2018年12月

セリエA第19節 Genoa -Fiorentina

Genoa 0-0 Fiorentina(セリエA第19節)


Fiorentina
4-2-3-1

【メンバー】

GK ラフォン
DF ロリニ(66分チェッケリーニ)/ペッセラ/ミレンコヴィッチ/ビラーギ
CH エジミウソン(57分ベナッシ)/ノアゴール
OH キエーザ/ミララス(83分ピアツァ)/ヴェレトゥ
FW シメオネ

【ベンチメンバー】



Genoa
3-1-4-2

GK ラドゥ
DF ビラツキ/ロメロ/クリシット
DH ロロン
CH ロムロ/ヒリエマルク(59分ヴェローゾ)/ベッサ(89分サンドロ)/ラゾヴィッチ
FW クアメ(83分ファヴァッリ)/ピョンテク

【得点者】
Fiorentina  
Genoa   

 
【警告・退場】
68分ビラーギ、75分ピョンテク、90分ラゾヴィッチ

【スタッツ】
Genoa------Fiorentina
21---ファール---7
7---コーナー---3
3---枠内シュート---3
4---枠外シュート---5
2---オフサイド---2
43.9--ボール支配率--56.1

ピオリ監督
『私達は不運でした。
残念ながら、これは初めての事ではありません。
私達はもっと、よりよくしなければなりません。
今日、私達の選手に何も言うことはありません。
残念ならが、私達は正確性を欠いていました。
例え不運があったとしても。
厳しいエピソード?
ユヴェントス、サンプドリア戦を見ました。
私達も他チームのように扱われたいです。
腕が体の容積より広ければ、それは厳密には当たっている。
私は手を挙げたが、審判と話はしませんでした。
間違った決断でした。
厳しさがあるとき、私達にもそれを与えなければなりません。
中間シーズン?
あと2つは勝たなくてはいけませんでした。
判断次第で大きく変わったと思います。
だが、私達は良い後半戦を戦う事が出来ると思います。
26ポインよ以上を作る事が出来ると思います。
3ポイントを持って帰る為に、幾つか改善していかなくてはいけません。
57ポイント以上にならなければなりません。
シメオネ?
マークされていました。
ノアゴールとヴェレトゥの同時起用?
それは特別なフォーメーションであり、私には一緒にプレーさせることが正しいことだと思えました。』

ハイライト

セリエA第18節 Fiorentina -Parma

Fiorentina 0-1 Parma(セリエA第18節)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK ラフォン
DF ミレンコヴィッチ(40分ロリニ)/ペッセラ/ウーゴ/ビラーギ
CH ベナッシ(54分ジェルソン)/ヴェレトゥ/エジミウソン(69分チェッケリーニ)
FW キエーザ/シメオネ/ピアツァ

【ベンチメンバー】
ロリニ、チェッケリーニ、ノアゴール、ジェルソン、ダボ、モンティエル、ソッティル、ヴラホヴィッチ、ブロンコリーニ、ドラゴフスキ、テレオ

Parma
4-3-3

GK セペ
DF ガッツォーラ/ヤコポーニ/バストーニ/ガッリョーロ
CH デイオラ/シュトゥラツ(45分スコッツァレッラ)/リゴーニ(76分バレッラ)
FW シリガルディ(87分ジェルヴィーニョ)/イングレーゼ/ビアビアニー

【得点者】
Fiorentina  
Parma   45+1分イングレーゼ

 
【警告・退場】
13分ミレンコヴィッチ、18分リゴーニ、31分ペッセラ、40分ロリニ、65分(RED)ウーゴ、74分ビアビアニー、88分ジェルソン、89分イングレーゼ、90分デイオラ

【スタッツ】
Fiorentina------Parma
16---ファール---15
9---コーナー---2
8---枠内シュート---2
12---枠外シュート---3
0---オフサイド---3
68--ボール支配率--32

ピオリ監督
『最高で幸運な比ではありませんでした。
平均化することはできませんでしたが、後半、実際の試合では脅かされたことは少なかったと思います。
しかし、私達のせいで失ってしまいました。
私達は自らのプレーを知っており、このような状況を認める必要はありませんでした。
そのミスがなければ、多分、ゴールを割られることはなかったでしょう。
11VS11でさえ、私達は決定的な場面を逃しました。
最後の16メートルで25回、プレーしましたが、クオリティの選択の面で欠けていました。
ウーゴによって失われた状況も、その一つからです。
神経質なチーム?
このような試合で緊張しているのは普通ですが、明快さに失敗したことはありません。
私達は具体性を失いました。
パルマのプレー方法を尊重しますが、フィオレンティーナは失うべきではありません。
一方のチームが試合を支配したとは思っていません。
キックバック?
サッカーではそれがなければなりません。
私達は決心し、集中しなければなりません。
ポイントを得たいと思う、困難な相手と対戦しますが、私達もポイントを得るために向かいます。
自信を持たなくてはいけません。
ミレンコヴィッチ?
筋肉の損傷ではないので、回復すると思っています。
また、問題を抱えていたミララスも回復すると思います。』

ハイライト

パルマ戦 招集メンバー

パルマ戦 招集メンバー

GK ブロンコリーニ、ドラゴフスキ、ラフォン
DF ビラーギ、チェッケリーニ、ウーゴ、ハンツコ、ロリニ、ミレンコヴィッチ、ペッセラ
MF ベナッシ、ダボ、エデミウソン、ノアゴール、ジェルソン、ヴェレトゥ
FW キエーザ、ミララス、モンティエル、ピアツァ、シメオネ、ソッティル、テレオ、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-3-3

GK ラフォン
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、ウーゴ、ビラーギ
CH ベナッシ、ヴェレトゥ、ジェルソン
FW ミララス、シメオネ、キエーザ

ピオリ監督
『彼らは非常に危険な相手であり、向き合うのが難しいです。
彼らは試合をうまくコントロール、特にアウェーでやる方法を知っています。
ジェノア、インテル、トリノに勝っており、当然の事ながら、自分たちがなんを望んでいるか、どうやってそれを手に入れるかを知っています。
殆ど場合、常に相手の攻撃を受けているが、FWジェルビーニョで上手く反撃をしています。
私達はそれに備えるために、資質を整え、リスタートの苦しみを避けるために明確にしなければなりません。』

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ