2018年09月

ピオリ監督 試合前会見

ピオリ監督
『水曜日の朝、私達が残したものは、私達が影響を及ぼす可能性のある状況を分析したものです。
私は、火曜日とアタランタに対する昨シーズンのエピソードについて話したいとは思いません。
VARの使用が変更され、適用される規制に関心を持っています。
私達は困難な試合に向かいますが、非常に重要なプレーをすると思います。
シメオネ?
問題有りません。高いレヴェルに留まる為には犠牲が必要であり、彼はそれを知っています。
難しさを生みだしたが、常にチームの為にプレーしてきた相手と戦います。
明日は、最初からプレーする準備が整いました。
インテルの2失点目はチーム・メイトのミスを上手くカバー出来なかったので、ミスの可能性を頭に入れておく必要が有ります。
ティフォージの前で慎重で熱心なチームを見ました。
アタランタは攻撃陣が強く、質の高いチームです。私達は彼らを克服する事がどれほど難しいか知っています。
ミララス?
彼は出場に値する選手です。
キエーザ、ピアツァ、エイセリックといますが、選択は難しい。
試合毎に最高の選手を選びます。
ELへの直接対決?
分かりません。このリーグは昨シーズンと異なりますが、アタランタは変わらず厳しい相手です。
アタランタが直面した困難は分かりませんし、夏にも変更が有りました。
だが、今、チームは良好な状態です。
チームの状態?
何時も2,3の変化をしてきました。
それを続けていくと思います。
変更が有るでしょうが、良くなければがあれば変更しますが、それは病気であるというわけではありません。
ミスは誰にでもあることであり、私は常に疑問に思っています。選手たちを怒らせたくはありません。
明日の肯定的な結果は、シーズンの良いスタートを意味するでしょう。
私達は積極的なチームであり、多くのチャンスを創り出す事が出来ます。
契約?
私の考えではありませんが、私がフィオレンティーナを選んだ時、私は真剣さ、計画、サポート、そして熱意を見つけることを望んでいました。
その全てを見つけました。
クラブが私の契約について話をしたいと思う時、私はそこに居るでしょう。
インテル戦のキエーザ?
彼はサイドの棘でした。注意深くなれば、侵略は少なくなり、改善が必要です。
デッラ・ヴァッレオーナー?
練習前に話をしました。オーナーは私達が継続をするよう励ましてくれました。
オーナーがスポーツセンターに来る時、オーナーの存在は暖かいものであり、選手たちは幸せです。
アタランタはフィオレンティーナをモデルに?
私達の道のりは最初の30~40%です。
私達の仕事の公的的なフィードバックは好きですが、まだ早いく、仕事に集中しなければなりません。
チームを改善したいと言う思いは、良い資質を持っていることを意味します。
私達が良いモデルになる事が出来れば、それは私達の道が肯定的だった事を意味します。
ピアツァ、ミララス?
シーズンの進行に従った最良に向かっている。100%に近い状態です。
より細分化していけば、更に成長する事が出来ます。
ハンツコ?
多くの選手がプレーする機会が有りますが、試合に出るかはどうかは分かりません。
私は疲れた選手を見たくありません。』

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-3-3

GK ラフォン
DF ミランコヴィッチ、ペッセラ、ウーゴ、ビラーギ
MF ベナッシ、ヴェレトゥ、ジェルソン
FW キエーザ、シメオネ、ピアツァ

ニュース色々

シメオネ、ペッセラがアルゼンチン代表に招集されました。

フィオレンティーナの育成部門、アッリエーヴェ(U-17)、ジョヴァニッシミ(U-15)がLinkem(無線ブロードバンド・サービスの会社)とパートナー・シップを結びました。
フィオレンティーナ
『誰もが私達の若手に焦点を当てています。私達が提起し、時間をかけて統合する道です。この価値の共有に関して、私達は非常に満足しています。Linkemとのパートナー・シップはこのプロジェクトの真剣さ信頼性が認められたと言うことを意味します。』
Linkem
『このコラボレーションの発表は、私達の投資がこの領域に近付いていると言うことを意味します。私達はイタリアの会社であり、未来を見るのはDNAの中にあります。私達が言いたい事は情熱です。独特で独創性な企業家です。』

image-630x415


【Tuttomercatoweb.com】ベナッシにプレミアから2300万ユーロのオファーが有りました。しかし、フィオレンティーナはこれを断り、2022年で切れる契約の延長に焦点を当てています。


【Nazione】今日、アンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーはスポーツ・センターにきます。インテル戦についての話をするのと、キエーザ、シメオネ、ピオリ監督の契約更新について取り組むだろう。

【Gazzetta】バデリの代わりとして、ヴェレトゥが中盤の底に居ますが、タイプが違います。ヴェレトゥはフィオレンティーナの支柱であり、他チームにおいても重要な選手になるだろう。その為、フィオレンティーナは契約更新に動くべきだろう。

シメオネ
『私たち全員が、アルゼンチン代表を私の父が導く事を望んでいます。戦いのチャンスを与え、心を、選手に動機を与えます。アトレティコの試合を見て下さい。私は彼が良い監督として見えますし、将来、彼が代表の役割を果たしてくれると思っています。子どもと働くことのむずかしさ?監督にとっては簡単です。ゴールの為にプレーすることになります。そうでなければなりません。選手の視点から見ると、ロッカールームに父親が居ると言うのは複雑です。何人かの選手が不平を言うかもしれません。監督の何らかの決定について悩み、それについて話したいと思うと言う事が起こり得るでしょう。その為に、私を除外すると言う事も出来ます。私はまだ学ぶ事が多く、改善していかなくてはいけません。私はそれを大切にしたいと思っています。その為に練習し続ける必要が有ります。私の父は世界で最高レヴェルの監督の一人であり、選手として私は父に練習を付けてもらいたいと思っています。カタールでのワールド・カップで代表の9番?多分!2年前なら、私はこの様な事を創造していなかったでしょう。私は動機づけをします。起こった出来事は全て自分の仕事の結果であると信じています。2年以内にそれらのレヴェルに達して、もっと多くを与え、私が望むものを得る事が出来ると思っています。どうなるかはわかりませんが、私はこの道を行きます。そして、多分ある日・・・』

ニュース色々

コニーニ会長
『最近、ババカル、ベルナルデスキと、プリマヴェーラから重要な選手たちが生まれています。非常に豊かな下部組織です。既にキエーザに続く、有望な選手を育てています。このプロジェクトに継続性を与え、上手くいっています。多くの人がオファーを出しましたが、誰の話も聞いていません。多くのオファーが有ったと記事を読みましたが、私達は交渉のテーブルに着いた事はありません。私達のプロジェクトにおいて、彼は基本です。』
『PKに関しては既にコメントされているエピソードですが、私個人としては、審判全員がペナルティを受けていると信じています。不十分な審判でした。』

アントニョーニ・マネージャー
『キエーザ?彼は素晴らしい試合をしたし、完全な選手になっています。それほど磨かれていないとしても、今夜、その価値を証明しました。良くないエピソードがあり、大きな後悔が有ります。ボールが指先に触れてのPKは始めてみました。昨シーズンのミラン戦ではVARについて苦情を申し立てましたが、もう一度、言わなくてはいけません。ボールの軌道は代わっていません。ただ、審判だけがボールの行方が変わったのを見ました。それ以外について、試合に満足しています。』

シメオネ
『昨夜の結果に申し訳なく思っています。しかし、直ぐに勝つ為にプレーし、そこに戻ります。』

ウーゴ
『あまりにも悪い結果だが、私達は正しい方向に進んでいるようにしなければなりません。PK、結果・・・特定の事にクレームを入れることは出来ません。』

フレイ
『繊細なエピソードを解決する為、審判を助ける為にVARを導入したはずであり、彼らはプロで、それを上手く使う事が出来るはずです。だが、論争は減っていません。貴方はどう思いますか?』

ディクス
『ウーゴの手が当たったかについて疑問に思っています。審判は厳格にジャッジしていないようでした。VARを見た後決めていました。ウーゴとは優れた関係を築けています。彼は英語を話します。私はフィレンツェに来た当初はプリマヴェーラにいました。私は彼より一年以上前からおり、助言を与え、これを続けていけるよう奨励しようとしています。彼はこの2年で本当に大きく成長しました。彼はもっと遠くに行く事が出来ます。これはチーム全体に言えることであり、私達は若く、まだ成長の余地が有ります。今はチャンスを待っていますが、今年の夏、監督は私を2番手の選択肢としてフィオレンティーナに留めたいと意思を示してくれました。』

ミララス
『結果に失望しています。私達はもっと値しました。』

【Gazzetta】元フィオレンティーナで現在フリーのロッシですが、昨シーズン所属していたジェノアでのベネヴェント戦でのドーピング検査で陽性反応が出ました。この事が4ヶ月間も秘密にされていたということは奇妙なことです。ドルゾラミドは点眼薬に含まれる物質であり、眼内圧を抑える為に使用されています。目薬の使用は一般的であり、アンチドーピング規制によっても許容されています。実際、ロッシはその後、中断されるようなことはありませんでした。アンチドーピング委員会は、ロッシが目薬として使用していたと発言することを望んでいたが、6月、7月の2回の審問においてロッシは否定しました。ドルゾラミドは利尿剤として使用するには全身投与によってのみであり、ロッシはそれも否定しています。月曜の午後にも審問が有り、下手をすれば1年間の出場停止の可能性が有ります。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ