2017年10月

セリエA第11節 Crotone - Fiorentina

Crotone 2 - 1 Fiorentina(セリエA第11節)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK スポルティエッロ
DF ロリニ(65分ババカル)/ペッセラ/アストリ/ビラーギ(46分オリヴェイラ)
CH ベナッシ/バデリ/ヴェレトゥ
FW キエーザ/シメオネ/エイセリック(46分ディアス)

【ベンチメンバー】
セロフォリーニ、ドラゴフスキ、ミレンコヴィッチ、サンチェス、ハジ、オリヴェイラ、クリストフォロ、ロ・ファーゾ、ディアス、ババカル、ウーゴ、ガスパル

Crotone
4-4-2

GK コルダツ
DF サンピリージ/シミッチ/チェッケリーニ/パヴロヴィッチ
CH ナリーニ/バルベリス/マンドラゴラ/ストイアン(68分ローデン)
FW トロッタ(87分アジェティ)/ブディミル(79分シミー)

【得点者】
Fiorentina  44分ベナッシ
Crotone   17分ブディミル、18分トロッタ  

 
【警告・退場】
39分アストリ、47分ブディミル、62分キエーザ、74分シミッチ、74分ババカル、76分コルダツ

【スタッツ】
Crotone -------Fiorentina
19---ファール---17
3---コーナー---5
5---枠内シュート---3
6---枠外シュート---10
3---オフサイド---3
36--ボール支配率--64


ピオリ監督
『私達のミスが有り、チームが複雑になった2分が有ります。
まだ、救済する時間はありましたが、戦術的、技術的に異なる状況を抱えていました。
成熟度?
チームがチャンスをものにできないときは失望します。
試合の難しさを知っているはずなのに、全てが悪い日でした。
キエーザもチャンスで苦しみました。2つのミスにより2失点しました。間違ったアプローチではありませんでしたが、明快さとクオリティを失いました。
順位が異なる可能性はありますが、私達はもっと慎重に行かなくてはいけませんでした。
アストリのミス?
間違いなく彼のミスです。
改善の余地があるのは明らかです。
今日、チームはあまり動かず、ミスも多かった。
チームには問題はありませんでした。パフォーマンスに継続性を与える事が出来たはずです。
それを成功させるチャンスがあったので、改善の余地があることは明らかです。
テレオの不在?
それで全てを正当化させるようなパフォーマンスの後、私達が出来なかったのが間違いです。
シメオネ?
彼は上手くやっており、成長する為の手段の全てを持っています。
エネルギーを回復することについて考える必要が有ります。』

クロトーネ戦 召集メンバー

クロトーネ戦 召集メンバー

GK セロフィリーニ、ドラゴフスキ、スポルティエッロ
DF アストリ、ブリーギ、ガスパル、ロリニ、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ペッセラ、ウーゴ
MF バデリ、ベナッシ、キエーザ、クリストフォロ、ディアス、エイセリック、ハジ、ロ・ファーゾ、サンチェス、ヴェレトゥ
FW ババカル、シメオネ、テレオ(帯同のみ)


ガゼッタ紙 予想メンバー
4-3-3

GK スポルティエッロ
DF ロリニ、ペッセラ、アストリ、ビラーギ
CH ベナッシ、バデリ、ヴェレトゥ
FW キエーザ、シメオネ、エイセリック

ピオリ監督
『私達はクオリティを持っている事の確信を持ってクロトーネに向かいます。
全ての試合は異なるものであり、注意が必要です。
私達は特にホームを救いにしているチームに直面します。
その為、私達は戦術的にも精神的にも準備を整えなければなりません。
此処数週間?
私達は練習しています。グループの仕組みについて、とても満足しています。
大きな注意と集中を持って、私達の旅を続ける欲望を持っています。
出来るだけバランスを取ろうと努力しており、それが大きな成果に繋がっています。
私達はサッカーの判断が時々変わる事を知っていますが、ただ、仕事について考えるだけです。
エイセリック?
トリノ戦では上手く入る事が出来なかったので、早い段階で苦労しました。
彼は成長している高クオリティの選手です。
ディアスも回復しており、私は喜んでいます。
誰が先発するかは試合のときに分かります。
クロトーネ?
非常にダイレクトなサッカーをするしっかりとしたチームです。ボールを回すことはありませんが、縦への早い展開には、特別な注意を払う必要が有ります。』

ニュース色々

フィオレンティーナは、テレオが検査の結果、右太股にレヴェル1の問題が有る事を発表しました。

【www.firenzeviola.it】テレオはクロトーネ、ローマ戦を欠場し、代表ウィーク明け3週間後のスパル戦で復帰が可能になる。

コルヴィーノGD
『彼らが挑戦的な人種であることを認識しています。クロトーネ戦は簡単かもしれませんが、正しい集中力を使わなければもっと複雑になります。ヨーロッパ大会?10試合目の試合でした。シェフであるピオリ監督に提供した食材について考慮する必要が有ります。将来、何処を改善すべきかを知っていますが、現在を見ましょう。私達は素晴らしい旅をしています。私達はティフォージに満足してもらいたい。新しいサイクルの為の基盤を作りたいと思っていました。重要なシグナルを持っていると言わなければなりません。コニーニ会長とキエーザ?会長は8か月前にキエーザが契約更新をしたと言う事を指摘したかったのです。キエーザは私達に請求及び不実を見せたくないと思っています。彼は新たに更新するに値することを示しています。全ての事は交渉を通じて行わなくてはいけません。私達は私達が育成した選手たちに、重要なシグナルを与えたいです。』

ベナッシ
『私がフィレンツェを選んだ主な動機は、若手を中心としたプロジェクトでした。それがリスクになるかどうかを聞かれましたが、私はリスクだとは思いませんでした。若いチームと道を始めることに全力を挙げることに夢中になりました。前に監督を知りませんでしたし、話したこともありませんでしたが、直ぐに携帯電話にてプレー意欲、ポジティブさを伝えました。快適であると私に印象を与えています。それについて疑った事はありません。改善?呼吸するようにボールを管理する事が単純なプレーより、寄り有用な時が有ります。両方が混在する事が必要です。試合を読み、その瞬間を理解することです。私はしばしば、選択を逃すので、それを改善しなければなりません。時に減速も必要であり、試してみましょう。フィールドでの姿勢?私は非常に広い心を持っているわけではありませんが、基本的にそのようなキャラクターです。誰もがキエーザの様に、彼は少し内向的だが、より穏やかに表現し、管理し出来れば良い。重要な事は、いずれにせよ落ち着いている事です。』

【Plaza Deportiv】バレンシアは数か月前に経済的、技術的に複雑な状況に直面していましたが、今は見通しが立っており将来の為の計画を立て始めている。6月にフィオレンティーナとの契約が切れるバデリをフリーで獲得することを考えている。

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『フィオレンティーナは夏に上手くやりました。数カ月待つ事が必要な事も知っていました。シメオネ、ベナッシ?通常、時間が掛かるものです。ベナッシ、シメオネは少しづつ自らを見つけ始めています。ピオリ監督は素晴らしい仕事をしましたし、忍耐強かったです。私はヴィオラがELの為に戦う事が出来ると思っています。バデリ、キエーザの契約更新?バデリに関しては楽観視できないのは普通の事です。選手に選択権が有ります。キエーザには繊細な件があります。他のチームからの大きな暴行が。高いオファーが届きます。一般的にフィオレンティーナだけでなく、他のチームに関してもですが、私は契約に解約条項が含まれない事を願っています。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ