2017年06月

ニュース色々

フィオレンティーナは、7月29日にリスボン・スタジアムでスポルティング・リスボンと、8月6日にワーゲン・アリーナでヴォルフスブルグと親善試合をすることを発表しました。

プリマヴェーラのイラネスが結婚しました。

【Sky】ユヴェントスは、ベルナルデスキ獲得の為に4000万ユーロ+ボーナス500万ユーロのオファーを出す準備が出来ました。

【Radio Blu】カリニッチのミラン移籍交渉は継続中であり、代理人がミランと話をしました。数日中にクラブ間で話が有るでしょう。

【Sky】カリニッチの代理人とコルヴィーノGDは話をし、代理人はミランからのオファーを評価するよう要求しました。

【Gianlucadimarzio.com】イリチッチのサンプドリア移籍は、明日が決定的な日になります。イリチッチとは3年契約を結ぶでしょう。

【Mundo Deportivo】MFテージョに関して、国内ではベティス、セビージャが、国外ではゼニトが興味を示している。しかし、バルセロナは1000万ユーロの値を付けており、それを払う事をいとわないクラブなる。

【Premium Sport】ミランのMFベルトラッチにフィオレンティーナからの興味の噂が有るが、MFベルトラッチはミラン残留を望んでいる。

【Tuttomercatoweb.com】コルヴィーノGDとカリニッチの代理人が話し合いを行い、ミランと決定的な会議を行う様求めました。しかし、フィオレンティーナ(3000万ユーロ)、ミラン(2000万ユーロ)と1000万ユーロの差が有ります。その差をMFベルトラッチで埋める可能性がある。

【Corriere】カリニッチの移籍についてフィオレンティーナとミランには800万ユーロの差が有ります。差をMFベルトラッチで埋める事が出来ます。また、その移籍金でサッスオーロのFWポリターノを獲得に向かいます。

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『MFベルトラッチはフィオレンティーナが気に入っており、交渉に絡めることを望んでいます。ジェノア、アタランタが獲得を試みたが、MFベルトラッチは後退することを望んでいません。ミランではフィジカルの問題がいくつかありました。市場価値?減価償却したといっても、ミランは彼の獲得に2000万ユーロを払いました。カリニッチの交渉ではMFベルトラッチは1500〜1700万ユーロである可能性が有ります。また、バデリについても話が有るでしょう。ミランはMFビリア獲得が上手くいっておらず、バデリに戻る考えもあります。ユーロu-21でのベルナルデスキ?私はトータルで7を付けます。彼は最後のジャンプをする事が出来ます。ババカル?ウディネーゼの調査は停止しました。現時点ではフィオレンティーナは他の優先順位を持っている。』
『MFベルトラッチは40日前にバデリとの交渉にからむ可能性が有りました。』
『イリチッチについて400万ユーロ+200万ユーロのボーナスで交渉は終わりました。ヴァレロ?来週には明確になります。月が変わる必要が有ります。ベルナルデスキ?ユーロが終わったので直ぐにもオファーを出すでしょう。また、FWコスタに関してはストップしています。FWボリーニがミランに?驚きはありません。だが、カリニッチ等の獲得に関して金額を考える必要があり、誰かを出して獲得資金を得る必要があります。FWポリターノ?獲得リストにあります。FWカラモー、DFディアッロ?物事は前進しています。MFリンコン?ユヴェントスがフィオレンティーナの為に評価するかもしれません。MFストラーロ?国外で高い評価が有り、国外に行く可能性がある。』

ジェノアの会長
『FWシメオネ?適切なオファーが有る場合のみ、彼は出ていくでしょう。そうでなければ残ります。フィオレンティーナ、トリノ?他のクラブもそうだが、適切なオファーで無い限り私達は移籍させるつもりはありません。』

ピオリ監督の代理人
『私は少し、ノイズと撹拌が有ると感じています。ティフォージは最強かつ最も競争力のあるチームを期待しています。しかし、それはクラブによって異なるものです。幾つか、選手たちは良い契約を持っているが、チームを離れる事を望む選手をチームに残すことは困難です。だが、それは押し出すという事ではありません。』

【Nazione】フィオレンティーナはクラブの買い手を探しているが、現時点でフィレンツェの企業家の買い手はいません。だが、国外ならデッラ・ヴァッレ・ファミリーの長年の友人でボローニャ、モントリオール・インパクトのオーナーであるジョーイ・サプット氏を通じて買い手を探す事が出来ます。また、ガラティオート氏がアドバイザーを務める投資家グループも興味を持っています。

ニュース色々

昨日、メディカル・チェックを終えたヴラホヴィッチ
『フィオレンティーナのようなビッグ・クラブとサイン出来た事は幸せです。』

パルチザンの監督
『ヴラホヴィッチは良い選手ですが、現時点で私達は彼を数に入れる事は出来ません。彼が戻ってきたら歓迎します。』

イタリアU-21はベルナルデスキがゴールを決めましたが、3-1でスペインU-21に負けました。

ジュゼッペ・ロッシ
『セルタで続けないことを決めました。だが、私はまだ若くヨーロッパでプレーする事が願いです。怪我?順調に回復しています。』

【Corriere】フィオレンティーナ販売の声明は、新スタジアムに影響を与える可能性がある。その為、数日以内にコニーニ会長と街との間で会議が行われるだろう。

【alfredopedulla.com】プリマヴェーラのラニエリは、2021年まで契約を延長しました。

【TMW】フィオレンティーナとジェノアは、FWシメオネに関して最終的に1800万ユーロで結論付けるだろう。数日中に新たな連絡を取り合う。

【alfredopedulla.com】ユヴェントスはベルナルデスキ獲得の為に、月曜か火曜に4000万ユーロ+ボーナスか4000万ユーロ+技術保証(MFリンコン等)のオファーが出されることは明確です。現時点で、ユヴェントスがFWダグラス・コスタ等の交渉が滞っているのはベルナルデスキを優先する為です。

サッスオーロのFWポリターノの代理人
『FWポリターノはベルナルデスキの代わりを務める事が出来ます。が、まずはベルナルデスキの移籍が先です。FWポリターノはサッスオーロと4年契約を結んでいますが、フィオレンティーナは彼にとって重要な成長の完了と成増。』

【violanews.com】サンプドリアはMFブルーノ・フェルナンデスがスポルディング・リスボンに850万ユーロ+ボーナス50万ユーロで移籍しました。これにより、イリチッチのサンプドリア移籍は加速するだろう。

サンプドリアの会長
『イリチッチ?値段が下がれば私達の選手になるだろう。』

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『ミランとフィオレンティーナは木曜日にカリニッチについて決定的な話し合いを持ちます。2500万ユーロか2000万ユーロ+選手で話をするでしょう。』

【Algemeen Dagblad】ディクスのフェイエノールト行きの準備はできている。フェイエノールトとフィオレンティーナは既にレンタル移籍で合意していたが、フェイエノールトはそこに買取オプションを付けるよう交渉していました。

【Gazzetta】ヴァレロのインテル移籍は3年契約の年俸300万ユーロで選手間は合意している。クラブ間に関してインテルは500万ユーロのオファーを出したが、最終的に600〜700万ユーロで合意します。

【Tuttosport】フィオレンティーナ買収に、アメリカのサルヴァトーレ・ガラティオート氏率いるバイヤー・グループが関心を示している。

【Gazzetta】新しいフィオレンティーナは経験と若さのミックスになります。そして、キエーザはヴィオラのプロジェクトのシンボルになります。コルヴィーノGDはそう考えて契約を延長しました。だが、キエーザにヨーロッパのクラブ達が興味を示しています。インテルが獲得についての調査を始めました。フィオレンティーナにとって、キエーザはアンタッチャブルです。

【Corriere】フィオレンティーナは、バルセロナとMFテージョについて話し合いをする可能性が出てきました。MFテージョがフィレンツェを快適だと感じており、新たなチャンスもあると考えている為、移籍をプッシュするだろう。ピオリ監督はサイド攻撃を重視しており、ヴィオラで間違いなく出番は増える。

【Gazzetta】ミランはカリニッチ獲得について、値下げしてもらうためにMFベルトラッチを交渉に絡めることを考えている。


【Calcioefinanza.it】デッラ・ヴァッレ・ファミリーが2002年にクラブを買い取ってから、2016年までに2億2100万ユーロを投資しました。年平均1420万ユーロの損失です。

tabella

ニュース色々

フィオレンティーナ公式
『ACFフィオレンティーナは、ティフォージからの不満が出ている事を考え、クラブを売却する意思が有る事を表明します。絶対に役に立ち、買い取った後に管理をする事が出来る人物が有るのなら、私達は身を引きます。それまでの時間、大好きなヴィオラを編み、管理していきます。より多くの成功を収め、前に進まなければならないと考えています。唯一、ヴィオラを導く為に必要な信頼性と堅牢性を持っている、クラブを愛する人々からの具体的なオファーを受け取るのなら喜んで受けます。期待されている様にうまくいけば、本物のフィレンツェで行われるプロジェクトがあるでしょう。彼らはその為に財産の一部を開放する意欲を見つけるでしょう。まだ、フィオレンティーナとフィレンツェの街への敬意を。当クラブは、いつものように最大の努力と可能な仕事をします。その為に財産の全体が必要と考えられており、マネージャーとケアと管理をします。』


フィオレンティーナは、コルヴィーノGD、デッラ・ヴァッレファミリーについて、下品な中傷をしたデザイナーのロベルト・カヴァッリ氏を、個人とクラブを中傷から守る為に名誉棄損で訴えるよう弁護士に伝えました。

デザイナーのカヴァッリ氏
『私の子供たちは、私の意見を公開するべきではないと私に言いました。だが、私はInstagramやFacebookで自らのメッセージを発しました。いちファンとして訴訟を受けましたが、私はヴィオラのハートを持っている。偉大な会長は私にとっての恋人でした。今、サッカーへの情熱は死んでいます。私がデッラ・ヴァッレ・ファミリーについて発言した内容に謝罪します。私は自信過剰になっていました。ベルナルデスキ、GK達、ヴァレロに何が起こっているかを。私達は誰も販売しないと言う夢を見始めます。だが、私はクラブが上手くいっていないからと言って、会社を閉じてクラブを買うことはできません。妻は私に、ファッションの業界で重要なポジションを維持し、クラブを運営することは難しい、ヴィオラとの関係は現状を維持するべきだと言いました。』

【Corriere】現時点でクラブの買い手はいませんが、フィオレンティーナはゴールドマン・サックスを顧問に置き、価格を2億5000万ユーロ前後に設定しました。

経済アナリストKPMGによると、2016年のフィオレンティーナは1億4800万ユーロ〜1億6500万ユーロ(平均1億5600万ユーロ)でイタリアのクラブでは7位でした。

ナルデッラ市長
『この困難な時期に、貴方は頭と心ではなく感情で動こうとしている。フィオレンティーナと都市や財産の全てを魅力的に作る為に冷静になるべきです。フィオレンティーナはあまりにも偉大な財産であり、衝突や論争の対象となってはいけません。市長として、この遺産を保護する為に排他的に動く義務を感じます。新スタジアムに関しては言い訳をせずに実行に向かいます。』

【alfredopedull.com】イリチッチに関して450〜500万ユーロをベースにして+ボーナスでサンプドリア行きに高速で近付いている。2018年で契約が切れる事を忘れないでください。

【PianetaMilan.it】ミランに別れを告げる準備が出来ているMFクツカは、カリニッチとの交渉にからむ可能性がある。トラブゾンスポルが強い興味を示しているが、ミランは900万ユーロを求めています。

【Tuttomercatoweb.com】サッスオーロのFWポリターノとフィオレンティーナは年俸120万ユーロで合意している。だが、サッスオーロから獲得するためには1500〜2000万ユーロが必要だろう。

【Tuttosport】サッスオーロのFWポリターノとフィオレンティーナは、年俸50万ユーロの5年契約で合意しています。フィオレンティーナは移籍金600万ユーロで取引を終えたいと思っている。

【Gazzetta】ベルナルデスキの代わりとしてサッスオーロのFWポリターノを狙っている。移籍金は約700万ユーロだろう。また、カリニッチの代わりはジェノアのFWシメオネのままです。

【Il Mattino】フィオレンティーナは、オサスナのFWアレハンドロ・ベレンゲル(1995年)について交渉を開始しました。FWベレンゲルにはナポリが長い間興味を示していました。

【Radio Crc】オサスナのFWアレハンドロ・ベレンゲル(1995年)にフィオレンティーナ行きの噂が有るが、フィオレンティーナは興味を示していません。オサスナは900万ユーロ以下で売りたくないと思っており、ナポリからの興味が復活することを望んでいる。

ヴェネツィアのSD
『私達は若いFWを求めている。ユヴェントスのFWアウデロ、FWヴィターレ、フィオレンティーナのムラカルについて動いています。』

【PremiumSport】インテルは、今日明日にもヴァレロを700万ユーロで獲得するだろう。

【Gazzetta】インテルは6月30日に予定されているFFPをクリアした後、ヴァレロの移籍を終えます。7月初旬にヴァレロはインテルの選手になります。選手間は既に合意しており、移籍金は600〜700万ユーロになります。

【PremiumSport】フィオレンティーナはインテルと契約が切れた、FWパラシオに興味を示している。

【Tuttomercatoweb】カストロヴィッリに、チェゼーナ、クレモネーゼのセリエBの2クラブが興味を示している。今週中に2クラブと話をする予定になっている。

中国からの興味を報じられているサンチェス
『私はイタリアでまだまだだけど、2年以上の契約が有り、チームに非常に満足しています。』

【Nazione】ヴェシーノには8月10日まで2400万ユーロの契約解除要綱が有ります。トッテナムが興味を示しており、1800万ユーロのオファーを考えている。だが、フィオレンティーナは以前、ナポリからの1500万ユーロのオファーを断っている。

【Corriere】ベルナルデスキへのユヴェントスの4000万ユーロ+ボーナスは決して誇張な報道ではありません。代表で獲得争いが一気に燃え上がる恐れが有ります。マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、バイエルン、インテル等の関心があります。

【Metro】マンチェスター・ユナイテッドはインテルのMFペシリッチを狙っているが、インテルがベルナルデスキ獲得に失敗したのなら、方向転換しベルナルデスキ獲得に向かうだろう。

【Corriere 】フィオレンティーナ、ミラン、ジェノアはカリニッチ、FWラパドゥラ、FWシメオネの三角関係にあります。

【Nazione】ニースのMFエイセリックは契約更新が存在します。その為、移籍金は800万ユーロとなります。その為、コルヴィーノGDはサンプドリアのMFトレイラ、ボローニャのMFタイデル、ナポリのMFベナッシをリストアップしている。

【Corriere 】コルヴィーノGDはパレルモのFWネストロフスキ獲得に向けて決定的なオファーの準備をしている。フィオレンティーナにとって理想的な候補だが、パレルモのクラブ売却が終わってからになる。

【Sky】コルヴィーノGDのリストに入っているジェノアのDFイッツォですが、インテルが近いうちにDFイッツォについてジェノアと会う予定が有る。

バデリの代理人
『最近、ミランと接触をしていません。今、バデリは休暇で日本に行っています。彼を望む多くのクラブがあり、彼にとって多くの可能性が有りますが、ミランも選択肢の一つです。』

ゴンサロの代理人
『ラシンから非常に良いオファーが有りましたが、ゴンサロは自らの心に従ってサン・ロレンツォに復帰することを決めました。』

【L'Equipe】モナコのDFディアッロに多くのクラブが興味を示しているが、DFディアッロのフィオレンティーナ行きの交渉は進んでいる。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ