2019年07月

ニュース色々

フィオレンティーナはユース部門の監督を発表しました。
プリマヴェーラ:ビジカ監督
U-18:アクイラーニ監督
U-17:ファッジオ監督
U-16:ドナデル監督
U-15:マッツァンティーニ監督


【TuttoMercatoWeb.com】明日、フィオレンティーナはMFボアテングとサインします。その後、木曜日位にDFリロラ獲得を目指します。

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『MFボアテングに続いてDFリロラの獲得も決まるでしょう。移籍金は1200万ユーロ+400万ユーロのボーナス+将来の売却の10%以上になります。』

MFボアテング
『すごく嬉しいです。フィオレンティーナに行くことが待ちきれません。私達には良いプロジェクトと、ヴィオラの強みがあります。』

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『24時間以内にDFリロラとMFボアテングの交渉は終わるでしょう。非常に良い2つの獲得。MFボアテングの移籍金は100万ユーロで、年俸約80万ユーロの2年契約です。DFリロラについては1200万ユーロ+300〜400万ユーロのボーナスに基づいて作成されます。』

【Sky】フィオレンティーナは中盤の補強に取り組んでいます。MFボアテングの獲得を決めた後、MFナインゴランの獲得に取り組みます。サンプドリア、カリアリが興味を示していますが、フィオレンティーナが一番強い興味を示しています。

【Fcinternews.it】MFヴァレロのフィオレンティーナ復帰に関してインテルと交渉しているが、インテルはフリーで手放すことを望んでおらず、300万ユーロを求めています。MFヴァレロとは年俸150万ユーロの単年契約で話をします。

【Nazione】サポナーラには許容範囲のオファーがあるでしょう(レッチェ?)。エイセリックはトゥールーズに行きます。ダボはナント、オリンピアコスの間で決定はされていません。クリストフォロ、テレオにはオファーがありません。

【 Gazzetta】ぺスカラは引き続きソッティルのレンタルを求めているが、フィオレンティーナはモエナ、アメリカツアーでモンテッラ監督を納得させたソッティルを残すことを決めました。

2019-2020 セリエA 日程

IMG_20190730_123806

ニュース色々

プラデSD
『アメリカのファンは非常によく私達を歓迎してくれました。アメリカ・ツアーは良い経験になりました。今月、私達は選手たちについて理解する為に努力しました。今、私達は選手層が薄いが、多くの練習をする必要があります。私達は良くしたいと思って働いており、ティフォージには忍耐と落ち着きを求めたい。現時点でリストを作ることは困難です。何故なら、正確でなければならないからです。キエーザ?終わらすことが出来ます。コミッソ・オーナーは非常にはっきりしました。もう一度、彼から始めましょう。この件ではティフォージに力を与えたいと考えて居ます。彼の頭の中には?楽しい時間を過ごしたい、うまく仕事をしたい。それが私達にとって付加価値になると確信しています。ヨーロッパ?今シーズン、目標について話すことは間違っています。私達は自らの成長について話さなければなりません。MFボアテング、DFリロラ・私達が好む二人の選手です。FWジョレンテ?噂の名前です。FWデ・パウル?現時点では考慮されるべきではありません。ウディネーゼは彼をとどめるか、高値で販売するでしょう。ペッセラ?私達は何の要求もしていませんし、彼を疑うこともありませんでした。』
『私達は働いており、ツアーから多くの肯定的な反応を得ました。非常に明確なアイディアを持っており、そこから始めます。ペッセラは留まります。DFリロラ?私達は彼を好みますが、サッスオーロとまだ距離がありますから近づいているとは言えません。シメオネがサッスオーロ?尋ねられていません。MFボアテング?気に入っているが、彼が何をしたいかを理解する必要があります。国外に行くか国内に留まるか、彼は私達が探している特性を持っています。キエーザの笑顔?彼は楽しみながらサッカーをしなければなりません。MFケディラ?試したことはありません。FWリベリー?素晴らしい選手ですが、彼がフィオレンティーナに適しているとは思いません。オーナーはキエーザを守りたいし、チームが強いということを示したい。キエーザはチームの計画の一部であり、彼が再び笑顔になるかは監督次第です。MFトナーリ?いいえ。MFデンメ?気に入ってはいます。』


メルカートの専門家ペドゥラ氏
『MFボアテングには多くのクラブが注目しており、フランクフルトがオファーを出しましたが、MFボアテングは家族の為にイタリアに留まることを望んでいます。その為、フィオレンティーナの提案を受け入れました。』
『フィオレンティーナは可能な目標に力を入れます。MFボアテングとFWサム・ラマースです。昨シーズンはPSVからヘーレンフェーンにレンタル移籍しており、16ゴールを上げました。そして、まだFWジョレンテを忘れずに。』

バローネ氏
『今日、日程について大きなものを感じました。夕方になっても、至る所で声を掛けられるので散歩することもできません。ナポリ戦からのスタートは、私達とティフォージにとって重要な試合です。プラデSDと共に働いています。繰り返し発言しますが、私達の補強は8月10日に始まります。それは新しいことではありません。チームを準備することに集中します。プラデSDはモンテッラ監督のもと、メルカートの世話をします。MFボアテング?彼のキャリアを見れば、素晴らしいことを成し遂げた重要な選手です。どうなるか見てみましょう。


【tuttomercatoweb.com】モンテッラ監督はクラブにヴェヌーテを残すよう頼みました。その為、プラデSD、バローネ氏は彼をレンタル移籍させるアイディアを捨てました。フィオレンティーナに移籍を認めさせたい場合、700〜800万ユーロのオファーだけでしょう。

【Kicker】フィオレンティーナの噂に挙がっていたライプツィヒのMFデンメですが、監督と話をしクラブに留まることを選択しました。

【forzaroma.info】ペッセラとFWシックのトレードの噂があります。レンタル、買い取りオプション、買い取り義務についての話があります。プラデSDはモンテッラ監督に話をしましたが、まずはシメオネの動向を決めなくてはいけません。また、ローマはこの交渉にDFカルソドルプを絡める事を望んでいます。

【Violanews】エイセリックの将来はフィオレンティーナにはないでしょう。優れたテクニックを持っているにもかかわらず、練習試合のユニフォームも着る事が出来ません。彼はフランスに戻る事が出来ます。フランスのヴィオラ、トゥールーズが興味を示しています。

【Gianluca Di Marzio】今日、フィオレンティーナとサッスオーロの間で、DFリロラ、MFボアテングについて話し合いが行われます。MFボアテングにはフランクフルトが興味を示していますが、MFボアテングはフィオレンティーナとの契約を望んでいます。また、サッスオーロとDFリロラについて合意に至らない場合、ストラスブールのDFララをリストアップしています。

【Gazzetta】フィオレンティーナはFWリベリーについて調査をし、代理人と接触しました。FWリベリーは年俸800万ユーロ+ボーナスの2年契約を求めています。フィオレンティーナには彼と契約を結ぶ余裕はないが、FWリベリーが年俸200万ユーロを受け入れる場合、扉は開いているでしょう。

【Gazzetta】ペッセラはキエーザがキャプテンマークを奪わないことを知っていました。また、プラデSDはカピターノであるペッセラを2000〜2500万ユーロで失うことを考えて居ません。最終的にフィオレンティーナに留まります。

【Gazzetta】数日以内にミレンコヴィッチはプラデSDと会います。ミレンコヴィッチは堅調な昇給を望んでいます。フィオレンティーナも契約の合意を望んでいます。ラニエリ、カストロヴィッリをとどめたいと思っているように。

【Nazione】フィオレンティーナはテレオの契約解除の為に新しいオファーを出すでしょうが、テレオは契約終了まで残りたいと思っています。

【Nazione】フィオレンティーナはメトロノームと呼ばれている、ナントのMFヴァランタン・ロニエ(1994年)にオファーを出す可能性があります。評価額は約1800万ユーロです。

【Corriere】ヴィオラとカリアリが、ローマのFWデフレルに注目しています。ローマは少なくとも1600万ユーロを求めるが、フィオレンティーナは買い取り義務のレンタルのオファーをするでしょう。

【Repubblica】フィオレンティーナは、モンテッラ監督の4-3-3に最適なMFを探しており、MFマンドラゴラに戻ります。今後数日以内に交渉が実行される可能性があります。実際に移籍するとなるとボーナス込みで2500万ユーロ未満では獲得できないでしょう。

【Corriere】コミッソ・オーナーはフィオレンティーナを購入したとき、ビッグネームの獲得を夢見ていました。その中にユヴェントスのFWマンジュキッチがありました。だが、FFPの問題があり、3年で3000万ユーロの赤字の範囲で抑える必要がありましたし、当然、年俸上限を抑える必要があります。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ