2018年06月

ラフォン 獲得?

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏によると、ヨーロッパでもっとも興味深い若手GKアルバン・ラフォンの交渉を終えました。
トゥールーズに払う移籍金は850万ユーロで、GKラフォンとは5年契約を結びます。

ニュース色々

【Repubblica】モエナ・キャンプにディアカテが招集されておらず、様々な憶測が飛び交っています。プリマヴェーラ決勝での怪我が長引いている可能性。昨シーズン、良いシーズンを過ごしていたのにトップに呼ばれる事が無かったので、傷ついており、代理人は2019年までの契約について話し、結果次第では移籍になる可能性等。

【Gazzetta】モエナ・キャンプに招集されているソッティルですが、来シーズンは多分、レンタル移籍になるだろう。エンポリが興味を示している。

【Sportitalia】フィオレンティーナのGKの待望のミスターXはGKライコヴィッチ?コルヴィーノGDは多くの選手をリストアップしているが、その中でもGKライコヴィッチを気に入っている。現在、セルビア代表であり、マッカビ・テルアビブに所属しています。GKライコヴィッチはGKラフォン、GKコスティルの主な代案になるだろう。

ヴェヌーティ
『フィオレンティーナへの復帰?興奮しています。トップチームにくるのは初めてです。プリマヴェーラでプレーしていましたから。だが、今はもう自分を子供だと感じることはありません。私はフィレンツェに残る事が出来、納得して忙しくなる事を願っています。EL?プレーすることは皆の夢です。フィオレンティーナをどう評価するか?常に勝利を目指し、将来の為の基礎を築いてきました。強固な基盤が重要です。ティフォージに?フィレンツェではまだ見知らぬ人ですが、自らを誇示してティフォージを喜ばせることを望みます。』

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『明日にはMFパサリッチ、GKの獲得の加速が期待されます。GK?多分、コルヴィーノGDはGKラフォンに行くが、何かを隠しています。オリヴェイラ、クリストフォロ?南米のチームとの交渉は長いです。恐らく、ペニャロールがオリヴェイラ。エイセリックのフランス復帰に注意して下さい。ロリニに関してはレガネスから調査が有ったが、金額が低い。』

【Corriere】ヴィオラが最初に手を付けなればならないのはGKです。最もホットな名前はトゥールーズのGKラフォンですが、犠牲が必要です。トゥールーズが1500万ユーロを下回る事を望んでおらず、フィオレンティーナは厄介なレンタルと将来の移籍金の一部を渡すことで獲得する事が出来るだろう。GKラフォンはトゥールーズから出て、新しいチャレンジを望んでいます。

【Nazione】フィオレンティーナはGKラフォンの獲得を望んでいるが、トゥールーズは1800万ユーロと高い評価をしている。その為、エイセリックを交渉に絡めて値下げを考えている。トゥールーズは既に新しいGKを獲得している。

【Corriere】獲得の噂が有った、モナコのMFメイテですが、ラツィオとモナコの間でレンタル移籍での合意が有ります。

【alciomercato.it】フィオレンティーナは、ハポエル・ベエルシェバのWGイサーク・クエンカ(1991年)に注目している。2020年までの契約であり、イングランド、スペインのクラブも興味を示している。

【tuttomercatoweb.com】獲得の噂が有ったミランのGKガブリエウですが、代理人とミランの話し合いの結果、フロジノーネ行きで合意しました。300万ユーロの買取義務のレンタルになる。

【The Sun】アイントラハト・フランクフルトのFWレビッチに、トッテナムに加えてエバートンも興味を示しています。移籍金は約3000万ユーロと言われており、フィオレンティーナには次回移籍金の30%がはいる設定になっている。

ロ・ファーゾ
『フィオレンティーナという優れたレヴェルの環境で、ピオリ監督という熱い監督と素晴らしいチームメイトと共に過ごしました。それは素晴らしい経験でした。アストリの悲劇には深い感銘を受け、私に多くの事を教えてくれました。後悔?唯一の後悔はプレー機会が少なかったことです。少しの運と怪我がなければ、もう少しプレーできたでしょう。だが、その2つがあり、残念ながら悪いシーズンでした。だが、その困難が、私の精神と信念の成熟を助けてくれました。最大限の練習とプレーできませんでしたが、学ぶことはできました。その事には満足しています。今は、パレルモで私の夢を追います。』

ロ・ファーゾの代理人
『彼は突破するためのすべての資質を持っています。2〜3年で非常に高いレヴェルに達することは間違いありません。その為も私は彼をAに留めておきたい。パレルモが昇格することを望んでいましたが、今は彼にとって最高の解決策がなんであるかを理解する必要があります。彼には別の機会がふさわしい。オファーがないわけではありませんので、クラブと話をします。彼を信じる監督とAでやり直すことはできますが、昨シーズンよりも保証が必要です。』

モエナ・キャンプ、召集メンバー

モエナ・キャンプ、召集メンバー

GK ドラゴフスキ
DF ビラーギ、ディクス、ハンツコ、ロリニ、オリヴェイラ、ペッセラ、ウーゴ、ヴェヌ―ティ
MF ベナッシ、クリストフォロ、ダボ、サポナーラ、ヴェレトゥ、エイセリック
FW キエーザ、グレイシアル、シメオネ、テレオ、ヴラホヴィッチ

プリマヴェーラから
GK ブランコリーニ、ギドッティ
DF フリストフ
MF ベレコ、メッリ
FW ゴッリ、ソッティル、モンティエル

セロフォリーニ、ミレンコヴィッチ、サンチェス、バエズ、スケティーノ、ゼクニーニは遅れての参加になります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ