2018年07月

ニュース色々

【GianlucaDiMarzio.com】FWピアツァの将来はすぐにでも定義されるでしょう。フィオレンティーナ、サンプドリアの争いです。最後の数時間でユヴェントスは買取オプション付きのレンタルに扉を開きました。これまでは買取義務を望んでいましたが。また、この交渉にMFストゥラーロも含まれており、フィオレンティーナがMFストゥラーロを完全移籍で獲得した場合のみ、FWピアツァのレンタル移籍を認める形になります。

【violanews.com】FWピアツァは再び戻ってきます。失速したかと思われたフィオレンティーナ行きですが、FWピアツァ、代理人、コルヴィーノGDのお陰で衰えていません。重要なのは選手の意思で有り、他のオファーを断りました。だが、交渉は完全に終わった訳ではありません。ユヴェントスはドライ・ローンを望んでおらず、フィオレンティーナは買取オプション付きのレンタルをオファーしました。ミランとユヴェントスとの交渉にからむような報道もありましたが、今、ユヴェントスとフィオレンティーナの間で、MFストゥラーロも含めて交渉がされています。ユヴェントスはフィオレンティーナにのみ買取オプション付きのレンタルを許しているが、それはMFストゥラーロとセットの場合のみです。もし、フィオレンティーナがMFストゥラーロを評価しない場合、FWピアツァはドライ・ローンになります。

ジャーナリストのチェッカリーニ氏
『FWピアツァに関しては最終的に式が変わるでしょう。買取オプション付き、買取義務と交渉していたが、最終的にはドライ・ローンになる可能性がある。』

【Nazione】フィオレンティーナは、FWピアツァの代わりとしてFWガッビアディーニをリストアップしていると言われていますが、それはありません。理由として、FWガッビアディーニがプレミアでのプレーを望んでいる事、年俸250万ユーロを超える契約が問題になっているためである。

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『ユヴェントスはフィオレンティーナに扉を開きました。決定的な時間を過ごし、FWピアツァを解放しようとします。ユヴェントスが折れる可能性は確かにあります。FWピアツァの交渉はFWイグアインとは関係ありません。ミラン、チェルシー、彼の移籍の可能性は除外されません。サンチェス?1月の現在では状況が異なります。ワールド・カップの1戦目、2戦目で彼は状況を悪くしました。パルマ、ボローニャ、まだ状況を混乱させる可能性が有ります。』
『FWピアツァ?決して意見を曲げませんでした。フィオレンティーナ、ユヴェントス間で合意はまだありませんが、サンプドリア、国外からのオファーを断っている彼にとってはプラスになっています。希望は確立されます。フィオレンティーナの優先準備はFWピアツァです。FWサンソーネ?ビジャレアルとの交渉が有り、彼はイタリア復帰を望んでいるが、FWピアツァの交渉を待たなくてはいけません。FWガッビアディーニ?誰が報じたか知りませんが、彼は何処でプレーするのです?彼の年俸を知っていますか?放出?サポナーラの状況に動きはありません。パルマの他にも興味を示しているチームが有るかもしれません。シメオネ?アトレティコ・マドリッドからの関心について話しています。フィオレンティーナは数週間引っ張っている。』


獲得の噂が有ったFWエル・シャーラウィ
『偉大なクラブに競争が有るのは普通の事です。私はここで幸せであり、未来は此処にあります。』

【Ekipa24】プリマヴェーラのMFヴァレンシッチはスロヴェニアのオリンピア・リュブリャナに移籍します。個人的な理由による帰国です。

【Nazione】ツアーの後に、ピオリ監督、コルヴィーノGDはプリマヴェーラから誰をトップに残すかを決めます。現時点では、モンティエル、ソッティルが好まれています。ソッティルは高い資質もあるが、犠牲を払う姿勢を好まれています。モンティエルの獲得に関して、コルヴィーノGDは6月11日に両親を招待し、フィレンツェが息子にとって最善の成長路線とあると確信させました。その後、解約条項の200万ユーロを支払い獲得しました。

ニュース色々

【sport.es】アトレティコ・マドリッドから、シメオネ獲得に4000万ユーロのオファーが有ったが、フィオレンティーナは断りました。フィオレンティーナはシメオネの価値と可能性から考えると、その額は安すぎると考えている。またシメオネも父親のクラブからのオファーであるが、退団を考えていません。

【Corriere】失敗に終わったと思われているFWピアツァ獲得ですが、2日以内にコルヴィーノGDは交渉をまとめ、新たな冒険が始まります。FWピアツァ本人の強い意志にユヴェントスが折れる形で有り、買取義務ではなく買取オプション付きのレンタルでの獲得になります。

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『FWデフレルだけでなく、FWピアツァもサンプドリアに行く可能性がある。コルヴィーノGDが買取オプション付きのレンタルでオファーを出しているにもかかわらず、サンプドリアとユヴェントスとの間で話し合いが有り、今後数時間で決まる可能性がある。』

【Tuttosport】フィオレンティーナはFWピアツァに賭ける事にしました。2500万ユーロの買取義務でのレンタル移籍で、新たにユヴェントスに連絡を取りました。一方、シメオネにアトレティコ・マドリッドから4000万ユーロのオファーがあります。メルカートはまだ閉じておらず、どのようなことでも起こる可能性があります。

【Violanews.com】ゼクニーニは2022年までの契約を結び、ローゼンボリにレンタル移籍していました。そして、10試合、1ゴールを決めました。ローゼンボリとは別れを済ませており、フィレンツェに戻る準備をしているが、フィオレンティーナはレンタル移籍で経験を積ませることを考えている。

【Nazione】代理人は否定しているが、サウサンプトンのFWガッビアディーニについてコルヴィーノGDが調査している。

シメオネ インタヴュー

シメオネ
『私が此処に来て以来、誰もがバティストゥータについて話をしています。彼は比較対象として最大のものです。
昨シーズン、私は14ゴールを決めました。それは私がバティストゥータであると意味することではなく、私は私であり、単にシメオネでありたいのです。
サッカーの世界で自らについて話す時、それは重要な事です。それは興奮させることです。2年前、アルゼンチンから来ました。
目標?
最も重要な事、ストライカーについて唯一の事はゴールに恋することです。
私のゴールの全ては私が短期間でもたらした事に大きな満足をもたらしましたが、私はもっと多くを与える事が出来ます。
まだ成長しなければなりません。
これらの兆候は改善する為に私を後押しします。
セリエAの2シーズンで26ゴール?
最初から此処までゆっくりと成長してきました。チームでチャンスを待っている人や、別の電車に乗っていくことを好む人、色々な人が居ます。それぞれ成長する最善を選んでいきます。
だから、私は目標を設定して改善したくないのです。
父について?
家族について何かを気にすることはありません。逆もそうです。
私は父が父の愛する方法でサッカーをしている事が好きです。
そして、サッカー選手として教えてくれた事を超えて、父はあらゆる側面を気遣う素晴らしい父親です。
しかし、私は自分自身、試合と人生について話をしたいと思っています。
サッカーの他に、美術史が本当に好きであり、祖父、叔父、母から借りました。
此処、フィレンツェに到着した時、私はフィレンツェの中心を旅すること以外、何も出来ませんでした。サッカー以外についても、本を読み、研究していかなければならない事を理解しています。
特定の文化を持つと言うことは、皆にとって重要です。此処には多くの事が有ります。
フィレンツェは暖かい街?
フィオレンティーナは街で唯一のチームです。
ロナウドが到着し、ユヴェントスとの試合を誰もが夢見ています。彼の到着はイタリア・サッカーにとって良い事です。
代表?
新生代の一人?
改善し続ける必要が有りますが、成功するのなら可能性がある事はわかります。サイクルが終わり、チャンスが生まれます。
それはフィオレンティーナのユニフォームでどうプレーするかにかかっているが、父が代表のユニフォームを着ているのを見て育ったので、少年以来、ずっと持っていた目標であり夢です。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ