2020年05月

Forza!

【voetbalkrant】フィオレンティーナは激しい獲得争いがあるにもかかわらず、トッテナムと契約が切れるDFヴェルトンゲンの獲得に向かいます。フィオレンティーナは出場機会に焦点を当てて説得を考えています。

【violanews.com】サッカーが停止すると、人々はメルカートの噂、納得できない選手について語ります。その対象はペッセラです。ミレンコヴィッチとどちらか(もしくは両方)を売却し補強費と入れ替えを行うという人もいます。だが、現時点ではその仮説について検討する事は非常に困難です。確かなことは、昨夏からプラデSDはCBを探しているという事です。それは国際的な選手で後ろから試合を作ることが出来る選手です。心はゴンサロに向かいますが、同様の選手を見つける事は簡単ではありません。DFヴェルトンゲンの名前は多少の違いはありますが、その方向に勧める名前でしょう。

【Nazione】フィオレンティーナはポーランド人の2人の選手に注目しています。サンプドリアのMFリネッティと、ヘルタ・ベルリンのFWピョンテクです。MFリネッティに関しては中盤の選手を探しているときに、高額ではない金額でサンプドリアが売却可能であるとことから、アイディアは生まれました。FWピョンテクについては、MFリネッティと同じ代理人であり、代理人が2人を同じクラブに連れてきたいという考えから出ています。獲得方法についてはクトローネと同様の解決策が考えられます。2年の有償レンタルでの買取義務です。FWピョンテクはヘルタ・ベルリンに満足しておらず、再びクラブを変えることを望んでいます。

【Nazione】フィオレンティーナのメルカートの話題で一番ホットなのは、ペッセラ、ミレンコヴィッチの移籍です。しかし、現在のところ、オファーはありません。一方、ビラーギ、ダウベルトについての問題もあります。フィオレンティーナは代わりとしてナポリのDFグラムに注目しているが、問題は怪我の多さです。中央では、DFクンブラ、DFルガーニのコンビが気に入られています(DFロマニョーリ等も)が、交渉は複雑なものになります。ここ数時間で上がった新たな名前として、DFヴェルトンゲンがあります。この夏で契約が切れ、トッテナムには契約延長の意思がありません。

【Corriere】カンピビセンツィオに新スタジアムを建設するとしても、公共交通機関の問題でナルデッラ市長と対面しなければなりません。少なくとも高速道路の出口が必要であり、線路の延長(距離の為に可能性は低い)などについても話し合う必要があるでしょう。

【Tuttosport】インテルがMFトナーリに注目していることは、もはや秘密ではありません。コンテ監督はより成熟した選手に賭けたいという思いがあり、選択しなければならないのならMFビダルを選ぶでしょう。

【Tuttosport】ユヴェントスはキエーザ獲得のプレッシャーを強めます。キエーザとの合意は可能であり、フィオレンティーナの動きを待つだけです。ユヴェントスは交渉の為に、DFロメロ、MFマンドラゴラ、DFペッレグリーニ、DFルガーニが噂になっていましたが、新たにGKペリンを交渉カードに加えます。

Forza!

【Radio Bruno】カセレスが練習に復帰しました。これで全員が揃いましたが、チームは2つに分かれての練習を続けています。また、ウィルス検査を行いましたが、全員が陰性でした。

【Tmw】リーグ戦のスライドにより、現在のところ、メルカート期間は9月1日から10月5日までの期間になります。会議にて決議されたものですが、最終決定ではありません。

【Francebleu.fr】獲得の噂があったパリサンジェルマンのMFアウシシュですが、サンテティエンヌを訪問しました。まだメディカルチェックを受けてはいませんが、行き先はサンテティエンヌになりそうです。

【violanews.com】カンピビセンツィオに新しいスタジアムを建設する話は、形を帯び始めています。ドゥオモ広場から、わずか15.9キロで、優れた道路網があるので問題はないでしょう。選ばれたエリアは街の北のエリアになります。violanews.comで行われ約5300人が答えたアンケートによると、新スタジアムがフィレンツェを出る事に賛成は92%でした。

【 Repubblica】新スタジアムに関して、コミッソオーナーはカンピビセンツィオを推しています。新スタジアムの建設は常にコミッソオーナーの優先事項でした。バローネGMは関係を深めるために接触を密にするよう命を受け、昨日、新しいスタジアムが出来る可能性のある土地の所有者と会いました。サインはありませんが、対話は楽観的に続いています。現時点で代替え案はありません。メルカフィールへの否定とフランキの改修の話の後、カンピビセンツィオは唯一の候補です。土地はあり、カシーニ家も売る意欲があります。フォシ市長が、不可欠な道路網を含む全ての官僚的問題のプロセスを迅速化する意欲を過小評価してはいけません。問題の面積は35ヘクタールで、その半分はスタジアムを作るのに十分です。完全なパッケージについては約500万ユーロの話があります。土地を購入し、認可を受けるまでに1年、スタジアムを建設するには2年かかります。フィオレンティーナは2023〜2024シーズンから新スタジアムでプレーすることが可能になります。

【Corriere 】カンピビセンツィオにスタジアムを建てる為の道は平たんではありません。コミッソオーナーがインフラストラクチャ条項を求めたことには理由があり、アッレンデ通りの道幅を2倍にする必要があります。また、公共交通機関の問題もあります。駅を延長する方法も考えらたが、長くなりすぎる為、シャトルバス等の事も公共交通機関との間で話し合わなくてはなりません。それはいつか?310日で行政部門が可能になります。


【Calcioomercato.com】フィオレンティーナは、5月29日にサッスオーロのゼ・デルビ監督の代理人と接触しました。これはコミッソオーナー、バローネGMのアイディアです。ゲーム・アイデンティティを構築し、獲得した、またはこれから獲得する若手達を強化するアイディアを追求する為に、他の候補について考えた後、ゼ・デルビ監督を調査しました。サッスオーロは彼の解放を受け入れるが、まずはコミッソオーナーの選択次第です。

ミレンコヴィッチ
『ナポリ、ミラン?確かに素晴らしいクラブですが、サッカーではパフォーマンスの連続性が重要であることを知りました。その為、私は出来るだけ早く成熟しようとします。地に足を付けて、仕事の事だけを考えます。私はフィオレンティーナの出身です。私の仕事は、成長し、クラブを助ける事です。契約更新?パンデミックは全てを減速させました。他の優先事項があります。私達は出来るだけ早くプレーに戻る事、将来に時間があることを願っています。今シーズン?複雑でしたが、ここ数カ月でポイントを得始めました。私達は非常に若いグループです。本当はもっとうまくできたはずです。成長していくことが出来ればと思っています。』

セリエA 再開日程 

セリエAリーグ総会に20クラブ全てがビデオ会議に参加し、スポーツ大臣からのゴーサインを歓迎し、6月13日にコッパイタリアの続きから始める事に合意しました。

フィオレンティーナの日程
27節・6月23日、24日:FIORENTINA-BRESCIA
28節・6月27日、28日:LAZIO-FIORENTINA
29節・6月30日、7月1日:FIORENTINA-SASSUOLO
30節・7月4日、5日:PARMA-FIORENTINA
31節・7月7日、8日:FIORENTINA-CAGLIARI
32節・7月11日、12日:FIORENTINA-VERONA
33節・7月14日、15日:LECCE-FIORENTINA
34節・7月18日、19日:FIORENTINA-TORINO
35節・7月21日、22日:INTER-FIORENTINA
36節・7月25日、26日:ROMA-FIORENTINA
37節・7月28日、29日:FIORENTINA-BOLOGNA
38節・8月1日、2日:SPAL-FIORENTINA
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ