2020年02月

ニュース色々

FIFAが、来シーズンから22歳以上の選手について国外のレンタル移籍に人数制限をかけることを発表しました。2020-2021年は8名、最終的に2022-2023年には6名まで減らす計画のようです。このレンタル移籍は出入り両方の人数の合計になります。また、同じクラブ間での選手のレンタル移籍は3件までになります。国内に関してはそれぞれのリーグの規約の問題もあり、3年の猶予期間が設けられました。また、委員会は公式戦を国内でやるべきであるという評議会の定めた原則を支持しました。
FIFAの委員会は練習に対しての報酬を支払う基金の設立を承認しました。移籍時の手数料の1%がその基金の資金になります。



ジュゼッペ・ロッシがレアル・ソルトレイクと契約を結びました。

ローマは、ヴェレトゥを買い取ったことを公式発表しました。

フィオレンティーナは、ESportチームを作ったことを発表しました。FIFA20、PES2020の2チームがあります。

フィオレンティーナはヨーロッパのカップ戦から約3年離れていますが、UEFAランキング82位になりました。

元ヴィオラのアコスティが韓国2部の Anyang(紫のユニフォーム)に移籍しました。
アコスティ
『再びヴィオラのユニフォームを着れることは素晴らしいことです。私は何時もフィオレンティーナのままであり、応援しています。』

フレイがインスタグラムにて、ティフォージからジェノアに移籍した理由を聞かれ、コルヴィーノと答えました。

【fotomac.com.tr】ベシクタシュの監督は、3試合2得点のボアテングの加入を喜んでおり、クラブに買い取るよう伝えました。ボアテングには2年契約をオファーするようです。

【Nazione】ヴラホヴィッチの契約は2025年までの契約になるだろうが、1年延長のオプションがつく可能性があります。

【Daily Mail】マンチェスターユナイテッドのスールシャール監督は、個人的に信頼する人物にキエーザの視察を頼みました。キエーザは既に英語のレッスンを始めており、ここ5試合で4ゴールを決めた後です。キエーザへの関心は高まっていることもあり、スールシャール監督はスカウトを送ることを決めました。キエーザの価値は7000万ユーロと見積もられており、今後数週間でオファーがある可能性があります。

【Corriere】フレイの後、10年経、フィオレンティーナは再び信頼できると確信をもってGKに賭ける事にしました。フィオレンティーナはドラゴフスキの契約を、2023年から2025年まで延長する準備をしています。

【Corriere】あまりにも費用が掛かる為、コミッソオーナーはメルカフィールの新スタジアム建設を中止します。唯一の解決策はフランキの近代化です。自治体が所有者であり、費用は自治体が持つ必要があります。現在の保守費用などの件もありますが、フィレンツェ市は150万ユーロをかけて改修する動きはありません。2週間後、コミッソオーナーが戻ってきてから動きがある可能性があります。

ウディネーゼ戦 召集メンバー

ウディネーゼ戦 召集メンバー

GK ブランコリーニ、ドラゴフスキ、テッラチャーノ
DF カセレス、チェッケリーニ、デッラ・ムッラ、イゴール、リロラ、ミレンコヴィッチ、ペッセラ、テルジッチ、ヴェヌーティ
MF アグデロ、バデリ、ベナッシ、カストロヴィッリ、ダンカン、プルガル
FW キエーザ、クトローネ、ゲザル、ソッティル、ヴラホヴィッチ

ガゼッタ紙 予想メンバー
3-5-2

GK ドラゴフスキ
DF ミレンコヴィッチ、ペッセラ、カセレス
MF リロラ、ダンカン、プルガル、カストロヴィッリ、イゴール
FW クトローネ、キエーザ

イアキーニ監督
『無観客試合?
選手としても、監督としても、私は経験しました。それは別の試合になるという事実の為に、この1週間、選手たちと共に戦ってきました。それは通常の試合とは雰囲気が違います。区別されるべきものであり、サッカーではありません。したがって、通常よりも更なる集中が必要になります。通常のプレッシャーではなく、普段感じる雰囲気ではありません。私達は自らを作成する為にもっと良くならなければなりません。サッカーの素晴らしさは、全てのティフォージと共に在るからです。しかし、このような状況では全ての健康と予防策について、一般的な懸念が最初にあります。
私達は常に3ポイントについて話しますが、インザーギ監督、コンテ監督、サッリ監督に聞いてみてください。彼らは常に3ポイントを得ているわけではありませんが、順位はトップ3です。トライデントに関して、私達は常に試合の瞬間を評価しなければなりません。例えば、ミラン戦、5分で3回、考え直さなければなりませんでした。即興を余儀なくされるものは常にあります。徐々に評価していく道です。攻撃陣だけの問題ではなく、他のポジションとのバランスが必要です。
選手たちが休暇から戻った後の12月29日に、最初の練習をしました。攻守両面で多くの改善が必要だったし、負傷者もいました。バデリ、キエーザ。今は順調であり、私達は再び鉄を打たなければなりません。先週の土曜日に戦術的な規定を変更できたという事実は、私達が成長しているということを意味します。
サッリ監督の言葉?
イタリア、ヨーロッパにはVARがあり、私は審判の仕事に口を出したくありません。彼がエピソードについて見直されなかったことについて言及したかどうかはしりませんが、正しいことだったでしょう。
アグデロ?
彼は非常に若く、多くの分野で成長と改善に取り組んでいます。ピッチの新しい分野、真ん中で試しますが、まだ戦術的に改善する必要があります。可能性があり、成長を続けます。
リベリー?
残念ながら、私はまだ彼をピッチでは見て居ません。私の考えでは、彼は明らかにサイドの選手です。彼と一緒に攻撃について大きく変える事が出来ます。』

ニュース色々

【Gazzetta】コミッソオーナーは、ヴラホヴィッチの契約延長の指示を出しました。3月中旬までに2025年までの契約延長になるでしょう。現在、ヴラホヴィッチは代理人からの他のオファーの話を拒否しました。契約延長に障害はありません。他からのオファーに惑わされないように年俸は最大で120万ユーロで、解約条項は含まれません。

【FirenzeViola.it】ヴラホヴィッチの代理人がスポーツセンターを契約延長の話をしたと思われます。契約は2025年まで延長され、年俸100万ユーロ+ボーナスになるでしょう。

【Repubblica 】キエーザの将来がどうなるかは、ティフォージの熱意にキエーザがどう反応するかにかかっています。コミッソオーナーの発言により、夏には無理に引き留める事はしません。クラブはキエーザに2024年までの延長と年俸400万ユーロ以上+ボーナスのオファーを準備しています。交渉はコミッソオーナーがイタリアに戻り、父子ともどもに話し合う事が出来る3月の中旬になるでしょう。

【Repubblica】メルカフィールでの新しいスタジアムの建設はなくなりそうです。他都市からの話に不確実性があるが、コミッソオーナーはメルカフィールについての電話会議に出席しないことを決めました。スタジアムを建てる必要があるが、自治体がもっと世話をする必要があるとオーナーは考えて居ます。ただ、このままだとヨーロッパの大会に出場する時にUEFAの規約をクリアできない可能性があります。チームは別の街への移動を考えます。現在、ナルデッラ市長とコミッソオーナーは緊張感があります。クラブはフィオレンティーナが市に対してどれだけの経済的な影響を与えて居るかを行政に提示します。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ