2020年01月

ニュース色々

【lalaziosiamonoi.it】イアキーニ監督就任により、バデリは出場機会を失いました。カストロヴィッリの件もあり、ユヴェントス戦は先発する可能性はあるが、ローマからの噂ではラツィオにレンタルバックされる可能性があり、インザーギ監督も受け入れる準備があります。

【Corriere】カストロヴィッリは病院での検査結果では問題ありませんでしたが、日曜日のユヴェントス戦での復帰は難しいようです。2月8日のアタランタ戦での復帰の可能性が高い。

【gianlucadimarzio.com】プラデSDの明日は大変忙しいものになる。まずはサッスオーロとMFダンカンについて、それからスパルとDFイゴールを。両方とも買取義務のレンタルでの交渉になるでしょう。

メルカートの専門家ペドゥラ氏
『MFダンカンはフィオレンティーナと4年契約を結びます。サッスオーロへのオファー額は1500万ユーロ+200〜300万ユーロのボーナスになるでしょう。金曜日にはメディカルチェックを受けることになるでしょう。』
『オリヴェイラのメキシコのファレス行きは、間もなく合意するでしょう。』

【Sportitalia】オリヴェイラについて、ファレスとフィオレンティーナはレンタル移籍で合意しました。

メルカートの専門家ディ・マルツィオ氏
『フィオレンティーナとジェノアの間で、FWクアメの移籍について合意しました。11月の十字靭帯の怪我により負傷中です。その為、徹底的なメディカルチェックが最後の障壁になります。ボーナス込みで1000〜1100万ユーロを払うことになります。契約には将来の再販の一部の支払いが含まれており、明日、サインします。』
『フィオレンティーナはMFアブラバトの代理人との間で合意を見つける事に成功しました。後はヴェローナに正式オファーを出し、取引を成立させる準備をしています。ヴェローナは2000万ユーロを求めており、数時間以内に重要なニュースがあるでしょう。MFアブラバトはナポリからのオファーを断固拒否し、フィオレンティーナを選択しました。後はクラブ間の合意だけです。』

【Viola New】FWクアメに関しては1500万ユーロ+300万ユーロのボーナスであり、移籍金を下げるためにソッティルのレンタル移籍が含まれています。ソッティルに関してはドライローンです。フィオレンティーナはFWクアメに詳細なメディカルチェックを強く条件づけました。怪我で破談になりましたが、FWクアメは2500万ユーロでクリスタルパレス行が決まっていたことを思い出してください。明日、サインすることになります。

【Sky】ソッティルはFWクアメの取引にかかわる可能性が高い。サンプドリア、スパルもレンタル移籍に興味を示しています。

ジュゼッペ・ロッシはMLSのソルトレイクシティと契約について話し合いをしています。

アスコリのオーナー
『今日明日、この24時間以内にラニエリの交渉を終わらせ、私達のユニフォームを着せます。』

【Nazione】FWクアメについてはボーナス込みの1300万ユーロで合意しました。夏に2300万ユーロの評価を受けた選手を次のシーズンを考えての獲得です。同様に来シーズンに向けて、ヴェローナとMFアブラバトについて交渉しており、ヴェローナを納得させるにはナポリ同様の2000万ユーロが必要になります。MFダンカンについては長い交渉でしたが、レンタル料100万ユーロ、移籍金1500万ユーロの買取義務のレンタルになります。

【Nazione】フィオレンティーナはメルカートの最後の時間、スパルのDFイゴールの獲得に向かいます。また、中盤ではトリノのMFバセッリに注目しており、バデリとのレンタル・トレードに取り組んでいます。トリノがトレードを望まない場合、まずはドライローンで獲得し、6月に金額の交渉をするでしょう。

【Sky】DFイゴールについてはスパルに断れたので、フィオレンティーナはジェノアにDFクリシットについて尋ねました。ジェノアには代わりのDFがいるので放出は問題はありません。ただ、エイセリックを交渉に含めるよう求めました。

【firenzeviola.it】DFクリシットについて、クラブ間の合意は既にあり、後は選手との合意が必要です。

【TuttoMercatoWeb.com】ソッティルは半年レンタルで、ジェノア行きに近づいている。

Inter - Fiorentina(コッパ・イタリア準々決勝)

Inter 2-1 Fiorentina(コッパ・イタリア準々決勝)


Fiorentina
3-5-2

【メンバー】

GK テッラチャーノ
DF ミレンコヴィッチ/チェッケリーニ/カセレス
MF リロラ(85分ゲザル)/プルガル/バデリ(56分クトローネ)/ベナッシ/ダウベルト
FW ヴラホヴィッチ/キエーザ(80分ソッティル)

【ベンチメンバー】
オリヴェイラ、ラニエリ、ソッティル、エイセリック、ゲザル、モンティエル、ヴェヌーティ、ジュルコウスキ、ブランコリーニ、クトローネ、ドラゴフスキ、テルジッチ

Inter
3-4-1-2

GK ハンダノヴィッチ
DF ゴディン/ラノッキア/バストーニ
CH カンドレーヴァ(74分モーゼス)/ヴェシーノ/バレッラ/ヤング
OH サンチェス(66分エリクセン)
FW マルティネス/ルカク(88分エスポージト)


【得点者】
Fiorentina  60分カセレス
Inter    44分カンドレーヴァ、67分バレッラ

【警告・退場】
45分カセレス、65分ダウベルト、89分ソッティル

【スタッツ】
Inter------Fiorentina
13---ファール---18
9---コーナー---5
4---枠内シュート---3
4---枠外シュート---1
4---オフサイド---2
65.2--ボール支配率--34.8

イアキーニ監督
『この試合向けに用意していたが、残念です。後半に戦術的な変更をし、それから試合を拾うのが得意でしたが、バレッラのゴールが決まりました。
エピソード?
それが仕事の進路を変えることがあります。いくつかのことが起きました、カセレスに対するゴディン。選手たちは全力を尽くしましたが、結果を変えることは出来ませんでした。私達は非常に若く、改善に取り組んでいます。改善の余地はあります。私は組織的な守備が好きです。ほとんど相手に与えません。その精神をもってトリノに向かいます。
24時間後に、同じフィールド(昨日、ミラン、トリノ戦がありました)でプレーする方法については説明の必要がありません。怪我の危険があります。』


ハイライト


インテル戦 招集メンバー

インテル戦 招集メンバー

GK ブランコリーニ、ドラゴフスキ、テッラチャーノ
DF カセレス、チェッケリーニ、ダウベルト、リロラ、ミレンコヴィッチ、オリヴェイラ、ラニエリ、テルジッチ、ヴェヌーティ
MF バデリ、ベナッシ、プルガル、ジュルコウスキ
FW キエーザ、クトローネ、エイセリック、ゲザル、モンティエル、ソッティル、ヴラホヴィッチ

予想メンバー
3-5-2

GK テッラチャーノ
DF ミレンコヴィッチ、チェッケリーニ、カセレス
MF リロラ、ベナッシ、プルガル、エイセリック、ダウベルト
FW キエーザ、ヴラホヴィッチ

イアキーニ監督
『ジェノアに対して、非常に上手くスタートしました。ナポリより良かったかもしれません。その後、PKのエピソードなどがあり、試合は変わりました。恐怖を取り除くことは簡単ではありませんが、私達はそれに取り組んでいます。PK、多分最も多くのシュート打たれた試合です。私は車輪付きのドアが欲しく、倉庫に電話して持ってきてもらいたかった(笑)。攻撃面の改善に取り組んでいます。予算を改善し、遅れを取り戻す必要があります。ランニング、リズムの観点からチームは試合に勝とうとしました。私達は幾つかのミスを犯しました。
それらを減らすよう努めています。
コンテ監督はインテルにアイデンティティを与えました。パーソナリティを備えた完璧な試合をプレーしなければなりません。今日、明日の朝、選手の状態をチェックします。テッラチャーノ、チェッケリーニがプレーします。
ペッセラ?
出場できないことは決して楽しいことではありません。彼は私達の重要な選手であり、私達が取り組んでいる守備メカニズムを実行することもできます。間違いは一方的なものではなく、誰もが間違いを犯します。彼はチームを高く保ち、彼らを育てます。時間とともに様々なバリケードを除去していきます。
カリアリ戦の後、審判に怒っていた?
審判に信頼を置いています。インテルとの重要な試合である為、恐れてはいません。武器を持ってプレーしたい。私達にナポリ、ジェノア戦でPKを与えて居れば、私達は唾を吐くことはしません。試合が実力主義になると確信しています。
私が到着した時、ホットゾーンから3ポイントでしたが、今は10ポイントです。大きな恐怖がありました。私達は成長を続けていきます。魔法の杖は誰にもありませんが、肯定的なデータがあり、チームは幾つかの動きで自らを認識する事が出来ます。詳細に注意を払う事が出来るほど、改善されます。練習を見逃したくありません。カップでの満足度をさらに高めたい場合はなおさらです。アタランタで完全な結果を出し、インテルと対戦するチャンスがあります。
ベンチ?
正しい精神を持ったピッチに解き放たれるのを待っている18名がいます。
カストロヴィッリ?
起用できません。
バデリ、エイセリック?
プレーする候補です。バデリは戻ってきています。昨日、ジュルコウスキは背中に問題がありました。確認する必要があります。物理的な理由で変更を賭ける必要がないことを願っています。
キエーザ?
順調に回復していますが、評価する必要があります。クトローネも回復状況を見る必要があります。
コンテ監督がメルカートに不満?
私は角に立って泣きます(笑)。冗談を別にして、私は彼をリスペクトしています。私はクラブを信じて居ます。私達が何かをするだろうと確信しています。何が必要かを言いました。コンテ監督が文句を言う場合、彼に理由があるのでしょう。それぞれ状況が違い、私には判断することは出来ません。
試合ごとに独自のストーリーがあります。結果を出すために組織化しなければなりません。リーグは難しい。スパルはアタランタに勝ったが、ボローニャに負けました。アタランタは数的優位でありながら、私達に負けましたが、トリノに勝ちました。非常に難しいリーグです。注意深くアンテナを高く保つ必要がります。その中、出来るだけ多くのポイントを得なければなりません。早いペースでプレーすれば、相手を困らせる事が出来ます。私達が取り組んでいることに対して、幾つかの欠けがあります。多くのと天チャンスを構築しているが、少ないゴールに苦しみます。
1月の予算?
満足しています。最初は困難がありましたが、私は多くの前向きな答えを出しました。チームは戦術的、感情的に反応を示しました。より攻撃的、垂直的にプレーしていきます。ユヴェントスを破ったナポリに対して、重要なパフォーマンスを見せました。ボローニャで失われた2ポイントはひどいものでした。何故なら、私達は2倍になる機会があったが、リスクを負わなかったからです。試合を終わらせられなく申し訳なく思っています。だが、先に進みましょう。1月はメルカートがあり、改善をする事が出来ます。ロッカールームに団結を与えようとしました。
例えば、一部のチームはホームよりアウェーのほうが良いです。私達はジェノア戦の後半、正しい方法で始めました。それから、ゴールリスク、コーナーと大きなコストがありました。サッカーはエピソードで構成されています。95分、同じことをしなければなりません。サッカーでは、苦しむのではなく攻撃する必要があります。
幾つかのポジションが足りていない?
マーケットはまだ閉じておらず、私はクラブを信じて居ます。もっと早く合流が出来るのなら私は幸せだっただろうが、1月のメルカートは特別であり、夏とは違います。
私達は相手をリスペクトしており、インテルはお互いに良く知っています。彼らには多くの選択肢があります。1種類の試合だけなら変更はないが、そうではありません。ミラノに行ってゴールを狙えば、試合は好意的な反応を得る事が出来ます。
ダンカン、バスケス、ゴルダニガ?
彼らが来るとは思いません。たとえ奇妙なメルカートだったとしても、噂から外れた状況です。現在、選手を連れてくるための前提条件がありません。
ミラープレー?
スパル、ジェノアでやったよりも、早くプレーする必要があります。より多くのスペースを許可するチームもあれば、より閉じてくるチームもあります。エイセリックはチームバランスを崩すことなく、相手の守備を崩す事が出来ます。
エリクセンがインテル?
彼らにとっては良いことですが、私達は試合について考えます。インテルにはハンカチで試合を解決する事が出来る選手がいます。守備面で完璧でなければなりません。インテルにはメンタル、テクニック、フィジカルがあります。そのようなチーム相手に結果を出すには、完璧でなければなりません。』
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ