2019年06月

ニュース色々

【TMW】正GKに選ばれたドラゴフスキの契約は年俸40万ユーロ未満で2021年までです。その為、年俸を上げ、契約延長をしてシーズンに集中することを望んでいる。また、ボーンマスが強い興味を示しており、年俸100万ユーロを用意している。ドラゴフスキはフィオレンティーナが正GKとして彼に賭けるのなら、残る事を選択します。

【Corriere】正GKにドラゴフスキを選択し、ラフォンはナントに向かいました。控えGKに関してプラデSDとモンテッラ監督はGKテッラチャーノかGKヴィヴィアーノにオファーを出すかを選択する必要があります。

【Repubblica】フィオレンティーナはメルカートでチームを強化させなければならず、FWイングレーゼは歓迎すべき選手ですが、ナポリは3000万ユーロと評価しており、交渉するにもコストが高すぎます。ヴェレトゥはナポリのMFウナス、MFログを獲得する重要なコマになるかもしれません。フィオレンティーナの補強ポイントはサイドアタッカーとダイナミックなMFです。MFではディナモ・ザグレブで新しいMFモドリッチと言われているクロアチア人MFニコラ・モロ(1998年)であり、長い間ミランのターゲットとです。評価額は1200万ユーロといわれています。攻撃陣ではFWデフレルの名前もありますが、MFバレッラの交渉に絡みカリアリ行の可能性があります。2500万ユーロと評価されているFWクトローネは中心的なものではありません。

【Gazzetta 】フィオレンティーナはまず、ヴェレトゥの件を解決する必要があります。火曜日にミラン、水曜日にナポリとプラデSDは話をします。ローマは後退しています。ミランはMFビリアを絡める事が出来、ナポリはMFウナス、MFログを絡める事が出来ます。補強についてはMFベナセルについてエンポリと合意しました。最終的な選択は選手次第です。リヨンとの争いになるが、フィオレンティーナは楽観的に見ています。

【Repubblica】コミッソ・オーナーはメルカフィールのプロジェクトに別れを告げる事を考えています。しかし、これは新しいスタジアムについて放棄すると言う事ではありません。コミッソ・オーナーはメルカフィールを含め、様々な仮説を検討しており、フィレンツェ内外の様々な土地に関する情報を集めています。現在、コミッソ・オーナーは点在しているオフィス等を一つ所にまとめることを優先事項にしています。

【Corriere】コミッソ・オーナーは、新しいフィオレンティーナをキエーザをカピターノにしてスタートさせたいと思っているが、その為にはペッセラをどう評価するかから取り組まなくてはいけません。

【Nazione】シメオネはサッスオーロからのオファーを拒否しました。シメオネは、レンタル移籍で獲得を希望しているアタランタを気に入っている。

【Nazione】フィオレンティーナはFWに関して手広く情報を集めています。モンテッラ監督はFWクトローネを気に入っているが、捜査は複雑です。ヴェレトゥの交渉に絡める事もできるが、ヴェレトゥにはナポリ行の可能性も残っています。ナポリではMFウナスをモンテッラ監督は気に入っています。プラデSDはFWシック、インテルが保有権を持っているルーマニア人FWゲオルゲ・プシュカス(1996年)、ステアウア・ブカレストのフロリネル・コマン(1998年)、インテルのFWヴェルガニ、カリアリのFWパヴォレッティ、ウエスト・ハムのFWアルナウトヴィッチなどをリストアップしている。

【Tuttosport】ナポリは現在、ヴェレトゥ獲得を急いでいます。元々、ヴェレトゥのファースト・チョイスだっただけにナポリは早々に獲得を決めたいと思っている。ナポリは1600万ユーロ+MFウナスかMFログでレンタルで2000万ユーロ。

【Nazione】ラフォンのナント移籍を決めた理由として、ラフォンがシーズン中に受けた多くの批判があります(特にコッパ準決勝のアタランタ戦のミス)。GKコーチと良い関係を築けていたが、GKコーチはラフォンのピッチでの状態に良い感触を得られていませんでした。GKコーチは数日前に2021年まで契約を延長しており、コーチングに問題はありません。その為、ラフォンは自らを成長させるために、移籍を願い出ました。

現時点でのキャンプに向かうであろうメンバー
GK:セロフォリーニ、ドラゴフスキ、ギドッティ
DF:ビラーギ、チェッケリーニ、フェッラリーニ、ハンツコ、ロリニ、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、ラスムッセン、ラニエリ、テルジッチ、ヴェヌーティ、ウーゴ
MF:ベレコ、ベナッシ、カストロヴィッリ、クリストフォロ、ダボ、ラクティ、メッリ、サリフ、サポラーナ、スケティーノ、トラヴァート、ヴェレトゥ、ジュルコフスキ
FW:バエズ、キエーザ、ゴッリ、グレイシアル、エイセリック、コフィ、モンティエル、シメオネ、ソッティル、テレオ、ヴラホヴィッチ、ゼクニーニ

ラフォン ナントヘ

フィオレンティーナは、2021年6月30日まで買取、買戻しオプション付きでラフォンのナントへのレンタル移籍で合意したことを発表しました。

Violanews.comによると、800万ユーロの買取オプション、1000万ユーロの買戻しオプションだと報じています。

ニュース色々

アクイラーニが現役を引退しました。
アクイラーニ
『熟考の後、私たち全員が嫌いなフックに靴をかけるときが来たと思います。最良の選択をするために時間がかかりました。そして今、日常的に異なる、新しい道を切り開く時が来ました。新しい挑戦は魅力的です。多くの提案がありましたが、私はもう十分だという時が来たと思います。振り返ってみると、ローマからの電話を受け、ローマのユニフォームを着たウルフカットをした男の子がいました。それから、ヨーロッパでもっとも重要な分野で、ドレスアップされた世界で最も強い選手たちとプレーしました。世界で最も重要な大会で、代表のユニフォームを着る事ができました。あの時、彼は子供の時の夢を実現しました。それは私がプロとしてみた、そして男として成長する旅で見た夢です。そして、家族の誕生がありました。すべて、その瞬間というものがあり、今こそ次の成長をするときです。監督、周りのプロフェッショナルな方々、そして、チームメイト。私の成長に貢献してくれたすべての人々に感謝します。そして、何時も其処に居てくれたティフォージに感謝します。家族には永遠に感謝します。ユニフォームと靴は引き出しに置きます。恐らく、新しいタイプの制服を着るために。有難うございました。』


【Sky】フィオレンティーナは、来シーズンの正GKをドラゴフスキに決めました。

【Corriere】GKブッフォンにユヴェントス復帰の可能性があります。その為にGKペリンは出ていく可能性があります。現時点ではフィオレンティーナからの公式なオファーはありませんが、フィオレンティーナ行きの可能性はあります。

【TMW】GKペリンにフィオレンティーナが近づいています。モンテッラ監督から電話がありました。ユヴェントスも今後の計画の為にGKペリンの売却を望んでいる。

【Ouest France】ナントはラフォンの獲得交渉を迅速に纏めようとしています。詳しい内容はわかっていませんが、2年のレンタル移籍になりそうです。ドラゴフスキが正GKになるでしょう。

【Nazione】ラフォンについて適切なオファーを受けています。ナントは深刻な獲得をすることにしました。移籍金800万ユーロか、900〜1000万ユーロの買い取りオプション付きのレンタル。彼の移籍により、ドラゴフスキが正GKになるでしょう。また、もう一人のGKとして、GKヴィヴィアーノかGKペリン(レンタル)が来る可能性があります。

【 Nazione】FWヴェルガニはインテルを離れる場合、フィオレンティーナ行きを望みます。プラデSDは状況を注意深く見ており、インテルと交渉の余地があるかを見ているでしょう。

インテルのFWヴェルガニの代理人
『彼がローマからのオファーを断ったと報じられていますが、そのような報道は嘘であり、断固として否定します。』

【Stadio】フィオレンティーナは、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、キエーザ、ドラゴフスキを残すことを決めています。ヴェレトゥは別れることになり、代りとしてMFベナセルについてまだ興味深く状況を見ており、MFマンドラドラも同様です。また、MFビリアの噂もあります。インテルのFWヴェルガニの状況も監視しなければなりません。ウディネーゼがカストロヴィッリ獲得を望んでおり、フィオレンティーナはFWデ・パウル獲得の駒として考える可能性があります。サポナーラはスパル行きに近づいている。ロリニに関しては、間もなくパルマ行が公式発表されるでしょう。

【Tuttosport】キエーザは移籍について公言していませんが、フィオレンティーナには告げています。ユヴェントスはイタリアの有能な若手である、キエーザとMFザニオーロに注目している。

フェネルバフチェのMFイスラの代理人
『フェネルバフチェと契約があります。だが、フィオレンティーナは彼が気に入っている行き先です。そのような重要なクラブからオファーがあれば聞く準備はできています。彼はイタリアを気に入っており、戻るのを楽しみにしています。過去に交渉したことはありますが、多くの理由があり実現しませんでした。物事というものは直ぐに変わるものです。』

【Radio Marte】ナポリはヴェレトゥ獲得を加速させるでしょう。フィオレンティーナが好む、MFログ、MFウナス、DFマキシモヴィッチ、FWイングレーゼを交渉に絡める事が出来ます。

【Ilmessaggero.it】デ・ロッシはフィオレンティーナからのオファーに「イエス」と答えることに近づいている。ミラン、サンプドリアからのオファーを断りました。アメリカでの経験が彼を魅了しているとしても、イタリアから離れないと決めました。友人であるアストリが来ていたユニフォームであり、モンテッラ監督、プラデSDの後押しもありフィレンツェのクラブの復活プロジェクトの良さを感じました。

【 IlTempo.it】デ・ロッシはフィオレンティーナと1年契約+1年延長のオプション付きで合意に近づいているが、引退の可能性もあります。ロサンゼルスに行くという可能性もまだ有効だが、現時点ではイタリアを離れたくないという気持ちが強い。また、ローマ以外のユニフォームを纏うという事への躊躇い、ティフォージを裏切りたくないという気持ちが、ローマでの役職の話を受け入れる可能性もあります。

パルマのSD
『シーズン後に、私達はデ・ロッシについて考えました。しかし、現時点で私達には資金的に彼を迎えるには厳しいものがありました。』

【Tuttonapoli.net】FWイングレーゼにはセリエAの約半分のクラブが興味を示している。パルマ(レンタルのみでの獲得)、ボローニャ、フィオレンティーナ、アタランタ、サッスオーロ、スパル、カリアリ。複数のクラブが情報の提供を求めている。

【violanews.com】フランスの報道では、MFベナセルはフィオレンティーナと合意しているが、リヨンがすぐ後ろにいると報じています。

【Tuttomercatoweb】フィオレンティーナはチッタデッラのDFドメニコ・フラーレ(1996年)に注目しています。素晴らしいパフォーマンスを見せたので、ナポリ等、複数のクラブの注目を集めている。

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『フィオレンティーナはデ・ロッシ獲得の為に可能な限りのことをしました。2,3日以内にデ・ロッシの決定があるでしょう。今は熟考の時間です。フィオレンティーナを選ぶか、引退をするかです。競合他社はありません。フィオレンティーナの動きは正確であり、今、彼の選択を待つだけです。GKの動きは重要なものです。ラフォンはナントに2年のレンタル移籍に向けて動いており、ドラゴフスキが正GKになります。ヴィヴィアーノはスポルティングともう1年契約が残っているが、残留する気はありません。彼はフィレンツェでのセカンドGKのオファーを喜んで受け入れるでしょう。GKペリンについては非論理的なものであり、誇張された報道です。フィオレンティーナは他の役割に投資しなければなりません。ヴェレトゥはまだ7,8日かかる状況でしょう。ミラン、ナポリはそれぞれ主張しています。MFログ、MFウナスは正しいものであり、DFマキシモヴィッチ、FWイングレーゼは独立した交渉になるでしょう。クオリティを上げ飛躍する為に、高レヴェルの選手が来れば、ウーゴは売却されます。』


【Gazzetta】カリアリはRSBを探しており、ヴェヌーティをリストに入れています。

【Calciomercato.com】フィオレンティーナは、MFビリアの代理人と2年契約で話をしています。ミランは年俸350万ユーロを削減できるので、喜んでオファーを受け入れるでしょう。

【Gazzetta.it】FWエル・シャーラウィは中国からの3年4000万ユーロのオファーを断りました。FWエル・シャーラウィは「ヨーロッパを去りたいとは思いません。まだ重要なサッカー選手でいたいのです。まだ27歳であり、このような選択をするのは時期尚早です。」。ローマはこの決断を喜んでおり、残り契約が1年なので直ぐにも契約延長の交渉を始めるでしょう。

【Repubblica】フィオレンティーナはキエーザを中心にしたチームを作ります。迅速でドリブルが強く、若さと経験が混在し、縦に試合を進める事が出来る技術的なチームを。MFで最初の獲得になるのはMFベナセル。MFヴァレロに関してインテルは給料の半分を持ってもかまわないと思っていますが、モンテッラ監督は彼の獲得を望んでいません。MFトナーリに関しては目標ではありません。ブレシアの求める3500万ユーロは高すぎると考えられています。デ・ロッシは具体的です。プラデSDは彼と話をし、プロジェクトの説明をしました。デ・ロッシは技術革命を主導するための重要人物であると考えられます。今、彼の決心を待っています。7月には10名程の新たな選手が来ますが、本当のビッグディールは8月になると思われます。ヴェレトゥはナポリよりミラン行きに近づいています。GKでは正GKをドラゴフスキに定めました。ラフォンはまだ才能が未熟だと考えられたからです。

【Il Messaggero】シメオネには、ラツィオ、ヴェローナ、ボローニャが獲得を望んでいます。サッスオーロからのオファーは断られました。

【Nazione】ラツィオはDFパトリックを売却することを考えており、フィオレンティーナが買い取りオプション付きのレンタルで獲得する事が出来ます。

【Nazione】プラデSDはMFマンドラドラに加え、FWデ・パウルについてもウディネーゼと接触を続けています。FWデ・パウルのウディネーゼから出ていく可能性が高く、フィオレンティーナ行きは正しいものになるでしょう。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ