2018年10月

ニュース色々

【violanews.com】ヴェレトゥは11月16日のウルグアイとの親善試合に、フランス代表のデジャン監督から口頭で召集の約束されたと発言しました。11月8日にメンバーは発表されます。

【violanews.com】フィオレンティーナは、スウェーデンのBKヘッケンのMFケヴィン・アッカーマン(2001年)の獲得が非常に近くなっている。両クラブは交渉中です。BKヘッケンのSD「私は何も知りません。クラブの現在についてのみ考えている。」

ビラーギ
『ローマはCLを目指し、昨シーズンよりもうまくやるでしょう。私達は容易ではないとしても、ELに行けるように全ての事をやりたい。ローマは大きな攻撃力を持っているので、私達は積極的な試合をしなければなりません。ホームでのプレーであり、ホームでの無敗を継続したい。ティフォージが常に私達をサポートしてくれており、此処にくるチームにとって決して簡単なことではありません。デ・ロッシが欠場するのなら、ローマは重要な選手を失うことになるが、彼らは層の厚いチームであり、カリスマ性を失うが代わりの選手が居ます。ジェコ?重要なストライカーであり、経験と力が有ります。』

【calciomercato.com】ビラーギのフィオレンティーナでの冒険は続くことになるでしょう。先週、代理人とコルヴィーノGDとの間で会談が行われました。契約延長の話し合いで有り、現時点では合意に達するでしょう。2023年までであり、100万ユーロのボーナスが含まれている。

【Tuttosport】ユヴェントスは次のメルカートでDFを探しています。アヤックスのDFデ・リフトに加えてフィオレンティーナのミレンコヴィッチもいます。ミレンコヴィッチにはマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン等も興味を示しており、彼がヴィオラに留まる確率は0%であり、ユヴェントスに行く確率は35%です。

【Nazione】ピオリ監督はヴェレトゥを前目で使うアイディアが有り、その為にもノアゴールの復帰を心待ちにしている。ノアゴールは昨日からグループ練習に復帰しており、フロジノーネ戦には帯同出来るでしょう。

ニュース色々

ウーゴ
『ホームから離れても悪い結果ではありませんが、勝った可能性もあります。今、私達は休息して次の試合に備えます。次は厳しい試合になるでしょう。前半は疲れが有り、長いボールを多く蹴りました。後半はボールを低く抑え、少し楽でした。攻撃の問題?全ての部門で取り組んでいますが、今日も守備面でミスを犯しました。ミララスの試験?私達は監督を信じなければなりません。』

フレイ
『ラフォン?彼は重要な選択をしました。この経験をする為にフランスから来ました。国外から来たGKにとってイタリアは困難です。彼は情報を求める為に、フィレンツェに来てすぐに私に電話をしました。私は嬉しかったよ。マッツァーリ監督の意見には同意しません。厳格さはありませんでしたが、varはより良く使用されるべきです。フィオレンティーナには多くの見込みが有る選手が居ますが、フランスのグループが有ります。』

ベナッシ
『フィールドの出口での拍手?大きな満足と誇りを感じました。私はここで素晴らしい年月を過ごしました。いつも彼らに感謝しています。勝利なしで難しい?今日の場合、私達はずる賢さに欠けています。特に前半に多くのコントラスを失いました。だが1−1を保つ事が出来ました。チーム選択を間違った?今、私は反対側にいます。私は私にできる事をやろうとします。』


【TMW】何度か噂に上がった事が有るトラブゾンスポルのMFユスフ・ヤズジュ(1997年)について、フィオレンティーナは獲得する準備が出来ています。MFヤズジュの代理人がイタリアに来ており、話し合いが行われるようです。2000万ユーロとトラブゾンスポルが求める金額は高いが、コルヴィーノGDは冬での獲得を決めたいと考えている。

【violanews.com】シメオネ、ピアツァが深刻な問題を抱えており、フィオレンティーナの攻撃陣は苦戦している。現在のところ、フィオレンティーナはキエーザのプレー、ベナッシのゴールに依存しているが、攻撃陣の将来は非常に予測不可能です。現在の選択肢では、トリノ戦で消えていたミララス、非常に若いヴラホヴィッチがいるのみです。ヴラホヴィッチに関してはセリエBでプレーする必要があるでしょう。この状態の為、1月で攻撃陣にテコ入れが必要です。リヴァプールでクロップ監督の構想から外れているベルギー人FWディヴォック・オリジ(1995年)が興味深い。センターがメインの選手だが、サイドでもプレーは出来ます。現時点のでの年俸は160万ユーロであり、フィオレンティーナの範囲内でもあります。ユヴェントス、ミランも興味を示しているが、両クラブでは出場機会を与えることは出来ないだろう。

セリエA第10節 Torino -Fiorentina

Torino 1−1  Fiorentina(セリエA第10節)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK ラフォン
DF ミレンコヴィッチ/ペッセラ/ウーゴ/ビラーギ
CH ベナッシ(84分ダボ)/ヴェレトゥ/エデミウソン(46分ジェルソン)
FW キエーザ/ミララス/エイセリック(46分シメオネ)

【ベンチメンバー】
ハンツコ、ディクス、チェッケリーニ、ロリニ、ダボ、ジェルソン、ピアツァ、シメオネ、テレオ、ソッティル、ヴラホヴィッチ、ドラゴフスキ

Torino
3-5-2

GK シリグ
DF イッツォ/エンクル/ジジ
CH デ・シルヴェストリ(83分パリジーニ)/メイテ/リンコン/バセッリ(65分ザザ)/アイナ
FW ファルケ(85分ソリアーノ)/ベロッティ

【得点者】
Fiorentina   2分ベナッシ
Torino    13分OG

 
【警告・退場】
6分ミレンコヴィッチ、24分リンコン、67分ジェルソン、70分メイテ、76分ミララス、82分ヴェレトゥ


【スタッツ】
Torino -------Fiorentina
15---ファール---22
5---コーナー---5
2---枠内シュート---5
8---枠外シュート---1
1---オフサイド---1
55.3--ボール支配率--44.7

ピオリ監督
『勝利を手放した?
いいえ、その表現は適切ではありません。
最高の夜ではありませんでしたが、キャラクターの視点から素晴らしいパフォーマンスを見せました。
トリノは大きなプレッシャーとフィジカルを持ってプレーしていました。
シメオネが先発を外れた?
現時点での彼のプレーに完全に満足していませんでしたし、練習で彼より良い選手が居ました。
現時点で私達が作成した状況を微調整することはしませんが、重要な事は現場、苦しみの観点から作成し、成長することです。
それから最終エピソードを見直したいと思っています。
選手は後ろから回ったので、ペナルティは無かったと言っていました。
今日は決してあきらめませんでした、今日の試合は成長の為の重要な一歩です。
一生懸命?
守備面でラインの遅れが有り、後ろからのビルドアップに苦しみました。
フリーの選手を見つける事が出来ませんでした。』

ハイライト

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ