2020年03月

コミッソ・オーナー インタヴュー

コミッソ・オーナー
『ニューヨークのコロナ・ウィルス?
ある意味、9月11日より悪い状況です。2000人が亡くなりました。私達は妻と娘と共に家にいます。
メディアコム?
ポジティブなことに発症者はいませんが、フィオレンティーナでは12名が発症しています。
資金調達?
70万ユーロを超えました。これは大きな資金調達者です。トスカナでは最大です。アメリカからも多くの支援がありました。重要なツールは既に病院に配布しています。これは私達が行った素晴らしいことであり、最前線にいる人々を助けます。
フィオレンティーナ?
今は誰も入院しておらず、全員が家にいます。
再稼働?
いいえ。まだ終わっていませんから、練習する必要はありません。行きすぎてはいけません。イタリア全体で新規発症者がゼロになることを願っています。今、少し前向きですが、まだ完全ではありません。イタリアの経済は台無しにされましたが、今、私達は健康について考えなければなりません。
ユヴェントスが給与を凍結した?
それは良いイニシアチブであり、将来の為にそれを研究します。私達は経済的なレヴェルでしっかりしていますが、サッカーがどのように進むかを見守る必要があります。彼らがしたことは一例だと思います。フィオレンティーナはこの状況から人間的に強くなります。今、私達は生活を再開させるのに時間がかかります。彼がこのリーグを再開させるかどうかは分かりませんが、終わらない可能性は大いにあります。
新しいスタジアム?
メディアコムがクラブの後ろにあることをフィレンツェに伝える事、それは重要なことです。フィオレンティーナの強みはメディアコムです。だが、この強みをだれでも持っている訳ではありません。政府に何が出来るかを見ています。サッカーは素晴らしい資産です。スタジアムについて話した最初の日、それは更新されるか、再び行われる予定です。何年も前に建てられ、かなり古い建物です。アメリカだけでなく、フランス、スペイン、ドイツ、イギリスで私が見たものより遅れています。この危機により、政治が新しいスタジアムを建てたいという私を助ける事が出来ると信じて居ます。新しい法律が制定されます。名前は知りませんが(笑)。どんどん早くしていきたい。イタリアの法律を変えていかなくてはいけませんが、神の法律を変える事だけは出来ません。私達はイタリアでなにかを出来るだけ早く手助けするための最前線にいます。スタジアムはとても重要です。今の機械は90年前の機械とは違います。より近代的で高速です。このことを理解する必要があります。
キエーザの契約更新?
どうなるか見てみましょう。全社員に手紙を送りましたが、今は誰にも話せません。私達が満たされなければならない契約を結ぶために、会う必要がありますが今は隣同士に座ることもできません。会えるまですべてが延期されます。今のところ、選手達は此処に留まり、チームになることを望んでいます。この時点で私は幸せになります。さて、まずは健康について考えましょう。それは重要なことです。そして、私達は最前線にいる人々を出来るだけ助けなければなりません。医者に本当にありがとうと言います。
クラブの購入?
2016年に動きましたが、デッラ・ヴァッレ・ファミリーとは2019年に2週間以内に行われました。この取引、そして今起こっていることを調べます。問題はなく私達はそれをやっていきます。メルカートのターゲット?今年は移行期ですが、今はウィルスがあります。2020−2021年は順位表の左側だけではなく、上位を狙う都市となります。守れない約束はしたくありませんが、来年にはヨーロッパに行きたいです。』

Forza!

ペッセラ
『最初に少しだけ、発熱と咳がありました。私は直ぐに必要な予防措置をすべて講じました。幸いにも症状は重くはなりませんでした。恐怖?はい。少し恐怖や不安を感じる事は普通のことだと思います。リーグの再開?まずは全ての人の健康が最も重要です。全ての決定はこの観点から行われる必要があります。唯一確実なことは、再開する時は全員の健康が保証されなければならないという事です。』


プルガル
『まずは家にいます。フィオレンティーナ、代表から送られてくるプログラムでトレーニングをし、音楽を聴いてリラックスしてこの状況を乗り越えようとします。全てが直ぐに共通りの私達の生活に戻ることを願っています。フィオレンティーナ?フィオレンティーナで定期的にプレーしています。個人的にはイアキーニ監督就任により、本来の私のポジションで価値を示せていると感じています。』

【Globe Soccer】ヨーロッパの5リーグで、ドリブル成功率の8位にカストロヴィッリが入っています。1位はウルヴァーハンプトンのFWトラオレ、2位はクリスタル・パレスのFWザハ、3位にFWメッシが入っています。

【calciomercato.com】ドルトムントのMFゲッツェは夏の契約満了と共にクラブを離れます。
【Bild】MFゲッツェはイタリアでのぷーれに興味を示しており、ローマ、ナポリが獲得上位に居るが、フィオレンティーナがリベリーの時のように電撃的な獲得を決める可能性はあります。

Forza!

FIGCは、コルヴィチャーノをコロナ・ウィルスの対処の為に尽力している医師、看護師等に提供することを決めました。これにより50室が利用可能になります。

バローネGM
『皆様のご厚意により、寄付は65万ユーロを超えました。今日、フィレンツェの5つの病院の為に医療機器を購入する事が出来ました。私達はこの恐ろしい状況の真のヒーローである医師、看護師に必要なツールを提供します。皆様のお陰です。』

ナルデッラ市長
『コルヴィチャーノの提供をしてくれた連盟、Forza e Cuoreの募金活動をしてくれたフィオレンティーナに感謝したい。多くの寄付は皆様のフィレンツェへの愛情を示しています。リベリーのジェスチャー?サッカーは人生の鏡です。理由もなく下らない事をしたり、イタリアを去った選手がいれば、重要な寄付をする選手もいます。』

【Corriere】フィオレンティーナの選手達はクラブ専用チャットを使って、練習等のやり取りをしている。カピターノであるペッセラは毎日、ライフスタイルについてメッセージを送り、バデリも同様にリーダーとして行動しています。カセレス、テッラチャーノは年長者として、若い選手たちの相談に乗っており、リベリーはピッチにいないにもかかわらず、助言等で忙しくしている。

ダイネッリ
『この状況は、私達一人一人にとって難しい状況だが、スキルと経験により選手たちに貢献します。選手達は第一に人間です。私達は皆、イタリアだけでなく世界中で何が起こっているかを心配します。アスリートであり、多かれ少なかれ有名になっている選手たちですが、彼らもまた、親であり子であります。この非常に不確実な状況の中、冷静に管理する方法は困難です。リベリーは出場できないときに、私にこう言いました。一人で練習するのに飽きた!グループ練習に参加します。今から行きます!とね。私の反応は想像できると思います。幸いなことに、数秒後に彼は笑って私を抱きしめました。私は貴方たち兄弟から離れません!』

ドナデル
『カナダで冬にプレーしたとき、私達は寒さの為、殆どの時間を家で過ごしましたが、今は違います。何もしないように奮闘が必要です。娘たちも私達のスケジュールを維持するのを手伝ってくれます。TVと本、ゲームは確かに役に立ちます。現時点で当たり前のことは何もありません。周りにあるものすべてが貴重なものになります。幸運にも、現在、元気です!最初は簡単な練習プログラムを提供していましたが、先週から毎週ビデオ通話を行うことにしました。これにより、具体的な仕事をする事が出来ます。何より一緒に居る事が出来ます。目標は基本であるチーム・スピリットを強化し維持することです。連絡、更新は技術スタッフ、メディカル・スタッフの両方と一緒にやっています。多くの場合、アンジェローニ監督と共に。これは私達が決して忘れる事が出来ない期間であると強く信じて居ます。私達は個のフェーズを正しい方法で組み立て、そこから将来に向けて前向きなアイディアを引き出す必要があります。Forza e Cuoreの募金活動?スピーディに自然と作られた並外れた取り組み。コミッソ・オーナー、バローネGMが短時間でフィレンツェの街に加わった印象です。
このウィルスの最前線にいるすべての人々が行っている信じられないほどの仕事をサポートするという情熱と決意をもって、彼らをフォローしましょう。止まることなく、強い心で続けていきましょう。』

【Corriere】FWバロテッリとブレシアの間は遠いものになりました。シーズン終了後にブレシアを去ることになります。FWバロテッリの才能を信じるチームのガラタサライが代理人に接触しています。フィオレンティーナ?夏には少し考えられていましたが、結局別の選択をしました。

【Reuters】FIFAはコロナ・ウィルスによる経済的な危機に対処する為、シーズン後まで選手、スタッフの契約を延長する事、その後のフリートランスファーやその後の話し合いを延期することを考えて居ます。また、年俸削減に関しては当事者間の合意を推奨します。

【Corriere】フィオレンティーナの運命はキエーザの未来にかかっている。契約更新の可能性はヴラホヴィッチ、カストロヴィッリ、ミレンコヴィッチ等、若い才能の今後に影響を与えるでしょう。ユーロ2021の延期とフィオレンティーナの野望がキエーザの選択肢に影響を与えます。コミッソ・オーナーは1年の残留を条件に、トッププレーヤーの年俸でオファーする準備は出来ています。

【Gazzetta 】DFフロレンツィはバレンシアからローマに戻りますが、留まる可能性はありません。獲得のポール・ポジションにはフィオレンティーナがいます。

【Corriere】ダウベルトは来シーズンもフィオレンティーナに残る可能性があります。インテルとフィオレンティーナは適切な時期に彼の将来について話します。だが、ビラーギの買取については不確実性があります。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ