2019年11月

レッチェ戦 召集メンバー

レッチェ戦 召集メンバー

GK セロフォリーニ、ドラゴフスキ、テッラチャーノ
DF カセレス、チェッケリーニ、ダウベルト、リロラ、ミレンコヴィッチ、ラニエリ、テルジッチ、ヴェヌーティ
MF バデリ、ベナッシ、カストロヴィッリ、クリストフォロ、エイセリック、プルガル、ジュルコウスキ
FW ボアテング、ゲザル、ペドロ、リベリー、ソッティル、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、チェッケリーニ、カセレス
MF リロラ、カストロヴィッリ、バデリ、プルガル、ダウベルト
FW リベリー、ヴラホヴィッチ

モンテッラ監督
『チームは私のように対応したいと考えて居ます。最初の1カ月半は素晴らしいパフォーマンスを見せましたが、ここ最近はそうではありません。難易度としては初期の問題であり、選手、監督、クラブで答えを出さなくてはいけません。プレッシャーですが、シーズンを変える決定的な瞬間です。チームは若く、浮き沈みがあると言いました。私達は他人を非難することはありません。
ペドロ?
彼は練習し、成長しており、準備は出来て居ます。適応には5,6カ月かかります。彼は非常に才能があり、セリエを理解しています。起用は可能です。
キエーザ?
昨日、チーム練習に参加しませんでした。様子を見てみましょう。先週の発言?選手が怪我から回復する時、身体的、精神的に健康でなければなりません。傷みの閾値が高い人もいれば低い人もいます。時々、身体的には回復するが精神的に回復しない事があります。特別なことを言ったとは思っていません。私はイタリア語を良く知っていますよ。彼はフィオレンティーナにも、イタリアのサッカーにとっても絶対的な価値であり、回復することを願っています。
状態?
降格圏内にいるチームですが、試合中の運動量は最も多いチームです。ボールを持っていれば、運動量を減らせるでしょう。私達は平均的な代謝力です。ヴェローナより走り、その理由では負けませんでした。
スポーツセンター?
最近では想像できなかったようなことであり、私はオーナーを祝福します。私達は満足しています。昨日、誕生日を祝いました。だが、彼はここ2試合に満足しておらず、結果を出さなくてはいけません。彼に満足感をまだ与えていません。だが、誇張することも、判断のバランスをとる必要もありません。
繰り返し言いますが、気質のレヴェルで答えを出さなくてはいけません。早く進む必要があります。私たち自身が優れて居る事を示す必要があります。
リヴェラーニ監督?
彼をリスペクトをしています。レッチェは何時もプレーしようとしており、アイデンティティを持ったクラブです。必死になる必要はありません。試合は長い。忍耐、怒り、そしてクオリティを発揮しなければなりません。重要な選手たちがいない状態であっても、怪しい状況を一掃しなければなりません。
ペッセラ?
外から見て居たときは、それほど重賞には見えませんでした。彼は治療に専念しなければならず、私達がそれに対してどのように反応できるかを見ます。彼にも、キエーザに対して言った言葉は有効です。
新しいスポーツセンターで練習?
素晴らしいと思います。私達全員がそれぞれ貢献することで、最善の方法で仕事が出来るようにします。市長が言ったように、私にはそれを開くチャンスがあるので、彼に事前の贈り物を送る事が出来ることを願っています。
ババカル?
彼は非常に強く、多分もっとできたかもしれませんし、私とうまくやれたかもしれません。素晴らしいフィジカルとスキルを持っているので、何処にでも行けるでしょう。
私と組む?
選手にもジャーナリストにも個人的な問題はありません。チームは纏まりがあり、気質的に対応しなければなりません。
ペッセラの代わりはチェッケリーニ?ラニエリ?
明確なアイディアを持っています。気質のあるチームがフィールドにいるとき、勝つ事が出来ると確信しています。
新たに昇格した人がリーグのレヴェルを上げました。
全ての経験は異なります。所有者の変更があり、客観的、公正な分析を行うには、野心と目標から始めなければなりません。悪い2試合から来ています。これは私達のせいです。期待は高まっており、私達は以前のようにプレーしなければなりません。2週間前は全てが完璧に見えました。浮き沈みを管理する方法を知らなければなりません。浮き沈みは成長し、自らを評価するためのステップです。全ては期待から始まります。移行という言葉が好きな人はいません。目標はグループを改善し、価値を与える事です。若い選手達は成長しています。ティフ
ォージと感情を共有しています。実際に特定のレヴェルのプレーにおいて、激怒する事が出来れば、バランスを失うことはありません。
キエーザは招集されない?
彼と話をし、どのような状態なのかを確認しなければなりません。ヴェローナ戦の前日も練習していませんでした。彼は少しでもプレーすることを望んでいますが、苦しんでいます。』

スポーツセンター プロジェクト

【violanews.com】昨日、約7000万ユーロの投資になる、スポーツセンターのプロジェクトが発表されました。25ヘクタールのうち、90%以上は緑のままです。スポーツセンターのプランを提示した建築家のカサモンティ氏はアスリートが肉体的、精神的に幸福を感じるように組み合わせられるよう取り組んでいます。ファーストチームの男女と15歳未満からプリマヴェーラまでがここで過ごします。サッカー場は10か所になりますが、違いを作るために1000本(現在500本あります)の木を植樹します。その為、一部のパビリオンについては地下エリアを利用することになります。また、建築物は高くても1階までです。構造物には22000屬鰺儖佞靴討り、ゲストハウスは100以上あります。また、メディカルセンターとレストラン、オフィス、地下駐車場、2つの小さいスタジアムのスペースがあり、プリマヴェーラと女子の試合をする事が出来ます。8つの人工芝と2つの天然芝になります。水はリサイクルされ、太陽光パネルは最新のものになります。

コミッソオーナー
『カシーニ市長に感謝したい。彼は私達のすべてを非常に早く早くさせてくれました。それが可能だとは思いませんでした。私達全員がプロジェクトに取り組んでいます。今日は感謝祭ですが、私は全ての市民にプレゼントを贈ります。最後の決定を見ると、25ヘクタールあります。私はアメリカの22州に4500人の従業員がいる小さな会社を持っています。中央オフィスには1億6100万ドルかかりました。アメリカで年間20億ドル稼ぐ小さな会社の為に。フィオレンティーナは1億ですが、セントラルオフィスにはコストの2倍を投資しています。土地の為に1000万ユーロ、更に5000~6000万ユーロかかります。フットボールの歴史の中で、誰が4ヵ月で7000万ユーロを費やしたでしょう。メディアコムの場合と全く同じです。これが私が世界を見る方法であり、私達は投資しなければなりません。そして、これらすべてがフィオレンティーナの遺産になります。アメリカには連れていけませんからね。女子チームも私達と一緒に参加します。そうすることがファーストチームだと私は思っています。私達は現在、5つの場所に分かれています。そして、眠る場所はありません。90年の歴史を経て、今、全てが一つの家の中にあります。キエーザが新しいスポーツセンターで練習するか?今日は感謝祭です。それについて話すのは別の時で良いでしょう。決定はありません。アストリの記憶を保持する意図は、カンポディマルテを捨てないためでもあります。2021年9月に此処でプレーを開始します。スポーツセンターでもっとポイントを得る事が出来るか?上手くいけば。結局私は其処です(笑)。それが正しいことだと思っています。それに役立つことを願っているし、そうなることが美しいでしょう。カシーニ市長とナルデッラ市長の間で20回にも及ぶ話し合いが行われましたが、ここでの話すには少し重要すぎます。フィレンツェでも誰かが私に聞いてくれることを願っています。彼らは、私が此処で投資をしたい、正しいことを早くしたいということを理解しています。エネルギーが不足している場合、お金が失われます・・・プランB?A,B,C、・・・・私が好かれるようになるまで、永遠にフィレンツェに残ることです。街に何かを返したい。今日はチームとスポーツセンターについて話をしに来ました。批判を受け入れますが、最近到着したことを考慮に入れてください。』

バローネ氏
『今日はフィオレンティーナにとって、そして、バーニョ・ア・リーポリにとって歴史的な日です。このような完全なスポーツセンターがイタリアとヨーロッパの最前線であることは、私達全員、特にコミッソオーナーにとっての夢です。記録的な速さで仕事をしています。私達のビジョンは家族になることです。その為、オフィス、管理部門、マーケティング部門、そしてもちろん、スポーツ部門の為に単一の家を持つことが重要であると考えて居ます。』

アントニョーニマネージャー
『フィオレンティーナにはこのようなプロジェクトはありませんでした。これは重要な選手を獲得する事に相当します。全てのチームに対して単一の構造を使用すると、異なる方法で仕事をする事が出来ます。若手たちにとって、カンピオーネと一緒に練習をする事は刺激的であり、教えられることがあります。これはの投資は最高の選手を獲得する事より価値があることです。何故なら、それにより、可能な限り最高の方法で才能を育成し、成長させる事が出来るからです。私達はこの2週間、不利な状況でしたが、オーナーの到着は土曜の試合に必要な正しい動機を与えてくれます。今夜、私達は一緒に彼の誕生日を祝います。』


ナルデッラ市長
『何時ものように素晴らしい関係であり、私はとても幸せです。私達は仕事をしており、先週の月曜日に採用したメルカフィールについての話をコミッソオーナーに説明しました。フランキについても曲線と解体の可能性の有無に決定的な意見が述べられています。メルカフィールについては前進しています。何故なら、その面でコミットを面とを行っているからです。』

a
b
c
d
e
f
g
h

ニュース色々

フィオレンティーナは、ラニエリと2024年まで契約を更新したことを発表しました。

ラニエリ
『この数年、私を毎日助けてくれる仲間、何時もそばにいてくれる家族、何時も傍にいてくれる友人たち、そして、更に5年間信じてくれたクラブの仲間たちに感謝です。私達は日々、より多くの練習と改善に取り組んでいます。』

【SportMediaset】フィオレンティーナは、ミランと6月で契約がきれるFWボリーニを獲得することを考えて居ます。年俸250万ユーロで契約を結べると考えて居る。

スラヴィラ・プラハのMFソーチェクの代理人
『アタランタかフィオレンティーナに?2年前の夏に可能性はありました。だが、私の目標はこの2年、彼をチェコで成長させることでした。今、彼は代表の重要な一部になりました。次回の夏に会いましょう。』

コミッソオーナー
『エンリコ・キエーザとのあったか?寝る必要があったのでまだあっていません。今後数日以内に彼と話す機会があると思います。フェデリコが私達にとってどれだけ重要であるかを知っています。私達は一度も批判をしたことはありません。だが、私達はチームであり、チームが良くなるよう誰もが考えなければなりません。キエーザについてのフェイクニュースを多く見ました。モンテッラ監督?パフォーマンスを上げるには3ポイントが欠落しています。19ポイントあれば、過去数年間の平均よりも高くなります。ヴェローナではもっと上手くやらなければなりませんでしたし、カリアリ戦は全く良いものではありませんでした。しかし、チームはもっと励まされるべきです。最初に言いましたが。重要なことは降格県南から離れることです。CLを期待することは出来ません。選手たちとモンテッラ監督に時間を与える事です。私達のプロジェクトは長期的なものです。まだ、特定の出来事を気に入っていないのでそれを言う為に来ました。日曜日にペッセラに起こったことのように。それが私に決心させました。スポーツセンター?明日開催されるプレゼンテーションの準備をする為に行きます。』

カストロヴィッリ
『クラブと監督からの信頼に感謝します。仲間と賞を分け合います。2019年?全ての犠牲を払った後、このように受賞できることはとても幸せです。これからも謙虚に続けていきたいと思います。代表?多分、私は自らがスタートしたことを気付いていません。ヨーロッパ?監督は難易度の高いものにしようとしますが、そうなればわかるでしょう。フィオレンティーナ?私達は強いチームであり、困難な時期に来ました。もっと上手くやらなければなりません。ヴェローナ?困難がありました。これは啓示です。もっと信じてやらなければなりません。だが、今はそれをわきに置き、次のことを考えなければなりません。明らかにこの連敗は重い。レッチェとのダービー?私はバーリ出身なので、私にとってはそうです。夢?私は現在だけを見て居るので、レッチェとの試合について考えて居ます。ティフォージ?彼らに感謝します。コミッソオーナー?まだあっていません。』

プラデSD
『エンリコ氏との会議は計画されていました。もう少し控えめにしようと思いました。彼からすでに話を聞いていたので、会議は前向きなもので良い感じでした。私達は多くの話をしました。私達の一部であり、私達と一緒に残ります。契約は2年半で期限が切れ、話したいという願望があります。販売について話したいという願望ではありません。重要なことはフェデリコが上手くやっていること言うことです。私達は彼の怪我を関します。彼は私達に勝利を戻さなければなりません。フィールドが重要であり、彼が話す必要はなくなるでしょう。彼は私達に売却を求めてきませんでした。なので、それについて話をしていません。ペドロ?他のメンバーに比べて、40~50%落ちた状態で到着しました。彼の選択に関しては私は特に重視しています。彼は成長の道にあり、起用は可能です。何も奇妙なことはなく、隠し事はありません。当然、背後に秘密はありません。今、彼は起用可能です。彼に付いての真実はそれです。私は彼が直ぐにも資質を示すことを願っています。彼はブラジルのトップクラブを始め、多くの注目があります。だが、残す方が良い。彼を見てきており、その能力をここで見たいです。ユーヴェのキエーザ?それについて話はしてません。今日の話は建設的なものでした。試合に勝つことに興味があり、フィールドに興味があります。1月の話はありません。1月に大きな動きはありません。繰り返し言いますが、エンリコ氏との会談は計画されていたものです。建設的な会議とは、将来について話し合い、基盤を築くことです。これは普通のことです。彼とはまだ2年半の契約があり、フィオレンティーナは強力な資産を持っています。日曜に復帰?試合開始の数分前まで回復に努めていました。大きすぎるケースを構築しているので、試合に勝たなくてはいけません。ブーイング?負けたとき、そうなるのは普通のことです。私はTVで恥骨ではなく、内転筋に問題あったといったのですが。私達には大きな責任があるので、全員が精査されます。モンテッラ監督に完全なチームを与えたのが9月10日になったので、最高の状態で仕事を始めることは出来ませんでした。ティフォージには信頼をお願いします。本来、6月6日にパズルが届き、ゆっくりと組み立てていくものです。誰が間違っていたか?私達全員が自らを改善しようとしています。キエーザのメンタルの問題?それはフィジカルの問題の為にメンタルが良くなかったということです。キエーザが笑わない?私達は談笑していますが。ただ、2つの敗北の後ですから。キエーザの契約更新?今日、機会がありました。ダンカン?彼はファーストチームで練習しますが、今、彼より準備が出来て居る選手がいます。いずれ彼の時が来ます。この2連敗は、その前の良い仕事を帳消しにしました。土曜日に重要な試合が待っています。フィオレンティーナはメルカートで成長しますか?この難しいチームに適した選手が好きです。私達は強力な選手を獲得すると確信しています。1月から?シーズン中に他のチームに最高の選手が移籍することは難しい。1月に最高のメルカートは無理です。オーナー?会議でコミッソオーナーは自らがエンリコ氏と話をすると言いました。他に?繰り返しますが、遅かれ早かれ、フェデリコは話をしますが、今は試合に勝たなくてはいけません。オーナーが彼がチームの為にプレーしなければならないと言ったか?誰の為に?私は明確だったと思います。フィオレンティーナに最高の方法をさせるのが得意でなければなりません。彼の契約が2年半で切れるので、花井愛は前向きなものでした。彼が話をしなければならないということには同意しますが、まずは試合で勝たなくてはいけません。私達は常に明確であり、信頼を求め、正しい方法でやりたいと思います。私は自らのミスを最初に認めます。』

【Gazzetta 】プラデSDとエンリコ氏との会談は停戦協定であり、上手くいきました。フィオレンティーナがリベリーに出している400万ユーロに近い数値を払うという、実質的な契約更新の可能性があります。契約は2023年まで延長され、解約条項は8000万ユーロから1億ユーロに設定されるでしょう。フィオレンティーナは出来るだけをテーブルに置きました。後はキエーザ・ファミリーは契約を更新するか、他のオファーを受け入れるかです。簡単な話ではありません。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ