2018年11月

ニュース色々

【Secolo XIX】エンポリのDFディ・ロレンツォは現在600万ユーロの評価を受けている。フィオレンティーナ、サンプドリアが興味を示しており、具体的なオファーが来た場合、エンポリは金額を上げてくるだろう。

フランキのチケット販売担当者
『昨日、3000枚のチケットが売れ、合計38000枚を超えました。観客席は4万席あり、バイエルン戦の時ほどではありません。しかし、この素晴らしい出来事に満足しています。ユヴェントス側へ8000枚しか売らないという噂を否定する機会を得ることができました。チケットが高い?ユヴェントスが向かう他のスタジアムではもっと高いです。チケットがないとは入れないようになるかもしれません。』

【Corriere】アルゼンチン代表で負傷したペッセラは回復しており、ユヴェントス戦で復帰する可能性があります。

【Nazione】現在、ピアツァは別メニューで調整中であり、ユヴェントス戦での復帰は疑わしい。

【Corriere】ピアツァ、ペッセラは怪我から回復し、ユヴェントス戦で起用可能です。そして、明日にはアンドレア・デッラ・ヴァッレオーナーもフィレンツェに戻ってきます。

【violanews.com】ブラジルでの報道によると、フィオレンティーナからフルミネンセにレンタル中のジルベルト。12月31日までのレンタルですがフルミネンセはレンタルの延長を求めている。フラメンゴ、アトレティコ・パラナエンセも興味を示しており、特にアトレティコ・パラナエンセはコルヴィーノGDに公式のオファーを出している。フィオレンティーナは200万ユーロで2015年に獲得し、2020年6月までの契約があります。

チェッケリーニ
『私達はヨーロッパの中でも最も強いチームの一つ相手に、自らを試そうとしています。今シーズンはロナウドが加入し、さらにクオリティが上がっています。だが、私達は恐れるべきではありません。ティフォージに満足してもらう為にすべてを提供することを約束します。ロナウドをどう止めるか?彼とメッシのようなカンピオーネに対する特別な方法はありません。彼らはいつでも特別であり、それを気にせずに全力を尽くす必要があります。ホームはポイントを得る場であり、それはサッカーの歴史が証明しています。私達は試合後に後悔をしないように、最高を与える必要があります。当然、ホームであるのでティフォージのサポートを期待しています。フランキで戦うということは、誰にとっても決して簡単なことではありません。私達は彼らが発するアドレナリンを悪用しようと考えています。』

ラフォン
『私はクリスティアーノ・ロナウドのPKを止め、フィオレンティーナがユヴェントスに勝利することを望んでいます。どう止めるか?侵略し、強い意志と心で。2カ月勝利していない?しかし、長い間失ってもいません。成功へと戻るためには、ほんの少しだけ欠けています。そして、ユヴェントスを打ち負かすことは、適切な打撃を与えることになるでしょう。シメオネは偉大なストライカーであり、私達は自信を持っています。しかし、彼はまず、自らの手段に自信を失わないようにしなければなりません。ピオリ監督はトレーニングの初日から、私に信頼を与えました。それが私の進歩を助けています。』

【Nazione】新しいスタジアムは少なくとも2〜3年スリップします。新スタジアムに関してはメルカフィールの動向に依存しているからです。メルカフィールの承認の動きは迅速でしたが、順調にいけば2021年末までに実際の動きがあり、それまでに北部で利用可能な16ヘクタールに65000平方メートルの新しい家を構築する必要があります。その後、2022年からフィオレンティーナはノヴォリのエリアに52ヘクタールのスタジアムと周りの施設を建設をはじめ、2年後の2024年にプロジェクトを完成させます。フィオレンティーナは新しく拡張させる可能性があり、ノヴォリ地域が実際に利用可能になる前の12月31日には間に合わないからです。

ニュース色々

ビラーギ
『得点できなければ、勝つことは難しい。私達はFWに良いボールを供給できていません。多くの改善点があり、それに取り組んでいます。ゴール・マウスの邪魔にならないように管理し、私達は試合を管理しました。何も試合の変更点がないというとき、勝利は多くの助けになります。ゴールだけが欠乏しています。ユヴェントス?私達はホームでポジティブな動きを見せています。ユヴェントスに負けたくありませんから、転換期になるよう全力を尽くします。』

ミレンコヴィッチ
『私達は多くのチャンスを作って勝利しようとしていますが、不幸にもそうならず、家に帰ります。攻撃的な性質を示しましたが、ゴールを見つけることが出来ません。最近の試合に満足していません。しかし、次はユヴェントスであり、より良い準備をしなければなりません。ロッカールームの雰囲気が悪い?最新の公演には満足していません。しかし、私はチームメイトを助け、過去に起こったようなゴール・アクションで私が主役になった時のように攻撃面を進めようとしました。しかし、今日はそうなりませんでした。チェッケリーニ?彼とはすばらしい時間を過ごしました。このチャンスに値すると思っています。』

チェッケリーニ
『ヴィオラでデヴューしました。このユニフォームでのデヴューに興奮しています。空中戦と地上戦と両方で常に気をつけました。それはこの試合の中でポジティブなシーンの一つであり、5試合目の引き分けでした。今回はゴールがありませんでした。』

ナルデッラ市長
『シメオネ、キエーザ?チューニングに関してはサルヴィーニ、ディ・マイオより私のほうが良いと思います。彼らは人間の観点からみれば素晴らしい2人で、イタリアのリーグの中でも最高の若手たちであり、私は彼らに賭けています。ピオリ監督?人道的にはアストリのドラマにおいての最後のリーグを最高に関した彼は大きな価値のある人間です。彼は若いチームを訓練するのに適していると思います。空港の拡張?それはフィレンツェの成長だけでなくトスカナ全ての為に、政府からの空港拡張の停止について驚いています。停止に理由があるにしても、私は行われることを信じています。環境への影響があるかもしれませんが、VIA(環境影響評価)が市民や環境の生命を危険にさらすことはないと保証しています。空港から新しいスタジアム?すべての競技場のように新しいスタジアムはヴィアーレ・グイドーネからカステッロに建設する新しい駅までアクセスすることが出来るようになります。工事の可能性について疑問を呈したくありません。ディエゴ、アンドレアの両デッラ・ヴァッレと話をし、私は楽観的です。コニーニ会長、建築家のマッフィオレッティと会いました。彼らは前進しています。町の北側の新たな領域へのメルカフィールのシフトの部分には関係がありません。重要なことは、都市計画の承認を得ているということです。最終的なプロジェクトの延期は12月31日以降?その日までにフィオレンティーナはドキュメンテーションを発表し、それが完了するかどうかは技術者が発言するでしょう。重要なことは前進しているということです。ディエゴ?彼は起業家として、偉大な人格と強いカリスマを持っています。私がフィオレンティーナについて話をするとき、彼は常に現れ、動機付けられた情報を得ています。彼は物質的な欠如を前提にしていません。セリエAでは繰り返されてきたことですが、彼はそれに近づくためのチャンスをつかむことだけで十分でしょう。私は克服できないほどの距離だとは思っていません。』

【violanews.com】シメオネの移籍金は1500万+300万ユーロで移籍後のゴール数が16ゴール。260分に1ゴールで、1ゴール112.5万ユーロ。ここ5年では、エル・ハムダウィが移籍金80万ユーロ、4ゴール。171分に1ゴール、1ゴール21.2000ユーロ。ロッシが移籍金が約1000万ユーロ、19ゴール。128分に1ゴール、1ゴール52.6万ユーロ。ゴメスが移籍金1800万ユーロ、14ゴール。231分に1ゴールで、1ゴール128.5万ユーロ。カリニッチが移籍金550万ユーロで33ゴール。187分に1ゴールで、1ゴール16.7万ユーロ。シメオネはゴメス並みの数字になります。



European Football Benchmarkによる好感度調査(イタリア国内の3400万人のサッカーファンに聞いた調査)
好き(青)⇔嫌い(赤、グレイ)
sondaggio-tifosi

セリエA第13節 Bologna -Fiorentina

Bologna 0−0  Fiorentina(セリエA第13節)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK ラフォン
DF ミレンコヴィッチ/チェッケリーニ/ウーゴ/ビラーギ
CH ベナッシ(87分ダボ)/ヴェレトゥ/エデミウソン
FW ジェルソン(80分ミララス)/シメオネ(72分テレオ)/キエーザ

【ベンチメンバー】
ロリニ、ノアゴール、エイセリック、ミララス、ダボ、ハンツコ、ソッティル、ヴラホヴィッチ、ブランコリーニ、ディクス、ドラゴフスキ、テレオ

Bologna
4-3-3

GK スコルプスキ
DF カラブレージ/ダニーロ/ヘランダー/マッティエッロ(87分ダイクス)
CH ポーリ/プルガル/スヴァンベル(56分クレイチー)
FW オルソリーニ(72分ジュマイリ)/サンタンデール/パラシオ

【得点者】
Fiorentina  
Bologna  

 
【警告・退場】
47分ウーゴ、60分カラブレージ、74分クレイチー、88分パラシオ

【スタッツ】
Bologna -------Fiorentina
11---ファール---20
4---コーナー---9
4---枠内シュート---5
1---枠外シュート---9
1---オフサイド---2
43.3--ボール支配率--56.7

ピオリ監督
『私達は勝つ為にできるすべてのことをしました。
今日、フィオレンティーナが危機であると話すことはよいことではありません。
私達のフィールドへの入り方、プレー方法について。
私達は8回、チャンスを作りました。
それは私たちが主張するものであり、勝利になる場所です。
イタリアのリーグは非常に競争力のあるものであり、私達は5試合に負けています。
選手たちが少し落ち込んでいるように見えましたが、私達は勝利に戻ります。
選手たちは若いが責任があり、試合中にできることをしようとしますし、そうしたいと思うことは当然です。
私達はストライカーに自信を持っています。
ストライカーにゴールは戻るでしょう。
ジェルソン?
私達はボールをしなったとしても、チームがフィールドをうまく維持できるようにしたいと思いました。
今日はタフでしたが、上手くいきました。
環境?
素晴らしい。チームには多くの情熱と愛があります。
私達の目標は昨シーズンより上の順位です。そしてシーズンはまだ長い。』

ハイライト

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ