。2019年で契約が切れるので契約延長に至らない場合・・・ユヴェントスはどちらに転んでもいいように準備している。問い合わせは既に始まっており、今後数週間で激化するだろう。それでもユヴェントスはその争いに打ち勝つ計画を立てている。

ニュース色々

アイントラハト・フランクフルトにレンタル中のレビッチ
『私に選択権が有れば?フランクフルトに残りたいです。此処では全てが上手くいっており、非常に良い感じです。しかし、この件に関してはクラブに依頼する必要が有ります。契約をオファーされればサインします。私のスタイル?比較するのは難しいが、ロナウド、ベイルのスタイル。』

パンキーナ・ドーロはサッリ監督が受賞しました。

パンキーナ・ドーロ授賞式にて、サッスオーロのディ・フランチェスコ監督
『フィオレンティーナからのアプローチは私へのボーナスだね。だが、私はまだ2年契約が残っています。将来的に何をすべきかを理解する為に、経営陣と会う予定です。サッカーでは私の評価について選択肢を持っている。私は自らの契約に解約条項を持っている。』


【 Gazzetta】フィオレンティーナは次期監督として、ディ・フランチェスコ監督に接触しました。フィオレンティーナはコルヴィーノGDとディ・フランチェスコ監督の接触を隠そうとしている。

【Corriere】ディ・フランチェスコ監督のフィオレンティーナ就任は4月末に決定します。

【Nazione】ディ・フランチェスコ監督とコルヴィーノGDが接触しました。フィオレンティーナは否定しているが、彼を次期監督として気に入っているこのは明白であり、4月20日前後に行われるであろう、サッスオーロとディ・フランチェスコ監督の将来に向けての話し合いのあと、フィオレンティーナと合意する可能性がある。

【Nazione】フィオレンティーナは来シーズンの補強に向けてトリノと接触をしている。狙っているのは2人でMFマルコ・ベナッシ、DFアントニオ・バレッカであり、最初の交渉は2月27日のトリノ戦の時でした。

【Informador.mx】フィオレンティーナは、サルセドを買い取る権利を行使する事は無いだろう。

サルセド
『私の現在の目標は、フィオレンティーナが買取オプションを行使することです。それから、ヨーロッパで何が起こるか見てみたい。私は自らの願望に従います。私は成長し、CLを争うチームでプレーしたいので、恐らくヴィオラで長い滞在はしません。ステップ・バイ・ステップでゆっくりとそこに近付きます。』

【Repubblica】コルヴィーノGDは来シーズンの新チームを作る為に約5000万ユーロの予算を持っている。カリニッチ(少なくとも3000万ユーロ)、ゴンサロ、バデリ、イリチッチ、ヴァレロ、タタルサヌ、ババカルに移籍の可能性があり、約7000万ユーロになる。そこから金融債務の830万ユーロ、買取義務の約1000万ユーロを引いて約5000万ユーロが補強費になる。

【Nazione】フィオレンティーナはチームを強化するために動き続けます。イタリア人を増やすためにトリノとMFベナッシ、DFバレッカと接触しています。また、サルセドの権利を持つグアダラハラに買い取らないことを伝えた。フィオレンティーナはミレンコヴィッチを獲得したのでサルセドを買い取ることは無く、サルセドの代理人はヨーロッパで新たな目的地を探すことになる。

アントニョーニ インタヴュー

アントニョーニ
『クラブに復帰が決まった会議は90周年パーティーの後でした。8月にコニーニ会長、アンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーと話をし、個の可能性が浮上しました。私はまだ教会の人間でしたから。フィオレンティーナは私の人生です。スタジアム、スポーツセンター、全てが20年前と異なっています。このクラスのクラブで有り、非常に多くの人に知られたと思います。
私の役割?
ジョーカー。コルヴィーノGD、フレイタスSDがおり、多くの選手を知っている。彼らにアドバイスしたり、チーム構築の苦情についての私は避雷針になる為に来ました。
何をしている?
私が言わなければならない事が多すぎます。そのような可能性を秘めた人間を社長の周りに見つけることは難しい事だと思います。多くのティフォージが懐疑的な見方をしている。それについても私がここにいる理由になる。確かに過去に間違いを犯したかもしれません。しかし、それがフィオレンティーナの最大のサイズが何であるかを考慮して成長するのに役立った思います。誰かがトロフィーを望んでおり、今、私達は何回か近づきました。しかし、勝利は他に渡り、イタリアで非常に多くの事に関して成功しているとは言えないと思います。
デッラ・ヴァッレオーナーの情熱が小さくなっている?
スタンドでの彼は一瞬の為に立ったりします!彼は立ちあがって座って、フィオレンティーナを見て震えています。今シーズン、強力かつ重要なチームのままであることはもちろん、多くの事を与え、改装するグループです。コルヴィーノGD、フレイタスSDは既に動いています。
ソウザ監督の次について動いている?
彼は現代的な監督です。今、監督の役割は大きく変わりました。スタッフは大きな自信を持っている必要が有り、技術面でのコーディネイトも必要です。私はまぁ、彼は良くやったと思います。今年の結果はコンディショニングが判断基準になるが、ユーヴェ戦に勝ちました。しかし、トリノ、ジェノア、ボルシアと3試合で逃しました。その3つでシーズン全体を台無しにしてしまいました。
次の監督?
私に選択の権利は無いがイタリア人になると思います。
此処は最高の学び舎のままです。キエーザはU19の時から知っていました。彼は若いが既にトップにいます。彼は信じられないほどの飛躍をしました。トリノでのユヴェントス戦でデヴューしましたし、シーズンを通して飛躍を感じます。
ベルナルデスキは、次のカピターノになる全てを持っている。ちょうど10番ですしね。彼は個性とクオリティを持っている。
既にトップ?
彼はまだ多くの事について成長する事が出来ます。此処に残ってね。
私を感動させた若手?
カストロヴィッリ。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ