2017年11月

ニュース色々

【Ansa.it】現在フリーでリハビリ中だったジュゼッペ・ロッシですが、3日以内にジェノアのメディカル・チェックを受けるようです。問題が無い場合、6月までの契約になるだろう。

【fichajes.com】セビージャがバデリに興味を示している。また、ローマは既に代理人と接触している。

【Corriere】バデリに多くのクラブが注目しており、1月のメルカートで移籍する場合、移籍金は約200万ユーロになるだろう。バデリはCLに出場できるチームを望んでいる。

【Tuttosport】フィオレンティーナはアストリとの契約を2020年まで延長に近付いている。

【Repubblica】スポルティエッロの現状はポジティブなものです。スポルティエッロは残りたいと思っているし、クラブを納得させる為に全てを行うでしょう。6月までのレンタルで有り、買い取る為には600万ユーロが必要です。彼はチームを引っ張って行くでしょう。

【Corriere】日曜のサッスオーロ戦の時にFWベラルディについて話す可能性がある。夏には多くの怪我が有ったにもかかわらず評価は下がりませんでした。だが、今はチームは下降をたどっている。夏にオファーを出すことは無かったが、コルヴィーノGDの頭に再び彼の名前があってもおかしくないだろう。FWポリターノに関してはオファーを出したが、オファーを断り契約を更新している。

【firenzeviola.it】モナコのMFディラン・ボーリュー(1997年)にインテル、アタランタ、フィオレンティーナが興味を示している。


ニュース色々

ババカル
『この引き分けは良い結果であり、勝つこともできます。私達は気持ちを入れて試合に参加していました。私達は良い兆しです。人々の為に私達はもっと努力しようとします。それが私達が望むものです。ポイント?この結果は私達を助けました。私達は信じて正しい道を進みます。より多くのスペース?上手くいけば。私は練習しています。重要な事はチームが勝つ事。私が幸せであると言うことです。』

ヴェレトゥ
『順位?私達は練習を続けなければならず、可能な限り努力しなければなりません。ラツィオは非常に強力なチームであり、私達が引き分けることは非常に重要でした。勝利が無い?私達はその為に努力し、目標を達成しようと試みました。私達は特にポジティブな時が有りました。この試合がロックの解除に繋がる事を願っています。』

ベナッシ
『優勝候補の一つと引き分けた。大きなポイントです。』

ウーゴ
『今日は神が私達と共にいて良かったです。終了間際に重要なポイントを得ました。皆、おめでとう!引き分けはブラボーではありませんが、重要なポイントです。フォルツァ、ヴィオラ!』

サポナーラ
『私達にはこの点以上の価値が有ります。』

セリエA100試合目のスポルティエッロ
『セリエAで100試合目。良い目標でした。次の100試合はこのユニフォームで迎えたい。』

【Stadio】昨日のラツィオ戦でも同点ゴールを決めたババカルですが、ピオリ監督はベンチからスタートさせています。ピオリ監督はシメオネ、テレオを動かす気は無いようです。その為、彼には大きな壁が有ります。

【Repubblica】デ・フライのゴールはセットプレーで有り、フィオレンティーナのこれまでの失点パターンとは異なります。ピオリ監督は守備面を改善する為に練習をしていましたが、失点してしまいました。だが、リーグで3番目に良い攻撃陣で得点王をいる事を考えれば、アストリ、ペッセラ他、守備陣は良くやりました。

【Repubblica】6月に契約が切れるバデリに、現時点で接触が確認されているクラブはローマです。現時点では正式な交渉はありませんが、数日以内に本人を交える可能性は否定できません。また、バデリにはラツィオも興味を示しており、バデリを巡ってローマ・ダービーが勃発する可能性がある。

【violanews.com】ピオリ監督は固執する監督では無く柔軟性がある。今、フォーメーションの変更を考えており、その為、ウーゴ、サポナーラ、ババカルがスペースを見つける事が出来る。ローマ戦の途中で3-5-2に変更しました。4-3-3、4-2-3-1で始めましたが、再び変更する時が来たかもしれません。だが、恐らく最初からでは無く試合中の変更からためしていくでしょう。シメオネの問題はサイドの問題でもあり、右でガスパルの場合は攻撃面では良いが守備面に問題が有る。ロリニでは秩序は保たれるがダイナミズムが殆ど有りません。左サイドが最大の問題になっている。ウーゴはイタリアに来て数カ月がたっておりペッセラ、アストリと一緒に確りとしたものになるでしょう。ババカルを最初から起用した場合、ババカルはゴールにおいてのみ貢献する必要が有ります。サポナーラは此処数週間、中盤でテストされ5番目として収まる事が出来るでしょう。そうなれば、ピオリ監督は3-4-1-2に変更する事が出来ます。紙上では色々言う事が出来ますが、最終的には監督がどのような解決策を見つけるかです。ヴィオラの庭はまだ開いています。

【Corriere】デッラ・ヴァッレオーナーはキエーザの契約更新を喜んでいるが、インテル、ヴォルフスブルグ、ナポリ、チェルシーが夏で獲得する準備を整えている。デッラ・ヴァッレオーナーにとってキエーザはティフォージとの関係修復の為の貴重なカードで有り、彼を残すことは良いシグナルになります。

セリエA第14節 Lazio - Fiorentina

Lazio 1 - 1 Fiorentina(セリエA第14節)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK スポルティエッロ
DF ロリニ(65分ウーゴ)/ペッセラ/アストリ/ビラーギ
CH ベナッシ(77分サポナーラ)/バデリ/ヴェレトゥ
FW キエーザ/シメオネ/テレオ(60分ババカル)

【ベンチメンバー】
ドラゴフスキ、ミレンコヴィッチ、サンチェス、サポナーラ、エイセリック、オリヴェイラ、クリストフォロ、ロ・ファーゾ、ディアス、ババカル、ウーゴ、ガスパル

Lazio
3-5-1-1

GK ストラコシャ
DF バストス/デ・フライ/ラドゥ
CH マルシッチ(77分バスタ)/パローロ/レイヴァ/ミリンコヴィッチ・サヴィッチ/ルリッチ(62分ルカク)
OH アルベルト(88分カイセド)
FW インモービレ

【得点者】
Fiorentina 90+4分(PK)ババカル
Lazio    25分デ・フライ

 
【警告・退場】
11分アストリ、49分ロリニ、87分ラドゥ、90+7分ミリンコヴィッチ・サヴィッチ

【スタッツ】
Fiorentina-------Lazio
8---ファール---16
5---コーナー---6
10---枠内シュート---7
5---枠外シュート---4
1---オフサイド---2
49--ボール支配率--51


ピオリ監督
『私達が負けた場合、それは公平とは言えないでしょう。
私達は90分を通して上手くやっていました。
最新の結果は肯定的ではありませんでしたが、私達は成長しています。
近い将来、これらのクラブと競合する立場で競う事が出来るチームを、フィレンツェで基礎を築く必要が有ります。
トップランクで競争する為にはメルカートに出なければなりません。
前に5,6チームがおり、プログラミングすることは簡単ではありません。
厳しい?
フィールドで間違いが無い事を確認する技術が有ります。』

ハイライト


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ