2019年02月

Fiorentina - Atalanta(コッパ・イタリア準決勝第1戦)

Fiorentina 3−3 Atalanta(コッパ・イタリア準決勝第1戦)


Fiorentina
4-3-3

【メンバー】

GK ラフォン
DF チェッケリーニ(80分ロリニ)/ミレンコヴィッチ/ウーゴ/ビラーギ
CH ベナッシ/ヴェレトゥ/ダボ(76分シメオネ)
FW キエーザ/ムリエル/ジェルソン(52分エデミウソン)

【ベンチメンバー】
ロリニ、ノアゴール、ピアツァ、ハンツコ、モンティエル、ペッセラ、テッラチャーノ、エデミウソン、グレイシアル、ヴラホヴィッチ、ブランコリーニ、シメオネ

Atalanta
3-4-1-2

GK ベリシャ
DF トロイ/パロミノ/マンチーニ
CH ハテブール/デ・ローン/パサリッチ/カスターニュ
OH ゴメス(87分バロウ)
FW イリチッチ/サパタ(85分レツァ)


【得点者】
Fiorentina  33分キエーザ、36分ベナッシ、79分ムリエル
Atalanta   18分パサリッチ、16分ゴメス、58分デ・ローン 

【警告・退場】
27分ウーゴ、34分マンチーニ、40分トロイ、45+1分ハテブール、81分ビラーギ、90+4ロリニ

【スタッツ】
Fiorentina-------Atalanta
17 ---ファール---15
5---コーナー----6
3---枠内シュート---4
3---枠外シュート---3
2---オフサイド---1
41.1--ボール支配率--58.9

ピオリ監督
『継続的に逆転の試合でした。
アタランタは最初のチャンスを利用し、それで私達は困難に陥りました。
だが、私達は試合を続け、ゴールを探しました。
3-2で苦しんだことに後悔はあるが、しかし、私達はベルガモで勝つ事が出来ます。
今、私達は3-3に慣れている。今度は、追加を保証します。
2チームとも多くの攻撃をしました。
ガスペリーニ監督との意見の相違は克服されました。
私達はお互いに勝ちたいと思っている。
アタランタの3トップは強いので、特定の状況を制限しなければなりません。
リーグでトップクラスの攻撃です。
私達は通過するためには、1対1でもう少し勝つ必要がありますし、彼らの守備陣を困らせなければなりません。
これから2カ月ありますが、私達は信じています。
ピッチで良くなった後は、コンパクトでした。
私達は不利益を感じ、精神的側面に苦しんでいても、私達はいつもそこから回復しています。
ダボがサイド?
日曜にプレーしたMFのうち、エデミウソンが一番疲れていました。
その為、先発させませんでした。
私達は全エネルギーをピッチに投入しなければなりません。
そうすれば、インテル、ローマを困難に陥らせる事が出来ます。
今週が重要なことは知っていました。
アストリの思い出もあります。』

ハイライト

試合前会見

ピオリ監督
『勝つことを試みるか?
1990年に決勝で敗れたとき、私はいませんでした。
アタランタ?
私達は既に同条件で戦ってきました。
明快さと注意を払わなければならないとき、私達は試合のリズムをうまく理解しなければなりません。
私とガスペリーニ監督の試合への解釈は似ているが、戦術的な側面は無視しています。
攻撃的観点から、多くのチャンスを作っているが、少し前までゴール数に苦しんでいました。
2チームとも上手くやっています。
日程?
同一にプレーすることは正しいことです。
昨日は、疲れた選手がいましたが、動機と試合の重要性が回復を助けることになるでしょう。
練習?
インテル戦に向かうときから、1週間のメニューを頭に入れていました。
審判?
真剣さとプロ意識を持っていたとしても、誤審はあります。
例えランダムだっとしても、VARは一方にしか批判されませんでした。
VARがなければ、インテルに対するPKは認められなかったでしょう。
私は指先について話をしたくありません。
キエーザ?
ガスペリーニ監督と対立しているとは思っていません。
今、状況は変わっています。シミュレートに関して明確にしませんでした。
インテル戦の後のキエーザの足をあなたに見せてあげたい。
VARへのアプローチ?
VARの使用は疑問視されては池間s年。
アストリへの侮辱?
判断するためのコメントは不要です。
トップに?
目標はヨーロッパに戻ることです。それは一晩で全てをすることはできません。
アタランタは確かに素晴らしいチームですが、私達は高く狙う必要があります。
ムリエル?
私はどのようなボールからでも重要なものを生み出せるクオリティの高い選手を求めました。
私達にスペースを与えてくれた相手と、素晴らしいパフォーマンスをしました。
ゴール前を閉める相手に対しては才能が必要であり、ムリエルはそれを持っています。
誰がいない?
ミララスとペッセラ。
長期的な試験?
たとえ私達が多く計算をすることをしていないとしても、そうです。95分をプレーする為に考える必要があります。
私達は自らの試合の哲学を持っています。
私達のリズムでプレーをしたい。
フランキ?
ティフォージが来ないということについて考えません。
私が選手だった時は、完全なスタジアムでした。
私がここにきて願うことは勝つことです。
アストリ亡き後、特別な気分になるときがあります。
戦うクオリティ?
それは私が一番好きな資質です。
それら全ての論争でチームの優れたパフォーマンスを見失いました。
今、チームは注目を集めていますが、もっと注意を払う必要があります。
ミレンコヴィッチ?
彼は回復しました。
彼をどこで起用するかについて理解するために、2つのトレーニング・セッションを持っています。
シメオネ?
彼は私の望んだように答えました。彼は困難な時間を過ごしました。そして、約束の面で彼のパフォーマンスは決して失敗しませんでした。
彼は非常に熱心な選手です。ベンチにいたとき、彼はその選択に満足していませんでしたが、支持したときに見逃すようなことはしませんでした。
私の選択はキエーザの分野での立場で大きく左右されます。』

ニュース色々

バティストゥータ
『私のキャリアの中で、レアル・マドリッド、ミラン、マンチェスター・ユナイテッド等が獲得を試みましたが、私は常にフィオレンティーナに留まることを好みました。移籍をすれば多分、200以上のゴールを決めたでしょう。しかし、私は間違いなく退屈したでしょう。重要なトロフィーを獲得したことは一度もありませんが、フィオレンティーナがビッグ・クラブと戦うことを手助けする事が出来たので、私は自らを勝者とみなします。』

チェッケリーニ
『喪うに値する試合ではなかった。最後に開放されました。インテルは私達より多くのドリブルをしましたが、ムリエル投入以降はそうではありませんでした。私達はあらゆる点で同様のものを探しました。VAR?私達はTVを見る事が出来ませんでしたが、ジェスチャーは雄弁であるように思います。ダンブロージオは手でボールに触れたのです。コッパ・イタリア?私達は多くのエネルギーを費やしましたが、これはアタランタに勝つ為に正しいエネルギーを与えます。1−0の時?向かい風だったので簡単ではなかったが、上手くいきました。昨晩の状態では、私がプレーするかどうか知りませんでしたが、いつも準備をしています。水曜日?私のキャリアの中でも最も支配的な試合です。ムリエル?素晴らしいゴールでした。本当は素晴らしかった。』

ムリエル
『笑顔とキス。恐れをもって向かいましょう。論争はわきに置いて。そう、フィオレンティーナにはまだ素晴らしい試合が残っています。リセットして、水曜日に備えましょう。180分の内の90分。そして、私達は夢に近づきます。』

キエーザ
『このチームとティフォージは決してあきらめません。』

ウーゴ
『決定的な週をうまく始めるために重要なポイントです。』


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ