2019年04月

セリエA第34節 Fiorentina -Sassuolo

Fiorentina 0-1 Sassuolo(セリエA第34節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-1-1

GK ラフォン
DF ロリニ/ミレンコヴィッチ/ペッセラ
CH ミララス(46分ジェルソン)/ダボ(46分ベレコ)/ヴェレトゥ/エデミウソン(75分シメオネ)/ビラーギ
OH キエーザ
FW ムリエル

【ベンチメンバー】
チェッケリーニ、ノアゴール、ジェルソン、シメオネ、ハンツコ、ベレコ、モンティエル、ベナッシ、ヴラホヴィッチ、ウーゴ、ブランコリーニ、ギドッティ

Sassuolo
3-4-1-2

GK コンシーリ
DF デミラル/ペルーゾ/フェッラーリ
CH リロラ/マニャレッリ/ブラビア/ロジェーリオ
OH センシ(82分ダンカン)
FW ベラルディ(90+2分マトリ)/ババカル(70分ボガ)

【得点者】
Fiorentina  
Sassuolo   37分ベラルディ
    
【警告・退場】
8分ロリニ、29分ペッセラ、39分ペルーゾ、85分ベレコ

【スタッツ】
Fiorentina------Sassuolo
16---ファール---8
7---コーナー---8
4---枠内シュート---3
4---枠外シュート---4
2---オフサイド---5
44.5--ボール支配率--55.5


モンテッラ監督
『今日、私達は敗北を望んでいませんでした。
この1カ月半の評価が出来て幸運です。
だが、今夜はここまでの試合で前向きな答えを出してくれていたので、別の何かを期待していました。
パフォーマンスは確かにフィオレンティーナのものではありませんでした。
もっとやるべきことがあるし、何かを変えなければならないでしょう。
目の前にいる選手を手掛かりにチームを作ります。
私はもう少し洗練された、少し違うチームを気に入っている。
今日の試合を除いて、チームは精神、心をもってプレーしていました。
今夜、私達は最悪の試合をしました。
緊張しているか、何かが欠けているかのどちらかです。
私達は余裕がありません。
メルカート?
このチームはドリブルのチームではありません。
私は合理的な試合が好きです。
私達が出来る事と、メルカートに出てくるものを見てみましょう。
キエーザ?
公平ではありません。彼は若く敏感な選手ですから、噂は良くないです。
私達はそれにもっと注意を払うべきです。
私は魂として、最初の3試合を気に入っている。
説明はできます。
あまり経験がない選手たちにとって、現在の状況は簡単なものではありません。
私達は底にいます。
ダービーに立ち向かうために必要なリベンジを望む気持ちは、私たち一人ひとりの心の中にいるはずです。
私達は勝つ為に落ち着いて、やる気があり、元気です。
クラブと一緒にそれを作っていきます。
悪い試合をしましたが、それが本当のフィオレンティーナだとは思いません。
論争?
選手は全てのことに耐える事が出来なければなりません。
確かに若い子供たちの為にはなりません。
確かに不信感があります。
私にはわからないが、確かにこの雰囲気はだれの役にも立ちません。
ベレコ?
彼は私が期待していた、多くの運動量、フレッシュさ等、期待に応えてくれました。』

ハイライト

モンテッラ監督 試合前会見

モンテッラ監督
『今シーズンの最後の試合まで何を期待できるか?
今シーズンのフィナーレまで多くのことがあるでしょう。
まず第一に、私達はホームで勝っていないので、勝ってポイントを得る必要があります。
私が来て以降は正しいメンタルで始めましょう。
私にとってもクラブにとっても、勉強と分析の時間です。
まずはプログラミングから始めましょう。
若手?
面白い若手がいます。
練習で彼らを見たいと思っているが、まず第一に私達は勝利について考える必要があります。
将来?
監督は自らの役割を果たすことに専念し、クラブと対立する時に自ら意見を表明しなければなりません。
私のサッカーについての提案は非常に明確です。
今いる選手でチームの評価をしなければなりません。
私達が期待しているのは、私達が作りたい試合のアディアに関して、機能的な選手がおり、クラブが私の考えに同意することです。
キエーザが残るのなら?
非常に強い選手ですが、私にとってはまだ建設中の選手でもあるので、まだ成長する事が出来ます。
過去、最近でも去りたいサッカー選手がこのクラブから売られるとは限らないことを示しています。
トニ、ヨヴェティッチの件がそれを証明しています。
彼が去るとは限りません。
面白い若手?
ベレコは既に一緒にいました。モンティエルはとても面白い選手です。ヴラホヴィッチは既にトップチームの一員であり、素晴らしい資質を持ってます。
また、私が気に入っているコフィもいます。
ヨーロッパなしで?
それについては考えません。
私は選手と彼らの願望を評価するつもりです。
ただ、かけがえのない選手はいません。すべての選手は売る事が出来ます。
だが、それは全て代わりの選手によります。
キエーザ、ヴェレトゥ、ミレンコヴィッチは噂になっているが、困難な時期にもかかわらず、偉大な精神でプレーしています。
GK?
ラフォンがミスをしたかもしれないが、彼は1999年生まれの若手です。それにミスは大人でも犯します。彼はプレーします。
試合のアイディア?
私は利用できる選手を管理し、特定の状況の中、最善を尽くします。
MFセンシとゼルビ監督?
私達が作り直さなければならない、面白いサッカーを提案しました。
その中で、私達は美しいサッカーをする事が出来ます。
最近の試合で、サッスオーロはその価値に戻りつつあります。
MFセンシ?
私は他のクラブの選手について話はしたくありません。
オーナー?
私達に心の安らぎを与えました。
オーナーはチームの精神を気に入っています。
チームがやっているように、フィオレンティーナにコミットし続けるよう頼みました。
プロパティの再起動?
言葉の重みに応じて、構築、再構築したいプロパティがあります。
例え毎年、サッカーに失望があったとしても、結果の点で数年後に再立ち上げをするという情熱と願望があります。
此処でサッカーがしたいのです。
シメオネ?
例外的な選手。彼は自らの可能性を最大限に引き出すよう練習していますが、それは監督にとって常に楽しいことです。
彼はフィオレンティーナのリソースであり、私は選手を評価するのが好きです。
チームの雰囲気?
昨日は全員がっかりしたが、今日から誇りを持ってプレーしなければなりません。
フィオレンティーナは都市を代表するものであり、それを常に覚えておく必要があります。
ずる賢さが欠けているので年配の選手を?
それが関係するかどうかは分かりません。キエーザは若いですが、欠けているわけではありません。
メルカートの期待に依存します。
私達には多くの若手がおり、もちろん、層が厚いチームの平均年齢は私達とは異なります。
しかし、それは規則ではありません。』


ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ラフォン
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、ウーゴ
MF ミララス、ベナッシ、ヴェレトゥ、ダボ、ビラーギ
FW ムリエル、キエーザ

ニュース色々

ペッセラ
『私にとっては疑わしい、厳しいジャッジです。チェッケリーニはボールに行ったが、審判はゴメスに行ったと私に言いました。もちろん、もう時間が戻ることはありません。今、残り5試合に取り組まなければなりません。シーズン後に、誰もが起こった出来事について考えるようになります。私達は順調にスタートし3ゴールを上げました。それからミスを犯し、私達は倒れました。引き分けた試合が私達をより困難にしています。この試合までの間で色々試しましたが、困難でした。これからの5試合でユニフォーム、クラブを尊重し、全てを得ようとします。ピッチですべてを出しました。時々、良かったり悪かったりしましたが、決して後退しませんでした。』

【Corriere】アタランタ戦後、ヴィオラ・ティフォージと警察官の間で衝突があり、警官15名、ティフォージ4名が負傷しました。警官はティフォージ同士の衝突を回避するために動いていたといいます。問題はヴィオラ・ティフォージが2台のバスで到着したときにはじまりました。アタランタの大規模なティフォージのグループがバスを止めようとしましたが、警官が直ぐに周りをふさぎ、その時は事なきを得ましたが。
※しかし、一部のヴィオラ・ティフォージによると、スタジアム内に長時間拘留され、大量の催涙ガスを浴びせられたと訴えています。

【Corriere】フィオレンティーナのシーズンは此処で終わります。前半10分のヴェレトゥが2点目を決めれなかったことが全てです。決めていればアタランタを精神的に弱らせる事が出来た可能性があります。しかし、ヴィオラのシーズンはこんな感じでした。続けたいと思いますが、少なくとももう少し正確なサッカーのアイディアを持って、作り直さなければなりません。そうでないのなら、夢を続けることはできません。

【calciomercato.it】フィオレンティーナはヴォー所属のスイス人MFステファン・キュイエ(2001年)に興味を示しています。ベレコと同じ代理人であり、良好な関係を築けています。MFキュイエは6月で契約が切れるためにフリーで獲得する事が出来ます。

【Gazzetta】ナポリはヴェレトゥ獲得に2500万ユーロを提示し、フィオレンティーナは3000万ユーロを求めている。500万ユーロの差があるが合意に至ることはできるでしょう。また、MFディアワラについても話し合われていると思われます。フィオレンティーナは長い間彼に注目しているが、これについてはコルヴィーノGDの去就に依存します。

エンポリの会長
『フィオレンティーナとは日陰で合意に至っていました。トラオレの健康状態については、いくつかの馬鹿げた噂が独り歩きしているが、彼が受けたテストで示されたように問題は抱えていません。もし、フィオレンティーナが手を引くのなら、5つのトップクラブと交渉する準備が出来ています。メルカートに戻ることは利点でしかありません。』

【Tuttosport】キエーザにはヨーロッパの多くのトップクラブが興味を示しています。リバプール、チェルシー、バイエルン、ナポリ、インテル、ユヴェントス。特にユヴェントスとキエーザは非常に良い関係にあり、現金+MFオルソリーニ(MFマンドラゴラ)でポールポジションにいる。

【Gazzetta】ヨーロッパへの大会がなくなったので、キエーザの残留は非常に難しいものになっている。だが、デッラ・ヴァッレオーナーは8000〜9000万ユーロのオファーに耳を傾ける気はありません。正しい買い手が現れるのなら、そこから注目を集めるような2,3名を獲得するでしょう。

【Rai】スペツィアのFWオケレケはセリエBで最も興味深い選手の一人で、既に9ゴールを挙げている。フィオレンティーナを含む、多くのクラブが興味を示しているが、スペツィアは1000万ユーロの値をつけている。

【Gazzetta】モンテッラ監督の戦術的なプロジェクトへの現存選手の適応をこれから試すことになります。また、モンテッラ監督はメルカートについて明確な考えを持っており、フィジカルがあり、チームの為に動けるFW、質の高いMFを求めている。

【Gazzetta】モンテッラ監督が2019-2020年シーズンのチームの作成において中心的な役割を果たします。デッラ・ヴァッレオーナーはコルヴィーノGD他、スタッフを評価しているが、フレイタスSDは6月に辞任するでしょう。

【Gazzetta】新たなサイクルにおいて、ペッセラ、ムリエルの2名が柱になります。ムリエルは6月にセビージャから買い取られます。疑いはあるがラフォンは残るでしょう。出ていく中にはシメオネ、ウーゴ、ロリニ、ノアゴールも含まれており、ジェルソン、エデミウソンに関してはシーズン後までに評価します。また、ヴェレトゥはナポリが、ビラーギにはインテルが強い興味を示しています。ミレンコヴィッチには多くのイングランドのクラブが、ベナッシにはイタリア国内のクラブが興味を示しています。彼らの将来についてはオファーの金額次第になるでしょう。フィオレンティーナは既にジュルコフスキ、ラスムッセンが決まっており、トラオレについても合意に至っています。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ