2019年08月

ニュース色々

イタリア代表にキエーザが、U-21代表にラニエリ、ソッティルが招集されました。

プラデSDの発言に対してスポルティング
『スポルティングは他のクラブのメルカートについて発言はしません。MFブルーノ・フェルナンデスについてのプラデSDの発言は軽率であり、不適切であると考えます。』

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『フィオレンティーナは、FWポリターノに3000万ユーロのオファーを出しました。3500万ユーロまで達したのなら、インテルは売却するでしょう。インテルはポリターノを売却した場合、FWレビッチの獲得に動きます。また、フィオレンティーナは、FWポリターノだけでなく、FWペドロの獲得にも動いています。メルカートの締め切り時間の関係で、メディカルチェックを受ける事が出来ように、今日中にレンタル料300万ユーロ+1500万ユーロの買い取りオプション付のレンタルで合意に向かいます。ブレシアとMFトナーリについて話し合いを続けてるが、合意を見つける事は容易ではありません。』

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『プラデSDの言葉ははっきりしているが、週末から月曜日に欠けて交渉があると思います。彼は長い間FWペドロを追っています。1800万ユーロのオファーを出していますが、高いです。FWポリターノに関しては、インテルは現時点でメルカートに出していません。FWデ・パウルに関しては、私は彼の獲得が本当に近かったと信じていますが、ウディネーゼの壁にぶつかりました。FWラフィーニャは3000万ユーロを要求され、MFブルーノ・フェルナンデスの状況に依存します。テーブルにあるのはそれらの名前です。秘密にされている名前があるかもしれませんが、どうなるか見てみましょう。FWデ・パウルはウディネーゼを去りたいという欲求がありますので、可能性はあると思っています。』

【violanews.com】プラデSDがFWデ・パウルは来ないと発言しましたが、ブラフの可能性があります。彼は以前、そういってFWゴメスを連れてきました。まだ再試行する時間はあります。シメオネをカリアリに売却した1600万ユーロがあり、ヴィオラは全ての状況を監視します。代わりとしてはFWラフィーニャ、FWポリターノ。ウディネーゼとの関係は良好ですが、ウディネーゼは宝石を手放すことを望んでいません。しかし、FWデ・パウルはウディネーゼを去りたいと考えています。

【Nazione】プラデSDのFWデ・パウルについての発言は、ブラフか真実か。9月2日にはわかるでしょう。だが、フィレンツェに連れてきたいという考えは、頭の中にははっきりと残っています。ウディネーゼは3500万ユーロを求めているが、フィオレンティーナは分割払いにするか、ベナッシを絡める事で移籍金を下げる可能性があります。

【Secolo XIX】スペツィアは、ゴッリ、ラニエリのレンタルを求めているが、ラニエリに関してはモンテッラ監督、プラデSDとも、移籍を認めないでしょう。

【tuttomercatoweb.com】2021年で契約が切れるヴェヌーティの契約更新は目前です。2023年までの4年契約で年俸50万ユーロになります。

フィオレンティーナの誕生日に対してババカル
『あなたの誕生日に、私は感情を逃すことは出来ませんでした!私は何時も、フィレンツェ、フィオレンティーナを心の中に置いています。93歳の誕生日にあなたとフィレンツェの素晴らしい人々に名誉と栄光を与える以上の贈り物があるでしょうか?私はどこに移行ともベストを尽くして働きますが、今日は自分の感情に従い、フィレンツェの友人と一緒に素晴らしいクラブ(私の第二の家族)の誕生日を祝います。私はいつも街を感じています。誕生日おめでとう!フィオレンティーナ。いつも心にヴィオラを』

【Nazione】ゴッリはスペツィアに行きます。チェッケリーニに関しては保留中ですが、再度、話し合いはあるでしょう。一方、クリストフォロはバデリの控えとして残る可能性があります。

【Corriere】最終的にチェッケリーニは残るでしょう。代わりに最適な状態でないラスムッセンが出ていくことになるでしょう。前経営陣の遺産として700万ユーロで獲得された、ラスムッセンですが、新しい居場所を探します。

ダウベルト 入団会見

プラデSD
『6月の終わりにモンテッラ監督と会ったときに私達はSBのファースト・チョイスとして彼の選択しました。しばらく時間がかかりましたが、今、此処で彼を紹介する事が出来て嬉しく思います。彼は強い選手です。ドライローンになったのは、ニースとの契約が未解決だったからです。しかし、シーズン後に再び協議出来るよう優先交渉権があります。インテルと選手との間で紳士協定を結んでいます。』
『フィオレンティーナの野望は高く成ることであり、来シーズン、彼らはヨーロッパに対しての競争力を持っているでしょう。しかし、今シーズンはまだ建設中のチームです。全てを変え、多くの若手を連れてきたことを考えなければなりません。私達はチームになりつつありますが、成長と移行に1年はかかります。目標を設定して、監督とチームプレッシャーをかけたくありませんが、私達は野心的です。メルカートの最後の数日間で、プロジェクトに対して機能的なチャンスがあれば其れを行いますが、そうでないのなら行いません。費用の問題ではありません。オーナーは私達に最大限の可用性を与えてくれました。だが、私達の下にいる選手からスペースを奪う感じで多くを獲得することはありません。シメオネの状況は境界線にあり、彼を販売する事が出来るよう予算を組んでいました。確かにメルカートを見まわしますが、適切な条件がある場合のみ誰かを連れてきます。FWジョレンテは解決策であったかもしれませんが、彼を獲得するということはヴラホヴィッチからポジションを奪うことになります。ゴールに関しては問題ではありません。キエーザが14〜15ゴールを決める事を期待しています。FWデ・パウル?来ません。私はポッツォ・ファミリーと素晴らしい関係を持っていますが、今シーズンは可能性がありません。FWラフィーニャ?スポルティングがMFブルーノ・フェルナンデスを売ろうとしており、彼も売る余裕はありません。FWペドロ?本当に気に入っていますが、分析するコストがあります。現時点では高すぎます。他にも気に入っている選手はいますが、最初に行ったように必要とする選手にのみ費やす必要があります。出口がブロックされているため、給与上限が非常に高くなっています。FFPの為に、誰かがFWイヴラヒモヴィッチを連れてきたくても、出来なかったです。』


ダウベルト
『私の好きな役割とアイドル?
アントニョーニマネージャーとプラデSDの言葉に感謝します。私はサイドの役割が好きで、攻撃するのが好きです。良いシーズンにして、ティフォージに喜びを与えたいです。過去のアイドルはロベルト・カルロスでしたが、現在の基準はDFマルセロです。
フィオレンティーナのプロジェクトを確信させたもの?
リベリーやボアテングのような選手の存在は、フィオレンティーナに違いを齎しました。私はこれらの選手のようにできる限りの事が出来るとよいのですが。
私は簡単に適応できましたが、イタリアのサッカーはフランスのサッカーよりも戦術的です。
監督とSDから大きな自信を貰いました。プロジェクトは私に衝撃を与えました。私は最善を尽くしたいと思っています。監督のプレースタイルが私の選択に影響を与えました。
29番?
それは私のキャリアの一部であり、ポルトガルでも使用しました。怪我から回復し、私は重要な選手になりました。それは私にとって象徴的な数字です。
日曜に出場?
はい。準備は出来ています。インテルでは非常に重い準備をしていたので、日曜の試合に出場することは出来ます。
インテルでの経験?
インテルについては話したくありません。私はフィオレンティーナにのみ焦点を当てています。
ELがゴール?
UEFAリストから外れたためにCLでインテルと対戦したことはありません。より高い目標を設定したので、私は此処に来ました。私達がヨーロッパに達するのなら、それはとても良いことです。
エイセリック?
フィオレンティーナからのオファーを受け入れる前に彼と話をしました。彼は街とチームのことをよく話してくれたので、フィオレンティーナのプロジェクトを受け入れるようになりました。』

whatsapp-image-2019-08-30-at-13-27-48-630x415

カセレス 獲得

フィオレンティーナは、カセレスと契約を結んだことを発表しました。

1年契約で1年延長のオプションがついているようです。

702163マルティン・カセレス
(1987年4月7日)
183cm

国籍 ウルグアイ
ポジション DF
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ