2017年07月

ニュース色々

【Gazzetta】スポルティング・リスボンとの親善試合は、FWバス・ドストのゴールで最少失点でフィオレンティーナは敗北しました。相手は既に出来上がっているチームで有ったが、フィオレンティーナは、スポルティエッロ、キエーザは通常通り、ガスパル、オリヴェイラは説得させることはできませんでした。良好なのはアストリ、ウーゴのコンビとデヴュー戦のヴェレトゥ。

ウーゴ
『この試合は偉大な強さが有りました。アストリとのコンビが試合を通じて成長し、リーグの為に準備します。今、そしてドイツで私達は良い経験をします。喜びを持って、リーグ戦の準備をします。』

【Mattino】獲得の噂が有った、ナポリのDFトネッリはトリノからのオファーを受け入れました。

【Corriere】コルヴィーノGDはピオリ監督の為に、火曜日にはサイド・アタッカーの獲得に動きます。FWポリターノ、FWヘセ・ロドリゲスの名前はまだリストにありますが、他のアイディアもあります。サッスオーロ、パリ・サンジェルマンとも複雑な交渉になるだろうから、監督の求めに応じて、早めの獲得を決める為に他の選手に行く可能性がある。FWポリターノは2018年までの買取義務(1100万ユーロ+α)のオファーを考えているが、サッスオーロは1500万ユーロを求めている。ガラタサライのFWシナン・ギュミュ
シュは両サイドでプレーが出来、獲得候補として好ましい。ガラタサライは500万ユーロを求めるが、450万ユーロまでフィオレンティーナは出すでしょう。ミランのFWニアンに関してはもっと難しいものになるだろう。

【Marca】ヘーレンフェーンのFWラーションに、フィオレンティーナ、サッスオーロも興味を示しているが、セルタ・デ・ビーゴ行きに近付いている。

【Tuttosport】コルヴィーノGDはカリニッチの後釜として、ナポリのFWサパタに注目しているが、ナポリは2500万ユーロを求めている。しかし、それでもホットな名前です。

【Corriere】ヴェシーノは、チームがポルトガルに行く前にスポーツ・センターにてチーム・メイトに別れを告げました。

【Gazzetta】週明けにMFエイセリックが移籍金、約400万ユーロでサインに来ます。CHはMFクラネビッテルを引き続き追っており、アミアンのMFタンギ・エンドンベレにも注目している。FWポリターノに関してはサッスオーロから断られている。また、放出ではレビッチのクロトーネ行きの可能性はまだ残ってる。

【Nazione】フィオレンティーナは、ベルナルデスキの移籍金の4000万ユーロを使って、FWシメオネ(1800万ユーロのオファーの後、2000万ユーロ+500万ユーロのボーナス)、FWポリターノ(1200万ユーロ+300万ユーロのボーナス?)の獲得を狙っている。
また、コルヴィーノGDはパリ・サンジェルマンとFWヘセ・ロドリゲスとMFヌクンヌの交渉をしているが、FWヘセ・ロドリゲスでは年俸が、MFヌクンヌに関しては買取オプションがそれぞれ障害になっている。

(親善試合)Sporting Lisbona-Fiorentina

Sporting Lisbona 1-0 Fiorentina(親善試合)

Fiorentina
4-2-3-1

GK スポルティエッロ
DF ガスパル(68分トモヴィッチ)、アストリ、ウーゴ(68分ミレンコヴィッチ)、オリヴェイラ
CH サンチェス、クリストフォロ(47分ヴェレトゥ)
OH キエーザ(75分レビッチ)、ハジ(68分マティ)、ゼクニーニ
FW ババカル(68分カリニッチ)

【得点者】
Fiorentina
Sporting Lisbona 29分バス・ドスト

ピオリ監督
『公正なテストであり、一定のバランスを保ちましたが、ゴールに向かっての建設的な何かが欠けています。だが、私達の仕事が実を結び始めている事を信じています。
私達は何処にいるのか?それを理解出来る一定レヴェルの相手と試合をしました。
苦しい時が有りました。私達は改善する必要が有ります。
ゴール?
有ればよかったが、正直なところ、彼らの攻撃に対しての守備面を認めました。
3日間、私達と練習しただけですが、ヴェレトゥは上手くは入れました。
私達は仕事をする為に全てを出します。
クラブは、私達に何が欠けているかを知っており、直ぐにも良い完成を見せるでしょう。
幾つか誤ったポジションが有りましたが、最終的には良いアイディアを与えたテストになったと思います。』


ニュース色々

フィオレンティーナは、検査の結果、バデリは左足のヒラメ筋に軽度の怪我をした事を発表しました。既にリハビリ・プログラムを開始しており、数日中にフィールドに戻れるかのテストをします。

スポルティング・リスボンとの親善試合に向けてポルトガル行きメンバー
GK:セロフォリーニ、ドラゴフスキ、スポルティエッロ
DF:アストリ、ガスパル、イラネス、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ラニエリ、トモヴィッチ、ウーゴ
MF:キエーザ、クリストフォロ、ハジ、マティ、サンチェス、ソッティル、ヴェレトゥ、ゼクニーニ
FW:ゴッリ、カリニッチ、ババカル、レビッチ


【TMW】ポルトガル・メンバーに招集されていなかったヴェシーノは、火曜日にインテルのメディカル・チェックを受けます。

【tuttomercatoweb.com】プリマヴェーラのGKコーチのルパテッリは、ユヴェントスのプリマヴェーラのGKコーチになります。

【Gazzetta 】レビッチはフィオレンティーナに残る事は無いでしょう。レビッチは2018年までの契約であり、クロトーネが獲得を狙ってる。
【TMW】レビッチの移籍は近付いている。ブライトン、ハダーズフィールドのプレミア昇格組の2チームが興味を示してる。移籍金450万ユーロで合意に近付いている。


【Sportitalia】ミランはMFビリアを獲得したが、まだMFを探している。MFレナト・サンチェスの為にMFソサを放出するので、MFバデリはまだ獲得候補として残っている。

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『ヴェシーノは今、インテル行きの公式発表をする準備が出来ている。代理人は肖像権を含む全ての部分について詳細を詰めました。ヴェシーノは週明けに4年契約の年俸300万ユーロでサインします。既に知られている事ですが、インテルは契約解除金の2400万ユーロを支払う意思が有ります。』

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『ヴェシーノ?インテルに行きます。FWサパタ?ポスト、カリニッチとして考慮すべき名前です。FWシメオネorFWサパタ?両者とも準備が出来ていると思いますが、フィオレンティーナはよりFWサパタを取るような気がします。FWラーション?フィオレンティーナの獲得候補ではありません。DFパレッタ?トリノ、フィオレンティーナが獲得を望んでいます。MFエイセリック?まだ待つ必要があるが、フィオレンティーナの選手になります。FWポリターノ?サッスオーロは高い評価をしているが、フィオレンティーナは諦めていません。』
『状況はカリニッチ次第であり、待たなくてはいけません。FWラーション、MFマルコヴィッチ等。またDFパレッタは獲得候補に挙がっているが、DFパレッタはフィオレンティーナ行きを気に入ってる。』

ボローニャのDFマシナの代理人
『フィオレンティーナ?接触はありません。彼はボローニャでの重要なシーズンに焦点を当てており、練習をしています。』

【violanews.com】フィオレンティーナはMFクラネビッテル獲得を真剣に考えている。選手に近い筋からの情報によると、フィオレンティーナは代理人と頻繁に連絡を取り合っている。フィオレンティーナは600万ユーロのオファーからスタートしており、アトレティコ・マドリッドは800万ユーロを求めました。他にも興味を示しているクラブがあるので注意が必要だが、現時点ではフィオレンティーナ行きの可能性が高い。

【Nazione】オランダでの報道によると、FWラーション獲得についてフィオレンティーナのオファーは700万ユーロであり、それが本当ならセルタ・デ・ビーゴに行くことになるだろう。

【Tuttosport】トリノは今日にもDFパレッタ獲得を決めたいと考えている。次の数時間が非常に重要になります。

ミランのモンテッラ監督
『FWニアンは昨シーズンより成熟しており、私達と一緒にやれるチャンスが有ります。』

【Nazione】FWシメオネは8月の中旬まで来ることは無いでしょう。理由?ジェノアは2500万ユーロを出すのなら直ぐにも手放します。しかし、フィオレンティーナは、サッスオーロのFWポリターノの交渉をしており、1〜2年の買取義務のレンタル移籍を望んでいる。また、FWベラルディについても再試行しているからです。

【Corriere】ナポリのミスターXはキエーザです。ナポリの会長は常々、キエーザについて言及してきており、気に入っています。獲得には4000万ユーロかかると言われているが、FWサパタ(2500万ユーロの評価)を絡めることで移籍金を下げる事を考えている。しかし、フィオレンティーナはチームを構築する柱を売却するつもりはありません。

【Nazione】カリニッチについてミランは失速しており、インテルが浮上している。カリニッチもインテルからのオファーに耳を傾ける準備はできてます。スパレッティ監督は3000万ユーロを払うことを望んでいません。フィオレンティーナとしては、FWエデル、FWニアンを絡めることが出来ます。

【Repubblica】フィオレンティーナは、サッスオーロのFWポリターノ獲得の準備が整いました。1200万ユーロ+300万ユーロのボーナスです。昨日、代理人と話し合いをしていました。

ピオリ監督
『フィオレンティーナは、リーグで重要な役割を果たせる事を8月20日に示したい。完了する為のチームを持っていることは明らかです。そうなる為に、私は直ぐにも良い獲得が決まると確信しています。重要なサイクルを終え、新たに別のサイクルを始める野心が有ります。結果を得る必要が有り、そのためにもフィレンツェの熱意を再燃したい。キエーザ?彼と一緒に仕事をするのは喜びです。彼は素晴らしいシーズンを果たし、来シーズンは更に相手を困難に陥れる事が出来ると認識しています。重要な事は救世主を考慮することは無いと言うことです。』

ベルナルデスキ
『フィオレンティーナでは12年過ごしており、クラブとかかわった人々すべてに感謝したい。私に多くの事をしてくれました。何時も私が男になれるようにしてくれ、擁護してくれました。交渉は簡単なものではありませんでした。美しくエキサイティングなものであり、最後はユヴェントスと代理人のおかげで私はこの結果をもたらしました。ヴィオラ・ティフォージの横断幕?それは繊細なものですが、今、それはクラブの不健全な一部であり、社会的に不治の病で有ります。私は最高の幸運を作れた事をティフォージに感謝しますが、不健全なものを提供する部分にそれをする必要はありません。それは多くのノイズを作り、社会的な問題であることを知ならなければなりません。背番号?10番は好きですが、それに値することを示す事が出来れば。その為、私は33番を選びました。バッジョ?恐らく、歴史の中でもっとも偉大なイタリアの選手。彼のようと言われることは幸せです。私がそのようになれるようにしてくれたフィオレンティーナに感謝したいと思います。私は全ての人々に感謝します。それは心からの感謝です。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ