2019年10月

Sassuolo - Fiorentina(セリエA第10節)

Sassuolo 0-1 Fiorentina(セリエA第10節)

【メンバー】

Fiorentina
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ/ペッセラ/ヴェヌーティ
CH ソッティル(61分ゲザル)/ベナッシ(87分バデリ)/プルガル/カストロヴィッリ/ダウベルト
FW ボアテング(75分ヴラホヴィッチ)/キエーザ

【ベンチメンバー】
テッラチャーノ、バデリ、ペドロ、クリストフォロ、エイセリック、チェッケリーニ、ゲザル、ジュルコウスキ、ヴラホヴィッチ、ラスムッセン、ブランコリーニ、テルジッチ

Sassuolo
4-3-3

GK コンシーリ
DF トリャン/ロマーニャ/マルロン/ペルーゾ
CH ダンカン(82分トラオレ)/ジュリチッチ(56分オビアング)/マニャレッリ
FW ベラルディ/カプート(69分デフレル)/ボガ

【得点者】
Fiorentina  63分カストロヴィッリ、81分ミレンコヴィッチ
Sassuolo   24分ボガ  
    
【警告・退場】
13分ヴェヌーティ、30分カプート、42分ペッセラ、51分ジュリチッチ、68分ベラルディ、71分ダウベルト、89分カストロヴィッリ

【スタッツ】
Sassuolo------Fiorentina
15---ファール---20
3---コーナー---7
3---枠内シュート---6
2---枠外シュート---4
2---オフサイド---5
54.2--ボール支配率--45.8


モンテッラ監督
『優れたシグナルを提供しました。チームが生きていることを示すことが重要でした。勝利に値します。サッスオーロとの試合で疲れを感じませんでした。ティフォージはラツィオとの敗北にもかかわらず、多くの人々が来てくれました。オーナーに満足しています。私達は勝利を彼に捧げます。
カストロヴィッリ?
彼は良くプレーしました。とても謙虚ですが、アントニョーニマネージャーと比較されることを恐れる事はありませんでした。
リベリーがいたことには驚きましたが、彼はカンピオーネとして何かをしました。変化を助けてくれました。』


ハイライト

サッスオーロ戦 召集メンバー

サッスオーロ戦 召集メンバー

GK ブランコリーニ、ドラゴフスキ、テッラチャーノ
DF チェッケリーニ、ダウベルト、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、ラスムッセン、テルジッチ、ヴェヌーティ
MF バデリ、ベナッシ、カストロヴィッリ、クリストフォロ、エイセリック、プルガル、ジュルコウスキ
FW ボアテング、キエーザ、ゲザル、ペドロ、ソッティル、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
4-3-3

GK ドラゴフスキ
DF ヴェヌーティ、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、ダウベルト
MF ベナッシ、プルガル、カストロヴィッリ
FW ソッティル、ボアテング、キエーザ

モンテッラ監督
『私は少しずれていました。起こったことは非常に残念ですが、退場は正しい。
リベリーとの関係?
彼がフィレンツェに来る前でさえ、良い関係がありました。彼の反応に気づかなくとも、交代後に少し変わると期待していました。
昨日、私達は明確にしました。彼には理由を説明し、彼は自らが少しラインを外れたことに気づきました。彼はまだカンピオーネだと感じて居るため、エキゾチックなオファーを拒否してフィレンツェに来ました。彼は36歳で常にフィジカルのリスクがあるので管理されるべきです。特に70分以降は。彼に疲れが見れたので交代させました。私の選択は正当でした。彼は皆に謝罪することでカンピオーネであることが証明されました。
サッスオーロ?
リベリーの欠場は申し訳ありませんが、リーグのトップ選手が数名いるチームとの対戦という非常に難しい試合に直面しており、今は先を見る時間です。私達は走っていたチームであり、それを出来る精神力を持たなくてはいけません。
ラツィオ戦の批評?
私は誇張に耐える事が出来る広い心を持っています。非常にバランスが取れており、単なる一エピソードで変わることはありません。素晴らしいチームとの対戦で素晴らしい試合をしました。選手たちを誇りに思っています。ラツィオには強い選手、変化、メンタル、技術があります。それにもかかわらず、私達は対等に戦いました。その後、残念なエピソードがありました。先週の日曜の試合が、私達にとって正しい試合であるという事実を認識しなければなりません。恐らく、私達はスケジュールより進んでいます。私達はやっていることに誇りを持っており、オーナーと管理の下、たどられた道は明確です。個の熱意が失われることなく、夢を見れることはだれにとってもよい事です。その為にも、私達は真剣に仕事をしています。
不在?
私の不在について心配はしていません。何故なら、サッスオーロ戦で休ませようと思っていた選手が欠場するからです。
フォーメーション?
怪我や、私が不在、相手によって何かを変える可能性はありますが、大きく変えることを望みません。
プリマヴェーラの敗北?
彼らは帰属意識、リズム、欲望を持っています。現存するイタリアのチャンピオンチームと対戦することは困難です。彼らは常に試合に参加してきたことを誇りに思っているに違いありません。彼らは奇跡を起こそうとしていました。
チームの変更?
ラツィオは長年一緒のグループであり、大きな変換機を迎えた場合、チームを構築するのは非常に困難です。全員を最大限に活用するには2,3年はかかります。目標はビジョンをもってティフォージが誇らしく思える事であり、それをやっています。
メルカート?
現時点で、私達には多くの選手がいます。全員を起用する事が出来ないことを残念に思います。これについてはクラブと冷静に話をします。
リベリーが求めた審判の注意点?
彼はヨーロッパレヴェルのクラブで長年プレーしてきました。彼に話させてください。
キエーザとソッティルについて?
他にどのような変更が出来ましたか?キエーザを5番として起用したかったが、彼は疲れており、他の役割を任せる余裕がなかったので、ボールを運ぶ役としてソッティルを入れる事にしました。
明日?
キエーザは試合後に疲れ切っていましたが、直ぐに回復します。彼はフィジカルレヴェルでイタリアのトップにいます。恐らく、中盤でなにかを変えるでしょう。
ボアテング、ペドロ、ヴラホヴィッチ?
ヴラホヴィッチはペドロよりも確かに優れていますが、まだ試合管理の面で改善が必要な若手です。ボアテングには経験があり、もっと与える事が出来るでしょう。
ヨーロッパ大会でプレーする可能性?
現段階で考えるのは不適切です。チームにプレッシャーを掛ける必要はありません。これまでと同様に作業を続けなければなりません。今、私達はさらなる難しい3試合があります。明日は答えを出さなくてはいけません。非常に厳しいテストになるでしょう。最高のフィオレンティーナが必要です。』


ニュース色々

試合後に副審に脅迫的な態度をとったということで、リベリーは罰金2万ユーロと3試合の出場停止に、同様の理由でモンテッラ監督が次節、ベンチ入り禁止に、退場のラニエリは1試合の出場停止になりました。

フィオレンティーナは、負傷交代したカセレス、リロラがチェックを受け、リロラは筋腱損傷がありませんでしたが、カセレスが右太腿にレヴェル1の負傷をしていることを発表しました。

リベリー
『昨夜は申し訳ありません。チームメイト、監督、ティフォージに謝罪します。パセッリ氏にも謝罪します。私は試合後に非常に神経質であり、申し訳ありませんでした。彼が私の気分を理解できることを願っています。この街とクラブの為にフィレンツェに来たので、素晴らしい仕事をする事を期待してされており、その為にも、私はフィールドに残り、チームメイトを助けたい。その為に毎日一緒に練習しています。』

プリマヴェーラのスーペル・コッパ決勝が行われましたが、1−2でフィオレンティーナは準優勝でした。また、ウーマンも準優勝でした。


Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ