2017年04月

ソウザ監督 試合前会見

ソウザ監督
『フィオレンティーナの武器?
全ての試合に勝つ為に試みて、最後に折り合いをつけます。
選手たちに?
選手たちには個別に改善しようと最大限のプロ意識と練習での喜びを試みます。ホームでパレルモと対戦しますが、危険性はあるが全ての攻撃リソースを持ってプレーします。最後に勝利を与える為に。
パレルモ戦?
全ての試合で勝つ為に最善を尽くす為に、何をすべきかを考えます。
トモヴィッチ、ゴンサロ?
試合でどうなるか見ることになるでしょう。
ババカル?
彼はいつもメリットを持っていたが、少し前までは非常に出場機会が少なかった。ジェノヴァでの試合で彼は結果を出しました。
明日の試合?
彼らは私達を困難に陥れる為に、スペースを閉じてくるでしょう。それに対応できるよう取り組みます。全ての試合で実用的でなければなりません。
インテル戦後の守備の懸念?
より多くの相手ゴールを脅かす必要が有り、それを獲得することが出来れば勝つことが出来ます。インテル戦の最後の2ゴールは多くのゴールを決める必要があるということの警告でした。
インテル戦でババカルはベストだった?
それまで得点力の無い試合で批判が有りましたが、ババカルの得点で私は満足でした。試合を通してチームメイトとの関係も成長しています。
ベルナルデスキ?
良い終わりに向かって、与えられた仕事に関して全てにおいて改善し成熟しようとしています。
進歩?
個人を改善する為に、集団的に向上が必要です。試合に勝つ為に、2,3名の選手に依存することはできません。』

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-4-2-1

GK タタルサヌ
DF サルセド、サンチェス、アストリ
CH キエーザ、ヴェシーノ、バデリ、テージョ
OH ベルナルデスキ、ヴァレロ
FW ババカル

ニュース色々

ジャーナリストのチェッカリーニ氏
『DFマシナ、DFムッル?面白い選手たちです。DFマシナがよくやっている事はコルヴィーノGDは知っています。イリチッチはセビージャ、ビジャレアルに移籍する可能性があるだろう。来シーズンの為に、コルヴィーノGDがベネヴェントにレンタル中のヴェヌーティを視察に行ったことを知っています。』

サンチェス
『フィレンツェに居たい?非常によく、私は幸せです。街と人々を愛しています。初日から街の素晴らしさだけでなく、家族愛も感じました。ラテン系アメリカ人が多く助けてくれました。そして、重要なことですが、文化を知っている同僚がいることです。美しい街であり、フィレンツェが大好きです。サッカー以外の時は私は普通の人です。アイドル?バティ、トレゼゲ、ザモラノ、イギータ、バルデラマ。今はカンテを気に行っています。サッカーへの情熱?コロンビア、イングランド、イタリア。常にサッカーを見ている家族の中で育ちました。サッカーの街で育ち、サッカーの学校に行き、ストリート・サッカーを始めました。その時の私は完全にスポーツに専念しています。プレーしたリーグは全て異なっています。技術、戦術、チーム。スペインでは全てのチームがサッカーをしようとしており、プレミアはレスターの様な例外が有るが、戦術的です。イタリアの中でもフィオレンティーナは非常によくチーム・プレーをするチームです。私はプレーした全てのリーグで学びました。』

FIFA公認代理人のシチェッティ氏
『フィオレンティーナの次期監督?ヴィオラにはピオリ監督、マラン監督、ディ・フランチェスコ監督の選択肢が有ります。その中でもディ・フランチェスコ監督の可能性は50%以上です。メルカート?コルヴィーノGDは複数のブラジル人を気に行っている。DFマスカレンハス、DFウーゴ、DFカイオを本当に気に入っている。』

【Repubblica】ラツィオのファースト・チョイスはアヤックスのMFクラーセンだが、プレミア、ブンデスも注目しており、少なくとも1500万ユーロは必要だろう。その為、2018年に契約が切れるバデリをリストアップしている。

【Repubblica】インテルは既に来シーズンについて動いており、オーナーは億の金額を用意している。またそこにMFバネガ、MFペシリッチ辺りも移籍になるだろうし、その分の移籍金が上乗せされます。その内、4000万ユーロをベルナルデスキ獲得の為にフィオレンティーナに約束しました。フィオレンティーナは国内のクラブに彼の移籍を認めるかを見なければなりません。フィオレンティーナは既にベルナルデスキに年俸250万ユーロ+ボーナスのオファーを出しているのだから。

【Corriere】ここ4試合で4ゴールを挙げているババカルには、再び多くのチームが注目しているが、コルヴィーノGDは彼を信じており、高い壁を作ります。シーズンの最後の方になってしまったが、連続しての出場と一貫性を見せる事が出来ているのでババカルはフィレンツェで幸せを感じている。

【Corriere】コルヴィーノGDはパラメイラスのDFウーゴ獲得の準備はできています。フィオレンティーナは移籍金として800万ユーロを準備している。

【Nazione】バデリの代理人によると、コルヴィーノGDは800万ユーロ未満で移籍させる気はありません。ソウザ監督がドルトムントに行くのなら、ファースト・チョイスとして彼を選ぶ可能性はある。コルヴィーノGDは契約満了でフリーで出ていく可能瀬が有っても800万ユーロ以下のオファーを受け付けることは無いだろう。

【Nazione】フィオレンティーナはLSBの補強としてボローニャのDFマシナ(イリチッチとのトレードの噂も有)、カリアリのDFムッル(2020年で契約が切れる)、をリストアップしている。DFムッルに関しては約300万ユーロで獲得に向かうだろう。トリノとはMFベナッシだけでなく、DFバレッカについても話をするだろう。

【Gazzetta】コルヴィーノGDはMFフェデリコ・チオッシ(1999年)について、モデナのオーナーと2日前に会談を持ちました。

ニュース色々

【violanews.com】ゴメスの移籍金に関して、ベシクタシュに半額を払う取り決めがありました。ゴメスのヴォルフスブルグへの移籍時に移籍金が150万ユーロとして、フィオレンティーナはベシクタシュに525000ユーロ(代理人手数料を除いた金額分)を支払いました。トルコのメディアによるとベシクタシュは移籍金が700万ユーロだったと確信しており、法的に争う準備が出来ていると報じています。しかし、現時点でフィオレンティーナが召喚状等を受け取ったという話はありません。

【tuttomercatoweb.com】フィオレンティーナとミランはフルミネンセのLSBマテウス・マスカレンハス(1998年)を狙っている。u-20ブラジル代表であり、2018年までの契約でEUパスも取得可能でベンフィカ他、多くのクラブが注目している。フルミネンセは契約延長の説得を試みている。

【tuttomercatoweb.com】コルヴィーノGDはボローニャ時代にも獲得を試みたサッスオーロのMFアルフレッド・ダンカン(1993年)の獲得のアイディアを持っている。ディ・フランチェスコ監督の下、評価を高め、評価額は約1000万ユーロになっている。ディ・フランチェスコ監督が就任の場合、可能性は高まるだろう。

【Nazione】イリチッチはフィオレンティーナを出ていくだろう。セビージャが興味を示しているが、ボローニャも興味を示している。ボローニャに行く場合、コルヴィーノGDはSBマシナ、FWフェデリコ・ディ・フランチェスコの順に交渉に絡めることを求めるだろう。また、バデリに関してはミランが800万ユーロを出すのならミランに行くだろうが、そうでないのなら恐らくドイツにいくだろう。

【Nazione】フィオレンティーナの夏の改革はメディカル・スタッフにも及びます。最終的な確認は取れていないが、大学でスポーツ医学ジョルジオ・ガランティ教授に打診をしたと言われています。

【Tuttosport】フィオレンティーナはトリノのMFバセッリに関心を示している。多くの興味を持たれているMFバセッリに対して、トリノは代理人と契約更新の交渉を始めました。

【violanews.com】フィオレンティーナは次期監督候補として、ナントのセルジオ・コンセイソン監督をリストアップしている。

【Ilmessaggero.it】フィレンツェの有名レストランにコルヴィーノGDとローマのスパレッティ監督が居合わせました。メディアは爆弾として報道しましたが、スパレッティ監督オフの時間に翌フィレンツェに来ており、家族と食事に来ていただけでした。これは偶然の出会いでありメルカートに影響しません。

【Nazione】フィオレンティーナの次期監督はイタリア人になる。クラブの野望に添った信頼性の高い個性を求めている。少なくとも1サイクル、3年出来る監督を探しており、プレー、クラブとの調和、全体を見る目等。だが、最も重要なことはヴィオラを踏み台されないことです。選択はディ・フランチェスコ監督、ピオリ監督が有力でサッリ監督、スパレッティ監督(コルヴィーノGDとレストランで会っていたが)は後退している。

【ViolaNews.com】コルヴィーノGDはレンタル中のベヌーティをチェックする為に、チェゼーナ戦を代理人と観戦しました。ベヌーティには100万ユーロの買取オプションと買い戻しオプションが付いており、ベネヴェントはオプション行使を望んでおり、フィオレンティーナはわずかに高い額で買い戻さなくてはいけません。

【Gazzetta】フィオレンティーナの守備陣の夏。GKに関してはドラゴフスキは少なくともセカンドGKか経験を積む為にレンタルに出される。正GKはタタルサヌかスポルティエッロ。DFはゴンサロが出ていき、ミレンコヴィッチの獲得が既に決まっている。新たにDFアチェルビ、DFウーゴ、DFシュクニアルのうわさが有ります。ミリッチはほぼ確実に出ていくことになるが、コルヴィーノGDはRSBに投資を考えている。レンタル中のヴェヌ―ティの復帰もアイディアの一つです。新監督次第になるがサルセドの買取(360万ユー
ロ)、トモヴィッチの移籍にも取り組む必要がある。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ